Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Aurora features

85 vues

Publié le

Aurora features for using

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

Aurora features

  1. 1. Aurora の特徴 MySQL5.6 or PostgreSQL 10.7 互換。 RDS for MySQL よりも高パフォーマンス(5 倍?) データはマルチ AZ に冗長保管される S3 へ自動バックアップ リードレプリカは最大 15 台 Aurora のアーキテクチャ ストレージ層とインスタンス層で分離している。 ストレージ層は 10GB~64TB で動的にスケールアップされる。 I/O Flow in Aurora Storage Node
  2. 2. 以下全て非同期処理で行われる->つまり障害発生時にはデータが失われる恐れがある。しかしながら AWS は Multi-AZ による冗長構成に より耐障害性を実現している。 1. 更新ログ受信。インメモリキューに登録 2. 永続的なログとして登録。ACK 返信。 3. 更新ログを統合。変更箇所特定 4. ゴシッププロトコル*により変更箇所伝播 5. 変更箇所を新バージョンデータとして統合 6. 定期的な S3 へのバックアップ 7. 定期的なガーベージコレクション 8. 定期的な変更箇所妥当性確認 *ランダムにノード間通信を行い情報を交換する手法。大規模 NW におけるデータベース複製方法として利用される Aurora の冗長構成 ストレージ層は SSD によるマルチテナント構成で提供される 異なる3つのアベイラビリティゾーンに分散された数百~数千のストレージノードにストライプ化される データは 6 つに複製される 各アベイラビリティゾーンには 2 つ複製を保持
  3. 3. アベイラビリティゾーンとは アベイラビリティゾーンは、お互いに影響を受けないように、地理、電源、ネットワーク的に分離されています。また、各アベイラビリティゾーン は高速専用線で接続されています。 Aurora 利用時の注意点  MySQL, PostgreSQL の最新版には対応していない  容量は 64TB まで  マスターノードは冗長されていない  書込み負荷は軽減されない。1 ノードに集中する  非同期 I/O により通常の RDS よりは高速
  4. 4.  別途マルチマスタ構成も可能  リード性能のみスケーラブル  リードレプリカは更新が追い付かない可能性もある(10ms くらいの gap が発生する) Aurora Serverless の特徴  Simple ManagedDB である Aurora を常時起動ではなく、利用時のみ立ち上げる Serverless Service として利用できる  Scalable - インスタンスの管理が不要 - キャパシティは上限・下限の設定のみ - CPU 使用率と接続数合わせて動的にスケールアップ/ダウンがされる。  Cost Performance - 消費するキャパシティユニットに対して 1 秒毎に利用料が発生 - 使用していない時はインスタンスノードは自動的にシャットダウンされる - 東京リージョン料金  時間当たり利用料=$0.1/ACU  ストレージ料金=$0.12/GB/月  I/O 料金=$0.24/100 万リクエスト  スケールアップ時の条件  CPU utilization is above 70% OR  More than 90% of connections are being used  スケールダウン時の条件  CPU utilization drops below 30% AND  Less than 40% of connections are being used 負荷に応じてスケールアップを図りたい図 りたい
  5. 5.  ACU 別コネクションの上限 キャパシティユニット数 メモリ量 max_connections 2 4GB 90 4 8GB 135 8 16GB 1000 16 32GB 2000 省略 256 (最大) 488GB 6000 自動スケールの流れ https://dev.classmethod.jp/articles/reinvent-2019-aurora-serverless-scalable-cost-effective-application-deployment-dat382/
  6. 6. Aurora Serverless 利用時の注意点  ノード起動時間に数十秒時間がかかる場合がある  急激な負荷増大には対応できない場合がある  対応する MySQL/Postgres が最新版ではない  64TB 以上は格納できない  高可用性が求められる場合は採用できない  DB ノードのマルチマスタ構成が必要であれば Aurora にする必要あり  クロスリージョン構成が必要であれば Aurora にする必要あり  リードレプリカが必要な場合は Aurora にする必要あり  6000接続が上限 aurora malti-master 複数 DB ノードから書込み可能 Aurora Multi-Master 制限事項  MySQL5.6 のみ準拠  最大 2 つの DB インスタンス  同一リージョン  単一の問合せ速度はシングルマスタよりも低い  MySQL の一部機能が利用できない  Hash-join  Query cache  Event Scheduler aurora の暗号化について
  7. 7. AES256 で暗号化される アプリからは透過的にアクセスができる 暗号化される対象  DB インスタンス  自動バックアップ  リードレプリカ  スナップショット  ログ データそのものは暗号化されない 複数システムで RDS インスタンスを共用することによるデメリット

×