newstars
newstars
newstars
newstars
newstars
newstars
newstars
newstars
newstars
Prochain SlideShare
holst.pdfholst.pdf
Chargement dans ... 3
1 sur 9

Contenu connexe

Dernier(20)

newstars

  1. 藤本義一 (1933⁻2012) 月刊PHP 1988年8月号 「シナリオ教室」 より引用
  2. 提唱者 サミュエル・ローランド・ホール (1876-1942)アメリカ 2つの過程のうち、重なる部分があることに お気づきだろうか? アイドマの最初の2段階、「商品を見る」と、 「商品に興味を持つ」は、ともに「観察段階」 に当たる。
  3. 中山正和 (1913-2002)
  4. ジェームス・ウェブ・ヤング (1886-1973) アメリカの広告王 「アイデアのつくり方」より引用 NM法とほぼ同じことを言っている。情報をまとめ、 考えて、アイデアを閃いて、できたアイデアの種を 現実的に育てていく。 この流れは、観察、考察、推察、洞察とも重なる。 そして、アイドマの最後の段階、記憶から行動へと 進む。
  5. ウェイン・ダイアー (1940-2015) アメリカの心理学者 「自分を創る」より
  6. 千利休 (1522-1591) 岸田秀 (1933-) 「ものぐさ精神分析」 歴史の法則4段階 日本芸能の真髄 「守破離」(しゅばり) ダイアー、岸田、利休の 3説は次のように重なる パニック 無力 努力 対応 自己実現 対立 逆転 移行 統合 守る 破る 離れる
  7. 村田宏雄(1919-2002) 社会心理学 下記は「オルグ学入門」より引用 ※人が人を組織化することを “オルグする”という。 この1~4段階によって “ある存在になる”と考えれば、 守破離と重なる。1で立場を揺さぶり、2で逆転し、 3で移行し、4の選択愛他行動で統合して到達する。 さて、最後が存在になった。アイドマの「商品を見る」の前に「商 品が存在する」を置けば、存在で輪になる。
  8. 特徴1 存在~認識、認識~存在、の2つがある。 特徴2 この2つの流れは平行している。 特徴3 全体は「輪」のようにつながっている。 以上