Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
救 急 統 計
2013 -2014年度 年度
ご挨拶
院長 小笠原 敬三
 平素より倉敷中央病院の救急医療に ご理解、ご支援いただき心より感謝申し上げます。
今回、2013年度、2014年度の救急医療活動を「救急統計」として報告できますことを
光栄に存じます。
 従来から当院の救急センター...
ご挨拶
 日頃より当センターの救急診療にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
  倉 敷 中 央 病 院 は 、 2 0 1 3 年 4 月 1 6 日 付 で 岡 山 県 内 5 番 目 の 救 命 救 急 セ ン タ ー と し て...
過去10年間(2005年-2014年度)の実績
受診患者数・紹介患者数
救急搬送数・モービルCCU出動数
処置等内訳
ご挨拶
小笠原 敬三 (院長)
福 岡 敏 雄(救命救急センター センター長)
2∼3
救命救急センターのご紹介 1
2013...
 従来から、倉敷中央病院の救急外来は、24時間体制で医師が常駐しており、救急車の搬送や時間外受
診に対応していました。2012年9月に新しい救急センターへ移動し救急病棟の稼動を始めました。さら
に、2013年4月から救急用の集中治療室(ICU)...
過去10年間(2005年-2014年度)の実績
01 受診患者数・紹介患者数 *受診患者数は複数科を受診した場合、それぞれを1件としている
02 救急搬送数・モービルCCU出動数
受診患者数
紹介患者数
66,480
5,477
68,711
...
03 処置等内訳
CPA受入数 手術 内視鏡 カテ 蘇生処置
CPA受入数
手術
内視鏡
カテ
蘇生処置
77
292
303
616
140
83
345
354
564
165
76
351
369
489
140
108
365
389
...
*救急搬送=救急車、モービルCCU、ヘリ、他院車両の合計
受診患者数(実数)・入院患者数
受診患者数
  (外来)
  (入院)
救急搬送数
救急搬送率
紹介患者数
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
4...
*救急搬送=救急車、モービルCCU、ヘリ、他院車両の合計
受診患者数
  (外来)
  (入院)
救急搬送数
救急搬送率
紹介患者数
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
4,303
3,545
758
7...
2013年度
2013年度
救急搬送状況
地域別救急搬送状況
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
救急車
モービルCCU
他院
ヘリ
 合計
倉敷
玉島
児島
総社
水島
笠岡
岡山
高梁
井原
新...
2014年度
2014年度
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
救急車
モービルCCU
他院
ヘリ
 合計
697
48
9
14
768
730
41
12
8
791
728
36
8
8
78...
2013年度
診療科別救急患者数
ー 8 ー
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
内科*
循環器内科
神経内科
小児科
外科
整形外科
脳神経外科
脳卒中科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻科...
2014年度
ー 9 ー
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
*専門診療科も内科に含まれる
内科*
循環器内科
神経内科
小児科
外科
整形外科
脳神経外科
脳卒中科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼...
2013年度
診療科別救急入院患者数
ー 10 ー
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計診療科
内科*
(消化器内科)
(呼吸器内科)
(糖尿病内科)
(腎臓内科)
(血液内科)
(内分泌代謝・リウマ...
2014年度
ー 11 ー
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計診療科
内科*
(消化器内科)
(呼吸器内科)
(糖尿病内科)
(腎臓内科)
(血液内科)
(内分泌代謝・リウマチ内科)
循環器内科
神...
2013年度
ー 12 ー
時間帯別患者数(実数)
救急統計2013-2014
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
日勤帯
(8:30~16:30) 1,841
2,447
656
4,944
2,...
2014年度
ー 13 ー
救急統計2013-2014
1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
日勤帯
(8:30~16:30) 1,460
2,242
601
4,303
1,837
2,554
68...
0.0
2.0
4.0
6.0
8.0
10.0
12.0
14.0
16.0
18.0
9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台 16時台 17時台 18時台 19時台 20時台 21時台 22時台 23時台 24時...
2013年度
2014年度
ー 15 ー
地区別紹介患者数
救急統計2013-2014
総社市
高梁市
浅口市
笠岡市
岡山市南区
新見市
岡山市北区
井原市
小田郡
都窪郡
広島県福山市
玉野市
香川県
広島県
浅口郡
579
304
251...
2013年度
2014年度
ー 16 ー
トリアージ
救急統計2013-2014
主訴
発熱
嘔吐・嘔気
咳嗽・鼻閉
腹痛
頭部外傷
No.
1
2
3
4
5
件数
3,847
1,012
801
507
398
0-14歳主訴トップ5
(対...
ー 17 ー
当院で行っているトリアージ
救急統計2013-2014
当院には年間 6 万人程度の受診患者さんがいらっしゃいます。これらの患者さんが、その緊急性に応じて安
全に効率的に診療が受けられるようにするのが院内トリアージの目的です。
当...
2013年度
ー 18 ー
救急ICU入院患者数
救急統計2013-2014
内科 169
外科 84
整形外科
39
救急科 114
その他
27
入室患者数:433名
入院時担当科
外傷 149
敗血症
96
呼吸不全
45 意識障害
39...
2014年度
ー 19 ー
救急統計2013-2014
入室患者数:503名
入院時担当科
処置・特殊治療
人工呼吸期間
(対象204名)
NPPV期間
(対象41名)
入院経過
(入院患者503名)
0%
20%
40%
60%
80%
10...
2013年度
ー 20 ー
年間重篤患者数(来院時)
救急統計2013-2014
病院前心拍再開例、外来での死亡確認例を含む
切迫心筋梗塞、急性心筋梗塞又は緊急冠動脈カテーテル施行例
急性大動脈解離又は大動脈瘤破裂
来院時JCS 100以上、開...
2014年度
ー 21 ー
救急統計2013-2014
病院前心拍再開例、外来での死亡確認例を含む
切迫心筋梗塞、急性心筋梗塞又は緊急冠動脈カテーテル施行例
急性大動脈解離又は大動脈瘤破裂
来院時JCS 100以上、開頭術、血管内手術施行例又は...
ー 22 ー
救急医の人材育成
2006年に2名の救急医からスタートした救命救急センター所属医師は、現在28名に
なりました。
当センターは、ER医、救急診療に習熟した集中治療医、急性期外科医、総合診療
医がそれぞれの専門性に立脚しながら緩やか...
ー 23 ー
倉敷ERnet倉敷ERnet当院では重症外傷患者に関する多職種の地域カンファレンスを行っています。
名称を倉敷ERnetといい、ERとはEmergency Room, Early Rehabilitation, Early Rec...
ー 24 ー
転院後訪問
2014年4月から、当院から転院された重症外傷患者さんを対象に、転院後訪問を実施しています。
転院後訪問の目的は、「転院後の患者・家族の医療や社会的な問題を把握すること」、「当院での治療や看
護の結果を認識し振り返るこ...
救急統計2013年度 - 2014年度
編集発行
発行日
編集責任者
公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構
倉 敷 中 央 病 院
2015年9月1日
小笠原 敬三(院長)
福岡 敏雄(救命救急センター センター長)
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

倉敷中央病院 救命救急センター 救急統計2013 2014

901 vues

Publié le

倉敷中央病院は2013年4月に救命救急センターになりました。
2013年、14年度の救急統計です。2015年10月発行

Publié dans : Santé & Médecine
  • Soyez le premier à commenter

倉敷中央病院 救命救急センター 救急統計2013 2014

  1. 1. 救 急 統 計 2013 -2014年度 年度
  2. 2. ご挨拶 院長 小笠原 敬三  平素より倉敷中央病院の救急医療に ご理解、ご支援いただき心より感謝申し上げます。 今回、2013年度、2014年度の救急医療活動を「救急統計」として報告できますことを 光栄に存じます。  従来から当院の救急センターには数 多くの救急患者さんが医療を求めて来院してくださ いましたが、2013年4月16日、「救命救急センター」として認可されて以来、より多く の重症・重篤な患者さんの救急搬送を 受けるようになりました。これは当院の救急対応能 力の質的向上と同時に、地域住民の皆 様、地域医療機関の皆様、救急搬送に関与する皆様 の厚いご信頼の賜物と感謝申し上げま す  今回の救急医療活動報告では、救命 救急センター受診患者数の季節変動、どの地域から 救急搬送されているか、どの時間帯に 受診しているか、トリアージを必要とする患者さん はどのような症状で来院しているか、 救急ICU にはどのような疾患で入院しているのか、 重篤な患者さんはどのような疾患が多 いのかという点にも注目していただきたいと思いま す。皆様のお役に立つことができれば 幸いです。
  3. 3. ご挨拶  日頃より当センターの救急診療にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。   倉 敷 中 央 病 院 は 、 2 0 1 3 年 4 月 1 6 日 付 で 岡 山 県 内 5 番 目 の 救 命 救 急 セ ン タ ー と し て 認 可 さ れ ま し た 。 こ の 救 急 統 計 は 、 2 0 1 3 年 か ら 2 0 1 4 年 の 2 年 間 の 実 績 と 取 り 組 み を ま と め た ものです。この2年間はチャレンジの連続でした。そしてすばらしい2年間でした。   救 命 救 急 セ ン タ ー 開 設 に 向 け て 、 多 職 種 で 部 門 横 断 的 な 打 ち 合 わ せ を 繰 り 返 し ま し た 。 ま た 、 開 設 後 も 様 々 な 課 題 に 気 づ き 、 そ れ に つ い て 話 し 合 い や 調 整 を 繰 り 返 し て き ま し た 。 こ の 経 過 を 通 し て 感 じ た こ と は 、 「 患 者 さ ん の た め に 」 「 こ の 地 域 の 救 急 診 療 の た め に 」 と 、 難 し い 課 題 を も 自 ら の も の と し て 積 極 的 に 解 決 に 一 緒 に 取 り 組 ん で も ら え る 、 院 内や関連施設の職員の熱意と確かなプロ意識でした。 開設から2年たち、救命救急センターからの入院は年間9000人を越え、救急搬入件数は 年 間 1 万 人 に 迫 っ て い ま す 。 ま た 、 新 設 し た 救 急 I C U に は 年 間 約 5 0 0 例 の 入 院 が あ り 、 重 症外傷に関しても超緊急輸血や外来での緊急手術など、迅速な対応が実現しました。   人 材 の 採 用 と 育 成 も 進 ん で い ま す 。 2 0 1 5 年 4 月 に は 救 急 専 従 医 は 2 8 名 と な り 、 救 命 セ ン タ ー 外 来 の 医 師 3 交 替 勤 務 が 実 現 し ま し た 。 ま た 救 命 士 を 目 指 す 大 学 の 卒 業 生 が 職 員 と して採用され、様々な診療補助を担当しています。 このような体制整備の一方で、安全で有効な診療を提供するために、診療の質の評価と 改 善 を 継 続 的 に 続 け て い ま す 。 部 内 で は 、 医 療 安 全 ・ 倫 理 問 題 に 関 す る 多 職 種 で の カ ン フ ァレンスや、各診療科との症例検討会を定期的に開催しています。   さ ら に 、 先 進 的 な 取 り 組 み も 行 い ま し た 。 重 症 外 傷 患 者 に 対 し て は 転 院 後 訪 問 に 加 え て 、 倉 敷 E R n e t と い う 地 域 カ ン フ ァ レ ン ス を 定 期 的 開 催 し て い ま す 。 ま た 年 間 約 5 万 人 の ウ ォ ー ク イ ン 来 院 患 者 さ ん の ト リ ア ー ジ に つ い て は 、 評 価 の 検 証 や 個 人 へ の フ ィ ー ド バ ッ クが可能なシステムを開発・運用しています。これらの取り組みもこの中で紹介します。   最 後 に 、 「 年 報 」 が 2 年 間 の ま と め と な り ま し た こ と を お わ び し ま す 。 こ れ か ら は 毎 年 の発行を目指して進めてゆきたいと考えています。   こ の 冊 子 を ご 覧 の 上 、 お 気 づ き の 点 や ご 要 望 の 点 が あ り ま し た ら 、 ぜ ひ ご 教 示 く だ さ い。今後とも、ご支援のほどよろしくお願いいたします。 救命救急センター センター長 福岡 敏雄
  4. 4. 過去10年間(2005年-2014年度)の実績 受診患者数・紹介患者数 救急搬送数・モービルCCU出動数 処置等内訳 ご挨拶 小笠原 敬三 (院長) 福 岡 敏 雄(救命救急センター センター長) 2∼3 救命救急センターのご紹介 1 2013年度-2014年度救急統計 4∼5 6∼7 6∼7 8∼9 10∼11 12∼13 14 15 16∼17 18∼19 20∼21 22 23 24 topics 目    次 受診患者数・入院患者数 救急搬送状況 地域別救急搬送状況 診療科別救急患者数 診療科別救急入院患者数 時間帯別患者数 時間帯別患者数(1日平均) 地区別紹介患者数 トリアージ 救急ICU入院患者数 年間重篤患者数(来院時) 救急医の人材育成 倉敷ERnet 転院後訪問
  5. 5.  従来から、倉敷中央病院の救急外来は、24時間体制で医師が常駐しており、救急車の搬送や時間外受 診に対応していました。2012年9月に新しい救急センターへ移動し救急病棟の稼動を始めました。さら に、2013年4月から救急用の集中治療室(ICU)を稼動させ24時間体制で救急専従医が院内に常駐する 体制が整いました。そして、2013年4月 岡山県5番目の救命救急センターとして認可されました。 ー 1 ー 救命救急センター 救急観察室(救急車搬送・重症の患者さん用) 救急処置室(救急車搬送・重症の患者さん用)救急待合(一般救急受診の患者さん用) 救急診察室裏(一般救急受診の患者さん用) 救急ICU 救急病棟救急CT 救急CT操作室
  6. 6. 過去10年間(2005年-2014年度)の実績 01 受診患者数・紹介患者数 *受診患者数は複数科を受診した場合、それぞれを1件としている 02 救急搬送数・モービルCCU出動数 受診患者数 紹介患者数 66,480 5,477 68,711 5,571 71,704 5,806 66,142 5,862 70,981 6,036 66,662 6,306 66,820 6,179 63,659 5,755 64,249 5,603 63,887 5,687 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年度 2014年度 救急搬送数 (うちモービルCCU) 7,077 632 7,554 587 7,805 517 7,731 490 8,217 435 8,527 488 8,415 437 8,423 445 9,229 506 9,919 508 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年度 2014年度 ー 2 ー 7,077 7,554 7,805 7,731 8,217 8,527 8,415 8,423 9,229 9,919 632 587 517 490 435 488 437 445 506 508 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 件数 救急搬送数 モービル CCU 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年度 2014年度 66,480 68,711 71,704 66,142 70,981 66,662 66,820 63,659 64,249 63,887 5,477 5,571 5,806 5,862 6,036 6,306 6,179 5,755 5,603 5,687 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 80,000 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年度 2014年度 人数 受診患者数 紹介患者数 救急統計2013-2014
  7. 7. 03 処置等内訳 CPA受入数 手術 内視鏡 カテ 蘇生処置 CPA受入数 手術 内視鏡 カテ 蘇生処置 77 292 303 616 140 83 345 354 564 165 76 351 369 489 140 108 365 389 593 153 115 433 370 539 189 103 446 416 591 187 126 456 378 544 186 115 466 452 587 190 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 155 578 461 578 237 183 638 465 632 339 2013年度 2014年度 77 83 76 108 115 103 126 115 155 183 292 345 351 365 433 446 456 466 578 638 303 354 369 389 370 416 378 452 461 465 616 564 489 593 539 591 544 587 578 632 140 165 140 153 189 187 186 190 237 339 0 100 200 300 400 500 600 700 件数 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年度 2014年度 救急統計2013-2014 ー 3 ー 過去10年間を振り返ると、受診患者数は2007年、2008年に7万人を超えていました。その 後徐々に減少傾向です。救急搬送数は10年間増加してきており、2013年の救命センター化 以降は増加は顕著になりました。2014年度は1万台に迫っています。 重症患者の受け入れ増加に伴い、救命救急センターからの手術件数は急増しています。 また、緊急カテーテル検査や蘇生処置(緊急気管挿管など)も増加してきています。 Point
  8. 8. *救急搬送=救急車、モービルCCU、ヘリ、他院車両の合計 受診患者数(実数)・入院患者数 受診患者数   (外来)   (入院) 救急搬送数 救急搬送率 紹介患者数 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 4,944 4,189 755 754 15.3% 521 5,797 5,050 747 779 13.4% 472 4,637 3,980 657 694 15.0% 444 5,071 4,346 725 876 17.3% 461 5,090 4,409 681 842 16.5% 477 4,834 4,121 713 737 15.2% 459 5,295 4,546 749 788 14.9% 464 5,559 4,755 804 776 14.0% 466 4,282 3,521 761 745 17.4% 479 4,576 3,844 732 733 16.0% 458 4,391 3,717 674 704 16.0% 423 5,260 4,474 786 801 15.2% 479 59,736 50,952 8,784 9,229 15.4% 5,603 合 計 ー 4 ー 2013年度-2014年度 救急統計 4,944 5,797 4,637 5,071 5,090 4,834 4,282 4,576 5,295 5,559 4,391 5,260 754 779 694 876 842 737 745 733 788 776 704 801 0 200 400 600 800 1,000 1,200 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 台数人数 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 受診患者数 救急搬送数 2013年度 01 受診患者数(実数) 02 入院患者数 ウォークイン⇒入院 4,373人 50% 4,411人 50% 救急搬送⇒入院 救急統計2013-2014
  9. 9. *救急搬送=救急車、モービルCCU、ヘリ、他院車両の合計 受診患者数   (外来)   (入院) 救急搬送数 救急搬送率 紹介患者数 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 4,303 3,545 758 768 17.8% 509 5,079 4,279 800 791 15.6% 504 4,003 3,263 740 780 19.5% 473 4,267 3,515 752 859 20.1% 477 4,280 3,565 715 856 20.0% 418 4,020 3,313 707 783 19.5% 429 5,128 4,348 780 896 17.5% 477 6,462 5,603 859 1,001 15.5% 518 3,889 3,133 756 799 20.5% 482 4,389 3,661 728 786 17.9% 461 3,928 3,190 738 783 19.9% 457 4,217 3,391 826 817 19.4% 480 53,965 44,806 9,159 9,919 18.4% 5,685 合 計 ー 5 ー 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 受診患者数 救急搬送数 2014年度 01 受診患者数(実数) 02 入院患者数 ウォークイン⇒入院 4,444人 49% 4,715人 51% 救急搬送⇒入院 4,303 5,079 4,003 4,267 4,280 4,020 3,889 4,389 5,128 6,462 3,928 4,217 768 791 780 859 856 783 799 786 896 1,001 783 817 0 200 400 600 800 1,000 1,200 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 台数人数 救急統計2013-2014 救命救急センターからの入院患者数は増加傾向であり、2014年度は9000人を超えました。受診患者数に占める救 急搬送患者の割合も少しずつ増えてきており、2014年度は18.4%となっています。月別ではゴールデンウイーク のある5月、年末年始の12月1月が多い月になります。2014年度はインフルエンザのピークとなった1月が受診患 者、救急搬送患者ともに急増しました。救命救急センターからの入院患者はウォークインと救急搬送とがほぼ同数 となっています。
  10. 10. 2013年度 2013年度 救急搬送状況 地域別救急搬送状況 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 救急車 モービルCCU 他院 ヘリ  合計 倉敷 玉島 児島 総社 水島 笠岡 岡山 高梁 井原 新見 その他県内 県外 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 666 57 28 3 754 717 33 21 8 779 634 40 15 5 694 820 41 11 4 876 778 41 17 6 842 679 44 8 6 737 680 36 22 7 745 673 39 16 5 733 731 42 11 4 788 717 33 22 4 776 638 42 17 7 704 725 58 14 4 801 8,458 506 202 63 9,229 91.6% 5.5% 2.2% 0.7% 100.0% (件数) 合計 666 717 634 820 778 679 680 673 731 717 638 725 57 33 41 44 36 39 28 21 11 8 22 16 3 8 40 15 5 4 41 17 6 6 7 5 42 11 4 33 22 4 42 17 7 58 14 4754 779 876 694 842 737 745 733 788 776 704 801 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1,000 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ー 6 ー 278 97 80 70 52 17 19 10 6 8 17 12 666 312 100 81 71 61 21 20 16 9 4 15 7 717 258 93 73 59 48 25 21 13 12 13 16 3 634 354 118 87 89 54 36 19 21 5 8 22 7 820 319 121 77 78 58 31 32 21 2 4 27 8 778 263 117 80 68 56 23 16 18 4 7 21 6 679 292 78 70 73 57 37 16 20 8 8 14 7 680 312 83 69 65 51 27 23 12 8 11 7 5 673 319 98 78 82 43 30 26 19 12 5 15 4 731 277 110 80 84 62 24 21 24 11 4 13 7 717 262 88 81 50 53 28 16 15 10 8 22 5 638 297 82 76 94 62 32 23 24 8 8 17 2 725 3,543 1,185 932 883 657 331 252 213 95 88 206 73 8,458 41.9% 14.0% 11.0% 10.4% 7.8% 3.9% 3.0% 2.5% 1.1% 1.0% 2.4% 0.9% 100% 救急統計2013-2014 救急車 モービルCCU 他院 ヘリ
  11. 11. 2014年度 2014年度 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 救急車 モービルCCU 他院 ヘリ  合計 697 48 9 14 768 730 41 12 8 791 728 36 8 8 780 801 36 14 8 859 810 34 8 4 856 735 28 15 5 783 747 34 9 9 799 738 33 12 3 786 830 49 14 3 896 931 47 18 5 1,001 707 54 11 11 783 736 68 8 5 817 9,190 508 138 83 9,919 92.7% 5.1% 1.4% 0.8% 100.0% (件数) ー 7 ー 救急車 モービルCCU 他院 ヘリ 救急統計2013-2014 倉敷 玉島 児島 総社 水島 笠岡 岡山 高梁 井原 新見 その他県内 県外 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 合計 306 91 82 54 68 22 25 12 8 2 21 6 697 320 88 84 76 60 32 23 9 6 4 23 5 730 341 77 85 65 67 23 18 11 15 2 18 6 728 324 99 113 98 57 29 25 19 14 5 15 3 801 352 96 100 77 61 39 21 25 4 8 18 9 810 288 88 96 94 63 31 17 9 15 5 23 6 735 288 99 86 75 66 40 22 26 6 11 24 4 747 314 93 96 62 59 25 25 20 5 12 23 4 738 336 108 94 111 65 40 16 19 9 5 21 6 830 377 108 114 96 82 44 34 17 16 9 32 2 931 325 81 84 61 49 23 24 16 11 7 21 5 707 318 84 72 79 54 42 28 21 7 8 17 6 736 3,889 1,112 1,106 948 751 390 278 204 116 78 256 62 9,190 42.3% 12.1% 12.0% 10.3% 8.2% 4.2% 3.0% 2.2% 1.3% 0.8% 2.8% 0.7% 100% 697 730 728 801 810 735 747 738 830 931 707 736 48 41 36 36 34 28 34 33 49 47 54 689 12 8 14 8 15 9 12 14 18 11 814 8 8 8 4 5 9 3 3 5 11 5768 791 780 859 856 783 799 786 896 1,001 783 817 0 200 100 300 500 700 900 400 600 800 1,000 1,100 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 救急搬送の内容は救急車が特に増えています。モービルCCUや他院患者搬送車はほぼ横ばいです。占める割合は小 さいですが、ドクターヘリの受け入れ台数は増加傾向です。
  12. 12. 2013年度 診療科別救急患者数 ー 8 ー 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 内科* 循環器内科 神経内科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 脳卒中科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 形成外科 心臓血管外科 精神科 呼吸器外科 歯科 救急科   合計 1,932 362 21 1,455 105 540 185 91 70 49 99 67 133 150 29 1 15 1 5,305 2,265 377 28 1,801 130 587 215 98 109 89 114 103 142 167 21 1 20 6,267 1,851 332 30 1,202 93 560 214 79 138 63 87 68 111 125 22 8 4,983 2,069 332 33 1,409 124 532 188 72 158 54 92 71 118 165 21 13 5,451 2,131 294 30 1,374 115 538 171 78 168 72 78 69 125 164 22 1 15 5,445 1,942 330 31 1,317 114 455 186 86 138 63 109 63 124 163 37 3 14 5,175 1,814 339 29 1,096 114 436 155 78 104 40 87 48 91 158 28 1 13 4,631 1,877 330 33 1,329 101 482 177 71 61 48 87 52 107 140 22 2 8 4,927 2,266 352 36 1,518 111 487 176 82 67 53 120 94 146 146 26 9 5,689 2,558 353 25 1,506 98 533 170 84 67 61 117 84 132 157 26 4 5,975 1,974 337 27 1,253 89 324 166 53 39 43 86 56 116 122 19 11 25 4,740 2,209 377 21 1,595 101 453 178 83 62 59 110 68 121 123 37 5 59 5,661 24,888 4,115 344 16,855 1,295 5,927 2,181 955 1,181 694 1,186 843 1,466 1,780 310 9 135 1 84 64,249 24,888 4,115 344 16,855 1,295 5,927 2,181 955 1,181 694 1,186 843 1,466 1,780 310 9 135 1 84 0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 内 科 * 循 環 器 内 科 神 経 内 科 小 児 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 脳 卒 中 科 皮 膚 科 泌 尿 器 科 産 婦 人 科 眼 科 耳 鼻 科 形 成 外 科 心 臓 血 管 外 科 精 神 科 呼 吸 器 外 科 歯 科 救 急 科 人数 救急統計2013-2014 *専門診療科も内科に含まれる
  13. 13. 2014年度 ー 9 ー 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 *専門診療科も内科に含まれる 内科* 循環器内科 神経内科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 脳卒中科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 形成外科 心臓血管外科 精神科 呼吸器外科 歯科 救急科   合計 2,000 332 20 1,362 105 348 191 77 68 64 87 60 111 129 27 4 13 73 5,071 2,092 366 32 1,708 111 485 159 81 109 74 134 95 137 162 37 2 15 1 70 5,870 1,807 316 44 1,144 86 438 153 76 108 53 115 71 119 104 29 2 11 109 4,785 1,981 324 24 1,219 103 493 155 73 147 54 80 80 114 149 15 8 107 5,126 2,027 336 34 1,126 82 528 161 78 168 70 109 58 90 123 21 1 8 116 5,136 1,835 294 31 990 117 561 164 79 118 55 88 73 133 114 19 16 116 4,803 1,775 338 33 1,000 103 473 187 77 86 49 93 61 119 123 24 1 10 136 4,688 1,956 275 23 1,340 102 505 167 92 81 61 89 52 135 132 19 17 130 5,176 2,397 344 20 1,655 94 500 160 72 59 69 109 78 136 149 30 17 135 6,024 3,384 400 43 1,998 105 543 160 87 77 65 110 82 129 116 22 15 127 7,463 2,059 337 32 1,064 65 396 116 69 41 40 95 44 105 104 22 16 106 4,711 1,998 366 18 1,200 100 474 135 89 41 36 84 59 128 117 23 12 154 5,034 25,311 4,028 354 15,806 1,173 5,744 1,908 950 1,103 690 1,193 813 1,456 1,522 288 10 158 1 1,379 63,887 25,311 4,028 354 15,806 1,173 5,744 1,908 950 1,103 690 1,193 813 1,456 1,522 288 10 158 1 1,379 0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 循 環 器 内 科 神 経 内 科 小 児 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 脳 卒 中 科 皮 膚 科 泌 尿 器 科 産 婦 人 科 眼 科 耳 鼻 科 形 成 外 科 心 臓 血 管 外 科 精 神 科 呼 吸 器 外 科 歯 科 救 急 科 人数 内 科 * 救急統計2013-2014 受診患者の診療科別の集計です。2014年2月から救急科としての多部位外傷患者の受け入れを始めていて、2014年 度は月100人を超えるようになりました。一方、小児科の受診患者はやや減少傾向です。
  14. 14. 2013年度 診療科別救急入院患者数 ー 10 ー 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計診療科 内科* (消化器内科) (呼吸器内科) (糖尿病内科) (腎臓内科) (血液内科) (内分泌代謝・リウマチ内科) 循環器内科 神経内科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 脳卒中科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 形成外科 心臓血管外科 呼吸器外科 救急科    合計 252 116 80 9 12 20 15 159 7 75 61 49 28 56 9 32 5 4 8 6 4 755 222 111 65 15 4 19 8 138 12 92 78 42 16 67 3 12 26 5 4 7 9 14 747 206 112 56 7 3 18 10 142 12 56 45 58 18 47 1 9 22 12 2 7 6 14 657 233 117 64 13 6 21 12 123 16 57 89 61 24 48 3 5 26 1 9 2 7 8 13 725 246 130 54 15 9 24 14 106 11 49 57 56 29 37 7 16 24 1 4 1 8 14 15 681 228 131 57 9 7 11 13 134 13 58 71 43 23 54 4 13 28 6 1 14 5 18 713 260 132 76 18 2 23 9 126 13 86 75 52 18 53 8 6 31 4 2 10 4 13 761 245 137 64 7 6 18 13 146 14 77 60 43 24 47 1 7 23 9 2 9 7 18 732 266 136 84 9 5 18 14 139 12 74 55 45 23 52 1 4 26 5 7 8 5 27 749 292 133 93 12 8 33 13 152 12 72 58 61 20 44 2 10 34 4 3 3 8 3 26 804 241 126 77 10 4 16 8 129 17 63 55 42 20 34 2 4 25 7 4 5 7 19 674 244 125 75 8 6 15 15 166 15 76 59 54 10 63 3 5 32 1 8 2 12 4 32 786 2,935 1,506 845 132 72 236 144 1,660 154 835 763 606 253 602 35 100 329 12 79 27 103 78 213 8,784 *( )内の数字は専門診療科入院内訳 救急統計2013-2014
  15. 15. 2014年度 ー 11 ー 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計診療科 内科* (消化器内科) (呼吸器内科) (糖尿病内科) (腎臓内科) (血液内科) (内分泌代謝・リウマチ内科) 循環器内科 神経内科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 脳卒中科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 形成外科 心臓血管外科 呼吸器外科 救急科   合計 246 122 84 12 2 17 9 148 9 72 72 44 13 49 12 33 4 1 12 9 34 758 251 123 72 11 12 20 13 150 12 79 71 47 22 52 4 10 38 2 5 2 19 12 24 800 255 129 87 8 4 16 11 115 20 65 55 49 17 52 9 9 39 6 1 9 6 33 740 250 127 55 12 24 19 13 142 6 81 66 48 21 47 5 9 24 10 2 7 6 28 752 260 130 63 7 19 25 16 129 18 52 48 44 19 53 6 6 32 8 9 3 28 715 220 114 58 8 9 20 11 104 19 67 77 49 15 56 4 8 36 1 12 2 4 7 26 707 247 124 65 5 14 26 13 146 17 64 72 37 15 55 3 7 34 2 7 1 8 9 32 756 240 121 65 7 16 18 13 104 12 70 64 46 15 74 12 28 6 1 10 8 38 728 253 129 69 10 15 17 13 141 16 80 55 39 22 59 5 14 29 1 5 4 16 7 34 780 287 119 100 8 17 27 16 162 20 76 66 51 17 66 4 11 34 1 10 3 9 8 34 859 267 129 80 5 14 26 13 146 11 59 40 44 13 53 1 12 34 1 5 10 12 30 738 285 144 80 5 17 27 12 148 9 70 72 37 18 70 3 14 28 7 2 14 9 40 826 3,061 1,511 878 98 163 258 153 1,635 169 835 758 535 207 686 44 124 389 8 85 19 127 96 381 9,159 *( )内の数字は専門診療科入院内訳 救急統計2013-2014 入院患者の診療科別集計です。多部位外傷患者などを受け入れる救急科の入院が増加し2014年度は381例でした。 内科系や小児科の入院患者数は横ばいです。
  16. 16. 2013年度 ー 12 ー 時間帯別患者数(実数) 救急統計2013-2014 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 日勤帯 (8:30~16:30) 1,841 2,447 656 4,944 2,097 2,854 846 5,797 1,667 2,282 688 4,637 1,714 2,546 811 5,071 1,827 2,498 765 5,090 1,909 2,275 650 4,834 1,469 2,180 633 4,282 1,790 2,173 613 4,576 2,166 2,409 720 5,295 2,318 2,539 702 5,559 1,682 2,143 566 4,391 1,967 2,596 697 5,260 22,447 28,942 8,347 59,736 準夜帯 (16:30~0:30) 深夜帯 (0:30~8:30) 合計 日勤帯 (8:30~16:30) 日勤帯 22,447 37.6% 準夜帯 28,942 48.4% 深夜帯 8,347 14.0% 割 合 22,447 28,942 8,347 0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 35,000 人数 準夜帯 (16:30~0:30) 深夜帯 (0:30~8:30)
  17. 17. 2014年度 ー 13 ー 救急統計2013-2014 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 日勤帯 (8:30~16:30) 1,460 2,242 601 4,303 1,837 2,554 688 5,079 1,467 2,017 519 4,003 1,531 2,146 590 4,267 1,636 2,043 601 4,280 1,515 1,967 538 4,020 1,435 1,906 548 3,889 1,693 2,085 611 4,389 2,001 2,397 730 5,128 2,628 3,025 809 6,462 1,478 1,929 521 3,928 1,419 2,199 599 4,217 20,100 26,510 7,355 53,965 準夜帯 (16:30~0:30) 深夜帯 (0:30~8:30) 合計 日勤帯 (8:30~16:30) 日勤帯 20,100 37.2% 準夜帯 26,510 49.1% 深夜帯 7,355 13.6% 割 合 準夜帯 (16:30~0:30) 深夜帯 (0:30~8:30) 20,100 26,510 7,355 0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 人数 時間帯別患者数は、準夜帯(16:30∼0:30)がほぼ半数を占めています(2013年度48.8%、2014年度49.1%)。
  18. 18. 0.0 2.0 4.0 6.0 8.0 10.0 12.0 14.0 16.0 18.0 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台 16時台 17時台 18時台 19時台 20時台 21時台 22時台 23時台 24時台 1時台 2時台 3時台 4時台 5時台 6時台 7時台 8時台 平均人数 2013年度平日 2014年度平日 2013年度休日 2014年度休日 2013年度 ー 14 ー 2014年度 時間帯別患者数(1日平均) 救急統計2013-2014 時間帯 平日 2.3 10.4 2.8 12.3 5.1 12.0 4.5 9.3 5.5 9.9 5.3 10.5 4.5 9.9 4.9 10.5 5.0 11.7 7.6 14.4 10.7 15.6 11.3 13.5 9.6 11.3 7.1 8.3 5.3 6.2 3.6 4.2 2.8 3.5 2.0 2.7 1.7 2.5 1.5 2.2 1.5 1.9 1.5 2.5 1.8 3.8 1.8 6.8休日 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台 16時台 17時台 18時台 19時台 20時台21時台 22時台23時台 24時台 1時台 2時台 3時台 4時台 5時台 6時台 7時台 8時台 時間帯 平日 3.0 11.2 3.4 13.4 5.5 12.2 5.3 9.6 5.9 10.8 5.7 11.3 5.4 11.1 5.3 11.3 5.6 12.5 7.6 15.2 11.0 15.1 11.3 14.0 9.3 11.5 7.5 9.1 5.5 7.3 3.9 4.9 2.8 3.7 2.4 3.0 1.9 2.7 1.9 2.3 1.4 2.4 1.8 2.7 2.1 3.9 2.4 7.1休日 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台 16時台 17時台 18時台 19時台 20時台21時台 22時台23時台 24時台 1時台 2時台 3時台 4時台 5時台 6時台 7時台 8時台 01 時間帯別ウォークイン患者数(1日平均) 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台 16時台 17時台 18時台 19時台 20時台 21時台 22時台 23時台 24時台 1時台 2時台 3時台 4時台 5時台 6時台 7時台 8時台 平均人数 2013年度 2014年度 時間帯 平日 1.4 1.2 1.7 1.5 1.7 1.4 1.7 1.4 1.7 1.4 1.4 1.2 1.3 1.1 1.2 1.0 1.4 1.2 1.4 1.0 1.4 1.4 1.3 1.1 1.1 1.2 0.9 1.0 0.8 1.1 0.6 0.6 0.5 0.5 0.5 0.6 0.5 0.5 0.4 0.5 0.5 0.6 0.7 0.5 0.9 0.7 1.2 0.9休日 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台 16時台 17時台 18時台 19時台 20時台21時台 22時台23時台 24時台 1時台 2時台 3時台 4時台 5時台 6時台 7時台 8時台 時間帯 平日 1.3 1.3 1.6 1.4 1.6 1.7 1.8 1.4 1.6 1.3 1.4 1.5 1.4 1.2 1.3 1.3 1.3 1.3 1.7 1.6 1.5 1.3 1.4 1.4 1.2 1.3 1.1 1.1 0.9 1.1 0.8 0.9 0.6 0.7 0.6 0.6 0.5 0.6 0.5 0.6 0.5 0.5 0.8 0.6 0.8 0.9 1.2 1.0休日 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台 16時台 17時台 18時台 19時台 20時台21時台 22時台23時台 24時台 1時台 2時台 3時台 4時台 5時台 6時台 7時台 8時台 02 時間帯別救急搬送患者数(1日平均) 0.0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 2013年度平日 2014年度平日 2013年度休日 2014年度休日 1時間あたりの受診患者数を平日、休日別に集計しました。ウォークイン患者はいずれも準夜帯にピークがありま すが、休日では10時台にもピークがあります。休日と平日の10時台のピークの差は10人近くになっていました。 救急搬送に付いては休日平日の差はほとんどありませんでした
  19. 19. 2013年度 2014年度 ー 15 ー 地区別紹介患者数 救急統計2013-2014 総社市 高梁市 浅口市 笠岡市 岡山市南区 新見市 岡山市北区 井原市 小田郡 都窪郡 広島県福山市 玉野市 香川県 広島県 浅口郡 579 304 251 242 171 136 110 98 70 61 61 47 42 27 21 エリア 件数 総社市 高梁市 笠岡市 浅口市 岡山市南区 岡山市北区 新見市 井原市 小田郡 都窪郡 広島県福山市 玉野市 香川県 浅口郡 真庭市 565 278 265 244 139 127 120 111 111 53 45 43 33 28 25 エリア 件数 倉敷 水島 児島 玉島 真備 船穂 その他 合計 1,746 575 374 427 152 18 2,311 5,603 倉敷 水島 児島 玉島 真備 船穂 その他 合計 1,810 557 432 399 141 26 2,320 5,685 500 0 1,000 1,500 2,000 2,500 倉敷 水島 児島 玉島 真備 船穂 人数 その他 2013年度 2014年度 真備地区 玉島地区 水島地区 児島地区 倉敷地区 船穂地区 倉敷中央病院 その他エリア内訳 TOP15 2013 年度 2014 年度 Area Map 救命救急センターへの紹介患者さんの紹介元の集計です。倉敷市内からが半数以上を占めています。 それ以外にも広島県や香川県からの紹介患者さんもいらっしゃいます。
  20. 20. 2013年度 2014年度 ー 16 ー トリアージ 救急統計2013-2014 主訴 発熱 嘔吐・嘔気 咳嗽・鼻閉 腹痛 頭部外傷 No. 1 2 3 4 5 件数 3,847 1,012 801 507 398 0-14歳主訴トップ5 (対象:19,569人) (対象:20,471人) (対象:15,514人) (対象:17,123人) (対象:17,704人) (対象:10,413人) 主訴 発熱 腹痛 嘔吐・嘔気 頭痛 咳嗽・鼻閉 No. 1 2 3 4 5 件数 1,821 1,071 763 545 400 15-64歳主訴トップ5 主訴 発熱 息切れ 腹痛 嘔吐・嘔気 動悸・不整脈 No. 1 2 3 4 5 件数 510 497 472 295 267 65歳以上主訴トップ5 発熱 3,847 嘔吐・嘔気 1,012 咳嗽・鼻閉 801 腹痛 507 頭部外傷 398 その他 13,004 その他 15,871 発熱 1,821 嘔吐・嘔気 763 咳嗽・鼻閉 400 頭痛 545 腹痛 1,071 その他 13,473 嘔吐・嘔気 295 動悸・不整脈 267 息切れ 497 発熱 510 腹痛 472 主訴 発熱 嘔吐・嘔気 咳嗽・鼻閉 腹痛 頭部外傷 No. 1 2 3 4 5 件数 6,613 1,386 1,241 785 781 0-14歳主訴トップ5 主訴 発熱 腹痛 嘔吐・嘔気 頭痛 咳嗽・鼻閉 No. 1 2 3 4 5 件数 3,094 1,924 985 906 634 15-64歳主訴トップ5 主訴 発熱 息切れ 腹痛 嘔吐・嘔気 動悸・不整脈 No. 1 2 3 4 5 件数 950 861 839 413 395 65歳以上主訴トップ5 発熱 6,613その他 6,317 嘔吐・嘔気 1,386咳嗽・鼻閉 1,241 腹痛 785 頭部外傷 781 発熱 3,094 腹痛 1,924 その他 10,231 嘔吐・嘔気 985 咳嗽・鼻閉 634 頭痛 906 発熱 950 息切れ 861 腹痛 839その他 6,955 嘔吐・嘔気 413 動悸・不整脈 395 ウォークイン患者さんのトリアージの主訴の集計です。年齢層で大きく変化しています。 発熱が最も多い主訴ですが、高齢者ではそれ以外の主訴が増加します。
  21. 21. ー 17 ー 当院で行っているトリアージ 救急統計2013-2014 当院には年間 6 万人程度の受診患者さんがいらっしゃいます。これらの患者さんが、その緊急性に応じて安 全に効率的に診療が受けられるようにするのが院内トリアージの目的です。 当院では 2010 年から院内トリアージを開始しました。2012 年より Japan Triage Acuity Scale(JTAS) を導入したトリアージを実施しています。トリアージを実施する看護師の資格要件は、看護部ラダーレベル Ⅱの後半以上(自ら自立して看護業務を遂行し、後輩指導が行えるレベル)、救急経験 2 年以上でトリアー ジナース教育プログラムを修了した者としており、 専門的教育を受けた看護師が実施しています。 トリアージの流れとしては、まず、患者さんに問 診票を記載してもらい、受付、トリアージ、診察 という流れで進んでいきます。トリアージは「患 者さんが診察まで安全に待てる時間と場所を決定 する」という概念であり、トリアージナースのア セスメントのもと、患者さんの状態に応じて、観 察室、処置室のリーダーと連携をとりながら行って います。 トリアージの質の確保するための取り組みとして、認定看護師と医師との事後検証を開催しています。トリ アージレベル 1、2、3 全症例を認定看護師が検証し、トリアージレベル 4、5 で入院になった症例を医師が 検証するようにしました。医師の協力を得ることで、医学的視点でのフィードバックがもらえ質の向上につ ながっています。さらに、2014 年からは、自分のトリアージの事後検証結果や検証者からのコメントなどを 閲覧できる画面を作成し、タイムリーにフィードバックが行えるようになりました。このしくみ作りの結果、 アンダートリアージ件数は減少傾向にあり、一定の質を確保しながらトリアージを行うことができています。 コメント欄には検証者によるフィードバックが記入される。 的確なトリアージがなされた場合は「ナイストリアージ」マークもつけられる トリアージナースが各自、自身のトリアージを検証できる。 ■MyTriage 画面 ■トリアージ画面
  22. 22. 2013年度 ー 18 ー 救急ICU入院患者数 救急統計2013-2014 内科 169 外科 84 整形外科 39 救急科 114 その他 27 入室患者数:433名 入院時担当科 外傷 149 敗血症 96 呼吸不全 45 意識障害 39 その他 104 疾 患 分 類 0% 20% 40% 60% 80% 100% 救急外来 334 術後 89 病棟 10 入 室 経 路 0% 20% 40% 60% 80% 100% 生存 405 死亡 28 転 帰 0% 20% 40% 60% 80% 100% 204 41 73 31 143 128 100 25 0 50 100 150 200 250 処置・特殊治療 人工呼吸期間 (対象204名) NPPV期間 (対象41名) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 入院経過 (入院患者433名) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% stage1 43 stage2 21 stage3 24 stage0 301 AKI分類 ISS15未満 68 ISS15以上 81 外傷重症度 スコア APACHEⅡ SOFA SAPSⅡ 平均 13.85 5.1 36.35 95%信頼区間 13.01-14.70 4.67-5.52 34.76-37.93
  23. 23. 2014年度 ー 19 ー 救急統計2013-2014 入室患者数:503名 入院時担当科 処置・特殊治療 人工呼吸期間 (対象204名) NPPV期間 (対象41名) 入院経過 (入院患者503名) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% stage1 46 stage2 31 stage3 49 stage0 377 AKI分類 ISS15未満 87 ISS15以上 114 外傷重症度 スコア APACHEⅡ SOFA SAPSⅡ 平均 15.4 5.1 32.1 95%信頼区間 14.6-16.2 4.8-5.4 30.5-33.6 整形外科 24 内科 198 救急科 195 外科 62 その他 24 外傷 201 敗血症 92 意識障害 47 呼吸不全 37 その他 126 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 救急外来 417 術後 75 病棟 11 生存 466 死亡 37 261 36 73 38 282 437 183 35 0% 20% 40% 60% 80% 100% 疾 患 分 類 入 室 経 路 転 帰 救命救急センターのICUの集計です。年間の入室患者は500人程度、その40%程度が外傷です。生存率は93% 程度です。入室患者の約半数は4日程度で退室となっています。重症度スコアや急性腎障害スコア、外傷ISS スコアもまとめました。
  24. 24. 2013年度 ー 20 ー 年間重篤患者数(来院時) 救急統計2013-2014 病院前心拍再開例、外来での死亡確認例を含む 切迫心筋梗塞、急性心筋梗塞又は緊急冠動脈カテーテル施行例 急性大動脈解離又は大動脈瘤破裂 来院時JCS 100以上、開頭術、血管内手術施行例又はtPA療法施行例 Max AISが3以上又は緊急手術施行例 Artzの基準による 来院時JCS 100以上又は血液浄化法施行例 緊急内視鏡施行例 感染性SIRSで臓器不全、組織低灌流又は低血圧を呈する例 熱中症又は偶発性低体温症で臓器不全を呈する例 ガス壊疽、壊死性筋膜炎、破傷風等 人工呼吸器管理症例(1から11までを除く) 人工呼吸器管理症例又はSwan-Ganzカテーテル、PCPS若しくはIABP 使用症例(1から11までを除く) 24時間以内に10単位以上の輸血必要例(1から11までを除く) JCS 100以上が24時間以上持続(1から11までを除く) 血漿交換又は血液浄化療法施行例(1から11までを除く) 血液浄化療法施行例(1から11までを除く) 重症膵炎、内分泌クリーゼ、溶血性尿毒症性症候群などで持続動注療法、 血漿交換又は手術療法を実施した症例(1から17までを除く) 病院外心停止 重症急性冠症候群 重症大動脈疾患 重症脳血管障害 重症外傷 重症熱傷 重症急性中毒 重症消化管出血 重症敗血症 重症体温異常 特殊感染症 重症呼吸不全 重症急性心不全 重症出血性ショック 重症意識障害 重篤な肝不全 重篤な急性腎不全 その他の重症病態 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 155 529 82 25 23 6 15 383 93 14 3 120 222 2 9 1 1 0 1,683 9 504 75 20 20 5 15 373 83 10 2 108 200 0 9 1 1 0 1,435 146 25 7 5 3 1 0 10 10 4 1 12 22 2 0 0 0 0 248合計 No. 疾病名 基準 患者数 生存 死亡 155 529 82 25 23 6 15 383 93 14 3 120 222 2 9 1 1 0 0 100 200 300 400 500 600 死亡 生存
  25. 25. 2014年度 ー 21 ー 救急統計2013-2014 病院前心拍再開例、外来での死亡確認例を含む 切迫心筋梗塞、急性心筋梗塞又は緊急冠動脈カテーテル施行例 急性大動脈解離又は大動脈瘤破裂 来院時JCS 100以上、開頭術、血管内手術施行例又はtPA療法施行例 Max AISが3以上又は緊急手術施行例 Artzの基準による 来院時JCS 100以上又は血液浄化法施行例 緊急内視鏡施行例 感染性SIRSで臓器不全、組織低灌流又は低血圧を呈する例 熱中症又は偶発性低体温症で臓器不全を呈する例 ガス壊疽、壊死性筋膜炎、破傷風等 人工呼吸器管理症例(1から11までを除く) 人工呼吸器管理症例又はSwan-Ganzカテーテル、PCPS若しくは IABP使用症例(1から11までを除く) 24時間以内に10単位以上の輸血必要例(1から11までを除く) JCS 100以上が24時間以上持続(1から11までを除く) 血漿交換又は血液浄化療法施行例(1から11までを除く) 血液浄化療法施行例(1から11までを除く) 重症膵炎、内分泌クリーゼ、溶血性尿毒症性症候群などで持続動注療 法、血漿交換又は手術療法を実施した症例(1から17までを除く) 病院外心停止 重症急性冠症候群 重症大動脈疾患 重症脳血管障害 重症外傷 重症熱傷 重症急性中毒 重症消化管出血 重症敗血症 重症体温異常 特殊感染症 重症呼吸不全 重症急性心不全 重症出血性ショック 重症意識障害 重篤な肝不全 重篤な急性腎不全 その他の重症病態 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 183 571 106 22 231 0 12 395 83 10 3 75 202 1 9 1 3 1 1,908 12 540 98 19 220 0 12 381 67 8 3 69 182 1 9 1 2 1 1,625 171 31 8 3 11 0 0 14 16 2 0 6 20 0 0 0 1 0 283合計 No. 疾病名 基準 患者数 生存 死亡 183 571 106 22 231 0 12 395 83 10 3 75 202 1 9 1 3 1 0 100 200 300 400 500 600 死亡 生存 救命救急センターが集計で求められる年間の重篤患者数です。 急性冠症候群、重症消化管出血、重症急性心不全、重症外傷が多い疾病名でした。
  26. 26. ー 22 ー 救急医の人材育成 2006年に2名の救急医からスタートした救命救急センター所属医師は、現在28名に なりました。 当センターは、ER医、救急診療に習熟した集中治療医、急性期外科医、総合診療 医がそれぞれの専門性に立脚しながら緩やかに結合して診療しているのですが、こ のような体制を敷くことで、特に重症患者対応において初療から集中治療管理、緊 急手術まで切れ目のない診療ができるようになり治療効果が上がっています。同時 にこの体制は、後期研修医の教育にも有用で、上記各専門分野の医師から直接指導 を受けながら救急医として成長することができますし、その知識を後輩または初期 研修医に伝えるという作業を経てさらに成長するという良い循環を生んでいます。 また、後期研修期間中は3か月程度の院外 研修期間を設け、当院以外の診療の場を経験することで、臨床的な 幅が広がるように配慮しています。その結果2011年からはコンス タントに毎年複数名の後期研修医を採用できるようになりました。 今後は、臨床研究体制の整備、国際医療協力や地域メディカルコン トロールへの積極的関与、急性期外科医や集中治療医の育成などに 力を注ぎ、地域への貢献を高めていきたいと考えています。 2 5 10 9 10 0 2 2 4 4 4 5 6 9 14 18 0 2 2 4 4 4 7 11 19 23 28 0 5 10 15 20 25 30 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 後期研修医 救急専任医師 救急科主任部長 池上 徹則 救急 ICU でのモーニングカンファレンス 救命救急センター所属医師数
  27. 27. ー 23 ー 倉敷ERnet倉敷ERnet当院では重症外傷患者に関する多職種の地域カンファレンスを行っています。 名称を倉敷ERnetといい、ERとはEmergency Room, Early Rehabilitation, Early Recoveryという 3つの言葉の頭文字です。 当院では重症外傷患者に関する多職種の地域カンファレンスを行っています。 名称を倉敷ERnetといい、ERとはEmergency Room, Early Rehabilitation, Early Recoveryという 3つの言葉の頭文字です。 重症外傷患者は病態やケアの個別性が高く、また医師、看護師だけでなくリハビリスタッフやソーシャルワ ーカーなど多職種によるチームアプローチを必要とします。加えて、重症多発外傷患者の多くが長期間のリ ハビリ期間を必要とし、これは主に転院先病院で行われることがほとんどです。 一方で、救命救急センターなどで行われる急性期医療の現場では、患者さんの救命率や在院日数などの短期 的予後はある程度認識されているものの、社会復帰率や最終的なADLなど長期的予後への関心が薄れてしま う危険性を感じます。しかし、患者さんやその家族にとっての本当の予後は長期的予後であるはずです。 このようなことから、重症外傷患者の長期予後を改善させることを目標に掲げ、地域内での多職種間の連携 を推し進める機会を作ろうと考え、この「倉敷ERnet」を立ち上げました。 2014年6月25日に第1回を開催し、以降ほぼ4か月おきに2015年7月3日までに計4回開催しました。各回、 160-200名の地域の救命士、医師、リハビリスタッフ、看護師、MSW、検査技師などの方々に参加いただい ています。実際の症例を取り上げ、関わった救命士、急性期医療スタッフ、回復リハビリ医療スタッフによ るプレゼンテーションを聞き、患者さんの社会復帰にいたる経過を参加者皆で共有しています。毎回、「外 傷診療における地域連携の重要性」と「退院後の生活にも目を向けた医療提供の必要性」を再確認します が、社会復帰された患者さんや、懸命にリハビリに励んでおられる姿を拝見して、何よりわれわれ医療者が エネルギーをいただいています。 倉敷ERnet立ち上げの背景 実際の倉敷ER net
  28. 28. ー 24 ー 転院後訪問 2014年4月から、当院から転院された重症外傷患者さんを対象に、転院後訪問を実施しています。 転院後訪問の目的は、「転院後の患者・家族の医療や社会的な問題を把握すること」、「当院での治療や看 護の結果を認識し振り返ること」、「地域診療システムの問題点を把握すること」、「顔の見える関係を構 築すること」であり、現在(2015年7月)までに8病院、22名の患者さんを訪問しました。 訪問先では、患者さんの転院後の生活やリハビリの状況を直接見ることができ、当院からの申し送り内容 が、訪問先の治療や看護に活かされていることを知ることができました。このことから、地域の人や環境と 連携しながら「継続的な外傷診療」を行えていることを実感しました。 また、訪問先の職員からも転院に関する意見や要望を確認することができました。その結果、「電子カルテ 相互閲覧システムへの参加促進」、「看護添書形式の改善」、「問い合わせ経路のスリム化」を行うことが できました。 他にも、当院の救急ICU看護師には、訪問後の報告会を行っています。そこでは、訪問時の動画や写真を用 いて、患者さんの状況を報告しています。満面の笑みを浮かべながら喜びを共有している姿と共に、「入院 中には想像できなかったほどの回復ぶりに驚きました」「私達も患者さんに支えられながら頑張れているこ とを実感しました」という言葉も聞かれています。救急ICU看護師にとっても転院後訪問は、「看護師とし ての誇り」「モチベーションの向上」にも繋げることができていると感じています。 今後は、これらの取り組みをPDCAサイクルに沿って継続させていきたいと思っています。また、QOLや職 場復帰率の向上も視野に入れた、治療・看護の体制作りにも努めていきたいと思っています。 転院後訪問の目的と実際 訪問後の報告会 転院後訪問先 倉敷紀念病院 倉敷第一病院 倉敷平成病院 倉敷リハビリテーション病院 しげい病院 高梁中央病院 玉島中央病院 福山リハビリテーション病院 高梁市 総社市 倉敷市 矢掛町 井原市 浅口市 笠岡市 福山市 里庄町 倉敷中央病院
  29. 29. 救急統計2013年度 - 2014年度 編集発行 発行日 編集責任者 公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉 敷 中 央 病 院 2015年9月1日 小笠原 敬三(院長) 福岡 敏雄(救命救急センター センター長)

×