Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
未来を切り拓くドローンの可能性
株式会社 情報開発研究所
2017/02/04
日本システム監査人協会 システム監査学会 大分県中小企業診断士協会 大分IT経営推進センター 合同セミナー
弊社の紹介
ホームページ製作・保守管理、動画製作、ドローンによる空撮等
中九州の大分・竹田を拠点に、日本全国へ、WEBコンテンツを提供中
*WEBコンテンツとは
インターネット上で公開するホームページ、動画等の製作物。
お客様から受注して製作す...
事例 とうきびの郷すごう
3
ホームページを製作(2012年) 動画を製作(毎年)
全国放送のテレビ番組に出演するきっかけになる等
とうもろこしへの受注が大幅に増える。
保守管理
1. 株式会社 情報開発研究所について
とうもろこし畑をドローンで空撮(2016年)
4
動画を見た方の感想
・畑がまったく違うもののように見えた。映画みたい。
・国産の安全なものであることが伝わる動画
・すごい!等々・・・・・・
1. 株式会社 情報開発研究所について
弊社で行っている保守管理
5
1. 株式会社 情報開発研究所について
ホームページや、動画のアクセスを解析し、更新をサポート
→広告や販売促進としての効果を高める
ホームページ(Webサイト)製作、保守管理の実績多数
企業・団体様等から、ご発注していただいたホームページ製作・保守管理、動画製作
とまと学校では、卒業記念にドローンで撮影し、動画を公開
6
1. 株式会社 情報開発研究所について
講演、講習会の実績
2010年の創業以来、ブログやFacebook等を取り扱った小規模な講習会も含めると、合計で100回程度実施。
7
 2015年 おおいたITフェア講演の部で、
14講演中で、動員数1位。
内容:未来を切り拓くドローンの可...
BSでの放映実績
 2016年12月25日(日)に放送されたBSフジのTV番組『もういった?おおいた くまもと』
8
1. 株式会社 情報開発研究所について
番組中で、弊社がドローンで空撮した映像が放映される。
なお、この番組は内閣府の提供で...
空撮,測量等の調査関連
現在で最も活用事例が多いと思われる分野
 カメラ、ラジコンの2分野の専門家やマニアが取り組む
 映像業界(テレビ番組,CM,プロモーションビデオ,ハリウッド映画)
 土木・建築分野での測量 遺跡物等のデータ化
 ...
物流関連
国外
 無人配達システムとしての実験(アメリカ)
 教科書販売・レンタル業の配達システム
(オーストラリア)
10
国内
 離島への物資配達実験(瀬戸内地方等)
医薬品,医療機器の配達が主
 茨城県つくば市ドローン試験飛行場
...
ドローンの事件や事故 犯罪への利用
11
国内
 首相官邸無人機落下事件
 湘南国際マラソン墜落事故
 姫路城大天守窓枠へのドローン衝突事故
 ドローン少年 等
国外
• ホワイトハウス ドローン墜落事件
• トライアスロンでのドローン...
ボルテックス・リング・ステート vortex ring state
上昇気流を受けたり、急激な下降動作を行うことにより、ローター(プロペラ)が、自身の起こした
気流(ダウンウォッシュ)に巻き込まれてしまう。
揚力(物体に対して下から上にかかる力...
13
3. ドローンによる事故を防ぐために
ボルテックス・リング・ステート vortex ring state
 機体の特徴や機能の把握を行う
 バッテリー容量の把握や飛行時間のチェック
 機体の特徴を把握する 例)クワッドコプター(4枚羽機)…機体がコンパクトかつ軽いため、小回りが利く 反面、モーターが一
つ壊れた場合に墜落しやすい。 ※弊社では...
ドローンに関する調査・検討、実験、発表、実践
調査
・検討
実験 発表 実践
15
4. 弊社の実績
2015年 4月 11月
大規模解体工事
・文化会館、直入荘
二度と撮れない光景を空撮
12月
4/17 飛行実験開始
簡素な機体で実験をはじ...
ドローンに関する実践
発表実践 実践
16
4. 弊社の実績
2016年 4月 2月12月1月 2017年
4/14, 16 熊本地震発生 大災害が発生すると一気に地域経済が冷え切る。
→震源地に近い、弊社の受注も激減。
発生直後に、地上で撮影...
ドローンを操縦するには
安全を確保するために
・充分な知識、時間をかけた訓練、経験を積む
・機体は、高機能で安定しているものを使用する
・随時、機体の整備を行う
以上が、必要。
17
4. 弊社の実績
著書の紹介
18
4. 弊社の実績
熊本地震発生直後、非常事態下での取り組みに関する本が、
(株)インプレスR&D様より出版されています。
Amazon・書店等にて販売中です。
「熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか」
株式会社 情...
本日は、ありがとうございました
感謝しています
19
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

未来を切り拓くドローンの可能性 株式会社 情報開発研究所

571 vues

Publié le

日本システム監査人協会 システム監査学会 大分県中小企業診断士協会 大分IT経営推進センター 合同セミナー
2017/02/04

Publié dans : Périphériques & matériel
  • Soyez le premier à commenter

未来を切り拓くドローンの可能性 株式会社 情報開発研究所

  1. 1. 未来を切り拓くドローンの可能性 株式会社 情報開発研究所 2017/02/04 日本システム監査人協会 システム監査学会 大分県中小企業診断士協会 大分IT経営推進センター 合同セミナー
  2. 2. 弊社の紹介 ホームページ製作・保守管理、動画製作、ドローンによる空撮等 中九州の大分・竹田を拠点に、日本全国へ、WEBコンテンツを提供中 *WEBコンテンツとは インターネット上で公開するホームページ、動画等の製作物。 お客様から受注して製作するものと、弊社で独自に企画して製作するものがある。 2 1. 株式会社 情報開発研究所について
  3. 3. 事例 とうきびの郷すごう 3 ホームページを製作(2012年) 動画を製作(毎年) 全国放送のテレビ番組に出演するきっかけになる等 とうもろこしへの受注が大幅に増える。 保守管理 1. 株式会社 情報開発研究所について
  4. 4. とうもろこし畑をドローンで空撮(2016年) 4 動画を見た方の感想 ・畑がまったく違うもののように見えた。映画みたい。 ・国産の安全なものであることが伝わる動画 ・すごい!等々・・・・・・ 1. 株式会社 情報開発研究所について
  5. 5. 弊社で行っている保守管理 5 1. 株式会社 情報開発研究所について ホームページや、動画のアクセスを解析し、更新をサポート →広告や販売促進としての効果を高める
  6. 6. ホームページ(Webサイト)製作、保守管理の実績多数 企業・団体様等から、ご発注していただいたホームページ製作・保守管理、動画製作 とまと学校では、卒業記念にドローンで撮影し、動画を公開 6 1. 株式会社 情報開発研究所について
  7. 7. 講演、講習会の実績 2010年の創業以来、ブログやFacebook等を取り扱った小規模な講習会も含めると、合計で100回程度実施。 7  2015年 おおいたITフェア講演の部で、 14講演中で、動員数1位。 内容:未来を切り拓くドローンの可能性 1. 株式会社 情報開発研究所について  2014年 おおいたITフェア講演の部で、16講演中で、 動員数1位。内容:2012年九州北部豪雨「災害 復旧活動を支援したITシステム」
  8. 8. BSでの放映実績  2016年12月25日(日)に放送されたBSフジのTV番組『もういった?おおいた くまもと』 8 1. 株式会社 情報開発研究所について 番組中で、弊社がドローンで空撮した映像が放映される。 なお、この番組は内閣府の提供であり、政府インターネットテレビにて、二年間公開され続ける。 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14840.html
  9. 9. 空撮,測量等の調査関連 現在で最も活用事例が多いと思われる分野  カメラ、ラジコンの2分野の専門家やマニアが取り組む  映像業界(テレビ番組,CM,プロモーションビデオ,ハリウッド映画)  土木・建築分野での測量 遺跡物等のデータ化  調査(野性生物、災害現場、農作物の生育状況等) 9 2. 一般的なドローンの活用事例
  10. 10. 物流関連 国外  無人配達システムとしての実験(アメリカ)  教科書販売・レンタル業の配達システム (オーストラリア) 10 国内  離島への物資配達実験(瀬戸内地方等) 医薬品,医療機器の配達が主  茨城県つくば市ドローン試験飛行場 物流会社が社有地の提供と管理を行う その他の活用事例  警備システム,保守管理システムとしての利用  民間の警備会社が開発 ドローン検知のセン サー等  メガソーラー施設保守点検業務への活用等  農業 完全自律飛行による農薬散布等  広告媒体としての活用(ロシア,ブラジル)  マシン競技としての利用 ドローンレース 2. 一般的なドローンの活用事例
  11. 11. ドローンの事件や事故 犯罪への利用 11 国内  首相官邸無人機落下事件  湘南国際マラソン墜落事故  姫路城大天守窓枠へのドローン衝突事故  ドローン少年 等 国外 • ホワイトハウス ドローン墜落事件 • トライアスロンでのドローン墜落事故 • 刑務所への禁制物(携帯、麻薬等)持ち込み • アメリカ-メキシコ間での麻薬密輸 等 2. 一般的なドローンの活用事例 ドローン墜落事例の背景 →墜落事例の多くの原因は、ヒューマンエラー 操作ミス 障害物との接触 電波障害 野鳥との衝突(過度な接近に反応) GoHome(自動帰還)機能の誤作動 バッテリー不足に気付かなかった ローター機(ヘリ型 のプロペラ機)特有の問題への知識不足 等
  12. 12. ボルテックス・リング・ステート vortex ring state 上昇気流を受けたり、急激な下降動作を行うことにより、ローター(プロペラ)が、自身の起こした 気流(ダウンウォッシュ)に巻き込まれてしまう。 揚力(物体に対して下から上にかかる力)を失う現象。 セットリング・ウィズ・パワー(settling with power) とも呼ばれ、有名なオスプレイの墜落要因 の一つとしても知られている。 ドローンの場合、構造上、他のローター機以上にこの現象に陥りやすくなっており、かつ自動化 された姿勢制御方法では対応しきれないため、墜落しやすい。 →螺旋を描きながら降下することで、ある程度、防げる問題 (実際のヘリパイロットでも、この現象に陥った場合、前または横に機体を移動させることで効力 を緩和するようにと教育されている) 12 3. ドローンによる事故を防ぐために
  13. 13. 13 3. ドローンによる事故を防ぐために ボルテックス・リング・ステート vortex ring state
  14. 14.  機体の特徴や機能の把握を行う  バッテリー容量の把握や飛行時間のチェック  機体の特徴を把握する 例)クワッドコプター(4枚羽機)…機体がコンパクトかつ軽いため、小回りが利く 反面、モーターが一 つ壊れた場合に墜落しやすい。 ※弊社では、機体の操作性、 部品の調達や保険等の理由から、クワッドコプターであるDJI phantom Professionalを導入。 墜落した際に被害が出るような状況下では、そもそも飛ばさない方針。  GoHome(自動帰還)機能等の把握  操縦に習熟し、機体の整備、メンテナンスを行う  回避操作の意識を徹底する  ドローンは「落ちるもの」と考える →回避操作は「コントローラーの手元の操作で行う」と、機体との意識を切り分ける 風や電波等の影響でトラブルが発生した時に「ドローン本体の動作」と誤解していると、混乱し、操作を誤ってしまう恐れがある  安全確認、飛行環境をチェックする  風速の計測、電波障害、周囲にいる人の確認等 14 3. ドローンによる事故を防ぐために
  15. 15. ドローンに関する調査・検討、実験、発表、実践 調査 ・検討 実験 発表 実践 15 4. 弊社の実績 2015年 4月 11月 大規模解体工事 ・文化会館、直入荘 二度と撮れない光景を空撮 12月 4/17 飛行実験開始 簡素な機体で実験をはじめる 4/22 (首相官邸無人機落下事件) 報道でドローンへの批判、警戒が強まる 5/21 第1回国際ドローン展 (千葉 幕張メッセ) 訪問し、世界のハイレベルな機体を確認 7/14 安定した高度な機体を導入 以降、発表に向けて、実験を続ける 1月 11/28 おおいたITフェア講演 空撮の受注、業務での活用を開始
  16. 16. ドローンに関する実践 発表実践 実践 16 4. 弊社の実績 2016年 4月 2月12月1月 2017年 4/14, 16 熊本地震発生 大災害が発生すると一気に地域経済が冷え切る。 →震源地に近い、弊社の受注も激減。 発生直後に、地上で撮影した動画を公開。通常よりも反響が大きかった。 空撮のお問い合わせ ご注文が増え始める 新聞広告に掲載するため の空撮写真等 ●2/4 セミナー 4/22 風評被害払拭のためにも、独自にメディアサイトを立ち上げ。 岡城、阿蘇、 久住高原、長湯温泉等を対象とし、ドローンでの空撮により、地域の 現状を伝えた。 11/7 著書「熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか」を、 インプレスR&D社より出版。
  17. 17. ドローンを操縦するには 安全を確保するために ・充分な知識、時間をかけた訓練、経験を積む ・機体は、高機能で安定しているものを使用する ・随時、機体の整備を行う 以上が、必要。 17 4. 弊社の実績
  18. 18. 著書の紹介 18 4. 弊社の実績 熊本地震発生直後、非常事態下での取り組みに関する本が、 (株)インプレスR&D様より出版されています。 Amazon・書店等にて販売中です。 「熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか」 株式会社 情報開発研究所 代表取締役 工藤英幸 (著)
  19. 19. 本日は、ありがとうございました 感謝しています 19

×