Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
1
「全国図書館イベントサイト」
 活用
2016/09/10
© 図書館パートナーズ
発表者紹介
北村 志麻 (きたむら しま)
図書館パートナーズ 代表。
ライブラリー・ファシリテーターⓇ認定講座、公共図書
館館長向け研修、図書館ボランティア養成講座、埼玉県
職員向け研修、企業内研修、日本図書館協会研修等
<著書>
「マイクロ...
3
 ライブラリー・ファシリテーターⓇ認定講
座
© 図書館パートナーズ
図書館イベントサイト
4
「図書館パートナーズ
~全国図書館イベントサイト~」
 各図書館から自館のイベントを登録してもら
う
 利用者は一括でイベントを見られる・検索で
きる
© 図書館パートナーズ 5
全国図書館イベントサイト
6
全国図書館イベントサイト
7
全国図書館イベントサイト
8
全国図書館イベントサイト
9
10
総工費
 内訳
70 万円:サイト構築・デザイン費
30 万円:全国公共図書館へのDM
 約100万円!!
© 図書館パートナーズ
 三分の二:補助金
11
登録
 言い訳
 「ごめん、忙しい」
 「面倒くさい、大変」
 「区報で集客できている」
 少ない!
© 図書館パートナーズ
12
目的
 図書館HPにくるのは、「図書館を知ってい
る人」
→ 図書館がどこにあるのか知らない人が多い
→ 単語検索して、辿り着いてほしい
 新規顧客開拓
© 図書館パートナーズ
13
 墨田区ひきふね図書館パートナーズの活動
事例
© 図書館パートナーズ
14
ひきふね図書館パートナーズとは
 2012年6月から
 「プロジェクトリーダー養成講座」として開
始
→ 任意団体へ
 ひきふね図書館開館に向けて
 墨田区の公募で集まったボランティア
© 図書館パートナーズ
15
ひきふね図書館パートナーズの特徴
 自らイベントを企画・実行 
 年間約60イベント
 行政とガバナンス(協働)で活動
 ビジネスの視点・スキルを図書館へ
 街と図書館を繋ぐ役割
© 図書館パートナーズ
16
 中学生による落語会
17
ハープコンサート
18
「自転車キャンプツーリング」
© 図書館パートナーズ
19
カレンダーでバック作り
© 図書館パートナーズ
20
ビジネスマンのための      
      教養講座(全7回)
© 図書館パートナーズ
21
  図書館情報リテラシー
        データベース活用講
座
© 図書館パートナーズ
22
 経営者支援セミナー
© 図書館パートナーズ
23
8 時間耐久読書会 リーダースロン
© 図書館パートナーズ
24
浴衣着付講習会&読書会
© 図書館パートナーズ
2015年の幸運を引き寄せる読
書会
© 図書館パートナーズ 25
シャーロック・ホームズの楽しみ
方
© 図書館パートナーズ 26
まちライブラリー ×
まちぐるみ読書会  in 墨田
27© 図書館パートナーズ
イベント参加者の声
 「イベントのために、初めて図書館に来
た」
 「せっかく来たから、登録カードを作る
」
 「せっかく来たから、本を借りる」
 → イベントの力
© 図書館パートナーズ 28
図書館イベントサイト
 全国の図書館のイベントが一括して見ら
れるサイトを作りたい!
 図書館の利用価値を知ってもらいたい
 図書館の集客にも役立つPRにつなげた
い
29
図書館員のイベント力の向上
イベントをPRするからには、図書館側も
より良 いイベントの提供を
→  「ライブラリー・ファシリテータ
ー講座」
    の展開
© 図書館パートナーズ 30
図書館イベントサイト
 本当の目的は、「 Awareness 」です。
一般市民に図書館の存在を知ってもらう
ことです。
 「図書館の楽しさ」を知ってもらうこと
が
ファーストステップです。
31
サイトの持つ可能性
 観光資源に
 経済効果に
 メディア戦略に
© 図書館パートナーズ 32
本日の課題
 どうしたら、使ってもらえるのか?
© 図書館パートナーズ 33
34
ご清聴ありがとうございました。
© 図書館パートナーズ
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

20160910 code4lib 図書館パートナーズ_発表スライド

4 404 vues

Publié le

Code4lib Japan カンファレンス2016 図書館パートナーズ 全国図書館イベントサイト

Publié dans : Formation
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

20160910 code4lib 図書館パートナーズ_発表スライド

  1. 1. 1 「全国図書館イベントサイト」  活用 2016/09/10 © 図書館パートナーズ
  2. 2. 発表者紹介 北村 志麻 (きたむら しま) 図書館パートナーズ 代表。 ライブラリー・ファシリテーターⓇ認定講座、公共図書 館館長向け研修、図書館ボランティア養成講座、埼玉県 職員向け研修、企業内研修、日本図書館協会研修等 <著書> 「マイクロ・ライブラリー 人とまちをつなぐ小さな図書 館」学芸出版社 「地方自治職員研修」 2015 年 8 月号ー「進む!協働」  公職研 RFA認定リーディング・ファシリテーター 墨田区図書館運営協議会委員 墨田区ひきふね図書館パートナーズ© 図書館パートナーズ 2
  3. 3. 3  ライブラリー・ファシリテーターⓇ認定講 座 © 図書館パートナーズ
  4. 4. 図書館イベントサイト 4
  5. 5. 「図書館パートナーズ ~全国図書館イベントサイト~」  各図書館から自館のイベントを登録してもら う  利用者は一括でイベントを見られる・検索で きる © 図書館パートナーズ 5
  6. 6. 全国図書館イベントサイト 6
  7. 7. 全国図書館イベントサイト 7
  8. 8. 全国図書館イベントサイト 8
  9. 9. 全国図書館イベントサイト 9
  10. 10. 10 総工費  内訳 70 万円:サイト構築・デザイン費 30 万円:全国公共図書館へのDM  約100万円!! © 図書館パートナーズ  三分の二:補助金
  11. 11. 11 登録  言い訳  「ごめん、忙しい」  「面倒くさい、大変」  「区報で集客できている」  少ない! © 図書館パートナーズ
  12. 12. 12 目的  図書館HPにくるのは、「図書館を知ってい る人」 → 図書館がどこにあるのか知らない人が多い → 単語検索して、辿り着いてほしい  新規顧客開拓 © 図書館パートナーズ
  13. 13. 13  墨田区ひきふね図書館パートナーズの活動 事例 © 図書館パートナーズ
  14. 14. 14 ひきふね図書館パートナーズとは  2012年6月から  「プロジェクトリーダー養成講座」として開 始 → 任意団体へ  ひきふね図書館開館に向けて  墨田区の公募で集まったボランティア © 図書館パートナーズ
  15. 15. 15 ひきふね図書館パートナーズの特徴  自らイベントを企画・実行   年間約60イベント  行政とガバナンス(協働)で活動  ビジネスの視点・スキルを図書館へ  街と図書館を繋ぐ役割 © 図書館パートナーズ
  16. 16. 16  中学生による落語会
  17. 17. 17 ハープコンサート
  18. 18. 18 「自転車キャンプツーリング」 © 図書館パートナーズ
  19. 19. 19 カレンダーでバック作り © 図書館パートナーズ
  20. 20. 20 ビジネスマンのための             教養講座(全7回) © 図書館パートナーズ
  21. 21. 21   図書館情報リテラシー         データベース活用講 座 © 図書館パートナーズ
  22. 22. 22  経営者支援セミナー © 図書館パートナーズ
  23. 23. 23 8 時間耐久読書会 リーダースロン © 図書館パートナーズ
  24. 24. 24 浴衣着付講習会&読書会 © 図書館パートナーズ
  25. 25. 2015年の幸運を引き寄せる読 書会 © 図書館パートナーズ 25
  26. 26. シャーロック・ホームズの楽しみ 方 © 図書館パートナーズ 26
  27. 27. まちライブラリー × まちぐるみ読書会  in 墨田 27© 図書館パートナーズ
  28. 28. イベント参加者の声  「イベントのために、初めて図書館に来 た」  「せっかく来たから、登録カードを作る 」  「せっかく来たから、本を借りる」  → イベントの力 © 図書館パートナーズ 28
  29. 29. 図書館イベントサイト  全国の図書館のイベントが一括して見ら れるサイトを作りたい!  図書館の利用価値を知ってもらいたい  図書館の集客にも役立つPRにつなげた い 29
  30. 30. 図書館員のイベント力の向上 イベントをPRするからには、図書館側も より良 いイベントの提供を →  「ライブラリー・ファシリテータ ー講座」     の展開 © 図書館パートナーズ 30
  31. 31. 図書館イベントサイト  本当の目的は、「 Awareness 」です。 一般市民に図書館の存在を知ってもらう ことです。  「図書館の楽しさ」を知ってもらうこと が ファーストステップです。 31
  32. 32. サイトの持つ可能性  観光資源に  経済効果に  メディア戦略に © 図書館パートナーズ 32
  33. 33. 本日の課題  どうしたら、使ってもらえるのか? © 図書館パートナーズ 33
  34. 34. 34 ご清聴ありがとうございました。 © 図書館パートナーズ

×