Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

狩人研究の紹介

967 vues

Publié le

研究報告の質; 研究不正; EQUATOR Network

Publié dans : Santé & Médecine
  • Soyez le premier à commenter

狩人研究の紹介

  1. 1. 狩⼈研究の紹介 奥村泰之 ⼀般財団法⼈ 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 研究部 研究員 2014年4⽉22⽇ 12:00~13:00 第12回IHEP抄読会
  2. 2. 狩⼈研究 (Peer Review Research)とは  同じ領域の他の専⾨家の研究や研究費申請の質と適切性を専 ⾨家が評価する。ピアレビューは,編集者による論⽂掲載の 意思決定,研究資⾦配分機関による助成対象の意思決定,研 究機関によるティニア審査の意思決定などに使われる。 – The evaluation by experts of the quality and pertinence of research or research proposals of other experts in the same field. Peer review is used by editors in deciding which submissions warrant publication, by granting agencies to determine which proposals should be funded, and by academic institutions in tenure decisions. 2MeSH (http://www.ncbi.nlm.nih.gov/mesh/68017712)
  3. 3. JAMA,狩⼈へ研究費助成を呼びかけ!  ⽣物医学出版の役割の重要性にかかわらず,ピアレビューの ⽅法は研究不⾜であり,その研究助成も不⾜している。狩⼈ 研究における,卓越性,新規性と⽅法論の厳密性を開発・維 持するためには,系統的かつ競争的な研究助成をするスキー ムが必要である。 – Despite their critical role in biomedical publishing, methods of peer review are still underresearched and lack dedicated funding. Systematic and competitive funding schemes are needed to build and sustain excellence, innovation, and methodological rigor in peer review research. 3Malički M et al: JAMA. 2014 Mar 12;311(10):1065-7
  4. 4. S級狩⼈,臨床試験の錯乱 (spin) を発⾒ 研究者に都合の悪い結果を,読者に悟ら れないように粉飾する論⽂執筆法 (spin) 4Boutron I et al: JAMA. 2010 May 26;303(20):2058-64. 結果 統計的有意性の得られた群内差に焦点化 統計的有意性の得られた副次評価項⽬に焦点化 統計的有意性の得られたサブグループに焦点化 考察 ⾮劣勢試験や同等性試験のように,主要評価項 ⽬の解析結果を解釈 結論 ⾮劣勢や同等性を主張 解析結果では⽀持されていないにもかかわらず, 優越性を主張 他の統計的有意性を得られた結果を主張
  5. 5. ⽂献紹介,報道における錯乱 Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  6. 6. 研究成果の波及はメディアのパワー! 50%の⽶国⼈は医学ニュースを頻繁にチ ェック 90%の⼀般⼈はマスメディアから科学情 報を⼊⼿ ⽶国新聞の医学記事の30%はプレスリリ ースが情報源 研究者はアウトリーチのためにプレスリ リースを使う! 6Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  7. 7. ⽬的 プレスリリースとニュースにおける錯乱 割合の推定 7Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  8. 8. データ源と適格基準 8 プレスリリース 論⽂ ニュース  EurekAlert!  2009/12/1~2010 /3/31  RCT  優越性試験  2群⽐較 Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  9. 9. データ抽出 錯乱 (spin) の有無  統計的有意性に着⽬ – 群内⽐較/副次評価項⽬/サブグループ分析/解析集団の修正  ⾮劣勢/同等性を主張  安全性の不⼗分な主張/優越性の強調 9Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  10. 10. 70のプレスと論⽂,41のニュースを分析 10Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  11. 11. 論⽂における主要評価項⽬の結果 11 結果 % (n) すべて統計的有意 49% (34) すべて有意ではない 34% (24) ⼀部は有意 16% (11) 不明 1% (1) Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  12. 12. 論⽂における錯乱の割合 12 結果 % (n) どこかに錯乱 40% (28) 錯乱のタイプ 主要評価項⽬に統計的有意性が得られてい ないことを記述しない 20% (14) 同等性を主張 7% (5) 有意な副次評価項⽬に焦点化 4% (3) 不適切なサブグループに焦点化 6% (4) 群内⽐較に焦点化 9% (6) 有意性が得られたように主張 4% (3) Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  13. 13. プレスリリースにおける錯乱の割合 13 結果 % (n) どこかに錯乱 47% (33) 錯乱のタイプ 主要評価項⽬に統計的有意性が得られてい ないことを記述しない 19% (13) 同等性を主張 10% (7) 有意な副次評価項⽬に焦点化 7% (5) 不適切なサブグループに焦点化 5% (4) 群内⽐較に焦点化 16% (11) 有意性が得られたように主張 7% (5) Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  14. 14. 錯乱論⽂はプレスとニュースも錯乱 14Yavchitz A et al: PLoS Med. 2012;9(9):e1001308.
  15. 15. 錯乱論⽂の⼀例 P:ホルモン療法中の乳がん患者 I:針治療 C:抗うつ薬 (venlafaxine) O:12週⽬の⼀過性熱感 15Walker EM et al: J Clin Oncol. 2010 Feb 1;28(4):634-40. [IF = 18.0.38]
  16. 16. 統計的有意性は得られず 16Walker EM et al: J Clin Oncol. 2010 Feb 1;28(4):634-40. [IF = 18.0.38]
  17. 17. 論⽂の要旨における錯乱 17 群内差に着⽬ 同等性を主張 Walker EM et al: J Clin Oncol. 2010 Feb 1;28(4):634-40. [IF = 18.0.38]
  18. 18. プレスリリースにおける錯乱 18EurekAlert! (http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-12/hfhs-arh122909.php) 同等性を主張
  19. 19. ニュースにおける錯乱 19 群内差に着⽬ 副次評価項⽬に 焦点化 iDIVA (http://idiva.com/news-health/acupuncture-perks-up-sex-drive/899)
  20. 20. 結論 錯乱は約50%のプレスリリースとニュー スで検出 査読者や編集者には,研究成果のアウト リーチに重⼤な責任がある 錯乱に気をつけろ! 20

×