Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

LINEのbotを作ってみた

459 vues

Publié le

LINE の botを作るうえでの流れを説明

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

LINEのbotを作ってみた

  1. 1. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 LINEのbotを作っ てみた 鍋太郎
  2. 2. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 自己紹介 プログラマー✓ Debian JP 事務局✓ 小市若者連 獅子長 ←New✓ http://about.me/nabetaro✓
  3. 3. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 小市若者連とは 長野市安茂里小市区の市民✓ 志奈埜市神社の祭を企画運営✓ 獅子舞の補助✓ 以下、若連✓
  4. 4. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 若連の組織構造 総代 委員長など役付✓ ✓ 獅子方 獅子舞補助✓ ✓ 世話方 祭の進行など✓ ✓
  5. 5. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 公式連絡手段 LINE 全体のLINEグループ✓ 個別のLINEグループ 出欠確認など✓ 繰り返しの連絡多い✓ ✓ ✓
  6. 6. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 bot欲しい 出欠システムへのURLを通知✓ 手動は面倒✓ botによる自動化✓
  7. 7. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 まずは開発者登録 https://developers.line.me✓ 専用のアカウントを取る?✓ 普段使いのアカウントでも 開発者名を登録✓ ✓
  8. 8. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 botのためのAPI Messaging API✓ Channelを作る✓
  9. 9. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 STEP1 プロバイダー選択 新規作成も可✓ ✓ サービス提供者名✓
  10. 10. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 STEP2 Messaging APIの情報設定✓ アプリ名 ユーザ名に相当✓ ✓ プラン Developer Trial✓ フリー✓ ✓
  11. 11. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 プラン Messaging API 利用可 Developer Trial✓ フリー (push不可)✓ ベーシック (push不可)✓ プロ(API) Developer Trialで ✓ ✓
  12. 12. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 Channel完成 以下の情報を払い出して控える Channel Secret✓ アクセストークン✓ ✓
  13. 13. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 準備まとめ Messaging API 利用✓ アプリ名を決める✓ プランを決める✓ Secret とトークンを作る✓
  14. 14. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 実装 Ruby https://github.com/nabetaro/line-notice-bot ✓ line-bot-api gem✓ Webアプリを作る 今回は sinatra✓ ✓
  15. 15. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 line-bot-api 環境変数に控えた情報を設定 LINE_CHANNEL_SECRET✓ LINE_CHANNEL_TOKEN @client = Line::Bot::Client.new do |config| config.channel_secret = ENV['LINE_CHANNEL_SECRET'] config.channel_token = ENV['LINE_CHANNEL_TOKEN'] end @client.push_message(PUSH_ID, メッセージ) ✓ ✓
  16. 16. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 メッセージ送信 イベントに対するreply イベントトークンが必要✓ ✓ 送信先を指定したpush 送信先グループID/ユーザIDが必要 イベントから取得する✓ ✓ ✓
  17. 17. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 イベントの受け取り方 コールバックURLの処理✓ events = @client.receive_event(request) events.each { |event| case event when Line::Bot::Event::Message logger.info event['source'].inspect end }
  18. 18. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 events Webhookオブジェクトの配列 https://developers.line.me/ja/docs/messaging-api/reference/#webhook ✓ 今回PUSH_IDを手動で設定 普通はtype=joinのイベントの sourceから取得しDBあたりに入れ ておくのがよさそう ✓ ✓
  19. 19. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 できあがり eventのソースをログに記録し 続ける ✓ 実際の送信はスケジューラーで 別コマンド起動 ✓ しょぼい
  20. 20. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 あとは 作ったボットを友達に登録する✓ ボットをグループに招待する✓ メッセージが流れるごとに PUSH_IDが得られる PUSH_IDを環境変数に設定✓ ✓ スケジューラーを設定✓
  21. 21. LINEのbotを作ってみた Powered by Rabbit 2.2.1 感想 思った以上に簡単だった 賞味100行以下✓ ライブラリが充実している?✓ ✓ DBを用意しておけば、もう少 しやりようがある? ✓

×