Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×
Prochain SlideShare
深層学習時代の自然言語処理
Suivant
Télécharger pour lire hors ligne et voir en mode plein écran

37

Partager

Télécharger pour lire hors ligne

Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察

Télécharger pour lire hors ligne

調査をするときに、観察対象を20サンプルではなくて40サンプルにしたい理由をまとめました。1回当たり10%で起きる現象を2回以上観測する可能性を90%確保するために必要な観測数はいくらであるか、相関関係を確かめるために何例のサンプルが必要か、そのような例題を5個用意し、それぞれについて検討しました。

数式は1つもありません。数の感覚をつかむこと、必要とあらば、自分で近似式を導いて、他の状況で必要な数の算出を即座に行うために必要な例を載せようと思い作りました。これについてはしばらく検証していこうと思います。とにかく40あれば十分という説明というよりは、20の場合と40の場合の違いを明らかにし、目的に応じて数を加減できるようにさまざまな数値例を示しました。

Livres associés

Gratuit avec un essai de 30 jours de Scribd

Tout voir
  • tnakamura1979

    Apr. 10, 2019
  • hirokiiida165

    Sep. 5, 2017
  • iriomoteyamaneco

    Jun. 27, 2017
  • KazukiInamura

    May. 13, 2017
  • IssaySuemitsu

    Oct. 11, 2016
  • katsutoshiseki

    Sep. 18, 2016
  • chidoriashi1990

    Oct. 11, 2015
  • helmenov

    Jun. 13, 2015
  • racooma

    May. 10, 2015
  • Uyauyamit

    Mar. 29, 2015
  • abemasanori7

    Mar. 24, 2015
  • ssuser0fd0f5

    Mar. 11, 2015
  • takashinakashima

    Mar. 9, 2015
  • nakao

    Mar. 9, 2015
  • perokotokyo

    Mar. 5, 2015
  • TakahiroEzaki

    Mar. 2, 2015
  • nekamay

    Mar. 2, 2015
  • koduki

    Mar. 1, 2015
  • fyusuke

    Mar. 1, 2015
  • YOwatari

    Mar. 1, 2015

調査をするときに、観察対象を20サンプルではなくて40サンプルにしたい理由をまとめました。1回当たり10%で起きる現象を2回以上観測する可能性を90%確保するために必要な観測数はいくらであるか、相関関係を確かめるために何例のサンプルが必要か、そのような例題を5個用意し、それぞれについて検討しました。 数式は1つもありません。数の感覚をつかむこと、必要とあらば、自分で近似式を導いて、他の状況で必要な数の算出を即座に行うために必要な例を載せようと思い作りました。これについてはしばらく検証していこうと思います。とにかく40あれば十分という説明というよりは、20の場合と40の場合の違いを明らかにし、目的に応じて数を加減できるようにさまざまな数値例を示しました。

Vues

Nombre de vues

38 865

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

26 863

Actions

Téléchargements

45

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

37

×