Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

(OSC Nagoya版)みんなで作るオープン地図 OpenStreetMap

241 vues

Publié le

OSC Nagoya 2017の説明資料

Publié dans : Mode de vie
  • Soyez le premier à commenter

(OSC Nagoya版)みんなで作るオープン地図 OpenStreetMap

  1. 1. OpenStreetMap Foundation Japan 坂ノ下 勝幸 Facebook: K.Sakanoshita Twitter: @K_Sakanoshita
  2. 2. OpenStreetMapの 地図を見たことありますか? P.2
  3. 3. 名古屋市 P.3© OpenStreetMap contributors
  4. 4. 名古屋城 P.4© OpenStreetMap contributors
  5. 5. 吹上ホール周辺 P.5© OpenStreetMap contributors
  6. 6. 吹上ホール周辺 P.6F4map © F4Map data © OpenStreetMap contributors
  7. 7. 名古屋駅~名古屋城 P.7Map data © OpenStreetMap
  8. 8. 実はOpenStreetMapの地図は 「絵」では無く「データ」なんです しかも、「オープンデータ」なので オープンソースとの親和性は最高 P.8
  9. 9. ちょっと触りたくなってきました? データの扱い方は、後で簡単に 紹介するので、まずは概要から P.9
  10. 10. OpenStreetMap(OSM)とは P.10
  11. 11. OpenStreetMap(OSM)とは  みんなで自由な地図を作る活動  2004年から、英国のSteve Coast氏が初めた 国際プロジェクト(日本は2008年頃開始)  実際にあるものはどんどん地図に描くスタンス  正確さより、みんなで地図を作ることを優先  どんな方達が地図を描いている?  普通の方達。小学生からお年寄りまで様々 ○ 職業も自営業、社長、教授、サラリーマンなど様々 ○ 地図や測量関係の方達が描いている訳では無い  地図を描いている方達を「マッパー」と呼びます ○ 定義は無いので、自分でマッパーと名乗ればOK P.11
  12. 12. マッパー達の主な分布図  あなたの近くにマッパーがいるかも!? P.12 日本のマッパー分布 世界のマッパー分布 約400万アカウント
  13. 13. 自由な地図が必要な理由 P.13
  14. 14. 自由な地図が必要な理由  なんでGoogle Mapsを使わないの?  現実的な観点では、とても理にかなった質問です。  ただ突き詰めて考えると、これは現実的な観点の 問題ではなく、私たちがどんな社会で生きたいか、 という点に集約されます。 - Emacsen  ご注意!  マッパーも Google Maps は良く使います  人気のあるお店などはすぐに見つけられますし  行動履歴をもとに色々と提案(?)してくれますし P.14
  15. 15. 自由な地図が必要な理由  場所の概念は共有財産  場所の概念を一つの主体だけに渡すことは、 あなたとその周囲を形作る力を渡すことと同じ ○ 地図に表示されるものは誰が決めるのか? ○ あなたが向かう先は誰が決めるのか?  判断するための情報が操作されているとしたら それでも、自分で判断していると言えますか?  様々な主体が自由に地図を利用出来る社会が 多様性のある社会では無いでしょうか? ○ 決して、一つの主体そのものが悪いわけでは無い P.15
  16. 16. もうちょっと、身近な問題も P.16
  17. 17. 自由な地図が必要な理由  自由に使える地図が無いため  Google Mapはネットでしか使えません ※印刷した地図は個人用途のみ。他者に渡せない  「防災マップ」「祭り会場の地図」「お店の地図」は 自分たちで描くか、デザイン会社に描いてもらう P.17 夏祭りのご案内 日時:*** / 場所:*** 会場地図 ここ 小学校 夏祭りのご案内 日時:*** / 場所:*** 会場地図 Google Map 夏祭りのご案内 日時:*** / 場所:*** 会場地図 © OpenStreetMap contributors 著作権違反!
  18. 18. OSMなら自由に使えます!  こんな感じで地図に 自由に書き込める  何部でも印刷出来て  著作権的も安心して 使える地図なんです P.18 グランフロント大阪【北館】 阪急梅田駅 JR大坂駅 Map data © OpenStreetMap Copyright表示は必要だよ!
  19. 19. 自由な地図だから出来ること P.19
  20. 20. 自由な地図だから出来ること  京都岡崎にある「粟田神社」 P.20 参道から石碑まで記録される © OpenStreetMap contributors • 石碑、灯籠、消火器 までどんどん描ける • 地図の編集履歴は 全て記録される • 例えば100年後に 2017年の地図を 見ることも出来る • 地図を沢山描いて 未来の伊能忠敬に なってみない?
  21. 21. 色んな所で使われています  OpenStreetMapの使用例  wheelmap.org(車椅子で行ける場所を投稿)  MAPS.ME(オフライン地図) / 腕時計  facebook(位置表示の地図) and more... P.21
  22. 22. 災害支援・NGO活動支援  Crisis mapping  災害が発生した場所の地図を作る活動 ○ 東日本大震災、熊本地震、鳥取県中部地震 ○ 米大統領選デモによる破壊、難民キャンプも  災害の影響を記録するには、平時の地図が重要  Missing Maps Project  発展途上国の地図は不十分 ○ NGOが現地活動するための 地図を作成するなど  日本の地図も地方は不十分 ○ 観光地や都心部は商売になるが、地方では? P.22
  23. 23. OSMが色々活用されていることは 分かりました! では、マッパーさんは頑張って地図を 描いてください! 応援してます! P.23
  24. 24. いや、それ無理だから! マッパーが全然足りないから! P.24
  25. 25. マッパーが必要な理由 P.25  名古屋駅はマッパーも多いので描かれてる © OpenStreetMap contributors
  26. 26. マッパーが必要な理由 P.26  少し北に行くだけで道路しか無い状態 © OpenStreetMap contributors
  27. 27. 世界は広い。日本も結構広い  地元のことは、地元の人が詳しい  地元の地図(OSM以外)を見たことありますか? ○ 正確だけど、神社やお寺にアイコンがあるだけで、 お地蔵さんも無い、味気ない地図に見えませんか?  地元の歴史を地図に描きませんか?  家が建ったり、お店が出来たり、畳んだりして、 少しずつ地元も変わっていってませんか?  全部の記録は大変ですが、気がついた時にでも お店を少し追加したり、削除するだけでも十分 みんなで地図を描きませんか? P.27
  28. 28. でも、地図を描くのって難しそう P.28
  29. 29. OpenStreetMapの描き方  割と簡単に地図は描けます! 1. 地図を描く情報を集める  衛星写真・空中写真  現地調査(サーベイ) 2. ソフトを使って地図を描く  WebブラウザやPCで地図を描く  スマホにアプリを入れて地図を描く  詳しくは、 https://osm.jp/ へ!  各地でマッピングパーティ(地図を描くイベント)が 開かれているので、それに参加するのもお勧め! P.29
  30. 30. マッピングパーティの風景  4/22開催の島本町マッピングパーティ P.30
  31. 31. プログラマ向けの話として、 OSMデータの扱い方をご紹介 P.31
  32. 32. OpenStreetMapはDB(ODbL)  OverPass APIが公開されており、Ajaxなどで クエリーを叩けば、様々なデータを抽出出来る P.32 OverPass APIサーバーOSMタイルサーバー Webサーバー HTML/CSS JavaScript 情報抽出 Leaflet.jsなどの地図を 扱うライブラリも充実 少しプログラムを 書くだけで使える 道路、建物の他にも 案内板、自販機、灯籠、 川、池、入口、壁、柵、 石碑、電柱など
  33. 33. 最後に  楽しんで地図を描くことが一番大事  地元の路地、好きなお店、山道を描きたいなど  好きな作品の聖地を描きつくすなんかもOK  地図が間違えていても誰かが直す!  正確さより、みんなで描いていくことが大事  他の地図から情報をコピーさえしなければOK  とにかくやってみよう!  自分で調べて描くのも良し。マッピングパーティに 参加して、仲間に聞いてみるのも良し P.33

×