Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

論理的思考力を身に着けるための論文研修

1 431 vues

Publié le

SRA社内研修資料

Publié dans : Technologie
  • You have to choose carefully. ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ offers a professional writing service. I highly recommend them. The papers are delivered on time and customers are their first priority. This is their website: ⇒ www.HelpWriting.net ⇐
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici
  • Soyez le premier à aimer ceci

論理的思考力を身に着けるための論文研修

  1. 1. 論理的思考力を身に着けるための 論文研修(導入編) 株式会社SRA 阪井 誠
  2. 2. 論文研修会2019 概要 • 目標 – 論文風の文章作成から、論理的思考の基礎を身につける • 背景 – 情報伝達の問題の多くは、話や文章が論理的構造でない ことから生じる – 論理的な構造を実現するには構造の理解のほか、構造に 合わせた物事の整理(論理的思考力)が必要 – 論文教育はそのトレーニング • 論理的思考ができる人は議論や技術文章も適切なので、 論文もわかりやすく審査にも通りやすい => 皆さんもできる人の仲間入りを目指してください 2
  3. 3. こんなことありませんか? • いつのまにか話が長くなって 打ち合わせがなかなか終らない • お客様や上司に理解してもらえず 意見が通らない • 話を直接聞いているのに勘違いする => 論理的思考力の問題です 3
  4. 4. 話が長い • 話の対称性が悪い – 問題と答えの関係になっていない – 話が変わっている – 余計な話をしている 4 今日は良いお肉をも らったからすき焼きよ 俺がすき焼きが嫌いなの 知ってるだろう。すき焼き は邪道だ すき焼きもおいしい じゃない 良い肉の油は甘いのに 砂糖を入れるなんて許せ ない。俺は食べないよ!勝手にしなさい 「好きじゃないから食べない」で終わる話なのに、言いたい ことを言うことで話が長くなって、怒らせている 参考: ドラマ「俺の話は長い」
  5. 5. 理解してもらえない • 構造が悪い – なぜかを説明していない – 結論から言わず、順序的な説明をしている – 全体の構造を示さず、適切な引用もない 5 例の問題はどうなりま した? よくわからないので色々 と試してみたのですが、う まくいかなくて まだ直らないので すか? ライブラリのバージョンを 変えるとうまくいくこともあ るんですよね ややこしい不具合 なんですね 「バージョンの問題なので、リリースノートでバージョンを 確認中です」と言えば通じたが、不具合と勘違いされた
  6. 6. 勘違いする • 体系的に整理できていない – わからないままに聞いている – 丸暗記しようとしている – 全体を体系的に差分で理解していない 6 BODっていいよね (えっ、BODってなに、 新しい投資方法?) リスク有るんでしょう 新聞よりいいよね (新聞?出世できる?) そうね。やってみるわ 出世できるかも 「BODってなに?」と聞けば良いのにそのままにしたので、 知識が増えないし、新聞との違いも判らない 参考: BOD(テレビ東京の映像サービス)のCM
  7. 7. 論理的思考力を阻むもの • 起承転結(Wikipedia)より – 起承転結は、漢詩の構成にすぎず、論理的な文章を 書ける構成ではない – 英語圏では、「パラグラフ・ライティング」が文章一般に 用いられている – 学術論文では「IMRAD形式」が主流である 7 注: ・恐れ知らずになることも大事
  8. 8. パラグラフライティング • 文章のまとまりを作るルールと,各まとまりの中での 文の配置のルールに則って文を書く方法 • 「共通の話題で括れる内容は一つのまとまりとする」 • 「各まとまりの先頭には最も重要な文を置き, それ以後にはその文の補足説明のための文を置く」 • まとまりのことをパラグラフと呼び,各パラグラフの 先頭の文のことをトピックセンテンス(話題文)と呼ぶ • パラグラフライティングの作法 -書き手にもメリットのある文配置ルール http://www.ams.eng.osaka-u.ac.jp/user/ishihara/?p=566 8 注: ・論文はパラグラフライティングの入れ子構造になっている
  9. 9. IMRAD形式 • IMRAD形式は、学術論文の典型的な構成 – 導入 (Introduction) – 方法 (Methods) – 結果 (Results) – および考察 (Discussion) • 派生的な形式も含めれば、学術論文の構成は IMRAD形式が主流 ※ Wikipediaより 9 注: ・実証を伴う技術文書全般に利用可能
  10. 10. 論文研修会の内容 • 目標シンポジウムに事例報告として応募した際に 恥ずかしくない レベルの文章(概要)が書ける – 概要がキチンとした構成と内容であれば、 それに合っ たスライドを用意するだけで審査に通る – 趣旨が読み取れないことから審査に落ちてしまうことも ある – これは論理的構造になっていないからで、最初に挙げ た 職場で起きる状況と同じ – 事例報告がきれいに書ける ようになれば 仕事ももっとうまくいくはず 10
  11. 11. 予定 • 1回目(座学):論文に関する理解を深めて、感想文を書く • 2回目(WS): はじめにを書く。背景と全体の構造を示す • (最初の難関です。事例を考えてきてください) • 3回目(WS):本文とおわりにを書く。報告内容を具体的に示す • (書きたいことでなく、書かないといけないことを書きます • 4回目(WS):あらましとタイトルを書く。報告内容をアピールする • (これで採否が決まります) ※WS:ワークショップ(皆さんで執筆・議論をしてもらいます) ※初回の資料 社会人のためのシンポジウム発表入門 リーン論文作法 https://www.slideshare.net/MakotoSAKAI/ss-59418494 11
  12. 12. 報告書 • YWTを書いて阪井までメールしてください – Y:やったこと – W:わかったこと – T:次にやること 12
  13. 13. 完 13 論理的思考力を身に着けるための 論文研修(導入編)

×