Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
産業活動分析は我が国の製造業(鉱工業指数、鉱工業出荷内 
訳表、鉱工業総供給表等)及び第3次産業を中心にした産業活 
動(第3次産業活動指数、全産業活動指数等)の経済動向を分 
析し、四半期ごとに経済産業省経済解析室がまとめて公表して 
いるも...
目次(抄) 
第Ⅰ章産業活動の動向 
第1節全産業の活動 
第2節鉱工業の活動 
1.生産の動向 
(1) 概況(2) 財別・業種別の動向 
2.出荷の動向 
(1) 概況(2) 財別・業種別の動向(3) 国内向け・輸出向け出荷の動向 
(参考...
平成26年7~9月期(最新) 
概要(内容一括ダウンロード版、スライド版) 
26年7~9月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、建設業活動が上昇とな 
ったものの、鉱工業生産が低下となったことから前期比▲0.1%と2期連続の低下となっ 
...
- 2 - 
トピックス 
1. 業種別、財別にみた輸入浸透度と生産、生産能力の動向について(PDF/834KB) 
スライド版(PDF/306KB) 
鉱工業全体を始め、多くの業種が、生産能力が低下傾向で推移する中で、生産が伸び悩み、 
輸入...
2. 対個人サービスが足を引っ張った増税後の全産業活動(PDF/558KB) 
スライド版(PDF/716KB) 
消費増税後(26年4~6月期)の産業活動では、主に「第3次産業」の低迷が顕著であ 
った。特に、リーマンショック後にはみられなか...
- 4 - 
コラム 
1. 製造業の国内及び海外現地法人による出荷動向について(PDF/215KB) 
製造業グローバル出荷指数は製造業に属する企業のグローバル展開の進展を踏まえ、国内 
及び海外の製造業の生産動向を「業種別」に一元的に捉えよ...
2. 米国における日本車販売と自動車輸出の関係の希薄化(PDF/392KB) 
自動車各社の生産拠点の自動車各社の生産拠点の海外移転等を背景に、米国における日本 
車(乗用車)販売台数と日本からの乗用車出荷は連動しなくなっている。統計的な検定結...
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

産業活動分析 平成26年7~9月期 内容紹介パンフレット

520 vues

Publié le

経済解析室では、四半期、3ヶ月ごとに、経済解析室の作成している経済指標を活用して、日本の産業活動の状況を概観するレポートを作成しています。
その「産業活動分析 平成26年7~9月期」の内容をご紹介するパンフレットを作成いたしましたので、ご高覧ください。

Publié dans : Économie & finance
  • Soyez le premier à commenter

産業活動分析 平成26年7~9月期 内容紹介パンフレット

  1. 1. 産業活動分析は我が国の製造業(鉱工業指数、鉱工業出荷内 訳表、鉱工業総供給表等)及び第3次産業を中心にした産業活 動(第3次産業活動指数、全産業活動指数等)の経済動向を分 析し、四半期ごとに経済産業省経済解析室がまとめて公表して いるものです。本文とその時々のトピックスも公表しています。 詳細につきましてはホームページを御覧ください。 産業活動分析URL:http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/bunseki/index.html 経済産業省大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
  2. 2. 目次(抄) 第Ⅰ章産業活動の動向 第1節全産業の活動 第2節鉱工業の活動 1.生産の動向 (1) 概況(2) 財別・業種別の動向 2.出荷の動向 (1) 概況(2) 財別・業種別の動向(3) 国内向け・輸出向け出荷の動向 (参考)輸出依存度の動向 3.在庫・在庫率の動向 (1) 概況(2) 財別・業種別の在庫動向(3) 財別・業種別の在庫率動向 (4) 在庫循環の特徴 4.製造工業稼働率・生産能力の動向 (1) 概況(2) 業種別の動向 第3節第3次産業の活動 (1) 概況(2) 業種別の動向 (3) 広義対個人サービスと広義対事業所サービスの動向 第Ⅱ章最終需要向け供給動向 産業活動分析 第1節全産業の供給 第2節消費向け供給活動 (1) 概況(2) 財の供給動向(3) サービスの供給動向 第3節投資向け供給活動 (1) 概況(2) 鉱工業からの供給動向(資本財総供給) (3) 建設業からの供給動向(4) サービスの供給動向 第4節輸出向け供給活動 第5節輸入動向 (1) 概況(2) 財別の動向(3) 地域別の動向 (参考)輸入浸透度の動向
  3. 3. 平成26年7~9月期(最新) 概要(内容一括ダウンロード版、スライド版) 26年7~9月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、建設業活動が上昇とな ったものの、鉱工業生産が低下となったことから前期比▲0.1%と2期連続の低下となっ た。 - 1 -
  4. 4. - 2 - トピックス 1. 業種別、財別にみた輸入浸透度と生産、生産能力の動向について(PDF/834KB) スライド版(PDF/306KB) 鉱工業全体を始め、多くの業種が、生産能力が低下傾向で推移する中で、生産が伸び悩み、 輸入浸透度がじわじわと上昇している。情報通信機械工業で生じた「生産基盤の大幅な縮 小」と「輸入品への依存の急拡大」の併存が、円安の進展によっても輸入浸透度が反転し ない一要因となっていると考えられる。電子部品・デバイス工業は、唯一輸入浸透度が低 下した業種である。19年から25年にかけては、スマートフォン等関連部品の生産が大 幅に上昇し、生産能力も上昇した。
  5. 5. 2. 対個人サービスが足を引っ張った増税後の全産業活動(PDF/558KB) スライド版(PDF/716KB) 消費増税後(26年4~6月期)の産業活動では、主に「第3次産業」の低迷が顕著であ った。特に、リーマンショック後にはみられなかった「小売業」などの個人消費に関連す るサービスが低下している。その背景には、増税や円安の影響など供給側のコスト上昇を 価格に転嫁する動きがみられ、それがサービスの活動量を減少させることにつながったと みられる。 - 3 -
  6. 6. - 4 - コラム 1. 製造業の国内及び海外現地法人による出荷動向について(PDF/215KB) 製造業グローバル出荷指数は製造業に属する企業のグローバル展開の進展を踏まえ、国内 及び海外の製造業の生産動向を「業種別」に一元的に捉えようとした指標である。26年 4~6月期(最新)のグローバル出荷指数は前年同期比2.5%と4期連続の上昇となった。
  7. 7. 2. 米国における日本車販売と自動車輸出の関係の希薄化(PDF/392KB) 自動車各社の生産拠点の自動車各社の生産拠点の海外移転等を背景に、米国における日本 車(乗用車)販売台数と日本からの乗用車出荷は連動しなくなっている。統計的な検定結 果より、両者の関係には、23年7月以降構造変化が生じているといえる。23年7月以 降は米国における日本車(乗用車)販売台数と日本からの乗用車出荷は無相関となってい るが、米国現地法人(輸送機械)の現地販売額との相関係数は0.838 となっている。 - 5 -

×