Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
地方行政における
生物多様性地域戦略の可能性と
その課題
20150321
橋本佳延
(兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員)
生態系管理専門員会フォーラム
これからの生態系管理―攻めの一手を考える
生物多様性地域戦略の必要性
• 生物多様性の保全
と持続可能な利用
のための自治体の
方針
自治体の地域戦略策定は時代の要請
1992年 生物多様性条約
1995年 生物多様性国家戦略
2002年 新・生物多様性国家戦略
2007年 第三次・生物多様性国家戦略
2008年 生物多様性基本法
→地方自治体に策定努力を課す
2010年 生...
地域戦略は生物多様性基本法に
基づく法定計画
• 第五条 地方公共団体は、基本原則に
のっとり、生物の多様性の保全及び持続
可能な利用に関し、国の施策に準じた施
策及びその他のその地方公共団体の区域
の自然的社会的条件に応じた施策を策定
し、及...
地域戦略は生物多様性基本法に
基づく法定計画
• 第十三条 都道府県及び市町村は、生物多
様性国家戦略を基本として、単独で又は共同
して、当該都道府県又は市町村の区域内にお
ける生物の多様性の保全及び持続可能な利用
に関する基本的な計画(以下「...
生物多様性戦略策定を
地方自治体に求められてる!
どんな内容のものを?
良質な生態系サービスを
持続的に住民に届けるために
生物
生物環境
生態系
第1の危機
第2の危機
第3の危機
生
物
多
様
性
供
給
調
整
文
化
生態系サービス
マネジメント
(生態系管
理)
資
本
・
資
産
運
用
利
益
リ
...
つまり、地域戦略の役割
は・・・
• 生態系サービスの源である
生物多様性を守る
• 枯渇しないように管理する保全
• 生態系サービスを効果的に
住民(法人も含む)に届け
る活用
方針・目標の共有
課題の明確化
協働の促進
活動の相乗効果
地域戦略は、生物多様性の取り組みを
より有効に機能させる可能性を秘めてい
る
地域戦略は生物多様性の視点で
住民の福利を考えるきっかけとな
る
• 戦略の最終的な目的は、生物多様性の保全・
活用ではなく、住民の幸せを生物多様性の視
点から実現すること
生物多様性 × ○ ○ =住民の幸せ
となる○○を考える
※この式に従...
自治体で共有できるコンセプトを探
す
• 生物多様性 × ○○ の○○には、
自治体全体で共有できる言葉、コ
ンセプトを1つは用意しておくと、
協力が得やすい。
例えば・・・
兵庫県豊岡市の「コウノトリ」
兵庫県西宮市の「環境学習」
兵庫県加古...
生物多様性を住民の福利につなげるには
様々な分野・主体の参画が必要
分野横断的な、地域ぐるみの取り組みを支
える
研究者・生態学者もその1
人
国内での地域戦略の策定状況
• 全国で32都道県が策定済み
• 5府県で策定中
• 生物多様性「保全」戦略と
いう位置づけのものが多い
が、「持続可能な利用」を
視野に入れている戦略も増
えてきている
図 都道府県版生物多様性戦略の策定
状況(...
しかし、中小自治体は戦略策定に
取り組みにくい状況に置かれてい
る
人員不足
知識不足
予算不足
戦略策定への
モチベーション低下
困難を克服する
ためには
何が必要か?
法律や強い外圧で
「策定しろ!」
では進まない実態
戦略策定着手前に自治体内で渦巻
く
疑問、ネガティブな意見
• 「市町村での戦略策定は努力義務であって策定義務でない」
• 「既存の計画・施策で十分(戦略でしかできないことがある
か?)」
• 「策定しても運用できるだけの状況にない」
• 「庁...
• 「担当者として生物多様性戦略の策定の必要性に
確信が持てない」
• 「庁内各部局を網羅するような戦略にする必要は
ないのでは?」
必要性を
感じない
• 「戦略のような総花的で固い行
政文書は市民参画をかえって妨
げる」
戦略策定
は有害
...
地域戦略策定促進の一手
障害・不安
を
取り除くこ
と
課題 着手前の不安を取り除く
疑問・不
安の解消
既存の計画と生物多
様性戦略の性質の違
いを明確化
自治体にとっての戦略策
定の利点を担当者に提供
策定を円滑に進めるため
の下準備・環境整備
戦略策定の
促進
課題:策定体制をどうするか?特に委員
会
専門委員会の
設置は必要?
• 人脈がない
• 地域の専門家が不在
• 専門性を判断できない
• 委員同士の対立は起こ
らないか?
委員の適切な
人選方法は?
第三者機関に
よる学識経験
者や専門家を
...
課題:戦略の特色化
既存戦略の概要
や特徴、共通点
をまとめた情報
の提供
法定計画(総合計
画や環境基本計画
など)と戦略の性
質の違いについて
のわかりやすい解
説の必要性
• 「具体的な施策がイメージで
きない」
• 「独自性をどう検討す...
課題:戦略策定にどの程度の情報が必要
か?
• 策定時に生物情報
を網羅することは
現実的には不可能
戦略策定時
に生物調査
は必要か?
• どうアクセスした
らよいか分からな
い
• 既存情報が十分で
ない可能性がある
既存資料に
アクセスで...
戦略策定・推進の課題
• 生物多様性については説明するのが
難しい。
• 関係者に理解して貰えるか不安。理解不足
• 相談相手(専門家、庁内の仲間な
ど)の不在
支援不足
• 策定作業を円滑に進めるための資源
不足よりも、策定後に運用するため
...
戦略策定促進に必要なこと
戦略
策定促進
資源不足
への対応
行政担当
者のバッ
クアップ
普及啓発
連携の
環境整備
予算不足→国による補助事業の拡充・目的税創設
人員不足→日頃からの外部との連携の構築
知識の提供
不安の解消
経験の共有の
...
時間があれば・・・以下、発表しま
す。
研究者(学会)が
果たせる役割
知識・手段の提供
①講習会の定期実施
議論のために必要な
生物多様性や戦略に
ついての基礎的な
知識を共有する
知識・手段の提供
②専門家として
行政への知識提
供・具体的な助
言
情報整理の手法提供
~ギャッ
プ分析
• 生物多様性の保全と持続可能な
利用の実現の理想像と、現実と
の違い(ギャップ)を出来るだ
け明確にしていく。
• ギャップがわかれば、それを埋
めるために何をすれば良いかが
わかる。
• 実際に実施出来...
情報整理の手法提供
~生物多様性情報の共有
• 情報を地図と結びつ
けることで、よりリ
アルに現場の環境を
イメージし計画を考
えることが出来る。
• 文章だけでは共有し
にくい情報が共有で
きる。
• 流山市の戦略は計画
を次図上で表現する
...
環
境
様々な主体をつなぐヨコ糸の役
割
教
育
河
川
部
局
農
林
部
局
都
市
計
画
観
光
生物多様性 生物多様性は様々な行
政分野に関わっている
ので、環境セクション
だけでは対応が出来な
い。
横のつながりを密にし、
生物多様...
普及・啓発活動への協力
多様な主体の参画による戦略
策定推進には、議論の土台と
なる生物多様性の基礎知識や
考え方をわかりやすく伝える
専門家の手助けが必要。
学会の次の一手の選択肢
• 生物多様性についてアドバイスできる学会員
の紹介
– 専門家リストを広く公表(どう、リストを作成す
るかは課題)。
– リストに掲載された会員同士の相互参照を深め、
アドバイザーとしての資質を高め合う。
• 普及・啓...
学会の次の一手の選択肢
• 生物多様性に関す
る知識のパッケー
ジ化
– 行政担当者・市民
に伝わる表現で書
かれた書籍
– 定期的な生物多様
性に関する講習会
の開催(他の機関
開催の相乗りでも
より)
学会の次の一手の選択肢
• 生態学・生物多様性を
学んだ人材の輩出・交
流
– 様々な業種、ポジショ
ンで生態学を学んだ若
手人材が活躍できるよ
う、その橋渡しを行う
→若手キャリア形成
– 輩出された人材同士の
定期的交流の機会の提
供(学会...
学会の次の一手の選択肢
• 生物多様性の主流化に向けた学会として
の行動戦略の策定
– 中長期的な視野で。
– 組織的に動ける内容で。
– 予算はなるべくかけないで。
– 学会としてのメリットも意識して→透けて見
えると外部からの信頼は失われる...
完璧を追い求めるよりも
適宜見直しを念頭に
• 生物・環境は刻々と変
化する。
• 戦略を運用する主体も
変化する。
• 一回で完璧な計画を作
ろうとせず、継続的に
改善を図れるような仕
組みを作って置く方が
重要
• 兵庫県神戸市は戦略の
進...
地方行政における生物多様性地域戦略の可能性とその課題
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

地方行政における生物多様性地域戦略の可能性とその課題

730 vues

Publié le

日本生態学会第62回鹿児島大会(3/18-22)のフォーラム「これからの生態系管理-攻めの一手を考える」で発表したスライドです。
基礎自治体の行政担当者の置かれている状況を把握した上で効果的に戦略策定を働きかけることが大切と考えています。北風ではなく太陽として接していくことの大切さを実感しています。

フォーラム全体の概要は下記の要旨をご覧ください。
http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/62/U07.html

Publié dans : Environnement
  • Soyez le premier à commenter

地方行政における生物多様性地域戦略の可能性とその課題

  1. 1. 地方行政における 生物多様性地域戦略の可能性と その課題 20150321 橋本佳延 (兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員) 生態系管理専門員会フォーラム これからの生態系管理―攻めの一手を考える
  2. 2. 生物多様性地域戦略の必要性 • 生物多様性の保全 と持続可能な利用 のための自治体の 方針
  3. 3. 自治体の地域戦略策定は時代の要請 1992年 生物多様性条約 1995年 生物多様性国家戦略 2002年 新・生物多様性国家戦略 2007年 第三次・生物多様性国家戦略 2008年 生物多様性基本法 →地方自治体に策定努力を課す 2010年 生物多様性国家戦略2010 2010年 第10回生物多様性条約締約国会議 (COP10) 開催
  4. 4. 地域戦略は生物多様性基本法に 基づく法定計画 • 第五条 地方公共団体は、基本原則に のっとり、生物の多様性の保全及び持続 可能な利用に関し、国の施策に準じた施 策及びその他のその地方公共団体の区域 の自然的社会的条件に応じた施策を策定 し、及び実施する責務を有する。
  5. 5. 地域戦略は生物多様性基本法に 基づく法定計画 • 第十三条 都道府県及び市町村は、生物多 様性国家戦略を基本として、単独で又は共同 して、当該都道府県又は市町村の区域内にお ける生物の多様性の保全及び持続可能な利用 に関する基本的な計画(以下「生物多様性地 域戦略」という。)を定めるよう努めなけれ ばならない。
  6. 6. 生物多様性戦略策定を 地方自治体に求められてる! どんな内容のものを?
  7. 7. 良質な生態系サービスを 持続的に住民に届けるために 生物 生物環境 生態系 第1の危機 第2の危機 第3の危機 生 物 多 様 性 供 給 調 整 文 化 生態系サービス マネジメント (生態系管 理) 資 本 ・ 資 産 運 用 利 益 リ ス ク
  8. 8. つまり、地域戦略の役割 は・・・ • 生態系サービスの源である 生物多様性を守る • 枯渇しないように管理する保全 • 生態系サービスを効果的に 住民(法人も含む)に届け る活用
  9. 9. 方針・目標の共有 課題の明確化 協働の促進 活動の相乗効果 地域戦略は、生物多様性の取り組みを より有効に機能させる可能性を秘めてい る
  10. 10. 地域戦略は生物多様性の視点で 住民の福利を考えるきっかけとな る • 戦略の最終的な目的は、生物多様性の保全・ 活用ではなく、住民の幸せを生物多様性の視 点から実現すること 生物多様性 × ○ ○ =住民の幸せ となる○○を考える ※この式に従えば、生物多様性が損なわれれば、 当然、住民の幸せも損なわれる!
  11. 11. 自治体で共有できるコンセプトを探 す • 生物多様性 × ○○ の○○には、 自治体全体で共有できる言葉、コ ンセプトを1つは用意しておくと、 協力が得やすい。 例えば・・・ 兵庫県豊岡市の「コウノトリ」 兵庫県西宮市の「環境学習」 兵庫県加古川市の「ウエルネス(健康)」
  12. 12. 生物多様性を住民の福利につなげるには 様々な分野・主体の参画が必要 分野横断的な、地域ぐるみの取り組みを支 える 研究者・生態学者もその1 人
  13. 13. 国内での地域戦略の策定状況 • 全国で32都道県が策定済み • 5府県で策定中 • 生物多様性「保全」戦略と いう位置づけのものが多い が、「持続可能な利用」を 視野に入れている戦略も増 えてきている 図 都道府県版生物多様性戦略の策定 状況(平成27年2月末現在) 地域戦略の策定のフェーズは、 基礎自治体(市町村)に 移行している!
  14. 14. しかし、中小自治体は戦略策定に 取り組みにくい状況に置かれてい る 人員不足 知識不足 予算不足 戦略策定への モチベーション低下 困難を克服する ためには 何が必要か? 法律や強い外圧で 「策定しろ!」 では進まない実態
  15. 15. 戦略策定着手前に自治体内で渦巻 く 疑問、ネガティブな意見 • 「市町村での戦略策定は努力義務であって策定義務でない」 • 「既存の計画・施策で十分(戦略でしかできないことがある か?)」 • 「策定しても運用できるだけの状況にない」 • 「庁内外での関心が低い」 社会環境が 整っていない • 「戦略の効果を数値的に測定 することが困難」 既存戦略で未 解決の課題の 指摘 • 「管轄できる自然地域が 存在しない」 庁内環境が 整っていない
  16. 16. • 「担当者として生物多様性戦略の策定の必要性に 確信が持てない」 • 「庁内各部局を網羅するような戦略にする必要は ないのでは?」 必要性を 感じない • 「戦略のような総花的で固い行 政文書は市民参画をかえって妨 げる」 戦略策定 は有害 策定できない理由があることを 市民に知ってほしい 不安の裏返し
  17. 17. 地域戦略策定促進の一手 障害・不安 を 取り除くこ と
  18. 18. 課題 着手前の不安を取り除く 疑問・不 安の解消 既存の計画と生物多 様性戦略の性質の違 いを明確化 自治体にとっての戦略策 定の利点を担当者に提供 策定を円滑に進めるため の下準備・環境整備 戦略策定の 促進
  19. 19. 課題:策定体制をどうするか?特に委員 会 専門委員会の 設置は必要? • 人脈がない • 地域の専門家が不在 • 専門性を判断できない • 委員同士の対立は起こ らないか? 委員の適切な 人選方法は? 第三者機関に よる学識経験 者や専門家を 自治体に紹介 する制度(ア ドバイザー制 度)の充実化 課題 対策 準備期
  20. 20. 課題:戦略の特色化 既存戦略の概要 や特徴、共通点 をまとめた情報 の提供 法定計画(総合計 画や環境基本計画 など)と戦略の性 質の違いについて のわかりやすい解 説の必要性 • 「具体的な施策がイメージで きない」 • 「独自性をどう検討すればよ いかプロセスがわからない」 • 「他市とは異なる独自性をど う示せばよいかわからない」 他の自治 体戦略と の差別化 • 似たような計画が乱立他の方手 計画、既 存計画と の差別化 課題 対策 準備期
  21. 21. 課題:戦略策定にどの程度の情報が必要 か? • 策定時に生物情報 を網羅することは 現実的には不可能 戦略策定時 に生物調査 は必要か? • どうアクセスした らよいか分からな い • 既存情報が十分で ない可能性がある 既存資料に アクセスで きるか? 最低限どのよう な生物情報がど の程度必要であ るかのガイドラ イン 既存情報に容易 にアクセスでき る環境の整備 課題 対策 準備期
  22. 22. 戦略策定・推進の課題 • 生物多様性については説明するのが 難しい。 • 関係者に理解して貰えるか不安。理解不足 • 相談相手(専門家、庁内の仲間な ど)の不在 支援不足 • 策定作業を円滑に進めるための資源 不足よりも、策定後に運用するため の予算に関心が向けられる傾向資源不足
  23. 23. 戦略策定促進に必要なこと 戦略 策定促進 資源不足 への対応 行政担当 者のバッ クアップ 普及啓発 連携の 環境整備 予算不足→国による補助事業の拡充・目的税創設 人員不足→日頃からの外部との連携の構築 知識の提供 不安の解消 経験の共有の 場の構築 研修会の充実 行政担当者向け のテキスト 親身になって相談 にのってくれる 専門家 情報不足→専門機関等へ情報アクセスできる環境 の整備 庁内 市民企業 他自治体 生態学者が活躍でき る場所はココ
  24. 24. 時間があれば・・・以下、発表しま す。
  25. 25. 研究者(学会)が 果たせる役割
  26. 26. 知識・手段の提供 ①講習会の定期実施 議論のために必要な 生物多様性や戦略に ついての基礎的な 知識を共有する
  27. 27. 知識・手段の提供 ②専門家として 行政への知識提 供・具体的な助 言
  28. 28. 情報整理の手法提供 ~ギャッ プ分析 • 生物多様性の保全と持続可能な 利用の実現の理想像と、現実と の違い(ギャップ)を出来るだ け明確にしていく。 • ギャップがわかれば、それを埋 めるために何をすれば良いかが わかる。 • 実際に実施出来るかどうかはま た別の話。しかし、知っておく ことが大切。 理想 現実 どう埋め る?
  29. 29. 情報整理の手法提供 ~生物多様性情報の共有 • 情報を地図と結びつ けることで、よりリ アルに現場の環境を イメージし計画を考 えることが出来る。 • 文章だけでは共有し にくい情報が共有で きる。 • 流山市の戦略は計画 を次図上で表現する ことに力を入れてお 生物多様性ながれやま戦略より
  30. 30. 環 境 様々な主体をつなぐヨコ糸の役 割 教 育 河 川 部 局 農 林 部 局 都 市 計 画 観 光 生物多様性 生物多様性は様々な行 政分野に関わっている ので、環境セクション だけでは対応が出来な い。 横のつながりを密にし、 生物多様性の課題に関 われるような体制づく りを策定時から整える ことが大切。 行政が苦手とするところ。 中立性の高い研究者が活躍で きるポイント
  31. 31. 普及・啓発活動への協力 多様な主体の参画による戦略 策定推進には、議論の土台と なる生物多様性の基礎知識や 考え方をわかりやすく伝える 専門家の手助けが必要。
  32. 32. 学会の次の一手の選択肢 • 生物多様性についてアドバイスできる学会員 の紹介 – 専門家リストを広く公表(どう、リストを作成す るかは課題)。 – リストに掲載された会員同士の相互参照を深め、 アドバイザーとしての資質を高め合う。 • 普及・啓発に協力してくれる学会員の紹介 – さまざまなイベントで講師役となる学会員の紹介
  33. 33. 学会の次の一手の選択肢 • 生物多様性に関す る知識のパッケー ジ化 – 行政担当者・市民 に伝わる表現で書 かれた書籍 – 定期的な生物多様 性に関する講習会 の開催(他の機関 開催の相乗りでも より)
  34. 34. 学会の次の一手の選択肢 • 生態学・生物多様性を 学んだ人材の輩出・交 流 – 様々な業種、ポジショ ンで生態学を学んだ若 手人材が活躍できるよ う、その橋渡しを行う →若手キャリア形成 – 輩出された人材同士の 定期的交流の機会の提 供(学会もその1つだ が年度末開催は厳しい 側面も)
  35. 35. 学会の次の一手の選択肢 • 生物多様性の主流化に向けた学会として の行動戦略の策定 – 中長期的な視野で。 – 組織的に動ける内容で。 – 予算はなるべくかけないで。 – 学会としてのメリットも意識して→透けて見 えると外部からの信頼は失われる、かも。
  36. 36. 完璧を追い求めるよりも 適宜見直しを念頭に • 生物・環境は刻々と変 化する。 • 戦略を運用する主体も 変化する。 • 一回で完璧な計画を作 ろうとせず、継続的に 改善を図れるような仕 組みを作って置く方が 重要 • 兵庫県神戸市は戦略の 進捗をモニターする委 員会を設置している→ 改善意見が必ずしもリ Plan DO Check Action 本当に出来るようにする!

×