Publicité
Publicité

Contenu connexe

Plus de YOLO JAPAN(19)

Publicité

アルバイトで外国人を採用したい!外国人採用で知っておくべき注意点

  1. アルバイトで外国人を採用したい!外国 人採用で知っておくべき注意点
  2. 在留資格について 現在日本企業では、人手不足が深刻化しています。 そんな中、外国人を採用する企業が多くなりました。 そこで、外国人が働く際に必要になるのが、在留資 格です。 在留資格について 💡在留資格とは、外国人が日本に滞在している際 に、特定の活動をすることができる資格のことです。 約82万人 (出典)出入国在留管理庁|在留資格別
  3. 外国人を雇用する目的は人材確保のためだった 外国人を採用する理由 企業が外国人を雇う主な理由は、HUMAN CAPTAL サポネット(2021)の調査によると『国籍 を問わず優秀な人材確保のため』 と挙げられ ました。労働者が減少傾向にある日本は、優秀なだ けでなく、今後即戦力になりうる人材確保、外国人 の採用が必要だと決断したのです。 (出典)サポネット|2021年卒 企業外国人留学生採用状況調査
  4. 就労制限がない 日本人と同様に働くことができま す。就労時間や職種制限が無い ため、パチンコ店やバーなど、さ まざまな分野で活動することがで きます。 永住者の場合、在留期間が無 制限のため、日本に生活基盤を 置きます。したがって、長期雇用 がしやすいです。また、定住者と 配偶者の場合、在留期間に制 限はありますが、更新すること が可能なため、日本に居住する 場合が多いです。 長期雇用ができる 特定技能や技能実習生は、給 与とは別に様々な支援が必要 ですが、これらとは違い、企業に は支援コストの負担が少なくなり ます。ビザに多少コストは必要 ですが、ほかのものと比べかな りコストを抑えられるので、人件 費を削ることが可能になります。 支援コストが不要 永住者・定住者・配偶者を採用する際に大切なポイント 永住者・定住者・配偶者を採用する際に覚えておきたい3つのこと
  5. 確認しなければならない大切な項目 留学生を採用する際に覚えておきたい3つのポイント 資格外活動許可がある場 合のみ就労可能 資格外活動許可がある場合は アルバイト可 能です。資 格を取 得しているかどうかは、在留カー ドの裏面にて確認できます。 留学生は勉強が目的なので、学 業の妨げにならないように残業時 間を含め、週28時間以内と、決 められています。また、夏 休みな どの長期休暇の場合、一日8時 間、週40時間まで就労が拡大さ れます。 就労時間は 週28時間以内 風 営 法にかかわる分 野の職 種 、パチンコ 店 やゲームセン ターなど、風営法に関連する職 種では、就労が禁止されていま す。もし、留 学 生がこれらの職 種で働いていた場 合、不 法 就 労になり処 罰を受けてしまうの で注意が必要です。 風営法に係る業種に従 事できない
  6. 貴重な人材である外国人労働者 外国人を採用するというのは、人手不足緩和のため、必要不可欠です。 ですが、資格の種類、時間の規制など、ものによって資格条件は異なります。 それぞれのポイントを抑えながら、優秀な人材確保は、これからの企業の、 切り札になるでしょう。
  7. 企業の生産性を高める 費用対効果の高い人手不足の解消策 YOLO WORK(ヨロワーク) YOLO WORK
  8. YOLO JAPANについて 自治体との連携や就業支援、さまざまな外国人向けサービスを提供
  9. 日本で活躍する外国人向けの支援が充実 YOLO JAPANは、日本で暮らす外国人と日本人が共存する社会を目指しています。 VISA更新/変更に係るサービスをはじ め、日本で使える SIMカード・外国人向け賃貸情報・医療機関で症状を正確に伝えるためのメディカルサービスなどを提供 しています。外国人材がさらに活躍しやすい環境をつくるため、必要なサービスを創出し続けます。
  10. 外国人向けワクチン接種会場 総勢800名以上の日本語が苦手な外国人や留学生を対象に、 ワクチン接種に係るサポートを実施。 外国人食堂 スポンサー企業様と共に、孤立しない居場所づくり、 仕事探しも含めたさまざまなライフサポートを実施。 連携協定 / 地域活性 自治体と連携し外国人向けの情報発信や地域福祉、地域コミュニティの醸成に貢献します。
  11. OSAKA求職者支援コンソーシアム 大阪府の緊急雇⽤対策事業の「OSAKA求職者支援コンソーシ アム」に参画し、日本で仕事を探す外国人の就業支援を行って います。 日本リスキリングコンソーシアム 日本全国あらゆる人のスキルをアップデートする「リスキリング」 に取り組む新たな試みに賛同し、日本人や外国人が学べる機 会の創出に貢献します。 ※主幹事:Google 協力・後援:総務省/経産省 就業支援 / リスキリング 企業と求職者をつなぐだけでなく、求職者が持つまだ開花していない新たな可能性を応援しています。
  12. ※掲載された個々の商標・標章・ロゴマーク、商号に関する権利は個々の権利所有者に帰属します。
  13. salesmarketing@yolo-japan.co.jp 受付時間(平日 10:00~18:00) 06-6645-1750(代表) https://www.yolo-japan.co.jp YOLO WORK
  14. 商 号 株式会社YOLO JAPAN / YOLO JAPAN CORPORATION 本 社 〒556-003 大阪府大阪市浪速区恵美須西3-13-24 設 立 2004年 12月 24日 代表者 代表取締役 加地 太祐 従業員 46名(2022年 4月現在) 許 可 労働者派遣事業 派27-301453 有料職業紹介事業 27-ユ-300926 登録支援機関登録番号 19登-002476 主要取引銀行 紀陽銀行 / みずほ銀行 / 三井住友銀行 / 三菱東京UFJ銀行 主要株主 加地 太祐 / 日本再興投資事業有限責任組合 / ぐるなび / JR西日本イノベーションズ / 東急不動産ホールディングス / 地域創生ソリューション / 三菱UFJキャピタル / 明光 ネットワークジャパン / 大成 / 南海電気鉄道 / みずほキャピタル / 他 会社概要
Publicité