Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
2013年12月7日実施 勉強会資料
オフィスアイ株式会社 代表取締役
Microsoft MVP for SharePoint [2004.10-2014.9]

山崎 愛 (Ai Yamasaki)
[Official Site] http...
自己紹介


山崎 愛
◦
◦
◦
◦

オフィスアイ株式会社 (http://www.office-i-corp.jp)
元マイクロソフト認定トレーナー
コンサルティング、サイト構築支援、技術者育成支援などを行う
最近の主な書籍の執筆
 ...
Web アプリケーションとサイト コレクション
SQL Server

IIS サーバー

Webサイト (80)

IIS
+
SharePoint

SharePoint
管理用Webサイト

SharePoint Config DB や各...
Web アプリケーションとホストヘッダー (1)
コンピュータ名: SP2013
IP アドレス: 192.168.1.200
3.リクエスト ヘッダーに
「Host : portal.contoso.com」を
含めて要求

クライアント
(...
Web アプリケーションとホストヘッダー (2)


ホストヘッダーを利用する際に、
直接 SharePoint サーバー上でWebブラウザーアクセス
する必要がある場合は、レジストリを編集してセキュリティ
を緩和する必要がある
◦ http...
2種類のサイト コレクション (1)


パスベースのサイト コレクション
◦ 各サイト コレクションは、Webアプリケーションで利用している URL
を継承する
◦ 管理パスを使って、複数のサイト コレクションを作成する



ホスト名付...
2種類のサイト コレクション (2)
パスベース サイト コレクション
Web アプリケーション → http://portal.contoso.com/

利用できるサイト コレクションのURL例
•
•
•
•
•

http://port...
代替アクセス マッピング (AAM)


代替アクセス マッピング設定の必要性
◦ パスベースのサイト コレクションを利用している場合は、Web アプリケー
ションの URL と実際の SharePoint サイトの URL が完全に一致しな...
ホスト名付きサイト コレクション (1)
SharePoint 2003 から存在する機能ではあるが、
SharePoint 2010 までは様々な制約があった
 SharePoint 2013 ではほとんどの制約が解消されており、こ
れを利...
ホスト名付きサイト コレクション (2)


構成手順の概要
1. ホスト名付きサイト コレクションをホストする、
専用の Web アプリケーションを作成する
2. ルートのサイト コレクションを作成する (クロール用)
3. ホスト名付きサ...
1.Web アプリケーションの作成
New-SPWebApplication
-Name ‘Hnsc Contoso Sites’
-port 443
-ApplicationPool HnscContosoAppPool
-Applicati...
2.ルートのサイト コレクションの作成
New-SPSite –URL 'https://hnsc.contoso.com/' -Name 'Portal'
-Description 'Portal on root'
-OwnerAlias '...
3.ホスト名付きサイト コレクションの作成
New-SPSite ‘https://portal-01.contoso.com’
-HostHeaderWebApplication ‘https://hnsc.contoso.com’
-Nam...
ホスト名付きサイト コレクション (3)


最大 5 つの URL をマップできる
◦ 代替アクセスマッピングは利用できないが、その代り SetSPSiteUrl コマンドを使って各領域に1つURLを追加できる
◦ 既定では Default...
ホスト名付きサイト コレクション (4)


SSL の利用について

◦ SSL を使用する場合は、ワイルドカード証明書が利用できる
◦ ホスト名付きサイト コレクションを作成する際に、SSL を利用するかどうかを
指定する
 既定のゾー...
ホスト名付きサイト コレクション (5)


注意事項
◦ セルフサービス サイト コレクション作成機能はサポートされていない
◦ サイト コレクションの作成方法を独自で用意するか、パスベースの
サイト コレクションを利用する必要がある

...
まとめ
SharePoint Server 2013 では、
サイト コレクションを新規に構築する場合にホスト名付き
サイト コレクションを使うことが推奨される
 SSLターミネーションをデバイス側で利用する場合は、カス
タム HTTP ヘッ...
-研修のご案内- (有償)

[詳細]
http://www.office-i-corp.jp/
courses_SP2013.htm

©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます]

18
http://www.office-i-corp.jp/

©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます]

19
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

パスベース および ホスト名付きサイト コレクションの構築 : Path based and Host named Site Collection

4 695 vues

Publié le

2013年12月7日に東京にて開催された Japan SharePoint Group 勉強会で使用した資料です。
http://jpsps.com/event/20131207/

  • Login to see the comments

  • Soyez le premier à aimer ceci

パスベース および ホスト名付きサイト コレクションの構築 : Path based and Host named Site Collection

  1. 1. 2013年12月7日実施 勉強会資料 オフィスアイ株式会社 代表取締役 Microsoft MVP for SharePoint [2004.10-2014.9] 山崎 愛 (Ai Yamasaki) [Official Site] http://www.office-i-corp.jp/ https://www.facebook.com/officei.corp [Blog] http://shanqiai.weblogs.jp/ @ai_Yamasaki
  2. 2. 自己紹介  山崎 愛 ◦ ◦ ◦ ◦ オフィスアイ株式会社 (http://www.office-i-corp.jp) 元マイクロソフト認定トレーナー コンサルティング、サイト構築支援、技術者育成支援などを行う 最近の主な書籍の執筆  ひと目でわかる SharePoint Server 2010  ひと目でわかる SharePoint Server 2013 (2013年9月発売) ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 2
  3. 3. Web アプリケーションとサイト コレクション SQL Server IIS サーバー Webサイト (80) IIS + SharePoint SharePoint 管理用Webサイト SharePoint Config DB や各 サービス アプリケーションの DB など がある Web アプリケーション (拡張したIIS Webサイト) SharePoint Web アプリケーショ ン作成時に、SQL Server にユー ザー コンテンツを格納するコンテン ツ データベースが1つ以上作成され る Web アプリケーション Web アプリケーション (http://sp2013/) Web アプリケーションの概念 サイト コレクション .. / サイト コレクション .. / sites / sales トップ レベル サイト .. / サイト .. /site2 サイト .. /site1 Webサイト (80) トップ レベル サイト .. / サイト .. /siteA サイト .. /siteB サイト コレクション .. / sites / staff トップ レベル サイト .. / サイト .. / site1 Http://sp2013/sites/staff/site1 Http://sp2013/site2/siteB Webサイト (80) コンテンツDB群 ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 3
  4. 4. Web アプリケーションとホストヘッダー (1) コンピュータ名: SP2013 IP アドレス: 192.168.1.200 3.リクエスト ヘッダーに 「Host : portal.contoso.com」を 含めて要求 クライアント (Web ブラウザ) http://portal.contoso.com/ にアクセス 4. http://Sales が応答する 1.「http://portal.contoso.com」 から IP アドレスへ名前解決を要求 2.応答(IP アドレスは 192.168.1.200) ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] ホスト名 : IP アドレス : 192.168.1.200 ポート番号 : TCP 80 IISサイト ホスト名 : portal.contoso.com IP アドレス : 192.168.1.200 ポート番号 : TCP 80 IISサイト <ドメイン : contoso.com> A レコード SP2013 → 192.168.1.200 portal → 192.168.1.200 4
  5. 5. Web アプリケーションとホストヘッダー (2)  ホストヘッダーを利用する際に、 直接 SharePoint サーバー上でWebブラウザーアクセス する必要がある場合は、レジストリを編集してセキュリティ を緩和する必要がある ◦ http://support.Microsoft.com/kb/896861 ◦ 上記手順を実行しないと、ブラウザーからサイトにアクセスしても何 の表示もされなくなってしまう (リモートからはアクセス可能) ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 5
  6. 6. 2種類のサイト コレクション (1)  パスベースのサイト コレクション ◦ 各サイト コレクションは、Webアプリケーションで利用している URL を継承する ◦ 管理パスを使って、複数のサイト コレクションを作成する  ホスト名付きサイト コレクション ◦ ホストヘッダーを使用することで、Web アプリケーションに 引きずられることなく、自由度の高い URL を各サイト コレクション に使用できる マイクロソフト社はできる限りホスト名付きサイト コレクションを利用することを推奨している → Office 365 環境ではホスト名付きサイト コレクションを利用 ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 6
  7. 7. 2種類のサイト コレクション (2) パスベース サイト コレクション Web アプリケーション → http://portal.contoso.com/ 利用できるサイト コレクションのURL例 • • • • • http://portal.contoso.com/ (ルートサイト コレクション) http://portal.contoso.com/sites/HR http://portal.contoso.com/sites/Sales http://portal.contoso.com/region/UK http://portal.contoso.com/region/Japan DNS Aレコード : portal.contoso.com 管理パス : sites, region ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] ホスト名付きサイト コレクション Web アプリケーション → http://hnsc.contoso.com/ 利用できるサイト コレクションのURL例 • http://hnsc.contoso.com/ (ルートサイト コレクション) • • http://hr.contoso.com/ http://salse.contoso.com/ • • http://uk.contoso.com/ http://japan.contoso.com/ DNS Aレコード : root.contoso.com, hr.contoso.com, salse.contoso.com, uk.contoso.com, japan.contoso.com 7
  8. 8. 代替アクセス マッピング (AAM)  代替アクセス マッピング設定の必要性 ◦ パスベースのサイト コレクションを利用している場合は、Web アプリケー ションの URL と実際の SharePoint サイトの URL が完全に一致しな いため、リバースプロキシ―などのデバイスが、ユーザーに対して SharePoint として有効なサイトの URL を生成するために必要 Web アプリケーション → http://portal.contoso.com/ サイト コレクションの URL → http://portal.contoso.com/sites/HR SharePoint 特有のパスであるため、 一般的なデバイスはURLを補ってくれない ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 8
  9. 9. ホスト名付きサイト コレクション (1) SharePoint 2003 から存在する機能ではあるが、 SharePoint 2010 までは様々な制約があった  SharePoint 2013 ではほとんどの制約が解消されており、こ れを利用することが推奨されている  英語の省略名は HNSC (Host Named Site Collection)  作成は Windows PowerShell を使う  ◦ サーバー全体管理サイトから作成は不可  管理パスも利用可能であるが、これも Windows PowerShell から設定する必要がある [参考]ホスト名付きサイト コレクションのアーキテクチャと展開 (SharePoint 2013) http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc424952.aspx ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 9
  10. 10. ホスト名付きサイト コレクション (2)  構成手順の概要 1. ホスト名付きサイト コレクションをホストする、 専用の Web アプリケーションを作成する 2. ルートのサイト コレクションを作成する (クロール用) 3. ホスト名付きサイト コレクションを作成する 4. 必要に応じて URL を追加する  IIS の設定 ◦ IIS Web サイトレベルではホストヘッダーを構成しないようにする か、もしくは個別にホストヘッダーを追加するように構成する  DNS の設定 ◦ レコードを管理し、適切に名前解決できるようにしておく ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 10
  11. 11. 1.Web アプリケーションの作成 New-SPWebApplication -Name ‘Hnsc Contoso Sites’ -port 443 -ApplicationPool HnscContosoAppPool -ApplicationPoolAccount (Get-SPManagedAccount ‘Contoso¥spfarm’) -AuthenticationProvider (New-SPAuthenticationProvider –UseWindowsIntegratedAuthentication) -DatabaseName ‘WSS_Content_Hnsc’ -SecureSoketsLayer -HostHeader ‘hnsc.contoso.com’ ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 11
  12. 12. 2.ルートのサイト コレクションの作成 New-SPSite –URL 'https://hnsc.contoso.com/' -Name 'Portal' -Description 'Portal on root' -OwnerAlias 'contoso¥administrator' -language 1041 -Template 'STS#0' ※Webアプリケーションと同じURLに作成する ※パスベースのサイト コレクションとして作成 (ルートにはホスト名付きサイト コレクションは作成できない) ※検索用に必要 ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 12
  13. 13. 3.ホスト名付きサイト コレクションの作成 New-SPSite ‘https://portal-01.contoso.com’ -HostHeaderWebApplication ‘https://hnsc.contoso.com’ -Name ‘Portal 01’ -Description ‘Host Named Site Collection Test’ -OwnerAlias ‘contoso¥administrator’ -language 1041 -Template ‘STS#0’ ※HostHeaderWebApplication パラメータを指定することでホスト名付きサイ ト コレクションとして構成できる ※ここで指定した URL が既定のゾーンに設定されるが、既定のゾーンの URL は 後から変更できないので注意する必要がある ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 13
  14. 14. ホスト名付きサイト コレクション (3)  最大 5 つの URL をマップできる ◦ 代替アクセスマッピングは利用できないが、その代り SetSPSiteUrl コマンドを使って各領域に1つURLを追加できる ◦ 既定では Default ゾーンにマップされる  利用できるコマンド ◦ Set-SPSiteUrl ◦ Remove-SPSiteUrl ◦ Get-SPSiteUrl ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] [参考] RTM がリリースされる前までは 1つのゾーンに対して複数の URL が追加できていたが、RTM 以降は 1ゾーン 1 URL に限定されている http://support.microsoft.com/kb/2826457 14
  15. 15. ホスト名付きサイト コレクション (4)  SSL の利用について ◦ SSL を使用する場合は、ワイルドカード証明書が利用できる ◦ ホスト名付きサイト コレクションを作成する際に、SSL を利用するかどうかを 指定する  既定のゾーンの URLは後から変更できないため、HTTPアクセスの URL のみを 指定した場合は作り直す必要がある  SSLターミネート ◦ SSL を使用しており、負荷分散装置などのデバイス側で SSL ターミネート (SSLオフロード) を行う場合は、カスタム HTTP ヘッダーとして “FrontEnd-Https:On” を指定する必要がある  デバイス側で対応している必要がある … Insert Request Header Front-End-Https: On … ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 15
  16. 16. ホスト名付きサイト コレクション (5)  注意事項 ◦ セルフサービス サイト コレクション作成機能はサポートされていない ◦ サイト コレクションの作成方法を独自で用意するか、パスベースの サイト コレクションを利用する必要がある  セルフサービス サイト コレクション作成機能とは? ◦ 個人用サイトで使用される機能であり、ユーザー自身がサイト コ レクションを作成できるようにする機能 ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 16
  17. 17. まとめ SharePoint Server 2013 では、 サイト コレクションを新規に構築する場合にホスト名付き サイト コレクションを使うことが推奨される  SSLターミネーションをデバイス側で利用する場合は、カス タム HTTP ヘッダーの構成が必要  セルフサービス サイト コレクション作成機能はサポートされ ないので注意が必要  ◦ 個人用サイトをホストする場合は、パスベースのサイト コレクション を利用する方がよい ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 17
  18. 18. -研修のご案内- (有償) [詳細] http://www.office-i-corp.jp/ courses_SP2013.htm ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 18
  19. 19. http://www.office-i-corp.jp/ ©2013 オフィスアイ株式会社 [無断複製および転載を禁じます] 19

×