Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Agile conference2012参加報告-XP祭り用

2 514 vues

Publié le

「XP祭り2012」のA-5で発表させていただいたスライドです。Agile2012の「楽しさ」の部分を魅せて欲しいということで、このようなお祭り気分なスライドにしています。
Agile2012 で体感した最新の技術動向などについては、以下のスライドをご覧いただければと思います。
『アジャイルの今とこれから-Agile conference2012参加報告-技術動向編』
http://www.slideshare.net/ssuser968fab/agile-conference2012

  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... ...................................ALL FOR EBOOKS................................................. Cookbooks, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy,
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici

Agile conference2012参加報告-XP祭り用

  1. 1. 一歩 = ∞~Agile2012 参加報告~ 2012年9月15日(土) 14:20~14:45 @早稲田大学理工学部 55N号館 1F 大会議室1
  2. 2. 株式会社オージス総研ソリューション開発本部エンタープライズソリューション第三部   兼技術部アジャイル開発センター所属認定スクラムマスター(CSM)E-mail : hageyahhoo@gmail.comtwitter : https://twitter.com/hageyahhoo (@hageyahhoo)facebook : http://www.facebook.com/hageyahhoo
  3. 3. アメリカのテキサスで開催されたAgile2012に参加してきました! http://agile2012.agilealliance.org/
  4. 4. あとダルビッシュの12勝目も観てきました (・ω・)ノ
  5. 5. 日本人参加者は30人前後!
  6. 6. マナスリンクさんで、Agile2012のレポートを絶賛配信中です! http://www.manaslink.com/article/ac/agile2012/
  7. 7. マナスリンクさんの執筆ユニット(アジャイルクローバーZ) ぱぱんださん 藤原 大さん 及部 敬雄さん (永和システム (楽天) (楽天) マネジメント)
  8. 8. Agenda● なぜカンファレンスに参加したのか?● 実際に参加してみてどうだったか?● 多くの出会いに恵まれて● おわりに
  9. 9. なぜカンファレンスに参加したのか?
  10. 10. 神々の遊び?存在は知っていて、一度は参加してみたいと思っていたけれども、自分にとっては遠い世界の話だと思っていた。
  11. 11. 藤原さんのブログとの出会いhttp://daipresents.com/2012/agile-2012-conferenceのプログラムをまとめてみました/
  12. 12. 下の方をよ~くみてみよう なん…だと…!? → 即グループに参加!
  13. 13. さらにたまたまリフレッシュ休暇の年● 5日間休める!● 10万円貰える!これは天啓と思い、思い切ってカンファレンスの参加登録をしました(藤原さんのブログ発見から10分ほどで判断)
  14. 14. さらにさらに マナスリンクさんで 記事を配信してみませんか?プレス扱いとなり、記事も投稿できることに!(自分の書いた記事をみてもらえるなんて素敵♪)実はチャンスはあちこちに口を開けて君たちを待っているのだぜ★
  15. 15. 実際に参加してみてどうだったか?
  16. 16. セッションの内容・傾向①● Agile Adoption & Transformation の話題が増えてきた ○ 技術プラクティス(Adoption)だけに留まらず、   マインドセット(Transformation)にフォーカスした   セッションが多かった ○ 役割・部署・組織を超えたチームとしてのコラボレーショ ンの必要性とその方法に関する知見が増えてきた● 既存のナレッジをアジャイルのコンテキストでカイゼンする 話題も多かった ○ PMBOK・テスト・要求開発など  チームのコラボレーション・コミュニケーションを促す  手法・モデルの紹介が多かった印象
  17. 17. セッションの内容・傾向②● 日本でも有名な方のセッションは盛況 ○ Henrik Kniberg さん ○ Jeff Patton さん ○ Jurgen Appelo さん● 失敗セッションもなりにあった(´・ω・) ○ 初めは100人位いたのに、休憩を挟んだら半分いなく なったワークショップとかがありました… ○ 当たり外れの比率は6:4くらい ○ 「合わないな」と思ったら、積極的に離れた方が良い (ムダ・ムリ・ムラの排除 & the Law of two feet)
  18. 18. おススメのセッション『An Agile Adoption & Transformation Survival Guide』by Michael Sahota さん【記事】 [8/13] アジャイルへの移行のためのサバイバルガイド まだ日本語訳 出ていないんだよね~ 誰か翻訳してくれる人 いないかな~ (チラッ
  19. 19. 多くの出会いに恵まれて まさかの コーヒー牛乳味 (´・ω・)
  20. 20. Jonathan Rasmussonさん (『アジャイル・サムライ』の著者) 本当に約束を守って 報告に来てくれたの かい!? やるじゃないか!【記事】 [8/14] ジョナサンさんとの約束を果たしてきました
  21. 21. Jeff Sutherlandさん (スクラムの創始者!)HAHAHA! 【記事】 [8/15] Rodeo Cercuit Event
  22. 22. Linda Risingさん(『Fearless Change』の著者) 読書会の写真ちょうだ い!ブログで紹介する から! あとウェイトトレーニン グは大事よ~! 【記事】 [8/15] レッツコミュニケート!
  23. 23. Jurgen Appeloさん(『HOW TO CHANGE THE WORLD』の著者) 君の言う通りだ。 他人は変えられないと言うけ れども、それでもやっぱり僕 たちは変えたいんだ。 世界は変えられる! 【記事】 [8/16] 世界を変えたいなら [8/16] 先生、世界を変えたいです
  24. 24. Henrik Knibergさん (『Agile And Scrum from the Trenches』の著者) 君のレポート、twitter で見つけて自動翻訳 して読んだよ。 中々よく書けている ね!【記事】[8/14] へんりっくのかんがえたさいきょうのかんばん[8/14] スケールするプロジェクトと継続的改善 〜Kanban & Scrum & XP[8/18] フィナーレと言う名のスタート〜Agile Conference 2013へ向けて
  25. 25. Mary Poppendieckさん(『Leading Lean Software Development』の著者) 今日も楽しかったね ~!
  26. 26. おわりに
  27. 27. 【重要】日本の需要はある! フィンランドからお越しのエイラさん (職業:プログラム・ポートフォリオマネージャ) えーなにそれ! 私もやりたい~! もっと詳しく教えろ~!※画像はイメージですが、大体こんな感じのビジュアルの方でした。● 私がやっているアジャイルの事例やノウハウを紹介したら、 非常に食いつきが良かったです。● どの国のエンジニアも、悩みは一緒のようです。● 我々日本人が提供できる解決策には、万国共通のニーズ があります。
  28. 28. 日本人でセッションやろう!カンファレンスでセッションをやると…● 30分 : カンファレンス参加費用免除 (2000ドル)● 60分 : ホテル代免除 (5日間で800ドル前後) みんなでセッションやらなイカ?
  29. 29. 一歩踏み出してみようぜ★一番重要なことは、一歩を踏み出す勇気です。● 英語は案外どうにかなりますw● ユナイテッド航空と食事に気をつければ何とかなりますw● 詳しい話を聞きたい人は、懇親会でお話しましょう♪【アメリカ行き参考記事】 [8/11] 案外アメリカ行けるものですこの発表で、一人でも多くの人が「カンファレンス参加してみよう!」という意欲と勇気を持ってくれれば幸いです。
  30. 30. そーしゃるしようぜ★ 今この場にいる人同士で 意見を交わしあいましょう! そしてそれを育てて、自分の 世界を広げていきましょう!
  31. 31. FacebookグループへGOだ!Lets go to the Agile Conference Grouphttp://www.facebook.com/groups/196165733759521/
  32. 32. Agile 2013で待ってるぜ! http://agile2013.agilealliance.org/

×