Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

経営・事業分析特化型CS事業

1 231 vues

Publié le

経営・事業分析特化型CS事業のレポートとなります

Publié dans : Business
  • Soyez le premier à commenter

経営・事業分析特化型CS事業

  1. 1. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業
  2. 2. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 15年ビジネス・ブレークスルー大学大学院MBA取得。 技術戦略、組織戦略、採用戦略の3つの戦略推進を軸に、 全グループ会社IT統制、社外情報発信、エンジニア採用 に注力。既存システムの負荷対策やプロジェクトのPM など担当 AppBank株式会社 執行役員 CTO 大芝 義信 主な職歴 2
  3. 3. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 3 仕事依頼 納品 管 理 クラウドソーシング事業者 発注者(主に企業) 受注者(主に個人) インターネット オンラインで全ての業務が完結できる
  4. 4. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 4出所:http://e-words.jp/w/E382AFE383A9E382A6E38389E382BDE383BCE382B7E383B3E382B0.html ①仕事依頼 ②提案、納品 ③仕事発注 ④仕事受注 管 理 選 定 オンラインで全ての業務が完結 仕事の募集管理 受発注管理 支払い・契約管理 実績・評価管理 クラウドソーシング事業者 発注者 受注者 登録者 受注の条件 (期間や期限報酬) 業務の内容 インターネット
  5. 5. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 5 発注者 (主に企業) 今までの企業の経営陣やMGR これからの企業の経営陣やMGR 受注者:主に個人 経営学(MBA)を学ぶ集団 受注者(MBA習得者)が発注者の期待を満たす流れをつくれるかが重要成功要因 直接依頼 ネット依頼 • 本格相談:100万/月 →月4回定例+戦略立案 • 基本相談:50万/月 →月2回定例+戦略立案 • 簡易相談:25万/月 →月1回定例+戦略立案 出所:http://www.tcconsulting.co.jp/consulting/price • 本格相談:20万 →ニーズ個別戦略 • 基本相談:5万 →戦略案コンペ • 簡易相談:5千 →ファクト集積 発注者 主に企業
  6. 6. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 アソシエイト マネージャー パートナー STEP1 事業戦略案を安価に入手 戦略分析ナレッジ化 STEP2 有料DB展開 ② 経営議論(無料) ③ 個別依頼(有料) 発注者 受注者 発注者 受注者 発注者 受注者 シ ス テ ム ①CSはWEBサービスで行う ②優秀な受注者を留めておく ため、企業から集めた課題を 議論するサイバースペースを 設置 受注者の信頼値をランク付け 受注プロセス全てオンライン上で完結 経営・事業分析特化型CS 経営議論を 評価 ・海外調査 ・財務分析 ・戦略コン ペ 等を依頼 情報開示に よる個別型 の依頼 ユ ー ザ ー マ ネ タ イ ズ 応募 依頼発注者 受注者 契約 契約 仮払 管理 検収 支払 納品提案 ① 会員制(有料) 顧客 閲覧可能 DB 成功モデルの海外展開 STEP3 海外展開 ① 全体依頼(有料) 「STEP1」でCS事業を伸長、「STEP2」でPF化、「STEP3」で世界へ 6
  7. 7. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 クラウドソーシング 運営会社(自社) 7 仕事依頼 ①経営・事業分析特化 ②BBS上で経営議論 ③個別依頼(1on1) 業務実行、納品 登録者発注者 STEP2,3は構想段階の ため、事業内容は割愛
  8. 8. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 先着全体 コンペ コンペ 50,000円 提案数 12件 あと 10日 医療系WEBサービスの財 務分析比較 先着 5,000円 提案数 1件 あと 1日 クラウドソーシング2社の リリースを時系列で… 先着 5,000円 提案数 X件 あと X日 海外のクラウドソーシング 市場と主力プレイヤー… 市場分析 競合分析 自社分析 販売戦略 依頼カテゴリ 技術戦略 海外戦略 戦略(海外調査、3C分析、4P分析)、脅威対策(5Force分析)、 優位性(SWOT分析)、財務分析(財務3表の競合比較) ※画面はイメージとなります 8
  9. 9. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 ECについて 12月28日 1限目 今週:12月28日〜 来週:1月4日〜 1月11日〜 1月18日〜 1月25日〜 2月1日〜 f T B 2限目 12月29日 12月30日 12月31日 01月01日 01月02日 少子化と教育 事業について 少子化と教育 事業について IoTについて IoTについて 少子化と教育 事業について クラウドソーシ ング事業の今 後について クラウドソーシ ング事業の今 後について ECについて ECについて 金融について 金融について Discussion Theme 運営者:ファクト 提示訴求 受注者:◯◯ だと思う。なぜ なら・・・ My Status Social Feed ※画面はイメージとなります 9
  10. 10. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 業務依頼内容について 業務依頼内容について 業務依頼内容について 納品期限について 納品期限について Closed Message Message List (4 / 20) 企業と個人の直接の やり取りを抑止 ※画面はイメージとなります 10
  11. 11. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 11出所:自主アンケートより Q1. 自社の調査や分析に課題があるか Q2. それはどのような課題か Q3. この中で依頼するとしたら何を頼む Q4. その他の方、どのような依頼ですか はい 76% いいえ 14% 分からない 10% 自社調査分析に多くが課題を持ち、主な原因は時間や能力不足からくる品質不足。 依頼内容は「海外調査」「SWOT」「3C」「財務」「戦略」のニーズが高い 多かった回答(複数回答含む) ・時間が無い(26票) ・品質が不十分(23票) ・海外調査が不十分(18票) ・能力不足(15票) ・良い情報が得られない(8票) 多かった回答(複数回答含む) ・海外調査(22票) ・SWOT分析(16票) ・3C分析(15票) ・財務分析(14票) ・中長期の事業・技術戦略案(14票) ・その他(9票) 挙がった回答 ・分析結果に基づく、統計的な予測や指針 ・市場予測、市場参入社の動向 ・一般企業で入手困難な産業調査 ・バリューチェーンとプレイヤー分析 ・競合企業の組織体制や運営調査 ・他社ユーザー調査とサービス動向
  12. 12. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 12出所:自主アンケートより Q5. 依頼金額は? Q6. 受注金額は? Q7.顧客購買要因(KBF) 依頼金額は5万〜10万が多く、受注金額は3万〜10万が多いため、流通金額として 5万前後が目安となりそう。品質と納期に応じて価格が支払われば流れが見込める 多かった回答 ・品質:正確性、情報鮮度、自社の強みを活かした分析、網羅性、1次情報、 実態に則した実行可能プラン、分かりやすさ、見解とアドバイス、情報の深さ ・納期:とにかくすぐ欲しい ・価格:稟議不要なレベル、価値に応じた金額を払う ・受注者:過去実績、人間性、スキル、能力 ・その他:情報保護 3名 3名 6名 7名 12名 0名 5名 10名 15名 ・200,000円 ・300,000円 ・500,000円以上 ・50,000円 ・100,000円 6名 7名 7名 7名 8名 0名 2名 4名 6名 8名 10名 ・300,000円 ・30,000円 ・100,000円 ・500,000円以上 ・50,000円
  13. 13. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 13 はい 55% いいえ 15% 分からない 30% 安価なら提案やファクト集積を得たい 本事業内容を説明していくことで、 開始時20名程度は集められそう はい 90% いいえ 5% 分から ない 5% 調査や分析に時間を割けていない 調査や分析に割く時間が取れず、安価 であれば需要は一定数あると言える はい, 10 いいえ, 4 分からない, 8 ある, 17 なし, 1 分からない, 4 5万で経営戦略を作成しても良いか 本事業に興味があるか 出所:インタビューより 中小企業の役職者層(n=20) MBA習得者・候補者(n=22)
  14. 14. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 14 10,660 21,500 40,800 65,000 95,000 135,000 182,000 0 20,000 40,000 60,000 80,000 100,000 120,000 140,000 160,000 180,000 200,000 18年は流通金額1,820億。マー ケット拡大が追風、23年には1兆 とも 12〜18年まで 年平均成長率 60.5%で推移 出所:http://www.slideshare.net/canpan2009/5th-npoit 「業界参入は200社以上」と言われる群雄割拠の状況。大 きく、総合型と特化型に分かれる。総合型は機会提供、特 化型はディレクションのコスト削減が要 総合型 特化型 Web開発・デザインなど 映像 写真素材 翻訳 マイクロタスク 音声 クリエイティブ
  15. 15. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 15 大企業の MGR 中小企業の経営陣やMGRに使ってもらい 認知を拡げて、大企業のMGR群を獲得 中小企業の MGR 大企業の 経営陣 中小企業の 経営陣 小規模事業はシェアはあるが価格がネック のため初期はスコープから外す。先ず価格 面から中小企業にターゲットを当て、営業 企画部やマーケ部などのMGR層に絞り実績 を積み、本マルの経営管理のMGR層に展開 小規模事業 社員 20名以下 中小企業 社員 20-300名 大企業 社員 300名以上 顧客購買 要因 価格 価格 納期 品質 納期 品質 現状手段 自力 自力 or コンサル 大手 コンサル シェア 6.7万人 4.1万人 6.1万人 低 中小企業の 経営陣 高 発 注 者 想 定 数 高適応難易度 出典①:顧客購買要因 現状手段 MGR割合 アンケート&インタビューより 出典②:中小企業の定義 http://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq01.html 出典③:事業者数 経済産業省(中小企業・小規模事業者の数):http://www.meti.go.jp/press/2013/12/20131226006/20131226006.html
  16. 16. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 16 STEP1 事業戦略案を安価に入手 ①調査分析/戦略案 ②サイバースペース経営議論評価 ③情報開示による個別戦略案依頼 戦略案蓄積の有料化 ①ビッグデータ活用(業種別の戦略、財 務分析、KPI策定支援、STP分析) STEP2 経営・事業分析特化型CS 戦略分析ナレッジPF 収益モデル 【ストック型収益】 有料会員(1アカウント10万/月)に なることで情報が閲覧できる。そ の他、ダウンロードやレポート形 式出力など 【ショット型収益】 各種分析と戦略案や個別タスクな どのマーケットプレイス料 (30%)を収益とする マネタイズ 一件あたりの収益が多い「個別依頼」を増やして、利益増加を目指す
  17. 17. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 システム フェーズ スタートアップ期 キャズム 成熟 0年目 1年目 2年目 3年目 4年目 クラウドソーシング開発(PM1名、DEV2名) 受注者集め(MBA保持者:BBT関係者2名) 5年目 経営議論BBS(PM1名、DEV1名) 有料DB共有(PM1名、DEV1名) 成長 イメージ 成長期 海外ローカライズ(2名) 事業 発注案件集め(主に企業:営業系2名) クラウドソーシングの運用保守(DEV2名) 17
  18. 18. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 00 10 20 30 40 50 60 70 80 90 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 純利益 0 100 200 300 400 500 600 700 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 受注者 00 100 200 300 400 500 600 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 全体依頼 コンペ依頼 個別依頼 18 流通額(百万円) 収益性(百万円)受注者数(名) 1年目で50名、3年目で622 名、以降も同規模をキープする 単年度黒字化を目指し、3年目 以降から利益拡大を目指す 個別依頼を主力に、3年目5億、 以降同水準をキープする 4.9億 50名 622名 0.4億 0.8億 拡大施策 ・経営議論BBS ローンチで活性化 拡大施策 ・コンペや個 別依頼周辺の 機能を充実さ せる ・企業向けに プロモーショ ン施策を打ち 認知度UPを図 る 人財投資 STEP2 に向けて 販売管理 費による もの
  19. 19. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 19 ※1:1年目(5,000円×160件(40名月4件)×12ヶ月)2年目(10%成長)3年目(潜在智恵者を集める)4年目(現状維持)5年目(現状維持) ※2:1年目(50,000円×10件(5名月2件)×12ヶ月)2年目(10%成長)3年目(潜在智恵者を集める)4年目(現状維持)5年目(現状維持) ※3:1年目(200,000円×10件(5名月2件)×12ヶ月)2年目(10%成長)3年目(潜在智恵者を集める)4年目(現状維持)5年目(現状維持) ※4:売上の70%をワーカーに支払う ※5:売上の30%が粗利 1-2年目:初年度は智恵者50名を集めて、2年目は10%智恵者を増やす 3年目 :サイバースペースを始め、ソーシャルメディアやキュレーションなどで知名度を上げて、潜在智恵者を全て取り目標流通額を目指す 4-5年目:3年目の売上をキープしていき、目論見としてはSTEP2、3で収益拡大を目指す 出典:売上 P9 1〜2年目 調査分析40名、戦略コンペ5名、個別依頼5名、3〜5年目 調査分析497名、戦略コンペ62名、個別依頼62名 出典:販管費 P3 販管費 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 売上 調査分析※1 9,600,000 10,560,000 119,280,000 119,280,000 119,280,000 戦略コンペ※2 6,000,000 6,600,000 74,400,000 74,400,000 74,400,000 個別依頼※3 24,000,000 26,400,000 297,600,000 297,600,000 297,600,000 合計 39,600,000 43,560,000 491,280,000 491,280,000 491,280,000 原価 ワーカ支払い※4 27,720,000 30,492,000 343,896,000 343,896,000 343,896,000 合計 27,720,000 30,492,000 343,896,000 343,896,000 343,896,000 粗利※5 11,880,000 13,068,000 147,384,000 147,384,000 147,384,000 販管費 人件費 6,000,000 12,000,000 50,000,000 50,000,000 50,000,000 オフィス 0 500,000 10,000,000 10,000,000 10,000,000 サーバー 240,000 480,000 960,000 1,920,000 1,920,000 合計 6,240,000 12,980,000 60,960,000 61,920,000 61,920,000 純利益 5,640,000 88,000 86,424,000 85,464,000 85,464,000
  20. 20. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 ■現状の問題提議として、多くの企業は自社の競 合調査(海外含む)や事業の経営や財務分析に時 間をかけられず、特に品質面に課題を感じてい る。 ■市場が急激に伸長しているCS市場領域にて、 「経営・事業分析特化型」のクラウドソーシング事 業により、未充足ニーズを提供したいと考える 20
  21. 21. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 Appendix 21
  22. 22. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 22出典:文部科学省 専門職大学院一覧(平成26年7月現在)http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmonshoku/08060508.htm 2年後にターゲットとなる母集団のMBA保持者は約622名程度見込めそう
  23. 23. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 23出典:2014年中小企業白書について http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H26/download/14042500h26-Gaiyou.pdf 1〜2年目 調査分析40名、戦略コンペ5名、個別依頼5名 3〜5年目 調査分析497名、戦略コンペ62名、個別依頼62名
  24. 24. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 24出典:2014年中小企業白書について http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H26/download/14042500h26-Gaiyou.pdf
  25. 25. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 1年目 2年目 3年目 4年目 合計600万円 CEO&営業@100万円/年 CTO&技術@100万円/年 エンジニア×1@400万円/年 合計24万円 AWS利用2万円/月 人件費 オフィス サーバー 5年目 合計0円 本業しながら副業で作業。初年 度はオフィスを借りず自宅作業 合計50万円 シェアオフィス利用@4万円/月 主にMTG時に利用 合計1000万円 都内マンションを賃貸契約@70 万円/月+敷金礼金2ヶ月分 合計1,200万円 CEO&営業@100万円/年 CTO&技術@100万円/年 エンジニア×2@900万円/年 合計5,000万円 CEO&営業@1000万円/年 CTO&技術@1000万円/年 エンジニア×4@2,000万円/年 営業、ディレクタ@1000万円/年 合計48万円 AWS利用4万円/月 合計96万円 AWS利用8万円/月 合計5,000万円 CEO&営業@1000万円/年 CTO&技術@1000万円/年 エンジニア×4@2,000万円/年 営業、ディレクタ@1000万円/年 合計192万円 AWS利用16万円/月 人件費 オフィス サーバー 合計1000万円 都内マンションを賃貸契約@70 万円/月+その他予備2ヶ月分 合計1000万円 都内マンションを賃貸契約@70 万円/月+その他予備2ヶ月分 合計5,000万円 CEO&営業@1000万円/年 CTO&技術@1000万円/年 エンジニア×4@2,000万円/年 営業、ディレクタ@1000万円/年 合計192万円 AWS利用16万円/月 25
  26. 26. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 ターゲット 顧客 事業内 容 STEP2 戦略・事業・財務分析PF STEP 1 戦略・事業・財務分析など特化型CS事業 ・海外展開を考えており競合サービスの状況や参入障壁 (政府の規制国など)を知りたい ・財務分析が苦手で財務強い有識者の意見が欲しい ・多角化や業績悪化から抜け出す案が集まらず多くの意見 を吸い上げて意思決定したい 証券会社、投資銀行、事業会社の経営企 画部 経営・事業分析依頼 ワーカー(MBA保持者や能力を有する者)がクラウドソー シングサービス上で戦略や財務分析を請け負う サイバー議論スペース ワーカーのアウトプットを一定数留めておくため電子掲示板 上で事業や経営課題を議論する ・月額10万/人:有料会員になると蓄えら れたビッグデータが閲覧可能となる。 ポイント ①企業からニーズを集めて、CS上に案件をどの程度流し込 めるか ②流通する案件のリピート率を増やしていけるか 顧客価 値 リアルで会うなど手間をかけず、安価に欲しいアウトプットが 得られる ・戦略や分析結果がナレッジとして活かせる ・他社の財務分析結果から自社へのヒント が得られる 情報を上手く整理して価値あるデータの蓄 積 26
  27. 27. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 経営コンサルティング企業 対象顧客 製品 価格 流通チャネル 広告宣伝・販 売促進 自社サービス 大企業の決済権限を持つマネ ジメント層や経営者 中小企業の小額決済権限を持つ事 業責任者 年間・月額契約、顧問契約 海外市場調査、戦略FW(3C分析、4P 分析、5Force分析、SWOT分析)、財 務分析(競合比較) 100万/月以上 都内近郊、主要都市 世界中どこでも クチコミ、人的紹介、有名なコン サル企業 ネット、CS市場関連 20万/月以下 27
  28. 28. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 28 クラウド上にMBAホルダーがある一定 数確保されており、安価で経営アドバ イスに特化したCSを提供できる。将来 的には個別受注により大口の契約が実 施され収益拡大が見込める 自社 今後もCS市場は拡大基調にあり、事業 者や協会の働きから認知度は増々拡が る。CS化の進行していない領域とそう でないものに別れている 市場 打ち手 MBA保持者や習得者が、CSを通じて企業の経営や事業戦略に取り組む 12 〜 18 年 ま で CAGR 60 . 5 % で 推 移 し 、 18 年 に は 流 通 金 額 1 , 82 0 億 円 と 成 長 市 場 で あ る 14 年 度 に CS の 業 界 団 体 で あ る 「 一 般 社 団 法 人 ク ラ ウ ド ソ ー シ ン グ 協 会 」 が 設 立 さ れ 、 業 界 全 体 で 認 知 度 向 上 や 環 境 が 整 う 競合 CS事業者は統合型とマイクロタスク 型に分かれている。CS化が進行して いない複雑なプロジェクト型に特化 した企業は少ない 統 合 業 務 を 扱 う 大 手 プ レ イ ヤ ー 2 社 が 占 め 、 マ イ ク ロ タ ス ク 型 な ど 扱 う プ レ イ ヤ ー が 複 数 社 存 在 す る マ イ ク ロ タ ス ク 型 は 、 「 開 発 ・ デ ザ イ ン 系 」 「 テ ス ト 系 」 「 ラ イ テ ィ ン グ ・ 事 務 系 」 「 翻 訳 系 」 「 そ の 他 」 に 分 か れ 高 い 伸 び を 示 す 戦 略 や 分 析 を 扱 う 代 表 的 な CS 事 業 者 が 現 状 存 在 し て い な い 受 注 者 ( ワ ー カ ー ) MBA 保 持 者 を 中 心 に 初 期 20 名 、 将 来 10 0 名 程 度 確 保 し て い る 経 営 コ ン サ ル テ ィ ン グ 企 業 に 依 頼 す る 1 / 5 程 度 の 予 算 で 戦 略 提 案 を 依 頼 で き る 個 別 相 談 で 大 型 受 注 に よ り 収 益 拡 大 が 見 込 め る 13 年 は 震 災 の 影 響 や CS 事 業 者 の PR 効 果 で 認 知 度 が 高 ま り 、 発 注 者 ( 顧 客 ) と 受 注 者 ( ワ ー カ ー ) を 集 め や す い 環 境 が 整 っ た 単 純 タ ス ク は CS 化 が 進 ん で い る 一 方 で 複 雑 な タ ス ク ( 例 え ば 分 析 や 戦 略 な ど ) は 進 行 し て い な い も の が あ る
  29. 29. 卒業研究:経営・事業分析特化型CS事業 29 Thank You

×