Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Windows IoT Core and Robot Arm

534 vues

Publié le

.NETラボ 勉強会 2016年6月 in 仙台 のプレゼン資料
Windows IoT Core on Raspberry Pi and Arduino でロボットアームを制御します。

Publié dans : Logiciels
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

Windows IoT Core and Robot Arm

  1. 1. Windows IoT Core & Robot Arm Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies, Windows Development Tomoaki Masuda Moonmile Solutions, h2works
  2. 2. 自己紹介  増田 智明 masuda@moonmile.net, @moonmile  執筆業 & プログラマ VB.NET だけ Windows IoT Core と 対人関係の章が あります。
  3. 3. アジェンダ  Windows IoT Core とは?  Raspberry Pi にインストール  Robot Arm を動かす  ソフトウェア屋さんがハードを触る意味
  4. 4. Windows IoT Core とは?
  5. 5. Windows IoT Core  組み込みボードで Windows が動く 組み込み専用の Windows IoT Core を使う .NET Micro Framework とは違う ハードウェアを直接制御できる
  6. 6. UWPアプリで作成  画面をXAMLで作れる  C#, VB.NET が使える(.NET 言語)  「Windows IoT Extensions for the UWP」を参照設定  PowerShell が使える  Visual Studio でデバッグ実行ができる
  7. 7. UWPアプリの配置/起動  ブラウザで App Manager を利用 パッケージでインストール アプリを起動 アプリの停止
  8. 8. Raspberry Pi にインストール
  9. 9. Raspberry Pi 2/3  Raspberry Pi 2 Model B Wi-Fi, Bluetooth はドングルで  Raspberry Pi 3 Model B Wi-Fi, Bluetooth 内蔵 現時点で Windows IoT Core では Wi-Fi のみ利用可能  本来は Raspbian で動かす 
  10. 10. micro SD カードに焼く  イメージを直接焼く 8GB で十分  NOOBS 経由でインストール ちょっとサイズが大きい。 16 GB が必要
  11. 11. Robot Arm を動かす
  12. 12. Raspberry Pi と Arduino の連携  シリアル通信(UART/RS-232C)を使う  TX/RX を繋ぐ  USB ケーブル経由はダメだった  I2C通信を使う  SCL/SDA を繋ぐ
  13. 13. Windows IoT Core から制御(シリアル通信)  Win IoT 側 (.NET)  DataReader LoadAsync ReadString ReadBytes  DataWriter WriteString WriteBytes  Arduino 側 (C++) Serial.available Serial.read Serail.readBytes Serial.print Serial.write
  14. 14. 制御コマンドを作る “$S1:090” “SV:OK” DataWriter.WriteBytesSerial.readBytes Serial.print DataReader.ReadBytes
  15. 15. Robot Arm Demo
  16. 16. ソフトウェア屋さんがハードに 触れる意味
  17. 17. ハードに触れる機会  ブレッドボードで電子工作  プログラミングっぽく、Try & Error ができる  当たり前に出てくる非同期処理  センサーから非同期で通知される  Arduino側 で Interrupt  物理特性がある(0,1ではない世界)  抵抗値は±10%程度、発振  サーボの原点位置補正、重力加速度、慣性の法則  ミリ秒、マイクロ秒単位の世界  マイコンのクロック数で制御できる
  18. 18. ソフト屋さんの利点を活かす  クラス化、モジュール化  Arduino のモジュールは C++ のクラス  TDDノウハウの活用  Arduino の xUnit がある  .NET の Test Framework の活用  既存UI との接続  スマートフォンの利用(Xamarin)  UWP アプリで配布
  19. 19. 参考文献  Windows IoT Core  https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/iot  Windows IoT Core github  https://github.com/ms-iot/  Raspberry Pi  https://www.raspberrypi.org/  Arduino  http://Arduino.cc  http://Arduino.org  Hackster.io – Windows 10 IoT Core  https://www.hackster.io/microsoft/products/windows-10-iot-core

×