Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
UXデザイン定義書ワークショップ                             photo by Brian L. Denker            http://www.flickr.com/photos/bdenker/3323...
自己紹介   藤井 幹大(@mikihirocks)• 株式会社ジェネシックス 2010年5月17日 設立 株式会社VOYAGE GROUPのスマホ系子会社• デザインセンター チーフUXデザイナー (キャリアはWebデザイナー)
伝えたいこと確信1:UXデザインには「理由」が必要。確信2:UXデザインは共通言語。提案:UXデザインは事業の成長に貢献できる。    ※あくまでgenesixの現場の話。
配布資料の確認1.UXデザイン定義書テンプレート2.UXデザイン定義書サンプル3.UXデザイン定義書の作成ステップ4.キャズム理論5.genesix流「ゴール」分類6.エバンジェリストユーザー?7.Exerciseのステップ
UXデザイン定義書genesixのデザインプロセスで使っているUXデザイン共有資料。1.テンプレート2.サンプル
UXデザイン定義書の作成ステップ以下を行なってボトムアップで作成。1.ヒアリング:ビジネスプラン2.データ収集:ユーザー行動のリサーチ3.配役(ペルソナ・マネキン):ユーザーモデル4.ゴール設定5.キャラクター設定6.共有:UXデザイン定義ステ...
キャズム理論IT製品がメイン市場に普及するためには越えなくてはならない深い溝(=キャズム)がある。
Exerciseのステップ1.テーマ提示2.回答(1分):お題への回答を付箋に書く。3.チーム共有 (30秒):順番に付箋を出して説明。4.選出 (30秒):ベスト回答を多数決で1枚選出。5.全体発表 (30秒):提案者以外が発表。
Exercise 0          自己紹介みなさんがモノづくりをしている「理由」を教えてください。お題•所属/職種/名前•モノづくりしている理由を1つ
genesixデザインの理由    世界を良くする。何が「良い」のかは都度話し合う。そのためにUXデザインを使う。
UXとは?
一般的な「UX」 User Experience(ユーザー体験)ISO 9241-210UX =「製品、システムまたはサービスに対する使用、および/または、使用を予想した時の、人の知覚と反応」UX白書UX =「システムに出会うことによる経験」
genesixでの「UX」    「ユーザーのゴール体験」「ゴールしないものをデザインしても無意味」Goal Directed DesignをUX的にしたもの。
Goal Directed Designとは?•「ペルソナの発明者」Alan Cooperのインタラクションデザイン手法。•テーマはユーザーのゴールの理解/実現。•genesixではカスタマイズして利用。
genesix流「ゴール」分類セルフ:行動で実現される自己イメージ。例:できる人間と思われて社会的な立場を得る。(参考:マズローの「自己実現理論」)ファンクショナル:行動完了の条件。例:タスクを忘れなかった。省ステップでメールした。(感覚的なワ...
プロジェクト設定ECナビに勝つサービス 「FDナビ」アクティブユーザー数
Exercise 1/5     プロジェクトのブレエンドユーザーの想定お題競合ECナビの事業的ボリューム層のユーザー•デモグラ属性(特定の年齢、性別、職業)•ゴールを1つ
ゴールの見つけ方
道具→課題→ゴール【道具的存在】ゴールを持ったユーザーに対して可能性を示してくる存在。【ブレイクダウン】≒ 課題道具的存在を...利用できない/無い/邪魔→ ゴールではなく道具自体にフォーカス。 優れた道具は意識されない。
道具→課題→ゴールゴールに対して道具が認識され、課題が生まれる。
道具→課題→ゴール課題からゴールが探れる?
ゴールの探り方「リフレーミング」 「なぜ?」→ ゴール仮説を発見。 リスク:主観的な妄想に陥る。 「パターン」 •リサーチ→けもの道で課題を発見。 •リリース→ゴール仮説を検証。  リスク:パターンにこだわってゴールを見失う。「発見→仮説→検証...
課題解決で事業成長するの?
UXデザインによる事業成長
UXデザイン☓顧客開発モデル 1.課題の先にあるゴールを探る。 2.エバンジェリストユーザーのゴールにフォー   カス。 3.エンドユーザーの共感でキャズムを越える。
エバンジェリストユーザー?1.課題を自覚 → 間に合わせの解決2.解決の価値を理解 → 推薦の意欲3.課題が本質 → 拡散能力は考慮しない
エバンジェリストは初期市場にいる。
Exercise 2/5      まずは課題からユーザーの課題を探るお題•競合ECナビのエンドユーザーの課題
Exercise 3/5        「なぜ?」エバンジェリストユーザーが間に合わせの解決をしている課題を探るお題•「課題」の理由:なぜそれが課題なのか。
UXデザイン☓顧客開発モデル1.課題の先にあるゴールを探る。2.エバンジェリストユーザーのゴールにフォー  カス。3.エンドユーザーの共感でキャズムを越える。
エンドユーザーが共感できない成功体験はキャズムを越えにくい。
Exercise 4/5     共感でキャズムを越えるエンドユーザーが共感できるゴールは?お題•課題が解決されたエバンジェリストがエンドユーザーに推薦する時なんて言う?•FDナビのエンドユーザーの共感の理由
UXデザイン☓顧客開発モデル 1.課題の先にあるゴールを探る。 2.エバンジェリストユーザーのゴールにフォー   カス。 3.エンドユーザーの共感でキャズムを越える。
チームの目線をそろえるUXデザイン定義ステートメントユーザーモデルやゴールを元に、「誰のためのどんなモノなのか」を定義することで、シンプルに共有できるようにする。
Exercise 5/5      チーム内共有FDナビのエバンジェリスト向け UXデザイン定義ステートメントお題•⃝⃝な人のための△△ができる□□サービス
UXデザインの検証
UXデザインの検証•UXデザインは仮説=検証必須!!!!•ゴールすれば行動が変わる=定量的な指標(KPI)を設けて検証。   FDナビのKPIは?
まとめ確信1:UXデザインには「理由」が必要。 →UXデザインは方法。目的にしない。確信2:UXデザインは共通言語。 →本来ブレるプロジェクトの軸になる。提案:UXデザインは事業の成長に貢献できる。→UXデザイン☓顧客開発で事業を成長させる。
参考資料•『キャズム』http://amzn.to/LS8pRh•『存在と時間入門』http://amzn.to/LS8AvS•『About Face 3』http://amzn.to/LS8GU8•『未来を発明するためにいまできること』htt...
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版

7 188 vues

Publié le

2012年7月26日に開催したgenesixUXデザイン定義書ワークショップのスライドを権利的に問題無いようにしたものです。
定義書のテンプレートは↓
http://www.slideshare.net/mikihirofujii/templateux

Publié dans : Design
  • Login to see the comments

Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版

  1. 1. UXデザイン定義書ワークショップ photo by Brian L. Denker http://www.flickr.com/photos/bdenker/33237141/
  2. 2. 自己紹介 藤井 幹大(@mikihirocks)• 株式会社ジェネシックス 2010年5月17日 設立 株式会社VOYAGE GROUPのスマホ系子会社• デザインセンター チーフUXデザイナー (キャリアはWebデザイナー)
  3. 3. 伝えたいこと確信1:UXデザインには「理由」が必要。確信2:UXデザインは共通言語。提案:UXデザインは事業の成長に貢献できる。 ※あくまでgenesixの現場の話。
  4. 4. 配布資料の確認1.UXデザイン定義書テンプレート2.UXデザイン定義書サンプル3.UXデザイン定義書の作成ステップ4.キャズム理論5.genesix流「ゴール」分類6.エバンジェリストユーザー?7.Exerciseのステップ
  5. 5. UXデザイン定義書genesixのデザインプロセスで使っているUXデザイン共有資料。1.テンプレート2.サンプル
  6. 6. UXデザイン定義書の作成ステップ以下を行なってボトムアップで作成。1.ヒアリング:ビジネスプラン2.データ収集:ユーザー行動のリサーチ3.配役(ペルソナ・マネキン):ユーザーモデル4.ゴール設定5.キャラクター設定6.共有:UXデザイン定義ステートメントビジネスプランの実現を目的として作成。
  7. 7. キャズム理論IT製品がメイン市場に普及するためには越えなくてはならない深い溝(=キャズム)がある。
  8. 8. Exerciseのステップ1.テーマ提示2.回答(1分):お題への回答を付箋に書く。3.チーム共有 (30秒):順番に付箋を出して説明。4.選出 (30秒):ベスト回答を多数決で1枚選出。5.全体発表 (30秒):提案者以外が発表。
  9. 9. Exercise 0 自己紹介みなさんがモノづくりをしている「理由」を教えてください。お題•所属/職種/名前•モノづくりしている理由を1つ
  10. 10. genesixデザインの理由 世界を良くする。何が「良い」のかは都度話し合う。そのためにUXデザインを使う。
  11. 11. UXとは?
  12. 12. 一般的な「UX」 User Experience(ユーザー体験)ISO 9241-210UX =「製品、システムまたはサービスに対する使用、および/または、使用を予想した時の、人の知覚と反応」UX白書UX =「システムに出会うことによる経験」
  13. 13. genesixでの「UX」 「ユーザーのゴール体験」「ゴールしないものをデザインしても無意味」Goal Directed DesignをUX的にしたもの。
  14. 14. Goal Directed Designとは?•「ペルソナの発明者」Alan Cooperのインタラクションデザイン手法。•テーマはユーザーのゴールの理解/実現。•genesixではカスタマイズして利用。
  15. 15. genesix流「ゴール」分類セルフ:行動で実現される自己イメージ。例:できる人間と思われて社会的な立場を得る。(参考:マズローの「自己実現理論」)ファンクショナル:行動完了の条件。例:タスクを忘れなかった。省ステップでメールした。(感覚的なワードは入れないのがコツ)エモーショナル:行動から得たい感情の状態。例:かわいいと感じた。簡単にメールできた。
  16. 16. プロジェクト設定ECナビに勝つサービス 「FDナビ」アクティブユーザー数
  17. 17. Exercise 1/5 プロジェクトのブレエンドユーザーの想定お題競合ECナビの事業的ボリューム層のユーザー•デモグラ属性(特定の年齢、性別、職業)•ゴールを1つ
  18. 18. ゴールの見つけ方
  19. 19. 道具→課題→ゴール【道具的存在】ゴールを持ったユーザーに対して可能性を示してくる存在。【ブレイクダウン】≒ 課題道具的存在を...利用できない/無い/邪魔→ ゴールではなく道具自体にフォーカス。 優れた道具は意識されない。
  20. 20. 道具→課題→ゴールゴールに対して道具が認識され、課題が生まれる。
  21. 21. 道具→課題→ゴール課題からゴールが探れる?
  22. 22. ゴールの探り方「リフレーミング」 「なぜ?」→ ゴール仮説を発見。 リスク:主観的な妄想に陥る。 「パターン」 •リサーチ→けもの道で課題を発見。 •リリース→ゴール仮説を検証。 リスク:パターンにこだわってゴールを見失う。「発見→仮説→検証」を繰り返して探り続ける。
  23. 23. 課題解決で事業成長するの?
  24. 24. UXデザインによる事業成長
  25. 25. UXデザイン☓顧客開発モデル 1.課題の先にあるゴールを探る。 2.エバンジェリストユーザーのゴールにフォー カス。 3.エンドユーザーの共感でキャズムを越える。
  26. 26. エバンジェリストユーザー?1.課題を自覚 → 間に合わせの解決2.解決の価値を理解 → 推薦の意欲3.課題が本質 → 拡散能力は考慮しない
  27. 27. エバンジェリストは初期市場にいる。
  28. 28. Exercise 2/5 まずは課題からユーザーの課題を探るお題•競合ECナビのエンドユーザーの課題
  29. 29. Exercise 3/5 「なぜ?」エバンジェリストユーザーが間に合わせの解決をしている課題を探るお題•「課題」の理由:なぜそれが課題なのか。
  30. 30. UXデザイン☓顧客開発モデル1.課題の先にあるゴールを探る。2.エバンジェリストユーザーのゴールにフォー カス。3.エンドユーザーの共感でキャズムを越える。
  31. 31. エンドユーザーが共感できない成功体験はキャズムを越えにくい。
  32. 32. Exercise 4/5 共感でキャズムを越えるエンドユーザーが共感できるゴールは?お題•課題が解決されたエバンジェリストがエンドユーザーに推薦する時なんて言う?•FDナビのエンドユーザーの共感の理由
  33. 33. UXデザイン☓顧客開発モデル 1.課題の先にあるゴールを探る。 2.エバンジェリストユーザーのゴールにフォー カス。 3.エンドユーザーの共感でキャズムを越える。
  34. 34. チームの目線をそろえるUXデザイン定義ステートメントユーザーモデルやゴールを元に、「誰のためのどんなモノなのか」を定義することで、シンプルに共有できるようにする。
  35. 35. Exercise 5/5 チーム内共有FDナビのエバンジェリスト向け UXデザイン定義ステートメントお題•⃝⃝な人のための△△ができる□□サービス
  36. 36. UXデザインの検証
  37. 37. UXデザインの検証•UXデザインは仮説=検証必須!!!!•ゴールすれば行動が変わる=定量的な指標(KPI)を設けて検証。 FDナビのKPIは?
  38. 38. まとめ確信1:UXデザインには「理由」が必要。 →UXデザインは方法。目的にしない。確信2:UXデザインは共通言語。 →本来ブレるプロジェクトの軸になる。提案:UXデザインは事業の成長に貢献できる。→UXデザイン☓顧客開発で事業を成長させる。
  39. 39. 参考資料•『キャズム』http://amzn.to/LS8pRh•『存在と時間入門』http://amzn.to/LS8AvS•『About Face 3』http://amzn.to/LS8GU8•『未来を発明するためにいまできること』http://amzn.to/LS8STs•『アントレプレナーの教科書』http://amzn.to/MPblM3•『リーンスタートアップ』http://amzn.to/MPboYh•自己実現理論(Wikipedia)http://bit.ly/MPbwqE

×