Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

継続的に良い製品を リリースするために

2 343 vues

Publié le

プロダクトオーナー祭り2015 発表資料

Publié dans : Logiciels
  • Soyez le premier à commenter

継続的に良い製品を リリースするために

  1. 1. 継続的に良い製品を リリースするために 認定スクラムプロダクトオーナー研修 実施への道 のむら としあき 2015/11/28 1
  2. 2. 自己紹介 •某メーカーの系列会社で くみこまーしています •去年の秋に認定スクラムマス ターになりました 2015/11/28 2
  3. 3. プロダクトオーナーとは? 良い製品を 継続的に リリースしていくために 必要なロール、または人 2015/11/28 3
  4. 4. 実際の現場で プロダクトオーナーを 見たことあります? 2015/11/28 4
  5. 5. 請負では 企画製品 機能モジュール 2015/11/28 5
  6. 6. それでも、 継続して良い製品を リリースしていく必要が あります 2015/11/28 6
  7. 7. 継続するには? 継続したい物事の 本質を知る 必要がある 2015/11/28 7
  8. 8. 2015/11/28 プロダクト オーナー 良い製品 開発チーム 8 気付き 本質 本質
  9. 9. 2015/11/28 ??? 良い製品 開発チーム 9 気付き 本質 本質
  10. 10. どうやって 本質を知る? 2015/11/28 10
  11. 11. 継続できるように アジャイルをチームに 導入したとき •なぜスクラムなのか? •なぜTDDをするのか? •なぜテストが大事なのか? 2015/11/28 11
  12. 12. •導入するプラクティスなどが どうして必要なのかを チームメンバーに説明 •スクラムブートキャンプに 参加してもらって、 本質を理解する機会を セッティング 2015/11/28 12
  13. 13. 製品の本質を知るには? •なぜ、その製品を作るのか? •どういうユーザがどういう思い で、この製品を使うのか? •なぜなぜ… 2015/11/28 13
  14. 14. それを知っているのは プロダクト オーナー 2015/11/28 14
  15. 15. 一部機能の請負では、 プロダクトオーナーは 遠いところにいることが あります 2015/11/28 15
  16. 16. POStudyのページには •プロダクトやサービスのよりよい未 来を考える権利は、プロダクトや サービスに関わる全員が持っている はず •メンバー一人ひとりが、プロダクト オーナーシップを発揮していくこと で、最終的にはそのプロダクトや サービスが、もっとよくなっていく 2015/11/28 16
  17. 17. 考えてみた •プロダクトオーナーと顔を突き 合わせて働くのは無理でも、開 発メンバーがプロダクトオー ナーのロールを理解し想像しな がら開発していけば、継続的に 良いモジュールをリリースでき るのではないか? 2015/11/28 17
  18. 18. どうする? •どうすればプロダクトオーナー のロールを理解できるのか? •書籍? •研修? •社外の勉強会? •社内のプロダクトオーナーを探して話 を聞いてみる? 2015/11/28 18
  19. 19. 結果 •認定スクラムプロダクトオー ナー研修を社内で開催できない かと考えました。 •一緒にCSM研修を受講した人が人がCSPO 研修を社内で実施したという話を聞い ていた •CSM研修を受講してebackyさんと面識が 出来て相談しやすかった 2015/11/28 19
  20. 20. CSPO研修の狙いを聞いてみた •開発者思考だけでなくマーケット思 考(顧客主語)で考えられるように なる •要件の管理できるようになる •チームのモチベーションアップでき るようになる •製品品質が管理できるようになる •早期のリスクヘッジをコントロール できるようになる 2015/11/28 20
  21. 21. •偉い人が好きそうな言葉が並ん でいた •研修の狙い通りにいけば、当初 の目的以上の成果が得られるの では 2015/11/28 21
  22. 22. 社内で誘致活動をしてみた •上司などに説明 •スクラムに興味のある人を公式 に集めて勉強会 2015/11/28 22
  23. 23. 内容はというと •顧客の方向性が理解できるよ •顧客との協調 •メンバーが自分の仕事の価値を 理解するよ •モチベーションアップ •自律的に動くようになる 2015/11/28 23
  24. 24. よくいえば •『開発の三方よし』 •ユーザよし •顧客よし •開発メンバーよし 2015/11/28 24
  25. 25. 結果として •好感触な部分もあったのですが、 諸々の事情により今期の実現は出来 ませんでした。 •ただ、プロダクトオーナーという言 葉すら知らなかった人も居た中での 種まきだったので、まいた種が育つ ことを信じて来期も誘致活動をして 行こうと思っています。 2015/11/28 25
  26. 26. みなさんも •チームメンバー全員が良い製品 を作り続けるというビジョンに 向かって突き進めるように、メ ンバー全員にプロダクトオー ナーシップを植えつけるように 活動してみませんか? 2015/11/28 26
  27. 27. 最後に •『認定スクラムプロダクトオー ナー研修を実施してみて』に続 く…。 2015/11/28 27

×