Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

20120410 aiming水口 ドイツゲームのすゝめ

  1. 1. ドイツゲームのすゝめ 水口 雄夫 2012/04/10
  2. 2. ドイツゲームって何さ?下記の特徴を持つ非電子型のテーブルゲームを指す• 最大の特徴は、対象を子供から大人までとする、いわゆる「ファミリーゲーム」 を指向している点である。• ゲームのコンポーネント(内容物)はしっかりとした造作となっており、板状の ボード、(多くは木製の)コマなどが用いられる。造形デザインや描かれるイラ ストもレベルが高い。• ゲームのデザイナー(作者)が意識され、パッケージに明記されることが多い。 人気デザイナーも多く、デザイナーの名前が売り上げにも影響する。(Wikipedeaより一部抜粋)
  3. 3. ドイツゲームって何さ? つまりどういう事よ!
  4. 4. ドイツゲームを一言でいうと? 『ドイツを中心に流行ったボードゲーム』 を指し 個人的な解釈を通すと『運と技術の両方が適度に必要なゲーム』
  5. 5. ドイツゲームの一番いい所 初心者でも、ある程度上級者と 遊ぶことができる 『対人コンテンツ』
  6. 6. ドイツゲームをやろう!
  7. 7. ドイツゲーム前史~ボードゲームの発展~ ボードゲームには下記の大きく5つの分類があるが、どれも紀元 前から遊ばれていると言われている • 競争ゲーム (例)双六、バックギャモン • マンカラ (アフリカ、中近東、東南アジアの伝統ゲーム) • 包囲ゲーム (例)囲碁 • 戦争ゲーム (例)チェス、将棋 • 配列ゲーム (例)五目ならべ 『ドイツゲームの歴史は20世紀から』
  8. 8. ドイツゲーム前史~ボードゲームの発展~“モノポリー”(1935) ・プレイ人数:2~8人 ・プレイ時間:60~180分 ・簡単な説明 資金と資産を流用し、総資産を稼ぐことを目標にする ・運要素 サイコロによる移動 ・技術 交渉術 他にボードゲームと呼ばれる物も少なく、 後に続かなかったため、単身のヒットのみに収まってしまった
  9. 9. ドイツゲーム前史~ボードゲームの発展~“ディプロマシー”(1961)※販売開始 ・プレイ人数:2~7人 ・プレイ時間:300分以上 ・簡単な説明 第一次世界大戦を元にした、ウォーシミュレーションゲーム プレイヤーは1国を操作し、交渉術のみで他国との戦争に生き残る“ダンジョンズ&ドラゴンズ”(1974) ・プレイ人数:GM次第 ・プレイ時間:GM次第 ・簡単な説明 プレイヤーはファンタジー世界のキャラクターになり、 ダンジョンに潜り、モンスター等と戦い宝を奪う等のシナリオクリアを目指す
  10. 10. ドイツゲーム前史~ボードゲームの発展~コンピューターゲームの普及“ファミリーコンピューター”(1983) ・プレイ人数:1~2人 ・プレイ時間:ソフトによって異なる ・簡単な説明 最終出荷台数は全世界累計で約6291万台 通称“ファミコン” 1980年代後半に始まるコンピューターゲームの発展によって、 多くのユーザーを奪われ、死に絶えたように思われていた。
  11. 11. ドイツゲームの誕生 『ドイツ年間ゲーム大賞の設立』“ウサギとハリネズミ”(1979) ・プレイ人数:2~6人 ・プレイ時間:30~45分 ・簡単な説明 第1回ドイツ年間ゲーム大賞に選ばれた作品 双六から運要素を薄くし、戦略要素を加えたゲーム“スコットランドヤード”(1983) ・プレイ人数:3~6人 ・プレイ時間:60~90分 ・簡単なゲーム内容 第5回ドイツ年間ゲーム大賞 犯人側(1人) 対 警察側(多数)に分かれて推理対決を行うゲーム
  12. 12. ドイツゲームの歴史“カタンの開拓者たち”(1995) 全世界で爆発的にヒットし、1500万パッケージ以上の売り上げを誇る ・プレイ人数:2~4人 ・プレイ時間:60~90分 ・簡単な説明 資源を集め、他のプレイヤーと交渉し、 自分の都市を発展していく ・運要素 サイコロによる資源の算出量 ・技術要素 開発地の選択、交渉術
  13. 13. ドイツゲームの歴史“カルカソンヌ”(2000) ・プレイ人数:2~5人 ・プレイ時間:30~60分 ・簡単な説明 売上として全世界でミリオンを達成したゲーム 場の絵柄に合わせて、ランダムで引いたタイルを配置していく 置いたタイルの位置やその上に置くコマが戦術に繋がる“ドミニオン”(2008) ・プレイ人数:2~4人 ・プレイ時間: 20~40分 ・簡単なゲーム内容 カルカソンヌ以来のミリオンヒットゲーム 特徴的なカード購入とデッキ構築プロセスそのものが、 そのままゲームの主軸になっているゲーム
  14. 14. 日独のボードゲーム市場の比較ボードゲーム売上(2010年) 約493億ゲームソフト売上(2010年) 約1755億 『ドイツでは安定した人気を有している』
  15. 15. 日独のボードゲーム市場の比較ボードゲーム売上(2010年) 約122億(※ミニ電子ゲーム、手品、パーティー商品等含む)ゲームソフト売上(2010年) 約3180億 『日本では市場規模が小さい』
  16. 16. ドイツゲームが日本で普及しない理由• 場所の問題 ドイツゲームは基本的に場所が必要 物によっては家庭のテーブルではプレイできない大きさの場所を使用する その為、どうしても場所が限定されてしまう• 人の問題 ドイツゲームは基本的に人数が必要 最低2人、基本的に4人以上集まるのが好ましい その為、どうしても時間が限定されてしまう• ゲーム筐体の問題 ドイツゲームは基本的にドイツゲーム本体が必要 本体を購入するための資金、限られた状況での購入手段 その為、どうしても入手のハードルが上がってしまう 『プレイするまでにコストがかかる』
  17. 17. 日本じゃドイツゲームは普及しないの? 違うよ。 全然そんなことないよ
  18. 18. ドイツゲーム世界大会で日本人の活躍• ドミニオン 第1回大会優勝(全1回中1回)• カルカソンヌ 第6回大会優勝(全6回中1回)• ラミィキューブ 第1回、第5回大会優勝(全7回中2回)• カタン 第3回大会3位(全10回中優勝無し)『ドイツゲームは日本人の性格に向いている』
  19. 19. 販売店舗の増加“イエローサブマリン” 秋葉原、新宿、池袋等全国に店舗を構える 秋葉原店等、専用のプレイスペースを用意している店舗もあり“すごろく屋” 高円寺駅徒歩5分 説明用のプレイステージもあり、子供向けのゲームも各種取り揃えている
  20. 20. ボードゲームカフェの増加“JELLY JELLY CAFE” 場所:渋谷駅徒歩8分 料金:2時間500円(1ドリンク付き) 1日1000円(フリードリンク) 70を超えるボードゲームが常備されており ゲームをする際に人が足りなければ店員さんが参加してくれる“LEAVE A NEST CAFE” 場所:四谷駅徒歩数分 料金:ランチ1000円前後 ドリンク500円前後 外観だけ見るとおしゃれなカフェ ボードゲームだけでなく、料理も楽しむことができる
  21. 21. プレイヤーの増加 ボードゲームプレイヤーは じわじわと増加している! ※NHKボードゲーム特集より (2011年11月)
  22. 22. ドイツゲームをやろう!
  23. 23. 以上ご清聴ありがとうございました
  • hako36s

    Oct. 21, 2015
  • keikomaki96

    Jan. 9, 2013
  • ararky

    May. 22, 2012
  • TakeshiWatanabe2

    Apr. 29, 2012
  • ppcchan

    Apr. 28, 2012
  • jun0one

    Apr. 13, 2012

Vues

Nombre de vues

4 626

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

1 600

Actions

Téléchargements

25

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

6

×