Ce diaporama a bien été signalé.
Le téléchargement de votre SlideShare est en cours. ×

20221119_自己紹介.pptx

Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Chargement dans…3
×

Consultez-les par la suite

1 sur 7 Publicité

Plus De Contenu Connexe

Plus récents (20)

Publicité

20221119_自己紹介.pptx

  1. 1. これから出会うすべての人へ 1 自分に興味を持っていただき、 この資料を読もうと思ってくださり、 本当にありがとうございます! 大したキャリアではありませんし、人間としても未熟ですが、 それでも自分に興味を持っていただけたら嬉しいです。 1996年生まれ、大阪府出身 ※2022/11/13更新※
  2. 2. 2 ストレングスファインダーの結果
  3. 3. 3 Career 大学卒業 2019.3 同志社大学卒業。 学生時代はアルバイトに明け暮れる日々を過ごしていました。 特にやりたいこともなく、何も行動もせず。 結果的に、就職活動では100社以上に落ちました。汗 (今振り返ると原因は明確なのですが…) そして大学4年生の秋、ベンチャー企業に拾っていただきま した。 2021.6 - 株式会社D2CR 実は希望の求人となかなか出会えず…。D2CRの役員を捕ま えて直談判して、希望ポジションの求人を作ってもらい入社 にこぎつけました。 1社目と同様に広告代理業ですが、新規獲得支援だけでなく、 認知領域の支援やWeb広告以外の企画の実績が増えつつある 企業です。戦略プランナーとして年間マーケティング戦略の 策定や、競合コンペでの新規案件獲得を行いました。成果や 活動を評価いただき、入社1年で電通出向が叶いました。 株式会社ワンスター 2019.4- リピート通販企業(健康食品・コスメなど)のダイレクト マーケティング支援が主な事業内容です。 (いわゆるWeb広告運用による新規ユーザー獲得支援) 自分はクリエイティブプランナーとして、バナー広告・LP のプランニング&制作ディレクションを行っていました。 社内賞を頂くなど、周囲の人にも恵まれていましたが、制作 領域に限らず、もっと上流の戦略策定から関わりたいと思い 転職を決めました。 2022.8 - 株式会社電通 メディアプランナーとして、クライアントの課題解決やKPI 達成に最適なメディア選定、企画立案、予算アロケーション などを行いつつ、媒体担当者とのディレクションを行ってい ます。メディアはデジタルに限らず、マス媒体も含めて全領 域担当しています。 1社目では獲得領域、電通では認知領域を経験させていただ いたので、全マーケティングファネルでのプランニングを経 験することができました。
  4. 4. 4 早崎 侑也 Career 大学卒業 2019.3 同志社大学卒業。 学生時代はアルバイトに明け暮れる日々を過ごして いました。 特にやりたいこともなく、何も行動もせず。 結果的に、就職活動では100社に落ちました。汗 (今振り返ると原因は明確なのですが…) そして大学4年生の秋、ベンチャー企業に拾ってい ただきました。 株式会社ワンスター 2019.4- リピート通販企業(健康食品・コスメなど)のダイ レクトマーケティング支援が主な事業内容です。 (いわゆるWeb広告運用による新規獲得支援) 自分はクリエイティブプランナーとして、バナー広 告・LPのプランニング&制作ディレクションを行っ ていました。 社内賞を頂くなど、周囲の人にも恵まれていました が、制作領域ではなく、もっと上流の戦略策定から 関わりたいと思い転職を決めました。 2021.6 - 株式会社D2CR 実は希望の希望の求人がなかなか見つからず…。 D2CRの役員を捕まえて直談判して、希望ポジショ ンの求人を作ってもらい入社にこぎつけました。 1社目と同様に広告代理業をしていますが、新規獲 得支援だけでなく、認知獲得の支援やWeb広告以外 の企画の実績が増えつつある企業です。 そこで、プロモーションの戦略プランナーとして、 年間マーケティング戦略の策定をしたり、競合コン ペでの新規案件獲得を追っていました。成果を評価 いただき、入社1年後に電通への出向が叶いました。 2022.8 - 株式会社電通 メディアプランナーとして、クライアントの課題解 決やKPI達成に最適なメディア選定、企画立案、予 算アロケーションなどを行いつつ、クリエイティブ 担当者や媒体担当者とのディレクションを行ってい ます。メディアはデジタルに限らず、マス媒体も含 まて全領域担当しています。 1社では獲得領域、今では認知領域を経験させてい ただいたので、全マーケティングファネルでのプラ ンニングを経験することができました。 転職を考えたきっかけ 1.広告はあくまで戦術 広告代理店はクライアントが掲げるKPIを追うことが多いですが、 そもそもそのKPIはマーケティング部が掲げるものであり、その上に事業部が掲げるKPIがあり、 さらにその上に経営のKPIがあることから、あくまで広告代理店は戦術にすぎないと感じました。 戦略が間違っていると戦術で挽回することは難しいため、自分は戦略フェーズから関わりたいと思っています。 「戦術が嫌、どうでもよい」というわけでは全くありません。 自分で納得感を持った状態で戦術を実行したいです。 特定の領域のプロフェッショナルではなく、目標達成のために何でもするジェネラリストになろうと思いました。 2.意義を実感 「そもそもこれって何のためにしているんだっけ?」と、何事においても考えるのが自分の思考の癖です。 広告代理店で働いている自分の場合、すべて「クライアントの事業成長のため」になります。 言葉を濁さず言うと、クライアントワークに意義を見出せなくなりました。 「心の底から良いと思うサービスを世に浸透させることに情熱を注ぎたい」と思うようになりました。
  5. 5. 5 転職先の判断軸 ② ① ③ 事業 人 ポジション
  6. 6. 6 転職先の判断軸 人 熱量 相性 自分も情熱を注ぐので、一緒に働く方 の仕事に対する熱量を大切にしたいで す。 それと同時に、会社のミッション・ビ ジョンの浸透度合いも非常に大切だと 思っています。 こればかりはお会いしてみないと わからないですが…。少なくとも自分 は落ち着いた雰囲気なので、同様の 人・会社は相性が良いと思います。 事業 意義 フェーズ 自分が心の底からあった方がいいと思 うサービスや事業に関わりたいです。 そのため、ミッションへの共感を最も 大切にしています。(具体的に自分ん が意義を感じやすいミッション・事業 は言語化中) 市場を創っていく段階を望んでいます。 事業フェーズはアーリー以降をイメー ジしています。 ポジション ジェネラリスト 俗に言う、事業企画/Bizdevが最もイ メージに近いです。 特定の領域を担当するのではなく、自 ら本質的課題を選定して、改善に取り 組む役割を望んでいます。 そのため、本誌的課題が広告領域にあ ると判断した場合、今と同様の広告領 域のテコ入れを行うかもしれません。 (あくまで戦術に至るまでのプロセス から自分も加わりたいといった感じで す) ① ② ③
  7. 7. 7 最後まで読んでいただきありがとうございました。 長々と書きましたが、まだ整理している最中なので変わる可能性はあります。 普段色んな方と面談していただく中で、考えを聞いたり話したりして、 自分の考えの棚卸しをしています。 そのため、少しでも興味を持ってくださった方がいれば、 ぜひお話させていただきたいです。 お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

Notes de l'éditeur

  • 成功者バイアスがない、という話
    (君だからできた的な)

×