Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

190521 hcd library vol.7 publication ceremony

Usability Evaluation and UX Evaluation by Masaaki Kurosu

  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

190521 hcd library vol.7 publication ceremony

  1. 1. ユーザビリティの評価と UXの評価 放送大学名誉教授 黒須正明 1 HCDライブラリー第七巻刊行記念イベント 2019.05.21 (Tue) 19:00-21:00 Freee株式会社(五反田)
  2. 2. ユーザビリティとUX 2
  3. 3. 設計時の品質と利用時の品質 3 設計時の品質 利用時の品質 ユーザビリティ 満足感
  4. 4. 客観的品質と主観的品質 4 客観的品質 主観的品質 ユーザビリティ 満足感
  5. 5. 5 設計時の品質 利用時の品質 ユーザビリティ 満足感 客観的品質 主観的品質 ユーザビリティ 満足感
  6. 6. 客観的設計品質 客観的利用品質 主観的設計品質 主観的利用品質 ユーザビリティ 満足感 UXUI
  7. 7. Ver.180101 (© Kurosu 2014,2015,2016,2017,2018) 製品 品質 ユーザ特性 - 身体特性 - 認知特性 - 心理特性 - 年齢、世代 - 障害 - 性差 etc. 利用状況 - 物理環境 - 社会環境 - 言語、文化 - 地理環境 UX ユーザビリティ 機能性 性能 信頼性 安全性 互換性 維持性 費用 - 新規性 - 希少性 - 認知しやすさ - 記憶しやすさ - 学習しやすさ - 発見しやすさ - 操作しやすさ - エラー防止 魅力 - 感性訴求性 - 欲求訴求性 設計時品質 リスク回避性 有効さ 効率 生産性 ユーザ特性への適合性 利用状況への適合性 満足感 (意味性) -楽しさ - 喜ばしさ - 嬉しさ - 美しさ - 可愛らしさ - 好ましさ - 反復利用への意欲 - 達成感 - 安心 知覚 利用時品質 直接的影響 直接的影響 主観的設計時品質 主観的利用時品質 客観的設計時品質 客観的利用時品質
  8. 8. Ver.190414 (© Kurosu 2014,2015,2016,2017,2018,2019) 製品 品質 UX ( )
  9. 9. ユーザビリティの評価 9
  10. 10. 利用状況の理解と 明確化 ユーザの要求事項 の明確化 デザインによる 解決案の作成 要求事項に照らして評 価 人間中心設計 プロセスの計画 デザインによる 解決案は要求 事項に適合 適切な段 階へ反復 • 評価結果に問題があれば、評価結 果を設計に反映して再デザインする
  11. 11. 設計時の評価(ユーザビリティの評価) 思考発話法(発話思考法) 回顧法 アイトラッキング分析 対面型ユーザビリティテスト 同期型リモートユーザビリティテスト 非同期型リモートユーザビリティテスト 対面・非対面 設計時の 評価 インスペクション 法 ユーザビリティ テスト 基本的手法 AttrakDiff フォーマルユーザビリティインスペクション エキスパートレビュー 質問紙法 SUS SUPR-Q, NPS QUIS WAMMI Web Usability Evaluation Score Product Reaction Card SD法 ヒューリスティック評価 認知的ウォークスルー 多元的ウォークスルー 帰納インスペクション 一貫性インスペクション 標準インスペクション
  12. 12. UXの評価 12
  13. 13. UXは実経験 13
  14. 14. 実経験であり、ラボでは評価できない • 実ユーザによる実利用状況における実際の利用 • ユーザが自分の判断で選択したもの • ユーザが自分の意思で購入したもの • ユーザが自分の金で入手したもの • ユーザが自分の目標達成に利用する • ユーザが慣れ親しんだ環境で利用する • これらはラボの実験的状況では再現できない 14
  15. 15. UXは予測評価できない 15
  16. 16. •UXは経験したこと(過去形)だか ら •残念ながら妥当な予測評価は 無理 16
  17. 17. せいぜいできるのが想像報告 • UXは基本的に経験してから感じられるもの • 経験する前に予想することは無理 • DES (あまりお勧めしません) • Differential Emotions Scaleの略で、Izard et al. (1974)が提唱した • 何かを経験している最中のことを想像させ、どの程度それぞ れの情動を感じるかを評価させる • 怒り、軽蔑、嫌悪、悲嘆、恐怖、罪悪感、興味、喜び、恥、 驚きの10種類について5段階評価させる 17
  18. 18. UXは主観的・個人的 18
  19. 19. •UXは主観的なものであり、個人 的なものだから・・ •UXを客観的に測定したり、平 均値をとるのは無意味 19
  20. 20. ただし、こんなのはある • Emo2 (あまりお勧めしません) • Laurans and Desmet (2006) • 自宅等でユーザーが製品を操作しているところをビデオに記 録し、直後にビデオを再生し、操作をしているときの気持ちを 報告してもらう • 適当なタイミング(一定間隔、もしくはタスク完遂時など)、ま たは生理的指標(GSRや心拍、顔筋測定値)が変化したタ イミングで、評価尺度への記入を依頼し、あわせてインタ ビューを行う • ビデオ記録のタイミングがむつかしい 20
  21. 21. UXと満足感-混同されるほど近い • ISO9241-210:2010 • 2.15 user experience • person's perceptions and responses resulting from the use and/or anticipated use of a product, system or service • 2.10 satisfaction • freedom from discomfort and positive attitudes towards the use of the product • ISO9241-11:2016 FDIS (その後、変更された) • 3.1.12 satisfaction • user's perceptions and responses that result from the use of a system, product or service 21
  22. 22. UXは変動するから 単独の値では表現できない 22
  23. 23. 23 これ等の値を平均 したら、ほぼ0に なっちゃうよ UXグラフのデータ (横軸は時間、 縦軸は+10から -10までの満足 度)
  24. 24. 使えるUX評価手法 24
  25. 25. TFD (日記法の一種) • Time Frame Diary • Kurosu and Hashizume (2008) • 一日24時間を15分刻みで96個の時間枠(time- frame)に分割した記入用紙を作成し、それに一週間記録 してもらう • 2-3時間ごとに、どこで何をしていたか、調査対象の製品や サービスを利用したか、などを簡潔に記入する • 記入が終わった段階で、できるだけ早い時期にインタビュー 調査を行う 25
  26. 26. 26
  27. 27. 経験想起法(ERM) • Kurosu et al. (2018) • UXカーブでは単位の均一性に疑問があったが、UXグラフでも明確に時期を想 起できているのかという疑問があった • ビジュアルな表現形式を破棄し、かつ時間軸に関してもゆるい枠を設けるだけに して、エピソードとそれに対する満足度評価に重点化 • 時間に関する枠は • 購入前の期待の時期 • 購入して利用を開始した時期 • 利用を開始してから間もない時期 • その後の(比較的長期間の)時期 • つい最近の時期 • 現在 • 近い将来における予測 27
  28. 28. 28 自由に行を増やせるWeb版もあります。 https://ux-graph.com/erm/
  29. 29. UX評価をどう使うか 29
  30. 30. 開発プロセスと利用プロセス
  31. 31. ハードウェアでは次機種に反映する • しかしWebベースのサービスであれば、すぐに反映できる • ちなみにA/Bテストはユーザビリティテストの一種であり(無 意味だとは決して言っていない)、UXの評価法ではない 31
  32. 32. UXの性質を理解して、適切 なUXをもたらす人工物を提 供しよう 32

×