Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
株式会社万葉
Ruby による
開発プロジェクトを
うまく回すには 2
∼ 8年間で得られた知見 ∼
2015. 6. 29
(株) 万葉 大場寧子 (@nay3)
株式会社万葉
2. チーム開発のために
行っている取り組みの
紹介
株式会社万葉
万葉の事件簿を
紐解くと…
株式会社万葉
専制から民主主義へ
チーム開発へ
の流れ
株式会社万葉
事件を振り返る
•「チーム」と「会社」の対立
•PM / 担当者だけに責任を負わ
せることはチームを育てない
株式会社万葉
流れを決定したもの
•うまく行っているチームは楽し
そう
•(構造によるけど)儲かる!
株式会社万葉
今日お話すること
•チームの生産性とは?
•自律的なチームとは?
•自律的なチーム作りに役立つプ
ラクティスの紹介
•レビュー
•コミュニケーション
株式会社万葉
「チームの生産性」
と聞いて
ピンと来ますか?
株式会社万葉
ピンと来る人?
株式会社万葉
「チーム」は
人によっては
見えにくいもの
株式会社万葉
チームが見えにくい
人の例
•個人としてスキルや意欲が高い
•できる人にしか興味がない
•他人と交渉するのは疲れる
•他人は邪魔さえしなければいい
株式会社万葉
見えないものの
価値を
理解するのは
難しい
株式会社万葉
「チーム」は
個人を超えた
生産性の単位
株式会社万葉
個人が
優れてない
個人が
優れてる
チームが
優れてる
(^ ^) (^ o ^)
チームが
優れてない
(> o <) (; o ;)
株式会社万葉
プロジェクトの成功
に重要なのは
チームの
生産性のほう
株式会社万葉
チームの生産性と
個人の生産性は
対立しない
株式会社万葉
チームの
生産性
個人の
生産性
個人プレーとは
違う努力
個人の
生産性
株式会社万葉
自律的なチーム
とは何か?
株式会社万葉
自分たちで
問題を分析し
改善策を作り
実行していく
株式会社万葉
ミッション
目標
問題
解決
株式会社万葉
「こうせよ」という
外圧なしで
どんどん
変わっていく
株式会社万葉
チームの
マネージャだけが
行う仕事が少ない
株式会社万葉
自律的な
チーム
自律的で
ないチーム
組織の構造
フラットに
近い
強い
ツリー階層
PMの立ち位置
お兄さん
お姉さん
指示を出す人
情報量
ほぼ全員
等しい
上ほど
たくさんある
アサイン
自分で /
相談して
マネージャが...
株式会社万葉
自律的なチームの
生産性は
スケールする
株式会社万葉
株式会社万葉
自律的なチームを
作って
チームの生産性を
高めるのは
とても大切!!
株式会社万葉
自律的なチームを
支える技術
株式会社万葉
1. ふりかえり
自律的なチームを支える技術
株式会社万葉
ふりかえり
•定期的にチーム全員で、チーム
の状況、よかったことや心配ご
となどを振り返る = 共有する
•イメージは1時間前後
株式会社万葉
KPT
•KEEP / PROBLEM / TRY
を個人ごとに自由に挙げて共有
する
•様式が決まっていて便利
株式会社万葉
YWTM振り返り
•Yやったこと
•Wわかったこと
•T次にやること
•M次にやることのメリット
•知見を共有しやすい
株式会社万葉
今いるチームの
振り返りプラクティス
•毎週1回
•進行メニューがホワイトボード
に常に書いてある
•メニューは振り返りの P や T
をもとにメンテナンスする
株式会社万葉
振り返りメニューの例
•ストップウォッチON
•司会を決める
•リモート勤務の人につなぐ
•スケジュールをみる
•チケットをみる
•KPT
株式会社万葉
ふりかえりの
いいところ
•定期的にチーム全員で状況や問
題を共有できる
•無理なく問題の改善へとつなげ
られる
株式会社万葉
ふりかえりのコツ
•みなが同じ情報量を持てる場に
•すべての意見を歓迎する
•「問題」を「解決案」なしで気
楽に出す雰囲気作り
•結果的に間違った意見でも構わ
ない
株式会社万葉
ふりかえり
バッドパターン
•メンバーからの問題提起をマネージャが
「反抗」「挑戦」「権限違反」と見なす
•ふりかえりがメンバーとマネージャの交
渉の場になっている
•「仕方ない」「我慢しろ」など、丸め込
むかのような発言が目立つ
株式会社万葉
問題はチームのもの
•振り返りで出される「問題」は
すべて「チームの問題」として扱
う必要がある
•マネージャへの文句も、個人の
悩みも、「チームの問題」であ
り全員に責任がある
株式会社万葉
ふりかえりは要
•問題をみつけ、改善を考えて試
し、効果を評価するサイクルが回
るようになる
•ふりかえりのメニュー改善で、
手軽にチーム運営を改善できる
株式会社万葉
2. 朝会
自律的なチームを支える技術
株式会社万葉
毎日、短時間行う
MTG
(立ってやることが
多い)
株式会社万葉
昨日やったこと、
今日やること、
困っていることなど
簡単に伝える
株式会社万葉
今いるチームの朝会
•朝会メニューもホワイトボード
に書いてある
•日によって開催時間がバラバラ
…(忘れたりとか :p)
株式会社万葉
毎日やりたいことを
朝会にメニューとし
て設定することも
できる
株式会社万葉
朝会メニューの例
•Try の確認
•振り返りで出たTry がホワイトボードに
付箋で貼ってあり、達成をチェック。達成
したら朝会でペリっと剥がして捨てる。
•各自報告
•直近の予定(会議等)の確認
株式会社万葉
メニュー
カスタマイズは
ここでも効果的
株式会社万葉
3. 情報共有
自律的なチームを支える技術
株式会社万葉
自律的なチームを
支える技術
!
!
情報共有の技術
株式会社万葉
すべての情報に
全員がアクセス
できるようにする
株式会社万葉
お客さんとの
話も
なるべく全員が
いるところでする
(PMが抱えない)
株式会社万葉
基本ツール
•チャット
•Wiki
•GitHub / GitLab
•イシュー管理
•ホワイトボード(カンバン)
株式会社万葉
チャットの工夫
•目的に応じて複数作る
•書き込むことをためらわない文
化
•はやく短くどんどん書く
•顔文字や、言葉づかいに気をつ
ける
株式会社万葉
Wikiの工夫
•手順やコード例、図つきの解説、表
など、まとまった情報を書いておく
のに利用する
•新しいものを上に書くと見やすい
•古くなるので、日付やバージョンを
入れて記述するとよい
株式会社万葉
GitHub
•レビューしてコードを入れると
いうフローを回すためにとても
便利
•GitLabで代用することもある
•PRやレビューにはコツがある
株式会社万葉
イシュー管理
•Pivotal Tracker や
redmine、JIRA、付箋など
•二重管理、三重管理になりがち
で悩んでる…
株式会社万葉
ホワイトボード
(カンバン)
•チームによって色々なやり方
•人を縦軸、タスク状況を横軸にした
りする
•イテレーション近辺の付箋を分類し
て貼ったりする
•リモート勤務だと共有しづらい
株式会社万葉
4. コードレビュー
自律的なチームを支える技術
株式会社万葉
コードレビュー
重要です
株式会社万葉
1日の仕事イメージ
コードレビュー
会議・相談
自分の開発
チャット
株式会社万葉
コードレビューは
日常のコミュニケー
ションの一部
株式会社万葉
GitHubの
PRベースで
やっています
株式会社万葉
レビューされるコツ1
•コードで語らないほうが効率的
なことはコード外で説明する
•設計、名前づけ、新gem導入などは必要
に応じて、チャットや対面で合意を作る
•PRの説明に目的や概要を書く
•コード中のコメントをレビュー
者を...
株式会社万葉
レビューされるコツ2
•必要なら催促する
•なるべく返事をする
•コメントを絶対的な指示と受け取ら
ない
•コードをどうするかは自分が主にな
りつつ、相談して決めていく
株式会社万葉
レビューされるコツ3
•わからないことは聞き返す
•相手が分かっていないなと思っ
たときに憤らず、分かりづらい理
由があると考える
•感謝する
株式会社万葉
レビューするコツ1
•いいところを褒める
•分からないところは気軽に質問
する
•できるときは、断定的な言い方
は避けて、提案の形にする
株式会社万葉
レビューするコツ2
•何も書けることがなければその
旨を書くのでもよい
•指摘事項の発見だけが目的では
なく、コードの共有促進も重要
•コメントの不足も見る
•書かれていないものに思いを馳
せる
株式会社万葉
コミュニケーション
株式会社万葉
一番大事
株式会社万葉
仕事のコミュニケー
ションとは、友達と
のコミュニケーショ
ンではない
株式会社万葉
仲良さそうであれば
いいというものでは
ない
株式会社万葉
目指すゴール
•表明すべきことを自分から表明
する
•上手に質問する
•上手に依頼する
•(できれば)上手に説明する
株式会社万葉
表明すべきことを表明
•聞かれたら負け
•感情も伝えて構わない
•解決案なしでも問題を提起して
構わない
•反対だけでなく賛成も表明
株式会社万葉
上手に質問する
•質問の動機を最初に説明する
株式会社万葉
上手に依頼する
•依頼の動機を最初に説明する
株式会社万葉
上手に説明する
•何の話かから入る
•相手を目的地まで順番に連れて
いく。いきなり目的地(結論)
に飛ばさない
•事実と意見・想像を区別する
•意見には理由を添える
株式会社万葉
Part2 まとめ
•チームの生産性があがれば、多
くの成果が得られる
•自律的なチーム作りのための仕
組みを自分たちで工夫しよう
•情報共有・コミュニケーション
が特に重要
株式会社万葉
まとめ
•8年間それなりに積み重ねてやっ
てきました
•チームが一番大事だと思います
•自分たちでやり方を変え続ける
ことが改善への黄金の鍵
•絶賛採用中デス :)
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

Rubyによる開発プロジェクトをうまく回すには(2)

7 809 vues

Publié le

日本OSS推進フォーラム 第 6 回アプリケーション部会勉強会での資料その2(全2部)です。

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

Rubyによる開発プロジェクトをうまく回すには(2)

  1. 1. 株式会社万葉 Ruby による 開発プロジェクトを うまく回すには 2 ∼ 8年間で得られた知見 ∼ 2015. 6. 29 (株) 万葉 大場寧子 (@nay3)
  2. 2. 株式会社万葉 2. チーム開発のために 行っている取り組みの 紹介
  3. 3. 株式会社万葉 万葉の事件簿を 紐解くと…
  4. 4. 株式会社万葉 専制から民主主義へ チーム開発へ の流れ
  5. 5. 株式会社万葉 事件を振り返る •「チーム」と「会社」の対立 •PM / 担当者だけに責任を負わ せることはチームを育てない
  6. 6. 株式会社万葉 流れを決定したもの •うまく行っているチームは楽し そう •(構造によるけど)儲かる!
  7. 7. 株式会社万葉 今日お話すること •チームの生産性とは? •自律的なチームとは? •自律的なチーム作りに役立つプ ラクティスの紹介 •レビュー •コミュニケーション
  8. 8. 株式会社万葉 「チームの生産性」 と聞いて ピンと来ますか?
  9. 9. 株式会社万葉 ピンと来る人?
  10. 10. 株式会社万葉 「チーム」は 人によっては 見えにくいもの
  11. 11. 株式会社万葉 チームが見えにくい 人の例 •個人としてスキルや意欲が高い •できる人にしか興味がない •他人と交渉するのは疲れる •他人は邪魔さえしなければいい
  12. 12. 株式会社万葉 見えないものの 価値を 理解するのは 難しい
  13. 13. 株式会社万葉 「チーム」は 個人を超えた 生産性の単位
  14. 14. 株式会社万葉 個人が 優れてない 個人が 優れてる チームが 優れてる (^ ^) (^ o ^) チームが 優れてない (> o <) (; o ;)
  15. 15. 株式会社万葉 プロジェクトの成功 に重要なのは チームの 生産性のほう
  16. 16. 株式会社万葉 チームの生産性と 個人の生産性は 対立しない
  17. 17. 株式会社万葉 チームの 生産性 個人の 生産性 個人プレーとは 違う努力 個人の 生産性
  18. 18. 株式会社万葉 自律的なチーム とは何か?
  19. 19. 株式会社万葉 自分たちで 問題を分析し 改善策を作り 実行していく
  20. 20. 株式会社万葉 ミッション 目標 問題 解決
  21. 21. 株式会社万葉 「こうせよ」という 外圧なしで どんどん 変わっていく
  22. 22. 株式会社万葉 チームの マネージャだけが 行う仕事が少ない
  23. 23. 株式会社万葉 自律的な チーム 自律的で ないチーム 組織の構造 フラットに 近い 強い ツリー階層 PMの立ち位置 お兄さん お姉さん 指示を出す人 情報量 ほぼ全員 等しい 上ほど たくさんある アサイン 自分で / 相談して マネージャが 決める 決め方 合意が必要 許可が必要
  24. 24. 株式会社万葉 自律的なチームの 生産性は スケールする
  25. 25. 株式会社万葉
  26. 26. 株式会社万葉 自律的なチームを 作って チームの生産性を 高めるのは とても大切!!
  27. 27. 株式会社万葉 自律的なチームを 支える技術
  28. 28. 株式会社万葉 1. ふりかえり 自律的なチームを支える技術
  29. 29. 株式会社万葉 ふりかえり •定期的にチーム全員で、チーム の状況、よかったことや心配ご となどを振り返る = 共有する •イメージは1時間前後
  30. 30. 株式会社万葉 KPT •KEEP / PROBLEM / TRY を個人ごとに自由に挙げて共有 する •様式が決まっていて便利
  31. 31. 株式会社万葉 YWTM振り返り •Yやったこと •Wわかったこと •T次にやること •M次にやることのメリット •知見を共有しやすい
  32. 32. 株式会社万葉 今いるチームの 振り返りプラクティス •毎週1回 •進行メニューがホワイトボード に常に書いてある •メニューは振り返りの P や T をもとにメンテナンスする
  33. 33. 株式会社万葉 振り返りメニューの例 •ストップウォッチON •司会を決める •リモート勤務の人につなぐ •スケジュールをみる •チケットをみる •KPT
  34. 34. 株式会社万葉 ふりかえりの いいところ •定期的にチーム全員で状況や問 題を共有できる •無理なく問題の改善へとつなげ られる
  35. 35. 株式会社万葉 ふりかえりのコツ •みなが同じ情報量を持てる場に •すべての意見を歓迎する •「問題」を「解決案」なしで気 楽に出す雰囲気作り •結果的に間違った意見でも構わ ない
  36. 36. 株式会社万葉 ふりかえり バッドパターン •メンバーからの問題提起をマネージャが 「反抗」「挑戦」「権限違反」と見なす •ふりかえりがメンバーとマネージャの交 渉の場になっている •「仕方ない」「我慢しろ」など、丸め込 むかのような発言が目立つ
  37. 37. 株式会社万葉 問題はチームのもの •振り返りで出される「問題」は すべて「チームの問題」として扱 う必要がある •マネージャへの文句も、個人の 悩みも、「チームの問題」であ り全員に責任がある
  38. 38. 株式会社万葉 ふりかえりは要 •問題をみつけ、改善を考えて試 し、効果を評価するサイクルが回 るようになる •ふりかえりのメニュー改善で、 手軽にチーム運営を改善できる
  39. 39. 株式会社万葉 2. 朝会 自律的なチームを支える技術
  40. 40. 株式会社万葉 毎日、短時間行う MTG (立ってやることが 多い)
  41. 41. 株式会社万葉 昨日やったこと、 今日やること、 困っていることなど 簡単に伝える
  42. 42. 株式会社万葉 今いるチームの朝会 •朝会メニューもホワイトボード に書いてある •日によって開催時間がバラバラ …(忘れたりとか :p)
  43. 43. 株式会社万葉 毎日やりたいことを 朝会にメニューとし て設定することも できる
  44. 44. 株式会社万葉 朝会メニューの例 •Try の確認 •振り返りで出たTry がホワイトボードに 付箋で貼ってあり、達成をチェック。達成 したら朝会でペリっと剥がして捨てる。 •各自報告 •直近の予定(会議等)の確認
  45. 45. 株式会社万葉 メニュー カスタマイズは ここでも効果的
  46. 46. 株式会社万葉 3. 情報共有 自律的なチームを支える技術
  47. 47. 株式会社万葉 自律的なチームを 支える技術 ! ! 情報共有の技術
  48. 48. 株式会社万葉 すべての情報に 全員がアクセス できるようにする
  49. 49. 株式会社万葉 お客さんとの 話も なるべく全員が いるところでする (PMが抱えない)
  50. 50. 株式会社万葉 基本ツール •チャット •Wiki •GitHub / GitLab •イシュー管理 •ホワイトボード(カンバン)
  51. 51. 株式会社万葉 チャットの工夫 •目的に応じて複数作る •書き込むことをためらわない文 化 •はやく短くどんどん書く •顔文字や、言葉づかいに気をつ ける
  52. 52. 株式会社万葉 Wikiの工夫 •手順やコード例、図つきの解説、表 など、まとまった情報を書いておく のに利用する •新しいものを上に書くと見やすい •古くなるので、日付やバージョンを 入れて記述するとよい
  53. 53. 株式会社万葉 GitHub •レビューしてコードを入れると いうフローを回すためにとても 便利 •GitLabで代用することもある •PRやレビューにはコツがある
  54. 54. 株式会社万葉 イシュー管理 •Pivotal Tracker や redmine、JIRA、付箋など •二重管理、三重管理になりがち で悩んでる…
  55. 55. 株式会社万葉 ホワイトボード (カンバン) •チームによって色々なやり方 •人を縦軸、タスク状況を横軸にした りする •イテレーション近辺の付箋を分類し て貼ったりする •リモート勤務だと共有しづらい
  56. 56. 株式会社万葉 4. コードレビュー 自律的なチームを支える技術
  57. 57. 株式会社万葉 コードレビュー 重要です
  58. 58. 株式会社万葉 1日の仕事イメージ コードレビュー 会議・相談 自分の開発 チャット
  59. 59. 株式会社万葉 コードレビューは 日常のコミュニケー ションの一部
  60. 60. 株式会社万葉 GitHubの PRベースで やっています
  61. 61. 株式会社万葉 レビューされるコツ1 •コードで語らないほうが効率的 なことはコード外で説明する •設計、名前づけ、新gem導入などは必要 に応じて、チャットや対面で合意を作る •PRの説明に目的や概要を書く •コード中のコメントをレビュー 者を意識して書く
  62. 62. 株式会社万葉 レビューされるコツ2 •必要なら催促する •なるべく返事をする •コメントを絶対的な指示と受け取ら ない •コードをどうするかは自分が主にな りつつ、相談して決めていく
  63. 63. 株式会社万葉 レビューされるコツ3 •わからないことは聞き返す •相手が分かっていないなと思っ たときに憤らず、分かりづらい理 由があると考える •感謝する
  64. 64. 株式会社万葉 レビューするコツ1 •いいところを褒める •分からないところは気軽に質問 する •できるときは、断定的な言い方 は避けて、提案の形にする
  65. 65. 株式会社万葉 レビューするコツ2 •何も書けることがなければその 旨を書くのでもよい •指摘事項の発見だけが目的では なく、コードの共有促進も重要 •コメントの不足も見る •書かれていないものに思いを馳 せる
  66. 66. 株式会社万葉 コミュニケーション
  67. 67. 株式会社万葉 一番大事
  68. 68. 株式会社万葉 仕事のコミュニケー ションとは、友達と のコミュニケーショ ンではない
  69. 69. 株式会社万葉 仲良さそうであれば いいというものでは ない
  70. 70. 株式会社万葉 目指すゴール •表明すべきことを自分から表明 する •上手に質問する •上手に依頼する •(できれば)上手に説明する
  71. 71. 株式会社万葉 表明すべきことを表明 •聞かれたら負け •感情も伝えて構わない •解決案なしでも問題を提起して 構わない •反対だけでなく賛成も表明
  72. 72. 株式会社万葉 上手に質問する •質問の動機を最初に説明する
  73. 73. 株式会社万葉 上手に依頼する •依頼の動機を最初に説明する
  74. 74. 株式会社万葉 上手に説明する •何の話かから入る •相手を目的地まで順番に連れて いく。いきなり目的地(結論) に飛ばさない •事実と意見・想像を区別する •意見には理由を添える
  75. 75. 株式会社万葉 Part2 まとめ •チームの生産性があがれば、多 くの成果が得られる •自律的なチーム作りのための仕 組みを自分たちで工夫しよう •情報共有・コミュニケーション が特に重要
  76. 76. 株式会社万葉 まとめ •8年間それなりに積み重ねてやっ てきました •チームが一番大事だと思います •自分たちでやり方を変え続ける ことが改善への黄金の鍵 •絶賛採用中デス :)

×