Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

ノンコーディングでLineBotを作る MS FLOW編

168 vues

Publié le

MS FLOWを利用してノンコーディングでLineBotを作ります。

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

ノンコーディングでLineBotを作る MS FLOW編

  1. 1. ノンコーディングでLineBotを作る MS FLOW編 2018年8月15日 城東.NET
  2. 2. まずは自己紹介 ・名前 木下 裕之 ・HN:kingkino ・SNS Twitter @kingkinoko FaceBookやってます ・Azure暦:7年 ・MCSE : Cloud Platform and Infrastructure 2017 (MCP 70-532 : 70-533 : 70-534) ・Azureもくもく会主催 ・Microsoft MVP for Microsoft Azure ※この資料は2018年8月11日時点での情報を元に作成しています。 ※説明が足りない部分が多いかもしれませんがご容赦ください。
  3. 3. ノンコーディングでLineBotを作る AzureMVPの松本さんがAsciiで 「ノンコーディングで質問に自動回答するLINE BOTを作って みよう」 という記事を投稿されていたので今回はMS FLOWで似たよう なことをしてみようと思います。 【参考】 http://ascii.jp/elem/000/001/713/1713259/
  4. 4. ノンコーディングでLineBotを作る 今回しないこと LINE Developerの登録やMessagingAPIについての利用方法や 解説はしません。 LINE Developer登録やMessageingAPIについては下記のリン クを参照してください。 https://developers.line.me/ja/
  5. 5. MS FLOWでLineBotを作ってみる
  6. 6. MS FLOWでLineBotを作ってみる
  7. 7. MS FLOWでLineBotを作ってみる LINEから渡ってくるJSONのペイロードは下記の物を利用します。 {"properties":{"events":{"items":{"properties":{"message":{"properties":{"id":{"type":"string"},"t ext":{"type":"string"},"type":{"type":"string"}},"type":"object"},"replyToken":{"type":"string"},"so urce":{"properties":{"type":{"type":"string"},"userId":{"type":"string"}},"type":"object"},"timesta mp":{"type":"integer"},"type":{"type":"string"}},"required":["replyToken","type","timestamp","s ource"],"type":"object"},"type":"array"}},"type":"object"}
  8. 8. MS FLOWでLineBotを作ってみる 条件を追加します。 入力されたJSONの三番目のTypeがtextであれば「は い」のほうへ、Typeがtext以外であれば「いいえ」の方 へ処理が分岐します。
  9. 9. MS FLOWでLineBotを作ってみる 各設定項目に下記の情報を入力 方法:PSOT URL:https://api.line.me/v2/bot/message/reply ヘッダー: ContentType : Application/json Authorization : Bearer{半角の空白}<AccessToken> 本文: { "messages": [ { "text": @{items('Apply_to_each')?['message']?['text']}, "type": "text" } ], "replyToken": @{items('Apply_to_each')?['replyToken']}}
  10. 10. MS FLOWでLineBotを作ってみる 各設定項目に下記の情報を入力 方法:PSOT URL:https://api.line.me/v2/bot/message/reply ヘッダー: ContentType : Application/json Authorization : Bearer <AccessToken> 本文: { "messages": [ { "text": "文字以外は認識しません よ。", "type": "text" } ], "replyToken": @{items('Apply_to_each')?['replyToken']}}
  11. 11. MS FLOWでLineBotを作ってみる LINE APIのアクセストークンを取得して反映 ※Bearerの設定で躓きやすいので注意 LINE側のOutGoingWebHookにMSFLOWの URLを設定
  12. 12. デモ DEMO
  13. 13. はまった点 ・AuthorizeTokenの設定がうまく行かないパターン AuthorizeTiokenの設定時にKey値を「Authorization」、Value値を「Bearer <AccessToken>」と 設定するのですがBearerの後に半角スペースを入れないとBearerという文字自体をToken文字列の一 部として認識していしまいます。 https://blogs.technet.microsoft.com/office365-tech-japan/2018/04/23/invoke- sporestservice-by-using-flow ・保存を押すとFlowのデザイナーでエラー通知が出る 正しく設定しているにもかかわらず、保存時にエラー通知が頻繁に発生する場合はコネクターを作り 直すことをお勧めします。ブラウザ上で動いているためキャッシュしているのかもしれませんので、 一度コネクタを削除して作りなおすことで大体解決します。

×