Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

VC側からみたアドテク最前線

27 702 vues

Publié le

この資料は、サイバーエージェントのアドテクスタジオ内で行われている有志のゼミにゲスト参加した投資育成子会社所属の波多江が公開されているデータを元に作成したものです。

Publié dans : Internet
  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

VC側からみたアドテク最前線

  1. 1. VC側からみた、アドテク最前線 2015.1.21 サイバーエージェント・ベンチャーズ 波多江直彦
  2. 2. 本資料の概要 この資料は、サイバーエージェントのアドテクスタジオ 内で行われている有志のゼミにゲスト参加した投資 育成子会社所属の波多江が公開されているデータを 元に作成したものです。
  3. 3. 自己紹介 波多江直彦 2006年4月、サイバーエージェント入社。広告代理部門に て、営業、マーケ部門責任者、SEM部門責任者を歴任。 2011年より新規事業開発室にてC2C事業を立ち上げ。 Amebaコミュニティ部門部長を経て、C2C事業を子会社化 し役員に就任。2014年10月よりサイバーエージェント・ベン チャーズに入社。慶応義塾大学法学部法律学科卒。 ★アドテクとの関わり★ 広告代理店時代(2010年、2011年頃)海外アドテク担当 SiteCatalyst(後にAdobeが買収)、SearchIgnite(後に電通グループが買収)、 EfficientFrontier(後にAdobeが買収)担当、DSPの日本参入(輸入)支援等 アドテク時代(2014年に数ヶ月)業界特化型DSP/DMPプロ ダクト責任者 GameLogic/GameAudience
  4. 4. 目次 1.2014年のアドテクを3分で振り返る 2.2014年に資金調達したアドテク銘柄 3.今後のアドテク
  5. 5. 1.2014年のアドテクを振り返る リタゲの成長 動画の成長、買収
  6. 6. Criteo S.A. (Nasdaq:CRTO) リタゲの成長
  7. 7. 9月までの公開数字から判断するに、 2014年は売り上げ7億€(約1,000億円 1€138円換算)粗利率35% 昨対比でも60%以上成長。引き続き高い成長率と利益率を誇ってい る。 現状成立していないが、大手広告代理店グループのピュブリシス(フ ランス)に買収の噂も。 リタゲの成長
  8. 8. Criteoの対抗馬、AdRollは2014年4月に70M$(82億を調達  1$117円)日本でも人の募集を本格化。アドテク界隈では カントリーマネージャーの報酬の高さが話題に。 リタゲの成長
  9. 9. 動画の成長、買収 当面、2桁の市場の成長が見込まれる中、大型の買収が成立。 当面大型の買収や技術買収は続くものと思われる。 400M$?(468億?) 350M$(410億) 640M$(748億)
  10. 10. 2.2014年に調達したアドテク銘柄 勝手な買収 予測付き♪
  11. 11. VCもランク付けされている 今回は、アーリーステージで投資をしており、 アドテク銘柄が比較的多い、GoogleVenturesが 2014年に出資した先中心に次のトレンドを読み解く
  12. 12. アプリマーケットへの申請、アプリの更新を必要としない A/Bテストツール 1月1.2M$ 想定EXIT:Googleかfacebookが買収
  13. 13. データを元にした、 ウェブサイトの自動パーソナライズ 2月2M$ 想定EXIT:OracleかAdobeが買収
  14. 14. スマホ動画アドネットワーク 2月17M$ 想定EXIT:twitterが買収
  15. 15. 位置情報や距離情報を取り込んだダイナミッククリエイティブ 5月8M$ 想定EXIT:CRITEOが買収
  16. 16. 人ベースの定性的なアクセス解析ツール ユーザーのサイト内での行動、遷移が録画される 7月1.2M$ 想定EXIT:facebookが買収
  17. 17. アドフォーマット公開型ネイティブアドネットワーク テストされたアドフォーマットはパブリッシャーに公開 される前提でテストを行い、より良いモバイル広告を目指す 10月10M$ 想定EXIT:RubiconかAppnexusが買収
  18. 18. スマホに特化したDSP 12月11M$ 想定EXIT:どこかの広告会社が買収
  19. 19. 3.今後のアドテク
  20. 20. 大きな流れ ・デバイスシフト (PCからSP、IoT) ・コンテンツと広告のリッチ化、ダイナミック化 (ダイナミック、動画、ネイティブアド(?)、AR/VR) ・広告を情報化するためのデータ収集 (ビッグデータ、位置情報、決済情報) ・プライバシーの問題 (VRM)
  21. 21. 今後の期待と予測 ・位置情報や、決済情報などを持つ他業界とのジョイベンや大 型参入による進化に期待。 ・起業して参入するなら、プラットフォームへの買収前提のテクノ ロジー、データのパーツが妥当。 ・将来的なIPO銘柄としての有望分野は、AR/VRの広告プラット フォーム、IoT向けの広告プラットフォームと予測。
  22. 22. まとめと雑感 改めて整理してみると現在盛り上がっている(売れている)こと と、シードやアーリーで投資を受けているところと、大型IPO狙 いで投資をしてみたいと思える分野は差があることを改めて認 識。 関わっていた分野でも、所属する組織やゴールに合わせて、ア ンラーニングして情報を整理しないと役に立たない人間になる。

×