Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

日本OpenStackユーザ会 Atlantaサミット報告会 Swift関連報告

2 048 vues

Publié le

日本OpenStackユーザ会 第18回勉強会 アトランタサミット報告会のSwift Design Summit セッション報告で使用した資料です。

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

日本OpenStackユーザ会 Atlantaサミット報告会 Swift関連報告

  1. 1. Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. 日本OpenStackユーザ会 アトランタサミット報告会 (第18回勉強会) Swift関連報告(2014/6/19) 日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーションセンタ 露崎 浩太 Copyright(c)2009-2014 NTT CORPORATION. All Rights Reserved.
  2. 2. 2Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. 会議名: • OpenStack Summit 会場・期間: • Georgia World Congress Center, Atlanta, GA, United States • 5/12~5/16 内容: • 企業展示 (OpenStack Marketplace)、Keynote • 一般向けの事例紹介などのGeneral Session (Mon~Thu) • Juno向けのDesign Summit (Tue~Fri) OpenStack Summit 概要
  3. 3. 3Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. [プロフィール] 氏名:露﨑 浩太 (28) Launchpad: tsuyuzaki-kota IRC: kota_ 所属:日本電信電話株式会社 (NTT) ソフトウェアイノベーションセンタ (R&D部門) [OpenStackとの関わり] 2012年(Folsom) : Swift 2013年(Grizzly, Havana): Swift 2014年(Icehouse, Juno): Swift 自己紹介
  4. 4. 4Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. 今回の報告 General Session (use case) Design Summit Session (Juno Design)
  5. 5. 5Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. • 注目度 • 19セッションと発表数が多く、聴講者も多かったことから注目度は高い • 特にSwiftStackのCase Study*ではLicense Fee, DC費を含めても $0.013/GB/monthとAWSよりコストが安いとのことで、聴講者が多かった • ユースケース • Scalabilityの必要なPrivateクラウド向けのデータ置場が中心 • 小中規模向けのAll-in-one OpenStackではCephが主流になりつつある( Canonical, RedHatがサポート)が、とにかくデータ量が多い、速度が必要 といったケースに対してSwiftが強いというのを主張 • Ceph, Swift双方で競合というより補完関係のような構図、主張となっていた • 最近の動向・方向性 • NFS Gateway, dropbox like usecaseなど既存のシステム、サービスとの結 合、及び、Kinetic drive等の新アーキテクチャへのシームレスな以降の2つ が主軸。Swift自体の新機能というより、既存システムのコスト削減、容量対 応を目的としたソリューションの色が強く、特にSwiftStackはSwiftの第一人 者としての影響力を持っている** Swift General Session(事例・動向) *http://www.slideshare.net/dirkpetersen/bio-it-fhcrceconomyfileproject0430 **https://swiftstack.com/blog/2014/05/22/openstack-summit-atlanta-we-are-in-the-majors-now/
  6. 6. 6Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. Big Pictures: • Storage Policies • Erasure Coding • Pluggable Backend Operation/Efficiency: • Dev/Ops session • More Efficient Replication • Swift Distributed Tracing Methods and Tools Swift Design Summit
  7. 7. 7Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. What is Storage Policies: - 冗長度、ディスク構成等の異なるSwiftを1クラスタで提供する機能 Why Storage Policies: - 既存のSwiftに新しい構成をシームレスに追加できる - 複数のポリシーを1クラスタ内に持てるので資源の効率化ができる How it works: - Swift内部ではポリシー毎に異なるobject ringを持つ - 運用者がポリシーをデプロイしユーザにポリシー名を公開する - 利用者はコンテナ作成時に公開されているポリシーを設定する 7月上旬頃 Release予定 Storage Policies SSD HDD SSD Policy Container HDD Policy Container
  8. 8. 8Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. What is Erasure Coding: - データを分割、符号化して保存するストレージ方式 Why Erasure Coding: - 分割したデータを保存するためReplica方式より容量削減できる - 符号化を用いることにより、ディスク故障時にも復旧できる How it works: - Storage Policyの1種として組み込み - PyECLib* を用いてProxyが符号化、複合を行う - EC用のバックグランドプロセスも作成予定 Junoサイクル中に Release予定 Erasure Coding (EC) * https://pypi.python.org/pypi/PyECLib EC fragments Erasure Coding Policy Container
  9. 9. 9Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. What is Pluggable Backend: - ディスクへの読み書き部分を抽象化し、プラガブルにする方式 Why Pluggable Backend: - ユースケースに応じた柔軟なバックエンドの選択 - Swiftの汎用ルーチンとバックエンド依存部分の切り離し How it works: - 抽象化されたファイルとしてdiskfileクラスをSwift内で定義し、 read/writeに相当する操作をdiskfile内で実施する 既存実装のdiskfile抽象化は実装済 Seagate Kineticドライブ、GlusterFS等、 バックエンド別には、各ベンダが対応予定 Pluggable Backend Object-Server Kinetic Drive GlusterFS diskfile abstraction layer
  10. 10. 10Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. • Dev/Ops Session • ログの監視、ディスク交換頻度、Regionの活用方法などの話題 • Pain Points as an Operator • 監視がstatsdなので、real-time(not persistent) pluggableなものが欲しい • Failure Driveのチェックが大変(一括管理や定期チェックなど) • RingのDeployが大変(ring-masterをcoreかecosystemで作れないか) • SLA監視にinformant-middlewareを使う等 • Authのintegrationなど新規ユーザがDeployで問題になる部分に関してはコ ミュニティも課題意識を持ち始めている • More Efficient Replication • 広域分散時のReplicationの効率化 • 従来のReplicaを全部のPrimaryにpushする方式にAffinityの概念を追加 • マージに向けて改良案を実装中 • Swift Distributed Tracing Methods and Tools • リクエストの開始からデータ読み書き完了までの実行パスをTraceするツール • 従来のTransaction IDを置き換えてまで導入する意義があるかで議論中 Operation/Efficiency 提案
  11. 11. 11Copyright©2014 NTT corp. All Rights Reserved. • 性能、容量、コストが両立できるオブジェクトストレー ジとしてSwiftの導入、成功事例が増えてきた • 2014秋のJuno版ではStorage Policies、Erasure Codeと新機能が多数導入され、より幅広いユースケー スに対応できるようになる見込み • Ops対応についてもコミュニティは意識している Presenter Info: Kota Tsuyuzaki tsuyuzaki.kota@lab.ntt.co.jp まとめ

×