Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Nutanix .NEXT ON TOUR IN TOKYO テクニカルセッション

3 357 vues

Publié le

Community Editionで今すぐ試せる Nutanix徹底解剖

Publié dans : Technologie
  • Yes you are right. There are many research paper writing services available now. But almost services are fake and illegal. Only a genuine service will treat their customer with quality research papers. ⇒ www.HelpWriting.net ⇐
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici

Nutanix .NEXT ON TOUR IN TOKYO テクニカルセッション

  1. 1. Community Editionで今すぐ試せる Nutanix 徹底解剖 Satoshi Shimazaki & Akio Shimizu Nutanix Japan G.K. @smzksts & @shmza
  2. 2. 22 • Nutanixのアーキテクチャや最新機能を、 Community Edition(CE)を 用いて解説します。 • 最新機能を単に解説するだけではなく、 実機を用いたデモにより、 理解をより一層深められる、 テクニカルな深堀りセッションです。 このセッションについて
  3. 3. 33 当セッションは Nutanix Community Meetupの 柔らかめのノリを踏襲しております。 技術的な解説が中心となりますが、 リラックスしてお聞きください。 Disclaimer
  4. 4. 8 Deep Dive といえば Nutanix Bible
  5. 5. 9 Nutanix Bible > 100,000字
  6. 6. 1010 時間に限りがあります
  7. 7. 1111 ゴール •基本的な用語とアーキテクチャを理解する •CEで使える機能を理解する •目的に合ったCE環境を選べる Next Action •Nutanix CEを実際に使ってみる •Nutanix Community Meetupに参加する 当セッションのゴールとNext Action
  8. 8. Nutanix Community Edition とは
  9. 9. 1515 • Nutanixの無償エディション • HypervisorはAcropolis Hypervisor限定 • 提供形態 Community Editionとは CE On-demand by Ravello Systems TEST DRIVE by Nutanix USB Boot Image http://www.nutanix.com/testdrive/https://www.ravellosystems.com/r epo/blueprints/69605214 http://next.nutanix.com/t5/Nutanix -Community-Edition/ct-p/Nutanix- Community-Edition
  10. 10. 1616 • お手軽さ • 試せる機能 どれを使うか
  11. 11. Nutanix CEのアーキテクチャと構成要件
  12. 12. 18 分散ストレージ ファブリック (DSF) Nutanixの基本アーキテクチャー Hypervisor SCSI Controller SSD SSD HDD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC Hypervisor SCSI Controller SSD SSD HDD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC Hypervisor SCSI Controller SSD SSD HDD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC PCI パススルー TOR Switch
  13. 13. 19 Controller VM(CVM)の詳細 (1/2) • CVMの位置づけ • Nutanixのシステムの中枢 • ハイパーバイザー上で動作するVM • Nutanixクラスタの全ノードで1つずつ動作 • 各ノードのローカルストレージを束ねて 分散ストレージファブリック(DSF)を提供 →CVM同士がネットワーク経由で連携 • 管理UI(Prism)、CLI、API等を提供 Hypervisor SCSI Controller SSD SSD HDD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC
  14. 14. 20 Controller VM(CVM)の詳細 (2/2) • CVMの内側 • CentOS 6.8ベース(CE 2016.06.30時点) • Hypervisorとはネットワーク経由で通信し、 共有ストレージ装置として振る舞う →vSphere:NFS, Hyper-V:SMB, AHV:iSCSI • SCSIコントローラーをPCIパススルーで制御 →オーバーヘッドを最小化 • 多数のサービスの連携により機能を実装 Hypervisor SCSI Controller SSD SSD HDD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC
  15. 15. 21 Nutanixを構成するサービス群
  16. 16. 22 サービス稼働状況の確認:cluster status nutanix@NTNX-2147fbb2-A-CVM:192.168.10.251:~$ cluster status 2016-09-06 10:57:41 INFO cluster:2156 Executing action status on SVMs 192.168.10.251 The state of the cluster: start Lockdown mode: Disabled CVM: 192.168.10.251 Up, ZeusLeader Zeus UP [4414, 4440, 4441, 4445, 4477, 4492] Scavenger UP [5027, 5053, 5054, 5123] SSLTerminator UP [5268, 5304, 5305, 5355] SecureFileSync UP [5273, 5325, 5326, 5353] (※中略) Janus UP [6654, 6719, 6720] NutanixGuestTools UP [6691, 6759, 6760, 6790] MinervaCVM UP [6824, 6854, 6855, 6923, 7294] Apps UP [6856, 6897, 6898, 6924] 2016-09-06 10:57:42 INFO cluster:2267 Success! nutanix@NTNX-2147fbb2-A-CVM:192.168.10.251:~$
  17. 17. 23 ストレージ 階層化 Nutanix CEの最小構成要件 AHV SCSI/SATA Controller SSD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC Attached to CVM as Block Devices (/dev/sdX) • 1ノード構成 • CPU :Intel製 4コア+, VT-x必須 • メモリ :16GB+ (32GB+推奨) • Boot Disk:USBメモリ, 8GB+ • Hot Tier Disk: SSD 200GB+ * 1 • Cold Tier Disk:HDD 500GB+ * 1 • NIC :Intel製 1GbE+ * 1 • インターネット接続(初回ログイン時)
  18. 18. 24 AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC Nutanix CEによるクラスター構成 AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC TOR Switch
  19. 19. 2525 AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC Nutanix CEの制限事項 AHV SCSI/SATA Ctr SSD HDD HDD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC TOR Switch • ノンサポート(フォーラムを活用) • 最大クラスタサイズ(ノード数/クラスタ) :4 (1, 3 ,4ノード構成に対応) • 最大ディスク数 :ノード当たり4まで • 最大Cold Tier容量:18TB(6TB HDD * 3) • ハイパーバイザー:Acropolis Hypervisorのみ • 最新版への強制アップデート • I/O性能は製品版に比べて低速
  20. 20. 26 構成要件を満たさないが動作報告のある構成 AHV SCSI/SATA Controller SSD HDD Controller VM User VM(s) User VM(s) User VM(s) NIC Attached as Block Devices (/dev/sdX) • 1ノード構成 • CPU :Intel製 4コア+, VT-x • メモリ :16GB+ (32GB+推奨) • Boot Disk:USBメモリ, 8GB+ • Hot Tier Disk: SSD 200GB+ * 1 • Cold Tier Disk:HDD 500GB+ * 1 • NIC :Intel製 1GbE+ * 1 • 4コア未満Intel CPU(VT-x必須) • AMD製CPU(AMD-V必須) • HDDのみでの構成 • ノードあたり5つ以上のディスク • Broadcom, Realtek製 NIC ※一部の構成はインストーラのHackが必要
  21. 21. 27 Acropolis Hypervisor(AHV)の詳細 • AHVの位置づけ • KVMベースのNutanix独自ハイパーバイザー • Nutanixの方向性に沿った最適化 • 統合性、シンプルさ、自動化、etc... • 追加費用なし、サポート一元化 • AHVの内側 • CentOS 7.1ベース(CE 2016.06.30時点) • Linux 3.10, Open vSwitch 2.3.1、etc...
  22. 22. Nutanix CEを使い倒す – 入門編
  23. 23. 2929 インストール Clusterの作成 Storage Poolの作成 Containerの作成 VM Networkの作成 VMの作成 Taskの確認 Nutanix CEでできること - 入門編
  24. 24. 3030 1. USBブートイメージをダウンロード 2. USBメモリにイメージを書込み 3. マシンをUSBメモリから起動 4. 自動インストーラーを実行 →AHVとCVMがインストールされる 5. 1~4をクラスタ台数分繰り返す 6. Nutanixクラスタを作成 7. Prismにアクセスし、アクティベート How to install CE
  25. 25. 31 おすすめの環境例 パターン1: メモリ16GB以上搭載可能なベアボーン • GIGABYTE BRIX Pro • ASRock Beebox N3150 • Intel Skull Canyon など パターン2.: Nested Virtualization環境 • Intel VT-x Pass-throughできるもの • VMware Player, Workstation, Fusion, ESXi • KVM
  26. 26. 3232 • クラスター内の物理ディスク(SSD/HDD)を束ねた単位 用語:Storage Pool
  27. 27. 3333 • Storage Poolから切り出した論理ストレージ領域 • ハイパーバイザーから見たデータストアに相当 • 1つのStorage Poolに複数のContainerを作成可能 用語:Container
  28. 28. Nutanix CEを使い倒す – 中級編
  29. 29. 3636 Containerのオプションを確認する VM Networkのオプションを確認する Protection Domainの設定(ローカル) Healthページのチェック Analysisの設定 ACLI(コマンドライン)による操作 Clusterの拡張 ソフトウェアのUpgrade Acropolis Block Services Nutanix CEでできること – 中級編
  30. 30. 37 Containerのオプション • データ多重度 (2 or 3) • 容量予約/制限 • 圧縮 • 重複排除 • Off • Performance Tier Only • Performance and Capacity Tiers • Erasure Coding
  31. 31. 3838 Real World Data Reduction from Hybrid SSD + HDD Storage by Michael Webster 容量削減効果(重複排除、圧縮) Server Virtualization Oracle RAC AD,vCenter,DB, etc... Exchange VDI case A VDI case B http://longwhiteclouds.com/2016/05/23/real-world-data-reduction-from-hybrid-ssd-hdd-storage/
  32. 32. 39 CEにおけるクラスター拡張と縮退 1. LANと電源に接続して起動 2. Web UIで増設メニューを開く 3. 増設ノードを選択し、 設定するIPv4アドレスを 入力して [Save] • 3⇔4ノード間で拡張/縮退可能 (1ノード構成はNG) • CEは常にノードポジション Aとして検出
  33. 33. 4040 Acropolis Block Services
  34. 34. 4141 Acropolis Block Services – 障害時
  35. 35. 4242 Acropolis Block Services – 回復後
  36. 36. Nutanix CEを使い倒す – 上級編
  37. 37. 4545 Remote Replication(Async DR) Acropolis File Services OpenStack Integration Acropolis Container Services Citrix MCS Plug-in for AHV Nutanix CEでできること - 上級編
  38. 38. 4646 • 複数クラスタ間連携 • リモートバックアップ • Disaster Recovery • 非同期 • 1ノードクラスタ同士でも 構成可能 Nutanix CEによるマルチサイト構成
  39. 39. Nutanix CEを使い倒す – 超上級(?)編
  40. 40. 4848 Diagnostics test Important Pages Nutanix CEでできること – 超上級(?)編
  41. 41. 4949 • Nutanix Clusterのパフォーマンスチェックツール • 負荷テスト用のVMを自動デプロイし、性能を測定 • 使い方 $ ./diagnostics/diagnostics.py run • オプション • 1 node構成の時: --replication_factor 1 • クリーンアップ $ ./diagnostics/diagnostics.py cleanup • 注意点 • 商用版に比べて性能は出ません(PCI Pass-throughしていない為) • EULA的に性能情報の公開はNGです…(スミマセン) Diagnostics Test
  42. 42. 5050 • Nutanix Clusterのパフォーマンスチェックツール • 負荷テスト用のVMを自動デプロイし、性能を測定 • 使い方 $ ./diagnostics/diagnostics.py run • オプション • 1 node構成の時: --replication_factor 1 • クリーンアップ $ ./diagnostics/diagnostics.py cleanup • 注意点 • 商用版に比べて性能は出ません(PCI Pass-throughしていない為) Diagnostics Test – results directory ~/diagnostics/results/2016-09-08_14-24-35$ ls fio_rand_read_192.168.10.250.err fio_seq_write_192.168.10.250.err fio_rand_read_192.168.10.250.out fio_seq_write_192.168.10.250.out fio_rand_read.cas_latency.cassandra fio_seq_write.cas_latency.cassandra fio_rand_read.cas_latency.medusa fio_seq_write.cas_latency.medusa fio_rand_read.cas_latency.tmp fio_seq_write.cas_latency.tmp fio_rand_read.cas_latency.tmp.cassandra fio_seq_write.cas_latency.tmp.cassandra fio_rand_write_192.168.10.250.err log fio_rand_write_192.168.10.250.out prepare_disks_192.168.10.250.err fio_rand_write.cas_latency.cassandra prepare_disks_192.168.10.250.out fio_rand_write.cas_latency.medusa prepare_disks.cas_latency.cassandra fio_rand_write.cas_latency.tmp prepare_disks.cas_latency.medusa fio_rand_write.cas_latency.tmp.cassandra prepare_disks.cas_latency.tmp fio_seq_read_192.168.10.250.err prepare_disks.cas_latency.tmp.cassandra fio_seq_read_192.168.10.250.out rehost_read_192.168.10.250.err fio_seq_read.cas_latency.cassandra rehost_read_192.168.10.250.out fio_seq_read.cas_latency.medusa rehost_read.cas_latency.medusa fio_seq_read.cas_latency.tmp rehost_read.cas_latency.tmp fio_seq_read.cas_latency.tmp.cassandra rehost_read.cas_latency.tmp.cassandra nutanix@NTNX-2147fbb2-A-CVM:192.168.10.251:~/diagnostics/results/2016-09-08_14-24-35$
  43. 43. 5151 システムに関する詳細情報の取得 • 2009 Stargate : データI/O関連 • 2010 Curator : MapReduceクラスタ 関連 • 2020 Cerebro : レプリケーション/DR 関連 • 2030 Acropolis Hypervisor 関連 http://<CVM>:<Port>/ でアクセス可能 Important Pages
  44. 44. Nutanix商用版のみの機能
  45. 45. 5454 • 5ノード以上への拡張 • RF3(データ3重化) • Availability Domain(Block Awareness) • 1-click hypervisor conversion • Prism Central • Prism Pro CEでは出来ないが、商用版AHVでは出来ること
  46. 46. 55 Prism Proとは • 有償オプション • Prism Central(仮想アプライアンス)により提供 • 複数クラスタの統合管理だけならば無償 • 主要な機能 1. ダッシュボードのカスタマイズ 2. キャパシティ予測 3. 検索ベースの管理性
  47. 47. 56 カスタマイズ可能なダッシュボード 概要 • 複数クラスタを一元表示 • ウィジェットでカスタマイズ可能 • チャート、アラート、パフォーマ ンス情報をカスタマイズ可能 利点: • 障害発生から復旧までの時間を短縮 • ユーザー毎のビュー画面
  48. 48. 57 キャパシティ予測 概要 • キャパシティの傾向を詳細化 • インテリジェントな予測 • X-Fit アルゴリズム (特許申請中)を実装 利点: • Pay-As-You-Growを実現 • 勘に頼った判断を回避
  49. 49. 58 Prismサーチ 概要 • 検索を軸とする管理 • ワンクリックで有意な結果を得るこ とが可能 • 検索履歴とショートカット機能 • 自動補完、自動補正、及び同意語へ 対応可能 利点: • コンシューマー製品ライク • マニュアル不要のシンプルな操作感
  50. 50. Demo – Prism Pro
  51. 51. 6060 ゴール •基本的な用語とアーキテクチャを理解する •CEで使える機能を理解する •目的に合ったCE環境を選べる Next Action •Nutanix CEを実際に使ってみる •Nutanix Community Meetupに参加する いかがでしたか?
  52. 52. 61 もっと詳しく知りたい方は… Nutanix Community Meetup • http://j.mp/nutanix • 平日夜に技術勉強会を開催中 • 対象:Nutanixに興味のある ITインフラエンジニアの方 • 過去の資料も掲載中 Nutanix Bible • http://nutanixbible.jp • Nutanixの詳細アーキテクチャ解説
  53. 53. Thank You

×