Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

社内勉強会からはじめる越境

901 vues

Publié le

カイゼンの旅、チームの旅。現場の軌跡を語ろうライトニングトーク回 でライトニングトークしたときのスライドです。
https://devlove.doorkeeper.jp/events/109556

Publié dans : Ingénierie
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

社内勉強会からはじめる越境

  1. 1. 社内勉強会からはじめる越境
 2020/08/07
 カイゼンの旅、チームの旅。 
 現場の軌跡を語ろうライトニングトーク回 
 西口瑛一

  2. 2. 1. 自己紹介
 2. 会社にあった境界
 3. 社内勉強会で越境する
 4. まとめ

  3. 3. 1. 自己紹介
 2. 会社にあった境界
 3. 社内勉強会で越境する
 4. まとめ

  4. 4. Copyright bellFace inc. | 4 自己紹介
 西口瑛一(にしぐちえいいち)
 : @24guchia
 ベルフェイス株式会社で bellFace のリプレイス中
 最近:スクラムマスターしてます
 特技:WebRTC 実務経験アリ
 ブログ: 針は飲まれぬ https://harinoma.info/
 

  5. 5. 1. 自己紹介
 2. 会社にあった境界
 3. 社内勉強会で越境する
 4. まとめ

  6. 6. 事業部ごとのエンジニア間の境界

  7. 7. Copyright bellFace inc. | 7 事業部が分かれていて、エンジニア同士でも境界があった
 ● 保守、リプレイスで事業部が分かれている
 ● 保守エンジニア 「リプレイスはもう一つの
 事業部がやってるからよくわからない」
 ● リプレイスエンジニア 「保守はもう一つの
 事業部がやってるからよくわからない」

  8. 8. そうだ、越境しよう!

  9. 9. 1. 自己紹介
 2. 会社にあった境界
 3. 社内勉強会で越境する
 4. まとめ

  10. 10. Copyright bellFace inc. | 10 両方のエンジニアの意見を聞いた
 ● 保守、リプレイス共に社内勉強会には
 興味があった
 ● 社内勉強会なら、境界をまたいで、
 技術の話題でコミュニケーション取れそう
 ● いわゆるハンガーフライトの場にできそう

  11. 11. Copyright bellFace inc. | 11 社内勉強会はじめました

  12. 12. Copyright bellFace inc. | 12 ● 隔週で継続し、先日第 11 回開催
 ● エンジニア以外も参加、登壇してくれている
 ● 広範囲に越境する活動になりつつある
 社内勉強会はなんやかんや苦労もありつつ、継続中

  13. 13. 社内勉強会のテーマや苦労話は
 会社のブログで後日取り上げます

  14. 14. 1. 自己紹介
 2. 会社にあった境界
 3. 社内勉強会で越境する
 4. まとめ

  15. 15. Copyright bellFace inc. | 15 越境のサイクル
 あらわす
 ふみだす
 まきこむ
 出典: カイゼン・ジャーニーを参照し、作成 
 立ち返りの問い
 Why

  16. 16. Copyright bellFace inc. | 16 越境のサイクル
 あらわす
 ふみだす
 まきこむ
 出典: カイゼン・ジャーニーを参照し、作成 
 立ち返りの問い
 Why

  17. 17. Copyright bellFace inc. | 17 ● 現行システムは限界が近い
 ● リプレイスするには保守、リプレイス
 どちらのスキルも必要
 ● どちらのスキルも得るために越境し、
 コミュニケーションを取る必要があるから
 立ち返りの問い

  18. 18. Copyright bellFace inc. | 18 ● 現行システムは限界が近い
 ● リプレイスするには保守、リプレイス
 どちらのスキルも必要
 ● どちらのスキルも得るために越境し、
 コミュニケーションを取る必要があるから
 立ち返りの問い

  19. 19. Copyright bellFace inc. | 19 ● 現行システムは限界が近い
 ● リプレイスするには保守、リプレイス
 どちらのスキルも必要
 ● どちらのスキルも得るために越境し、
 コミュニケーションを取る必要があるから
 立ち返りの問い

  20. 20. Copyright bellFace inc. | 20 越境のサイクル
 あらわす
 ふみだす
 まきこむ
 出典: カイゼン・ジャーニーを参照し、作成 
 立ち返りの問い
 Why

  21. 21. Copyright bellFace inc. | 21 ● 部署を踏み出して、
 両事業部のエンジニアに声をかけた
 ● 前例がないことを無視して、踏み出した
 ● 僕だけでなく、参加者も踏み出しやすい環境
 ふみだす

  22. 22. Copyright bellFace inc. | 22 ● 部署を踏み出して、
 両事業部のエンジニアに声をかけた
 ● 前例がないことを無視して、踏み出した
 ● 僕だけでなく、参加者も踏み出しやすい環境
 ふみだす

  23. 23. Copyright bellFace inc. | 23 ● 部署を踏み出して、
 両事業部のエンジニアに声をかけた
 ● 前例がないことを無視して、踏み出した
 ● 僕だけでなく、参加者も踏み出しやすい環境
 ふみだす

  24. 24. Copyright bellFace inc. | 24 越境のサイクル
 あらわす
 ふみだす
 まきこむ
 出典: カイゼン・ジャーニーを参照し、作成 
 立ち返りの問い
 Why

  25. 25. Copyright bellFace inc. | 25 ● 社内だけでなく、社外でも登壇
 ● 社内勉強会がきっかけで、施策が生まれた
 ● 合計参加部署が 13 と大きく越境を果たした
 あらわす

  26. 26. Copyright bellFace inc. | 26 ● 社内だけでなく、社外でも登壇
 ● 社内勉強会がきっかけで、施策が生まれた
 ● 合計参加部署が 13 と大きく越境を果たした
 あらわす

  27. 27. Copyright bellFace inc. | 27 ● 社内だけでなく、社外でも登壇
 ● 社内勉強会がきっかけで、施策が生まれた
 ● 合計参加部署が 13 と大きく越境を果たした
 あらわす

  28. 28. Copyright bellFace inc. | 28 越境のサイクル
 あらわす
 ふみだす
 まきこむ
 出典: カイゼン・ジャーニーを参照し、作成 
 立ち返りの問い
 Why

  29. 29. Copyright bellFace inc. | 29 ● 広報を味方につけて、
 運用サポートや社外へのアピール
 ● 業務で関わった人が困っていたことを
 勉強会で取り上げた
 ● エンジニア以外も
 登壇するよう全社的にまきこんでいる
 まきこむ

  30. 30. Copyright bellFace inc. | 30 ● 広報を味方につけて、
 運用サポートや社外へのアピール
 ● 業務で関わった人が困っていたことを
 勉強会で取り上げた
 ● エンジニア以外も
 登壇するよう全社的にまきこんでいる
 まきこむ

  31. 31. Copyright bellFace inc. | 31 ● 広報を味方につけて、
 運用サポートや社外へのアピール
 ● 業務で関わった人が困っていたことを
 勉強会で取り上げた
 ● エンジニア以外も
 登壇するよう全社的にまきこんでいる
 まきこむ

  32. 32. Copyright bellFace inc. | 32 越境のサイクル
 あらわす
 ふみだす
 まきこむ
 出典: カイゼン・ジャーニーを参照し、作成 
 立ち返りの問い
 Why

  33. 33. Copyright bellFace inc. | 33 越境しよう!
 ● 書籍で得た知識で一歩踏み出そう
 ● 一巡したら再度、 Why を問いかけよう
 ● 得た経験を踏まえて、
 今度は自分のちからで再度ふみだしましょう


×