Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
Cloud Native アプリケーションに最適!
Oracle Cloud Infrastructu...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 2
今日のスピーカーとテーマ
Oracle Cloud Infrastructure
Cloud Na...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 3
ORACLE BARE METAL CLOUD
Oracle OpenWorld 2016
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 4
ORACLE CLOUD INFRASTRUCTURE
Oracle OpenWorld 2017
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
Oracle Cloud Infrastructure = 第二世代クラウド
第二世代クラウドインフラ...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
オラクル、
第2世代クラウドで反撃
Updated Oracle Gen 2
Cloud aims t...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
Oracle Enterprise SLA (Service Level Agreement)
• ク...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
FY18-Q2 FY18-Q3 FY18-Q4 FY19-Q1
8
OCI Customer Mome...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 9
We are coming to Japan!!
2019年5月 東京リージョン
2019年12月...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
2016
2017
By end CY 2019
18 Regions
Enterprise Serv...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
• Oracle Container Engine for
Kubernetes (OKE)
– マネ...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
なぜ Oracle Cloud で Kubernetes ?
✓エンタープライズグレードのパフォーマン...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
OCIを使う理由1 : エンタープライズグレードのパ
フォーマンス
• 高速SSDを搭載したベアメタル...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
OCIを使う理由1 : エンタープライズグレードの可用性
• マルチ可用性ドメイン(AD)対応
• M...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
OCIを使う理由2 : 攻めの価格モデル
• OKEとOCIRは無料、足回りの IaaS だけが課金対...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
OCIを使う理由3 : 充実した周辺サービス群
Oracle Cloudの幅広いサービス群との組み合わ...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
データ・マネジメント
• Database
• Exadata
• Autonomous Data
W...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
Autonomous Database Launch Event
- Oracle Redwood S...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
マネージドサービスを超える『自律型』サービスへ
Self-Driving
– 人手を介さずに構築、自動...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 20
デモ : OKE + ATP オンラインスケーリング
Oracle Automonous
Tra...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
前半パートのまとめ
•Oracle Cloud Infrastructure – エンタープライズグ
...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 22
Cloud Native アプリの開発者を
End to End で支えるマネージドサービス
クラウドネイティブ開発を導入する企業が増えています
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
71%
フォーチュン100企業の
コンテナの使用 *
...
クラウドネイティブ開発へ期待すること
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
• 簡単にはじめたい、すぐに利用したい
• 常設では無く使い捨て可能...
クラウドネイティブ開発における3つの課題
ツールの不足による追加コスト
不足するツールは独自に導入
管理が複雑化し維持コストが
増加
OSSの乱立・DIYの限界
セットアップに高度なノウハウ
が必要
ノウハウを持った人員の不足
パフォーマンス、...
クラウドネイティブ開発の課題へのOracleのアプローチ
開発から運用までEnd to End
のサービス
コンテナベースのランタイムか
ら運用管理まで必要なサービ
スを全てご提供
マネージドサービス vs DIY
マネージドなサービスを
エン...
アプローチ1:Open
オープンで可搬性のある開発環境をサポート
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
OKE OCIR
3rd Party
K...
アプローチ1:Open
オープンソース・コミュニティに貢献しています
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
• オラクルはCNCFのプラチナメン...
アプローチ2:Managed
Managedサービスを使って目指せ!脱DIY開発
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Customer Man...
アプローチ3:Incursive
アプリ開発ライフサイクルをEnd to Endで支えるサービス
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
コンテナ...
KubeCon + CloudNativeCon North America 2018 で発表
Oracle Cloud Native Services
ORACLE CLOUD NATIVE SERVICES
Monitoring Event...
アプリケーション開発を加速させるサービス
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Fn Projectをベースとした
サーバーレスサービス
コード...
アプリケーション開発を支えるサービス
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
リソース、サービスのメトリックス
利用状況のレポート
利用者に対する...
開発者はコードの作成に集中!OCIで動作するFaaSサービス
Oracle Functions
スケーラブル
• 自動スケールするFunction群
• 高い可用性
フル マネージド
• サーバーの管理不要
• エンタープライズ レベルのIaa...
Fn Project = Function as a Service(FaaS)を実装するためのプラットフォーム
OSSの”Fn Project”を実行エンジンとして利用
Open
Open Source (Apache 2.0)
2500+ ...
36Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Demo
ローカル環境で開発しCloud環境で実行
実際の利用イメージ
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
アプリケーショ
ンの登録
(トリガーの設定) コードはトリガ
ーが動作した場
合のみ実...
Oracle Funcionsのユースケース
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Web,モバイル,
IoTバックエンド
リアルタイム
ストリ...
ORACLE CLOUD
ユースケース: IoTのバックエンド
IoT
Functions
Mobile
Service
Cloud
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rig...
ORACLE CLOUD
ユースケース: リアルタイムストリーム処理
Kafka /
Streaming
Database
Functions
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. Al...
ORACLE CLOUD
ユースケース: バッチ処理
Database Database
Functions
Storage
Scheduled
batch job
Functions
Database
Scheduled
batch job
...
クラウドネイティブ開発の課題へのOracleのアプローチ
開発から運用までEnd to End
のサービス
マネージドサービス vs DIYコミュニティ主導、オープン
InclusiveManagedOpen
Copyright © 2019,...
全体を通してお伝えしたかったこと
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
• ベアメタルがやってくる!可用性と性能を追求したインフラストラクチャ
...
Safe Harbor Statement
The following is intended to outline our general product direction. It is intended for
information p...
Safe Harbor Statement
The following is intended to outline our general product direction. It is intended for
information p...
Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
[DevSumi2019]Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

[DevSumi2019]Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!

553 vues

Publié le

2019/2/14 Developer Summit 2019【14-B-2】
Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

[DevSumi2019]Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!

  1. 1. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Cloud Native アプリケーションに最適! Oracle Cloud Infrastructureの魅力! 日本オラクル株式会社 丸川 祐考 @mmarukaw #devsumi14B2 #OCI 茂 こと @cotoc88
  2. 2. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 2 今日のスピーカーとテーマ Oracle Cloud Infrastructure Cloud Native アプリの動かす エンタープライズグレードのインフラ Oracle Cloud Native Services Cloud Native アプリの開発者を End to End で支えるマネージドサービス
  3. 3. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 3 ORACLE BARE METAL CLOUD Oracle OpenWorld 2016
  4. 4. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 4 ORACLE CLOUD INFRASTRUCTURE Oracle OpenWorld 2017
  5. 5. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Cloud Infrastructure = 第二世代クラウド 第二世代クラウドインフラストラクチャ Oracle Cloud Infrastructure • 瞬時にベアメタルサーバを活用可能(仮想マシンも提供) • ハイパーバイザーのオーバーヘッドなしの本来のパフォー マンス • リソース分離によるセキュリティとガバナンスの向上 • 利用しただけ従量課金 • 複数サイトを利用した高可用性アーキテクチャ • 全ての自動化された機能、コンソールとAPIでの柔軟な操 作性 第一世代のクラウド • 容量の素早い追加 • 従量課金 • 最新のハードウェア利用 • マネージドインフラ オンプレミス もしくは マネージド・ホスティング • 本来のパフォーマンス • 専有のハードウェア • リソースの完全分離 第一世代クラウドの利点 /オンプレミスの利点 5 「第一世代のクラウド」と「オンプレミス」のいいとこ取り!!
  6. 6. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | オラクル、 第2世代クラウドで反撃 Updated Oracle Gen 2 Cloud aims to challenge cloud leaders Oracle OpenWorld 2018 – making the cloud friendly for enterprises that distrust cloud Larry Ellison pitches Oracle’s Gen 2 Cloud as purpose-built for enterprise 6
  7. 7. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Enterprise SLA (Service Level Agreement) • クラウド業界初 エンタープライズレベルのSLA を提供 • SLAの対象を拡大 –可用性(Availability) –管理性(Management) –性能(Performance) • https://cloud.oracle.com/ja_JP/iaas/sla 7
  8. 8. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | FY18-Q2 FY18-Q3 FY18-Q4 FY19-Q1 8 OCI Customer Momentum 2017 / 09 2017 / 10 2017 / 11 2017 / 12 2018 / 01 2018 / 02 2018 / 03 2018 / 04 2018 / 05 2018 / 06 2018 / 07 2018 / 08
  9. 9. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 9 We are coming to Japan!! 2019年5月 東京リージョン 2019年12月 大阪リージョン
  10. 10. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 2016 2017 By end CY 2019 18 Regions Enterprise Service Level Agreements (SLA’s) File Storage Service GPU Compute Shapes AMD Compute Shapes Container Engine for Kubernetes Oracle Cloud Infrastructure Registry Data Transfer Appliance Key Management Service WAF & DDoS Protection Acquires Datascience.com, Sparkline 2019 By end CY 10
  11. 11. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | • Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) – マネージドKubernetesサービス • Oracle Cloud Infrastructure Registry (OCIR) – マネージドなコンテナレジストリ Cloud Native アプリを動かすOCIのコンテナサービス 11
  12. 12. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | なぜ Oracle Cloud で Kubernetes ? ✓エンタープライズグレードのパフォーマンスと可用性 ✓攻めの価格モデル ✓充実の周辺サービス群との組み合わせ OKE Kubernetes クラスター 可用性ドメイン(AD)1 可用性ドメイン(AD)2 可用性ドメイン(AD)3 12
  13. 13. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | OCIを使う理由1 : エンタープライズグレードのパ フォーマンス • 高速SSDを搭載したベアメタル(非仮想)サーバー • 3つの可用性ドメイン(AD) でリージョンを構成。AD間、AD内のホ スト間を、低レイテンシー、広帯域のN/Wで接続 13 https://www.accenture.com/t20171003T083750Z__w__/us- en/_acnmedia/PDF-62/Accenture-Enterprise-Workloads-Meet-Cloud.pdf OCIOther AD1 AD2 AD3 AD間: 1Tb/s, < 500µs AD内: 25Gb/s, < 100µs 第3者機関によるN/W性能検証結果
  14. 14. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | OCIを使う理由1 : エンタープライズグレードの可用性 • マルチ可用性ドメイン(AD)対応 • Master Node はデフォルトで冗長化 • etcdを自動で定期バックアップ OKE : Kubernetes クラスター Availability Domain 1 Availability Domain 2 Availability Domain 3 Object Store Object StoreObject Store Master Node Master Node Master Node 14
  15. 15. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | OCIを使う理由2 : 攻めの価格モデル • OKEとOCIRは無料、足回りの IaaS だけが課金対象 – OKE: • Compute • Block Storage • Load Balancer • Network • 格安なネットワーク料金とストレージ料金 – リージョン内転送無料、月10TBまでのデータ持ち出し無料 – 100GBのIOPSプロビジョン済(6000 IOPS)ストレージが月510円 – OCIR: • Object Storage • Network 15
  16. 16. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | OCIを使う理由3 : 充実した周辺サービス群 Oracle Cloudの幅広いサービス群との組み合わせで、様々なユースケースに対応 NoSQL CSAPI Platform CS Gateway Node Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) Autonomous DWH CS MySQL CS レイティン グ Python + django レビュー Python + django MySQL CS 書籍情報 Python + django 静的コンテンツ Nginx Kafka Broker ロ ー ド バ ラ ン サ ロ ー ド バ ラ ン サ API Gateway API Gateway OCI LB OCI LB ロ ー ド バ ラ ン サ ユーザー Kafka Producer Kafka Consumer App Container CS 顧客アクティビティの収集基盤 Event Hub CS App Container CS ・ 周辺サービスと組み合わせたシステム・アーキテクチャの一例 ※App Container CSに乗せるアプリは、 コンテナ化してOKEで動かしてもよいです 16
  17. 17. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データ・マネジメント • Database • Exadata • Autonomous Data Warehouse Cloud • Database Backup • MySQL • Big Data • Event Hub コンテンツ&エクスペリエンス • Content and Experience • WebCenter Portal Cloud アプリケーション開発 • Java • Application Container • Developer • Visual Builder • Mobile and ChatBots • Messaging • AI Platform • Blockchain インテグレーション • Oracle Integration Cloud • Data Integration • Internet of Things • Self-Service Integration • Process Automation • SOA ビジネス・アナリティクス • Analytics Cloud • Business Intelligence • Data Visualization • Essbase インフラストラクチャ (IaaS) • Compute • Networking • Storage • Governance • Load Balancing • Ravello • Edge Services • Cloud at Customer セキュリティ • CASB • Configuration and Compliance • Security Monitoring and Analytics • Identity 運用・管理 • IT Analytics • Log Analytics • Orchestration • Application Performance Monitoring • Infrastructure Monitoring OCIを使う理由3 : 充実した周辺サービス群 17
  18. 18. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Autonomous Database Launch Event - Oracle Redwood Shores, 27th Mar, 2018 Video News Release 自律型データベース “Autonomous Database” は インターネット登場に匹敵する革新的技術基盤 あらゆることが変わる ラリー エリソン Oracle CTO 「自律型システム」の未来が現実に 18
  19. 19. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | マネージドサービスを超える『自律型』サービスへ Self-Driving – 人手を介さずに構築、自動オンラインパッチ、自動バックアップ – 機械学習(AI)を利用した自動チューニング – オンライン・スケーリング(CPU,サーバー,ストレージ)、自動スケーリング* Self-Securing – 攻撃や脅威を自動で検知し検疫 – 最新のセキュリティ・パッチをオンラインで自動適用 Self-Repairing – 99.995%のSLA、1ヶ月のダウンタイム2.5分以内 – コンポーネントの全多重化、ダウンからの自動リカバリー 19 Oracle Autonomous Database が提供するサービス * 将来提供予定 ORACLE AUTONOMOUS DATABASE
  20. 20. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 20 デモ : OKE + ATP オンラインスケーリング Oracle Automonous Transaction Processing (ATP) 1 CPU Core / 1TB Grafana 4x Gatling BM.Standard2.52 Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) 4x pods with Helidon 6x VM.Standard2.24
  21. 21. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 前半パートのまとめ •Oracle Cloud Infrastructure – エンタープライズグ レード & 低価格のクラウドサービスが、日本にやっ てきます!! •OKE と Autonomous Database を組み合わせるとAP 層もDB層も簡単にスケーリングできる 21
  22. 22. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 22 Cloud Native アプリの開発者を End to End で支えるマネージドサービス
  23. 23. クラウドネイティブ開発を導入する企業が増えています Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 71% フォーチュン100企業の コンテナの使用 * * For 2016-17: Datadog * CNCF Survey, 08, 2019 267% Cloud Nativeテクノロジーの 前年比成長率 * 23
  24. 24. クラウドネイティブ開発へ期待すること Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. • 簡単にはじめたい、すぐに利用したい • 常設では無く使い捨て可能 • 本番運用に利用したい • 運用コストを最低限に抑えたい • 構築を自動化したい • 可搬性を保ちたい • 3rdパーティ製品・クラウドサービスでも利用できる状態にしたい etc・・・・ 24
  25. 25. クラウドネイティブ開発における3つの課題 ツールの不足による追加コスト 不足するツールは独自に導入 管理が複雑化し維持コストが 増加 OSSの乱立・DIYの限界 セットアップに高度なノウハウ が必要 ノウハウを持った人員の不足 パフォーマンス、セキュリティ、 拡張性、信頼性の確保が困難 プロプライエタリなクラウド サービス クローズドなAPIやサービス 可搬性のないソリューションで ロックインされる可能性 Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 25
  26. 26. クラウドネイティブ開発の課題へのOracleのアプローチ 開発から運用までEnd to End のサービス コンテナベースのランタイムか ら運用管理まで必要なサービ スを全てご提供 マネージドサービス vs DIY マネージドなサービスを エンタープライズグレードなOCI 上でご提供 コミュニティ主導、オープン プロプライエタリなテクノロジー や利己的なOSS拡張には基づ かない InclusiveManagedOpen Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 26
  27. 27. アプローチ1:Open オープンで可搬性のある開発環境をサポート Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. OKE OCIR 3rd Party Kubernetes 3rd Party Docker Registry Cloud Native Environment Native Services Application オープンソースに コミット いつでも移行可能 ハイブリット環境への対応 27
  28. 28. アプローチ1:Open オープンソース・コミュニティに貢献しています Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. • オラクルはCNCFのプラチナメンバーとして2017年から貢献中 – Kubernetes Projectへ開発人員を提供 • 加入の目的 – KubernetesをはじめとするCloud Nativeテクノロジーの進化を加速し、安定・高機能なソフトウェアの 普及に貢献 – お客様にOracle Cloud Infrastructure上でより安定したCloud Nativeテクノロジーを提供 Cloud Native領域で多数のOSSをリリース(https://github.com/oracle/) Fn Project : Function as a Service フレームワーク railcar : コンテナ・ランタイムのRUST実装 smith : rpmパッケージからマイクロコンテナを作成 Java / MySQL / Linux は先駆者としての立場を継続 28
  29. 29. アプローチ2:Managed Managedサービスを使って目指せ!脱DIY開発 Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Customer Managed Oracle Managed アプリの管理 アップグレードと パッチ適用 プラットフォームの バックアップとリカバリ 高可用性 スケーリング アプリの展開 電力、HVAC ラックとスタック サーバの プロビジョニング ソフトウェアの インストール Oracle Cloud アプリの管理 アップグレードと パッチ適用 プラットフォームの バックアップとリカバリ 高可用性 スケーリング アプリの展開 電力、HVAC ラックとスタック サーバの プロビジョニング ソフトウェアの インストール You 29
  30. 30. アプローチ3:Incursive アプリ開発ライフサイクルをEnd to Endで支えるサービス Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. コンテナベースのアプリケーショ ン開発のためのEnd to Endな サービスを提供 • コンテナレジストリ • CI/CD ビルドパイプライン • Kubernetesプラットフォーム • 監視・通知ツール 1 2 3 4 5 Oracle Cloud Infrastructure Registry (OCIR) Oracle Container Pipelines Oracle Cloud Infrastructure Registry (OCIR) Oracle Container Engine (OKE) Monitoring, Notifications Base Container CI / CD System App Container Orchestration to Production Messaging, Telemetry, Alarms 30
  31. 31. KubeCon + CloudNativeCon North America 2018 で発表 Oracle Cloud Native Services ORACLE CLOUD NATIVE SERVICES Monitoring EventsNotifications Streaming Observability + Messaging Container Pipelines (Wercker) Container Engine for Kubernetes (OKE) Application Development + Operations Resource Manager Cloud Infrastructure Registry (OCIR) Oracle Cloud Infrastructure Limited Availability 先行利用可能 Functions Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 31
  32. 32. アプリケーション開発を加速させるサービス Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Fn Projectをベースとした サーバーレスサービス コード開発 コンテナのプロビジョニングと管理 高可用性なコンテナレジストリ CI/CDパイプラインによる コードの構築とテスト Terraformをベースとした IaCの機構 LA = Limited Availability, customers can request early access to services. Container Pipelines (Wercker) Container Engine for Kubernetes (OKE) Application Development + Operations Resource Manager Cloud Infrastructure Registry (OCIR) Functions 32
  33. 33. アプリケーション開発を支えるサービス Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. リソース、サービスのメトリックス 利用状況のレポート 利用者に対する通知 ストリーミング情報を スケーラブルに収集 リソース等の変更に基づく イベント発行 LA = Limited Availability, customers can request early access to services. Monitoring EventsNotifications Streaming Observability + Messaging 33
  34. 34. 開発者はコードの作成に集中!OCIで動作するFaaSサービス Oracle Functions スケーラブル • 自動スケールするFunction群 • 高い可用性 フル マネージド • サーバーの管理不要 • エンタープライズ レベルのIaaSと 統合 オンデマンド • 動いた分だけ料金が発生 • 精緻な課金の計算 Oracle Functions マネージドなFaaS Oracle Cloudとの統合 コンテナ・ネイティブ OSSのエンジン 1 3 2 Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 34
  35. 35. Fn Project = Function as a Service(FaaS)を実装するためのプラットフォーム OSSの”Fn Project”を実行エンジンとして利用 Open Open Source (Apache 2.0) 2500+ コミット、50+ コントリビューター マルチ言語サポート Java、Python、Go、Node.js、Ruby、PHP どこでも動く ラップトップ、サーバー、クラウド、 Dockerさえ動けばどこでも動作可能 Easy 考え抜かれた開発者エクスペリエンス ローカル開発環境からデプロイまで、すべての操作はシンプルなCLI Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. https://fnproject.io/ 35
  36. 36. 36Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Demo ローカル環境で開発しCloud環境で実行
  37. 37. 実際の利用イメージ Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. アプリケーショ ンの登録 (トリガーの設定) コードはトリガ ーが動作した場 合のみ実行 コード実行時間 のみの支払い 37
  38. 38. Oracle Funcionsのユースケース Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Web,モバイル, IoTバックエンド リアルタイム ストリーム ファイル処理 バッチ処理オラクル・クラウ ドの統合と拡張 38
  39. 39. ORACLE CLOUD ユースケース: IoTのバックエンド IoT Functions Mobile Service Cloud Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. しきい値をチェック 超過した場合にはインシ デントを発生させ 通知を送信 トリガ機能センサーデータをス トリーミングする デバイス インシデントを 技術者や経営者に 通知送信 技術者アプリ ダッシュボード 39
  40. 40. ORACLE CLOUD ユースケース: リアルタイムストリーム処理 Kafka / Streaming Database Functions Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. ユーザーセン チメント分析 の実行 トリガ機能複数のソースからのデ ータ、SNSなど データベース に保存された レコード ユーザーセンチメント 分析の傾向があるダッ シュボード 40
  41. 41. ORACLE CLOUD ユースケース: バッチ処理 Database Database Functions Storage Scheduled batch job Functions Database Scheduled batch job Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. ボーナスポイ ントの計算 ユーティリティ 消費 ボーナス ポイント更新 ユーティリティ 請求書 PDF ファ イル トランザクシ ョンの詳細 請求計算 PDFファイル の生成 ストレージに 保存 消費の詳細 ロイヤリティボー ナス受領 クレジットカード 取引情報 41
  42. 42. クラウドネイティブ開発の課題へのOracleのアプローチ 開発から運用までEnd to End のサービス マネージドサービス vs DIYコミュニティ主導、オープン InclusiveManagedOpen Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 42
  43. 43. 全体を通してお伝えしたかったこと Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. • ベアメタルがやってくる!可用性と性能を追求したインフラストラクチャ • OKEとAutonomousデータベースを組み合わせでオンラインスケールアップ • マネージドなCloud Native Servicesで脱DIY開発、コード開発に集中 • Oracle Functions/Fn Projectで今日からサーバーレスデビュー 43
  44. 44. Safe Harbor Statement The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, timing and pricing of any features or functionality described for Oracle’s products may change and remains at the sole discretion of Oracle Corporation. Confidential – Oracle Internal/Restricted/Highly Restricted 44 We are coming to Japan!! 2019年5月 東京リージョン 2019年12月 大阪リージョン
  45. 45. Safe Harbor Statement The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, timing and pricing of any features or functionality described for Oracle’s products may change and remains at the sole discretion of Oracle Corporation. 無料トライアルのお申込方法の詳細は、QRコード、またはURLにアクセスして ください。 Cloud Native Servicesの先行トライアルユーザー募集中! この後、是非 Ask the Speaker までお越しください! Oracle Cloud 最大 3,500 時間の 無料トライアル oracle.co.jp/tryit_dev
  46. 46. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |

×