Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

20140725 オープンデータ化の価値

3 340 vues

Publié le

経済価値とライセンスの役割を中心にした資料

Publié dans : Droit
  • Soyez le premier à commenter

20140725 オープンデータ化の価値

  1. 1. オープンデータ化の価値とは? クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 新しい著作権のルール 渡辺智暁 (GLOCOM/ CCJP/ OKFJ) 2014.7.25. 於:兵庫産業活性化センター
  2. 2. 自己紹介 • コモンスフィア 常務理事(クリエイティブ・コモンズ・ ジャパン:アウトリーチ、調査研究、ライセンス関連、 国際リエゾンなど) • GLOCOM(国際大学グローバル・コミュニケーション・セ ンター) 主幹研究員/准教授/研究部長 (ICT政策、 情報社会論、など。米国の通信インフラ産業と政策、 オープン化と社会変動・産業再編) • オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン 副 理事長(政策、英語、国際リエゾンなど) • ウィキペディア日本語版(長期休眠状態 – オープン化、 著作権、ライセンスへの興味のきっかけ)
  3. 3. 自己紹介:ご注意 ※仕事はGLOCOM。他はボランティア。 ※今日の話は個人の見解で、組織の見解とは 一致しないこともあります。 ※弁護士・法学者ではありません。
  4. 4. 今日のメニュー ・オープンデータ化のもたらす価値 ・クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの役割 ・Q&A(質問歓迎です)
  5. 5. オープンデータとその価値編
  6. 6. そもそもODとは? ・データが「オープン」であること = 誰でも、自由に使えること 典型的には政府データ、広義には保有者に関 わらずデータ一般にあてはまる。 (企業や学者の生成・保有データもオープン化 は当然起こりうる。)
  7. 7. 「オープン」の定義 大意: ・誰でも使える ・用途も限定しない(営利目的も、転売も可) ・改変も可 ・クレジット表示が利用の条件になっているのはア リ ・元の作品と同じようなライセンスを改変作品にも 採用することが利用の条件になっているのもアリ
  8. 8. 「オープン」の定義 参照先: Open Definition (OKF系、データ用) http://opendefinition.org/od/ Definition of Free Cultural Works(Wikimedia系、コンテンツ用) http://freedomdefined.org/ Open Source Definition (OSI系、ソフトウェア用) http://opensource.org/osd Free Software Definition (FSF系、ソフトウェア用) https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html Debian Free Software Guidelines (debian系、ソフトウェア用) http://www.debian.org/social_contract#guidelines
  9. 9. 「オープン」概念の来歴 ・80年代に始まるフリーソフトウェア運動 (フリー=自由 not 無料)が発端。 -改良・共有の自由が強調されている -ライセンスを通じたオープン化の実現 ・debian FSGOSIODの影響関係がある。 ・Definition of Free Cultural Worksは、ウィキメディアの参 加者が主導して作成され、ウィキメディアで採用され たが、この規範形成も、オープンソースやフリーソフト ウェアの影響を受けている。 ※人的にもこれらの推進者や、こうした活動に関与して いる人の重複が見られる。
  10. 10. より広い捉え方(私見) ・資源の利用や物事の決定などのプロセスに関 する権利や影響力を、広い範囲に提供するこ と。 - 学校の校庭開放 - 市民参加型の町づくり - 「無料素材」を提供すること ・更に広くは、プロセスを透明化し、広い範囲か ら批判や検証、監視などを可能にすること。
  11. 11. オープン性とオープン化 ・オープン性については、「業界標準」が概ね決 まっている。 ・一般にはより広義に用いられることもある。 (がそれが批判されることも) ・オープン化は、業界標準を満たすこと。 ・広義には、クローズオープンのスケール で、オープン寄りに移行するような変化 ・
  12. 12. オープンデータの価値 ・経済効果 ・政府・政策の改善 ・民主主義の高度化 ※互いに重複もある分類で、厳密ではない。
  13. 13. 経済効果の例 ・Truck-o-meter(NZ) オープン化されたトラックの交通量のデータが、 景気の先行指標として非常に精度が高いこと がわかり、広く活用されるようになった ・ Mastodon C 他(UK) 血圧に関する医薬品(statin)処方データを分析 し、ジェネリック医薬品を処方してもよいはず の場面で、先発医薬品を処方している→年間 数十億円(2億ポンド)の節約の余地を発見
  14. 14. 経済効果の例 ・The Climate Corporation(US) 農家向け保険を提供。データをアルゴリズムによっ て分析・計算されたリスクに基づく商品開発と、 気象災害発生時の自動支払いが特徴。 土壌データ、気象データ、などを多数の政府機関 から取得・活用している。 ・iTriage(US) 病状とその原因、近隣の診療所、その評判やERの 待ち時間などの情報を携帯アプリで提供。
  15. 15. 経済効果の例 ・OpenDataSoft(FR) B2B系サービス。オープンデータ用ポータルサイト を開設できるSaaS。パリ市などが導入。データを インタラクティブなビジュアルにもできる。 顧客企業は自社データを追加して、社内のみで利 用するための分析・意思決定やコミュニケーショ ンのツールとしても利用可能。また、自社のカス タマーとのコミュニケーションにも利用可能。(大 手公益事業者などで導入済)
  16. 16. 経済効果の広がり ・米国GovLabでは、Open Data 500と称した、 オープンデータをビジネスの中核に据えた事 業を500件収集。地域・業界共に幅広い経済 活動に利用されていることを示唆。 →英国でも作成中。 ※OKFJでも類似の取り組みを実施中。
  17. 17. 経済効果の典型 ・情報の入手コストが下がる + アルゴリズム、適切な時・所での提供、独自デー タとの組み合わせ →判断の高度化が可能になる - リスク見積りの精度向上 - 無駄遣い・無駄な努力の発見・削減 - 効率的な資源配分法や隠れたニーズの発見 - 従来できなかったサービスや商品
  18. 18. 民主主義の高度化 ・腐敗防止・発見 ・政策決定への市民の理解、意見形成、参加のためのベー ス ・行政サービスの代替や補完による、民間主導の問題解決 - 政府支出のビジュアル化サイトOpen Spending - AEDの設置場所がわかるアプリ - ジャーナリストがケニヤの小学校でのドロップアウトの率と、 トイレの予算の相関を発見。取材を通じて、トイレの少ない 学校で病気が原因でDOが発生していることを確認・報道。 - 街路樹データが、花粉症コミュニティの居住地・通勤路に 活用される
  19. 19. オープンデータのねらい ・誰でも、自由に、手軽に使えるデータ (料金、許諾申請や交渉、フォーマット) →それなら使おう、という人が増える →政府が知らなかった価値の発見、 政府ではできなかった価値創造ができる →政府や暮らしや経済がレベルアップする 多様な人々の知恵や努力が価値を生み出す力を活用 すること。 ※オープンソースやフリーソフトウェア、オープンコンテン ツなどと通じる。
  20. 20. 何故オープン化なのか? ・高速ネットで情報流通が簡単・迅速に ・PCの発達等でデータ活用が簡単・迅速に など、技術環境が多発分散型イノベーションや参加型イ ノベーションの余地を広げている。 OD ・財政難のため、大規模政府事業よりも民間活力に期待 ・透明性が政治的に重要視される ・ビッグ・データの呼び水・補強に ・モバイル機器の普及→アプリを通じた判断高度化の余 地
  21. 21. 価値創造の起こり方 ・ODに詳しいハッカーやスタートアップなどが開 発し、フロンティアを切り拓く ・大手企業は、その成功事例を見て、提携や資 本提供、買収などの形で参加し、大規模展開 を可能にする ※国内外の関係者にかなり共通の見解のよう
  22. 22. 中間まとめ OD:多くの人がデータを簡単に使えるから、政 府だけがデータを使うよりもずっと大きな価値 が生まれる。 ビジネスに利用されて経済価値を生む、政府や 市民に利用される、など多様な価値の生まれ る余地がある。
  23. 23. ライセンス編
  24. 24. そもそもライセンスとは? 著作権法上の原則:著作者の許諾なしには他 人の創作物を利用してはいけない ライセンス:許諾や許諾書のこと オープン化の文脈で話題になるのはパブリッ ク・ライセンス。= 公衆一般への許諾 (⇔特定の相手に対する許諾:相対契約)
  25. 25. ライセンスがあると・・・ ・現行の制度とは違う条件で、流通や利用を許 諾するためのツールが、クリエイティブ・コモ ンズ・ライセンス。 ・万人が従うべき法ではなく、希望者が使える ツール。 (ライセンスの採否を決めるのは基本的には クリエイター)
  26. 26. オープンデータとライセンス ・ライセンスがついていないと、データを利用することが法的 に「著作権侵害」になる場合がある。 →オープンライセンスの類を採用し、データの利用を広く許諾 する。 CCライセンスは、JP、AU,NZ,ITなどで採用されている。他にも FR,UKはCCとの互換性を確保するライセンスを作成・採用 している。 ※USでは連邦政府の著作物は著作権法の対象外なのでラ イセンスが採用されていない。 ・欧州委員会もCCライセンスを公共情報用のライセンスのベ ストプラクティスとして支持 ・日本のオープンデータ流通推進コンソーシアムも、ガイドラ イン案でCC BY、CC0を推奨。
  27. 27. CCライセンスとは?
  28. 28. (クリエイティブ・コモンズ・ジャパン「クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは」 http://creativecommons.jp/licenses/ より転載)
  29. 29. ライセンスの構成要素 4つの基本要素 BY 表示 Attribution NC 非営利 NonCommercial SA 継承 ShareAlike ND 改変禁止 NoDerivs これにバージョン名、準拠法コードを足すと、ライセ ンスの名前になる。 例) クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 2.1 日本 Creative Commons BY-NC 3.0 US
  30. 30. 使いやすさを重視 ※アマチュアのクリエイターやスタートアップ企 業は、顧問弁護士や法務部に頼れるとは限 らない。 ※ライセンスのついたコンテンツを利用する人 も同様の場合が多い。 ・ライセンスの文面を読みやすく ・FAQを用意する
  31. 31. 更なる工夫 ・アイコンの組み合わせで要点を表示 ・コモンズ証で要点を記述 ・内容と紐づいた名前をつける →ライセンスの同一性・概要を即座に判断しやす い ・ライセンスがたくさんあると、著作者は何を選べ ばいいかわからない。(読み比べるのも面倒) →ライセンス選択用のツールを提供
  32. 32. 複数の利用場面にまたがる工夫 ※ライセンスがたくさんあると、理解するのが大変 ・ライセンス名は、有限な要素の組み合わせ ・ライセンスの共用部分を多くする。共用でない部 分もモジュール化する。 ・そもそもライセンスの数を増やしすぎない。(悩み どころでもある) →「このライセンス、知ってる」という場面が増える。 「このライセンス、知っているライセンスのバリアン トになっている」という場面は更に増える。
  33. 33. CCライセンスと「オープン」
  34. 34. いわゆるオープンライセンスは2種類 CC BY: クレジット表示は必要だが、改変したものを配 布する際には元の作品と異なる条件(All rights reservedなど)で提供しても構わない。 CC BY-SA: クレジット表示が必要。加えて改変したものを 配布する際には元の作品と同等の条件で提 供する必要がある。
  35. 35. 6種の基本ライセンス CC BY CC BY-SA ーーー NC要素が入っているもの(非営利のみ) ND要素が入っているもの(翻案は許諾範囲外) ーーー ※他に、CC0というパブリックドメインで著作物を 提供するためのツールもある。
  36. 36. 非オープンライセンスの是非 ・NC(非営利)、ND(改変を認めない)を選択肢とし て提供している ・オープンな資源のプールを拡大する上で障害に なっているという批判もある。 ・NCライセンスを廃止するかどうかについて議論に もたびたび起こる ・NCは特に定義が曖昧なまま利用されているとい う問題もある ・NCやNDなどのライセンスは、著作権者がオープ ンなライセンスを採用する前の「最初の一歩」と しての役割を担っているという指摘もある
  37. 37. データとライセンス
  38. 38. Q.データは著作権か? A.場合による 思想や感情の創作的な表現かどうか? (+保護期間を過ぎていないか) ・事実情報であっても、その取捨選択・配列に 創作性があれば著作物たりえる ・創作性のレベルは非常に低い。駄作でも著作 物。
  39. 39. データについてどう許諾するか? ・一律に、CC BYライセンスを採用する。 →著作物性のないデータが、著作物だと誤解さ れ、かえって利用が滞るのでは? ・政府が著作物性の有無を判断し、著作物なら CC BYで許諾する。そうでないものはパブリッ クドメインなのでライセンス不要、と明記する →政府の手間がかかりすぎる。正確な判断もあ る程度以上は望めない。
  40. 40. データベース権について ・データベースについて欧州の法律で、著作権 的な権利を認めるもの。 ・権利者の許諾なしに、データベースの実質的 な部分の複製をすることが違法になる。 ・欧州でオープンデータを実施するためには、 著作権法上のライセンス(許諾)だけでなく、 データベース権法上のライセンス(許諾)もほ ぼ必須になる。
  41. 41. データベース権とCC ・EU地域のCCライセンスは、当初、DB権に否定 的:DB権を破棄する、ライセンスの種類に関 わらずDB権についてはCC BYレベルの許諾を 与える、など →ODbLが作成される→OSMやParis Dataなどで の採用に至る。 →最新のCCライセンス群(ver.4.0)では著作権 同様に扱う。
  42. 42. まとめ OD:多くの人がデータを簡単に使えるから、政 府だけがデータを使うよりもずっと大きな価値 が生まれる。 CCL:誰でも自由にデータを使っても違法になら ないようにするための「許諾」のツール。 ODの第一歩。

×