Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル

防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル

  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル

  1. 1. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 1 / 30 防水型 RS485 LoRaWAN コンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル Document Version: 1.0J Image Version: v1.3.0 Version Description Date 1.0 Release 2020-Dec-7 1.0J 日本語和訳 2021-Jan-1 8
  2. 2. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 2 / 30 1. イントロダクション.......................................................................................................................................4 1.1 RS485 to LoRaWAN コンバーター RS485-BL とは?..................................................................4 1.2 仕様 ..................................................................................................................................................................5 1.3 特徴 ..................................................................................................................................................................6 1.4 アプリケーション...........................................................................................................................................6 1.5 ファームウェア変更ログ............................................................................................................................6 1.6 ハードウェア変更ログ................................................................................................................................6 2. ピン配置とデバイス電源供給 ................................................................................................................7 3. オペレーションモード.................................................................................................................................8 3.1 どのように動作するか?...........................................................................................................................8 3.2 LoRaWAN ネットワークにジョインする方法........................................................................................8 3.3 データを読み込む為のコマンド設定................................................................................................. 10 3.3.1 RS485 通信のための UART 設定........................................................................................... 10 3.3.2 RS485 センサ設定 ........................................................................................................................ 10 3.3.3 各サンプリングのための読み込みコマンド設定 ............................................................... 11 3.3.4 アップリンクペイロードを作成 ................................................................................................... 13 3.3.5 オンディマンドアップリング......................................................................................................... 15 3.3.6 アップリングインターラプト ......................................................................................................... 16 3.4 アップリンクペイロード............................................................................................................................ 16 3.5 AT コマンドかダウンリンク経由で RS485-BL を設定 ................................................................ 17 3.5.1 共通コマンド: ................................................................................................................................... 17 3.5.2 センサ関連コマンド....................................................................................................................... 17 RS485 デバッグコマンド......................................................................................................................... 17 ペイロードバージョン設定 ..................................................................................................................... 18 RS485 サンプリングコマンド設定 ....................................................................................................... 19 MODBUS デバイスを取り扱うファストコマンド............................................................................... 19 RS485 コマンドタイムアウト.................................................................................................................. 20 アップリンクペイロードモード................................................................................................................ 20 アップリンクを手動開始.......................................................................................................................... 21 RS485 コマンドをクリア........................................................................................................................... 21 シリアル通信パラメータを設定............................................................................................................ 22 3.6 ボタン............................................................................................................................................................. 22 3.7 LED................................................................................................................................................................. 22
  3. 3. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 3 / 30 3.8 スイッチジャンパー................................................................................................................................... 22 4. ケーススタディー..................................................................................................................................... 23 5. AT コマンド使用 ...................................................................................................................................... 23 5.1 AT コマンドアクセス................................................................................................................................ 23 5.2 共通 AT コマンドシークエンス ............................................................................................................. 25 5.2.1 マルチチャンネル ABP モード(SX1301/LG308)............................................................... 25 5.2.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02).................................................................. 25 6. FAQ............................................................................................................................................................. 26 6.1 ファームウェアイメージのアップグレードするには?.................................................................. 26 6.2 LoRa 周波数帯域/リージョンを変更するには?.......................................................................... 28 6.3 RS485 スレーブ端末を RS485-BL に接続するには?............................................................. 29 7. トラブルシューティング .......................................................................................................................... 29 7.1 ダウンリンクが動作しません、どう解決しますか?..................................................................... 29 7.2 何故 US915 /AU915 帯域はジョインできないですか?............................................................ 29 8. 注文情報................................................................................................................................................... 29 9. 梱包情報................................................................................................................................................... 29 10. サポート................................................................................................................................................ 30
  4. 4. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 4 / 30 1. Introduction 1.1 RS485・ LoRaWAN コンバーター RS485-BL とは? Dragino RS485-BL は、Internet of Things ソリューション用の LoRaWAN コンバータです。ユーザ ーは、RS485 または UART センサを RS485-BL コンバータに接続し、センサデータを定期的に読 み取り、LoRaWAN ネットワークを介して IoT サーバにアップロードするように RS485-BL を活用 することができます。 RS485-BL は、RS485 センサー、3.3v/5v UART センサー、または割り込みセンサーに接続する ことができます。 RS485-BL は、3.3v 出力と 5v 出力を提供して外部センサーに電力を供給しま す。 両方の出力電圧は制御可能で、システム全体の消費電力を最小限に抑えることができま す。 RS485-BL は、IP67 防水で 8500mAh の Li-SOCI2 バッテリーを搭載しており、数年間の長期使 用を想定して設計されています。 RS485-BL は、クラス A の標準的な LoRaWAN 1.0.3 を実行します。 データのアップリンクのために、RS485-BL は、RS485 デバイスにユーザー定義のコマンドを送 信し、RS485 デバイスからのリターンを取得します。 RS485-BL は、これらのリターンデータをユ ーザー定義のルールに従って処理し、最終的なペイロードを取得して LoRaWAN サーバーにア ップロードします。 データのダウンリンクについては、RS485-BL は LoRaWAN クラス A で動作します。 LoRaWAN サーバからのダウンリンクコマンドがある場合、RS485-BLはLoRaWANサーバからのコマンドを RS485 デバイスに転送します。 各 RS485-BL には、LoRaWAN 登録用の固有キーセットがプリロードされており、これらのキーを LoRaWAN サーバーに登録すると、電源投入後に自動接続されます。
  5. 5. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 5 / 30 1.2 技術仕様 ハードウェアシステム:  STM32L072CZT6 MCU  SX1276/78 無線チップ  消費電力(RS485 機器除外):  Idle: 6uA@3.3v  20dB Transmit: 130mA@3.3v インターフェース:  1 x RS485 インターフェース  1 x TTL シリアル , 3.3v or 5v.  1 x I2C インターファイス 3.3v or 5v.  1 x ワイヤーインタフェース  1 x インターラプトインターフェース LoRa 仕様:  周波数レンジ:  Band 1 (HF): 862 ~ 1020 Mhz  Band 2 (LF): 410 ~ 528 Mhz  168 dB 最大リンクバジェット  +20 dBm - 100 mW コンスタント RF 出力 vs.  プログラマブルビットレート最大 300 kbps.  高感度: down to -148 dBm.  防弾フロントエンド IIP3 = -12.5 dBm.  優れたブロッキング免疫力  61Hz の分解能を持つ完全統合型シンセサイザー
  6. 6. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 6 / 30  LoRa 無線変調  クロック回復のためのビットシンクロナイザーを内蔵  プリアンブル検出  127 dB ダイナミックレンジ RSSI  超高速 AFC による自動 RF センスと CAD 1.3 特徴:  LoRaWAN クラスA &クラスC プロトコル(規定値はクラスA)  周波数帯域: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915/IN865/RU864  ATコマンドによるパラメータ変更  LoRaWANダウンリンク経由遠隔パラメータ変更  プログラムポート経由ファームウェアアップグレード  柔軟なルールによりRS485デバイス対応  Modbusプロトコルサポート  インターネットアップリンク対応 1.4 アプリケーション:  スマートビルディング&ホームオートメーション  ロジスティックス&サプライチェーンマネージメント  スマートメーター  スマート農業  スマートシティ  スマートファクトリー 1.5 ファームウェア変更ログ http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_End_Node/RS485-BL/Firmware/ 1.6 ハードウェア変更ログ リリースバージョン v1.3
  7. 7. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 7 / 30 2. ピン配置と電源オンデバイス RS485-BL は、8500mAh のバッテリーを搭載しています。電池の寿命を節約するために RS485-BL は出荷時に電源遮断されています。 ユーザーは、RS485-BL に電源を入れるには ジャンパーを切り替えてから使います。
  8. 8. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 8 / 30 3. オペレーションモード 3.1 どのように動作するか? RS485-BLは、デフォルトでLoRaWAN OTAA クラスAモードに設定されています。 ネットワーク に参加するための OTAA キーを持っています。 ローカル LoRaWAN ネットワークに接続するに は、ユーザーはネットワークサーバーに OTAAキーを入力し、RS485-BLの電源を入れるだけで す。 自動的に OTAA 経由で LoRaWAN ネットワークに参加します。 3.2 LoRaWAN ネットワークにジョインする例 下図は、パグリック LoRaWAN サービス The Things Network へのジョイン方法の例を表示して います。ネットワーク構成は、LoRaWAN ゲートウェイとして LG308 を使用しています。 デモのための 2 つの RS485 装置に接続されています。 この例の RS485-BL は、ユーザー は同じ方法によって2つの RS485 装置に接続できます。 LoRaWAN ゲートウェイ LG308 は、既に The Things Network に接続されています。 下記の手 順で The Things Network の設定をしていきます。 ステップ 1: RS485-BL から OTAA キーで The Things Network (=TTN)にデバイスを作成しま す。各 RS485-BL には、ユニークなデバイス EUI のステッカーが同梱されています。
  9. 9. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 9 / 30 ユーザーは、このキーを LoRaWAN Server ポータルで入力します。以下は TTN のスクリーンショ ットです。アプリケーションにアプリケーション EUI を追加します。 APP KEY とデバイス EUI を追加します。 ステップ 2: RS485-BL の電源をオンにすると自動的に TTNに参加します。ジョインが成功した 後、TTN にデータをアップロード開始します。 ユーザーは、TTN のコンソールパネルで確認す ることができます。
  10. 10. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 10 / 30 3.3 データを読み込むためのコマンド設定 市場には多くの RS485 機器があり、それぞれの機器は有効なデータを読み取るために異なるコ マンドを持っています。 これらのデバイスを柔軟にサポートするために、RS485-BL は柔軟な コマンドセットをサポートしています。 ユーザーは、AT コマンドまたは LoRaWAN ダウンリンクコ マンドを使用して、RS485-BL がサンプリングごとに送信すべきコマンドを設定し、RS485 デバイ スからのリターンをどのように処理するかを設定することができます。 3.3.1 C RS485 通信のための UART 設定 RS485-BL を使用して RS485 デバイスからデータを読み取るには、RS485-BL の A/B トレー スをセンサーに接続します。また、RS485-BL は、センサーにアクセスするために UART の設 定が一致していることを確認する必要があります。UART 設定のための関連コマンドは次のとお りです。 AT コマンド 記述 例 AT+BAUDR ボーレイト設定 (RS485 通信接続). 規定値は 9600 AT+BAUDR=9600 オプション: (1200,2400,4800,14400,19200,115200) AT+PARITY UART パリティ設定(RS485 通信接 続) 規定値はパリティ無し AT+PARITY=0 オプション 0:パリティ無し, 1: 奇数パリ ティ, 2: 偶数パリティ AT+STOPBIT シリアルストップビット設定(RS485 通信接続) 規定値は 1 ビット AT+STOPBIT=0 1 ビット AT+STOPBIT=1 1.5 ビット AT+STOPBIT=2 2 ビット「 3.3.2 RS485 センサ設定 センサの中には、通常の動作の前に設定が必要なものがあります。このようなセンサの設定 は、PC と RS485 アダプタ、または RS485-BL AT コマンド AT+CFGDEV を介して行うことが できます。各 AT+CFGDEV は、センサに RS485 コマンドを送信するためのものです。このコマ ンドはユーザが入力した場合にのみ実行され、各サンプリング中には実行されません。 AT コマンド 記述 例 AT+CFGDEV このコマンドは RS485 デバイスの設定 に使用され、サンプリング中は使用され ません。 AT+CFGDEV=xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx,m m: 0: no CRC, 1: このコマンドの終わり に CRC-16/MODBUS を追加 AT+CFGDEV=xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx,m
  11. 11. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 11 / 30 3.3.3 各サンプリングのためのコマンド読み取り設定 各サンプリングの間にデータを読み取るために RS485 センサーにどのようなコマンドを送信す る必要があるかを確認する必要があります。 RS485 センサーが値を送り返した後、通常はいく つかのバイトを含み、ペイロードを短縮するためにそれらから数バイトだけが必要になります。 LoRaWAN ネットワークの帯域幅を節約するために、異なるセンサーからデータを読み取り、そ れらの有効な値を短いペイロードに結合する必要があるかもしれません。 このセクションでは、上記の目標を達成する方法を説明します。 各サンプリングの間、RS485-BL は、センサを読み取るための 15 のコマンドをサポートすること ができます。そして 1 つまたは複数のアップリンクペイロードへのリターンを組み合わせます。 各 RS485 コマンドには 2 つのパートがあります: 1) RS485-BL が RS485 センサーに送るコマンドは何か。AT+COMMAD1, ATCOMMAND2, ... から AT+COMMANDF まで、合計 15 個のコマンドがあります。全てのコマンドは同じ文法で す。 2) RS485 センサからの戻り値を 1)で取得する方法です。1)のコマンドに対応した AT+DATACUT1,AT+DATACUT2,・・・,AT+DATACUTF の計 15 個の AT コマンドを使用 して、RS485 センサからの戻り値を処理します。全てのコマンドは同じ文法です。 3) RS485 デバイスによっては応答の遅延が長い場合がありますので、AT+CMDDL を使用 して RS485 コマンド送信後に応答を得るためのタイムアウトを設定することができます。 例えば、以下のようになります。AT+CMDDL1=1000 オープンタイムを 1000ms にします。 各 RS485 コマンドから有効な値を取得した後、AT+DATAUP コマンドと組み合わせて使用しま す。 以下に上記の AT コマンドの動作例を示します。 AT+COMMANDx : このコマンドは各サンプリング中に RS485 デバイスに送信され、最大コマ ンド長は 14 バイトです。文法は以下の通りです: AT+COMMANDx=xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx,m xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx: 送信する RS485 コマンド m: 0: CRC なし, 1: このコマンドの最後に CRC-16/MODBUS を追加し ます。 例えば、RS485 センサーがあるとします。センサーの値を取得するコマンドは 01 03 0B B8 00 02 46 0A. ここで 01 03 0B B8 00 02 はセンサ値が格納されているレジスタ 0B B8 を読み出す Modbus コマンドです。46 0A は手動で計算する CRC-16/MODBUS です。 RS485-BL ではこのコマンド AT+COMMAND1=01 03 0B B8 00 02,1 を使用します。
  12. 12. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 12 / 30 AT+DATACUTx : このコマンドは AT+COMMANDx からの戻り値をどのように扱うかを定義しま す。戻り値の最大長は 45 バイトです。 AT+DATACUTx=a,b,c  a: AT+COMMAND の戻り値の長さ  b: 1: バイト単位で有効な値を取得します。最大6バイト 2: バイトセクション単位で有効な値を取得します。最大3セクショ ン  c: 有効な値の位置を定義します。 例:  バイト取得  セクション取得  異なるセクション取得
  13. 13. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 13 / 30 3.3.4 アップリンクペイロードを作成 AT+COMMANDx と AT+DATACUTx を介して各 RS485 コマンドから有効な値を取得し、 RETURN1, RETURN2, ...から RETURNx までの値を取得しました。次に、これらの RETURN を用 いて LoRa アップリンクペイロードを構成する方法を説明します。コマンドは AT+DATAUP です。. 例 AT+DATAUP=0 値が返ってくるアップリンクペイロードを順番に構成し、A SIGNLE UPLINK で送信します。 最終ペイロードは: Battery Info+PAYVER + RETURN1 から有効値+ RETURN2 から有効値+ … + RETURNx PAYVER が AT+PAYVER で定義されている場合、以下にスクリーンショットの例を示します。. 例: AT+DATAUP=1 アップリンクのペイロードをリターン値を順に合成し、Multiply UPLINKs で送信します。
  14. 14. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 14 / 30 最終ペイロードは: Battery Info+PAYVER + PAYLOAD COUNT + PAYLOAD# + DATA 1) バッテリー情報(2 バイト):バッテリー電圧 2) PAYVER(1 バイト):AT+PAYVER で定義 3) PAYLOAD COUNT (1 バイト):このサンプリングのアップリンク数の合計 4) PAYLOAD# (1 バイト):このアップリンクの番号 (0,1,2,3...から PAYLOAD COUNT まで) 5) DATA: 有効値: 各アップリンクで最大 6 バイト(US915 バージョンはこちら、注記*!)なので、 各アップリンク<=11バイト。最後のアップリンクでは、DATA は 6 バイト以下になるかもしれま せん。 従ってこの見本抽出のための合計 3 つのアップリンクがあります、各アップリンクは 6 バイト のデータを含んでいます。 DATA1=RETURN1 からの有効値 = 20 20 0a 33 90 41 DATA2=RETURN10 の有効値の 1~6 バイト目 = 02 aa 05 81 0a 20 DATA3=RETURN10 の有効値の 7~11 バイト目= 20 20 20 2d 30 以下はアップリンクのペイロードです:
  15. 15. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 15 / 30 注記!:最大バイト数は、最低 SF(Spectrum Factor)値から異なる帯域でサポートされるべく有 効バイト数になります。 * AU915/AS923 帯域の場合、UplinkDwell time=0 の場合、各アップリンクで最大 5 バイト (なので 51 -5 = 46 の最大有効バイト値)を使用します。 * AU915/AS923 帯域の場合、UplinkDwell time=1 の場合、各アップリンクで最大 11 バイト (なので 11 -5 = 6 の最大有効バイト値) * US915 帯域の場合、各アップリンクで最大 11 バイト(なので 11 -5 = 最大有効バイト) *他全ての帯域の場合、各アップリンクで最大 5 バイト(なので 51 -5 = 46 最大有バイト) 3.3.5 アップリンクオンディマンド RS485-BL は定期的にアップリンクを行う以外は、オンデマンドでアップリンクを行うことができ ます。LoRaWAN ネットワークサーバは RS485-BL にダウンリンクコマンドを送信し、RS485 はそ のコマンドに基づいてデータをアップリンクします。 ダウンリンクマンドは: 0x08 コマンド: RS485-BL で設定された現在のコマンドでアップリンクをポーリングします。 0xA8 コマンド: RS485-BL にコマンドを送信し、センサからの出力をアップリンクします。
  16. 16. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 16 / 30 3.3.6 アップリンク割り込み 割り込みセンサーを 3.3v_out と GPIO の間に配置してください。 AT+INTMOD=0 割り込みを無効にします AT+INTMOD=1 エッジでの立ち上がりまたは立ち下がりによる割り込みトリガー AT+INTMOD=2 エッジ立下りによる割込みトリガー(デフォルト) AT+INTMOD=3 エッジ立ち上がりによる割り込みトリガー. 3.4 アップリンクペイロード サイズ (バイト数) 2 1 コマンド戻り値の長さ 値 バッテリー(mV) & 割り込みフラグ ペイロード (PAYLOAD_V ER) 有効なペイロードが長すぎて、サーバの最大サポートペイロ ード長を超える場合、は LoRaWAN サーバで提供されていな いペイロードを表示します。 以下は最初の 3 バイトのデコーダです。残りのバイトは動的に異なる RS485 センサーに依存し ます: function Decoder(bytes, port) { //Payload Formats of RS485-BL Deceive return { //Battery,units:V BatV:((bytes[0]<<8 | bytes[1])&0x7fff)/1000, //GPIO_EXTI EXTI_Trigger:(bytes[0] & 0x80)? "TRUE":"FALSE", //payload of version Pay_ver:bytes[2], }; }
  17. 17. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 17 / 30 TTN のアップリンクスクリーンショット画面. 3.5 AT コマンドまたは LoRaWAN ダウンリンク経由で RS485-BL を設定 AT コマンドまたは LoRaWAN ダウンリンクコマンドを使用して RS485-BL を設定することができま す。コマンドには 2 種類あります。  共通コマンド: アップリンク間隔の変更、デバイスのリセット:それらは、各センサーのため に利用可能でなければなりません。ファームウェア v1.3 の場合、ユーザーはそれがサポ ートしている共通のコマンドを下記で見つけることができます http://wiki.dragino.com/index.php?title=End_Device_AT_Commands_and_Downlink_Commands  センサ関連コマンド: これらのコマンドは RS485-BL のために特別に設計されています。 ユーザーは下記の共通コマンドを見ることができます。 3.5.1 共通コマンド アップリンク間隔の変更、デバイスのリセットなど、Dragino センサのそれぞれで利用可能なはず です。 ファームウェア v1.3 では、ユーザーはそれがサポートしている一般的なコマンドを確認で きます。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=End_Device_AT_Commands_and_Downlink_Commands 3.5.2 センサ関連コマンド RS485 デバッグコマンド このコマンドは RS485 デバイスを設定するために使用されます。  AT Command AT+CFGDEV=xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx,m
  18. 18. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 18 / 30 m: 0: CRC 無し, 1: このコマンドの最後に CRC-16/MODBUS を追加  ダウンリンクペイロード フォーマット: A8 MM NN XX XX XX XX YY 詳細:  MM: 1: CRC-16/MODBUS を追加 ; 0: CRC 無し  NN: RS485 のコマンド長  XX XX XX XX: RS485 コマンド合計 NN バイト  YY: YY=0 の場合、RS485-BL はアップリンクなしでダウンリンクコマンドを実行し、YY>0 の場合、RS485-BL はこの RS485 コマンドの出力から合計 YY バイトをアップリンクしま す。 例: 以下のコマンドで Modbus アラームを接続します:  アクティブアラームのコマンドは次のとおりです: 0A 05 00 04 00 01 4C B0. ここで 0A 05 00 04 00 01 は、レジスタ 00 40 を読み出す Modbus コマンドで、DI ステータスが格納さ れています。 4C B0 は手動で計算する CRC-16/MODBUS です。  アラームを無効にするコマンドは次の通りです: 0A 05 00 04 00 00 8D 70. ここで 0A 05 00 04 00 00 00 はレジスタ 00 40 を読み出す Modbus コマンドで、DI ステータスが格納され ています。 8D 70 は手動で計算する CRC-16/MODBUS です。 従ってユーザーが RS485 警報に制御するのにダウンリンク命令を使用したいと思えば、下記 を使用してもいいです: A8 01 06 0A 05 00 04 00 01 00: RS485 アラームをアクティベイト A8 01 06 0A 05 00 04 00 00 00: RS485 アラームをディアクティベイト A8 はタイプコードで、01 は最後に CRC-16/MODBUS を追加することを意味し、3 番目のバ イトは 06 で、次の 6 バイトは RS485 ネットワークに送信されるコマンドを意味し、最後のバ イト 00 はこのコマンドが出力を取得する必要がないことを意味します。 ペイロードバージョン設定 これはアップリンクペイロードの最初のバイトです。RS485-BL は異なるセンサーに接続するこ とができます。ユーザは、現在のペイロードをどのようにデコードするかをサーバに伝えるため に、PAYVER フィールドを設定することができます。  AT コマンド: AT+PAYVER: PAYVER フィールド= 1  LoRaWAN ダウンリンクペイロード: 0xAE 01  PAYVER フィールド = 0x01 0xAE 0F  PAYVER フィールド = 0x0F
  19. 19. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 19 / 30 RS485 サンプリングコマンド設定 AT+COMMANDx or AT+DATACUTx これら 2 つのコマンドは、Modbus デバイスからの RS485-BL のポーリングデータを設定する ために使用します。使用方法の詳細は、RS485 デバイスのポーリング機能を参照してください。  AT コマンド: AT+COMMANDx: センサへの RS485 読み取りコマンド設定 AT+DATACUTx: RS485 デバイスからの戻り値処理方法を設定  LoRaWAN ダウンリンクペイロード: 0xAF ダウンリンクコマンドは AT+COMMANDx または AT+DATACUTx の設定に使用できま す。 注記!: AT+COMMANDx を使用して新しいコマンドを追加する場合は、AT+DATACUTx のダ ウンリンクを送信する必要があります。 フォーマット: AF MM NN LL XX XX XX XX YY 詳細:  MM: ATCOMMAND または AT+DATACUT を設定します。01~0F の値を設定します。,  NN: 0: CRC 無し; 1: CRC-16/MODBUS 追加 ; 2: AT+DATACUT 値設定  LL: AT+COMMAND or AT+DATACUT コマンド長  XX XX XX XX: AT+COMMAND or AT+DATACUT コマンド  YY: YY=0 の場合、RS485-BL はアップリンクなしでダウンリンクコマンドを実行し、YY=1 の場合、RS485-BL はこのコマンドを取得した後にアップリンクを実行します。 例: AF 03 01 06 0A 05 00 04 00 01 00: AT+COMMAND3=0A 05 00 04 00 01,1 と同じです。 AF 03 02 06 10 01 05 06 09 0A 00: AT+DATACUT3=16,1,5+6+9+10 と同じです。 AF 03 02 06 0B 02 05 07 08 0A 00: AT+DATACUT3=11,2,5~7+8~10 と同じです。 MODBUS デバイスを扱うための高速コマンド AT+MBFUN は、ファームウェアバージョン v1.3 から有効です。このコマンドは Modbus デバイス を読み取るための高速コンフィグレーション用のコマンドです。MODBUS-RTU プロトコルに準拠 したデバイスにのみ有効です。MODBUS-RTU プロトコルは下記 URL をご参照ください。. https://modbustools.com/modbus.html このコマンドはファームウェアバージョン v1.3 以降で有効です。 AT+MBFUN は、Modbus ファンクションコードを自動で読み取ることができます。01, 02, 03, 04 のいずれかです。AT+MBFUN は、AT+DATACUT コマンドよりも優先度が低いです。 AT+DATACUT コマンドが設定されている場合、AT+MBFUN は無視されます。
  20. 20. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 20 / 30 例:  AT+MBFUN=1、AT+DATACUT1/AT+DATACUT2 は未構成(0,0,0)です。  AT+COMMAND1= 01 03 00 10 00 08,1 --> スレーブアドレス 01、ファンクションコード 03、 スタートアドレス 00 01、レジスタ数 00 08 を読み込みます。  AT+COMMAND2= 01 02 00 40 00 10,1 --> スレーブアドレス 01、ファンクションコード 02、 スタートアドレス 00 40、入力数 00 10 を読み込みます。 RS485 コマンドタイムアウト Modbus デバイスの中には応答を送信するのに時間がかかるものがあります。このコマンドは RS485-BL がアクションを待つために長い時間を使用するように設定するために使用します。 デフォルト値:0、範囲指定は 0 ~ 5 秒間です。  AT コマンド: AT+CMDDLaa=hex(bb cc) 例: AT+CMDDL1=1000 オープンタイムを 1000ms に送信します。  LoRaWAN ダウンリンクペイロード: 0x AA aa bb cc AT+CMDDLaa=hex(bb cc) と同じです。 例: 0xAA 01 03 E8  AT+CMDDL1=1000 ms と同じです。
  21. 21. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 21 / 30 アップリンクペイロードモード サンプリング時につのアップリンクを使用するか、複数のアップリンクを使用するかを定義しま す。 3.3.4 のアップリンクペイロードの作成をご参照ください。  AT コマンド: AT+DATAUP=0 AT+DATAUP=1  LoRaWAN ダウンリンクペイロード: 0xAD 00  AT+DATAUP=0 と同じです。 0xAD 01  AT+DATAUP=1 と同じです。 アップリンクを手動トリガー デバイスにアップリンクをすぐ送信するように要求します。  LoRaWAN ダウンリンクペイロード: 0x08 FF、RS485-BL は直ちにアップリンクを送信します。 RS485 コマンドをクリア AT+COMMANDx と AT+DATACUTx の設定は特別な場所に保存されているので、以下のコマン ドでクリアすることができます。  AT コマンド: AT+CMDEAR=mm,nn mm:消去開始位置、NN:消去停止位置 などの意味があります。AT+CMDEAR=1,10 は AT+COMMAND1/AT+DATACUT1 を AT+COMMAND10/AT+DATACUT10 に消去することを意味します。 RS485 コマンドをすべてクリアした後のスクリーンショット例。 アップリンクの場合です。  LoRaWAN ダウンリンクペイロード: 0x09 aa bb AT+CMDEAR=aa,bb と同じです。
  22. 22. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 22 / 30 シリアル通信パラメータ設定 RS485 シリアル通信パラメーラの設定:  AT コマンド: ボーレートを設定: AT+BAUDR=9600 //オプション: (1200,2400,4800,14400,19200,115200) UART パリティの設定 AT+PARITY=0 //オプション: 0:パリティ無し, 1:奇数パリティ, 2: 偶数パリティ ストップビットの設定 AT+STOPBIT=0 //オプション: 0 は 1 ビット; 1 は 1.5 ビット ; 2 は 2 ビットです。  LoRaWAN ダウンリンクペイロード: A7 01 aa bb: AT+BAUDR=hex(aa bb)*100 と同じです。 例:  A7 01 00 60 AT+BAUDR=9600 と同じです。  A7 01 04 80 AT+BAUDR=115200 と同じです。 A7 02 aa: AT+PARITY=aa (aa value: 00 , 01 or 02)と同じです。 A7 03 aa: AT+STOPBIT=aa (aa value: 00 , 01 or 02)と同じです。 3.6 ボタン ボタン 機能 RST RS485-BL をリブート 3.7 LED LED 機能 LED1 デバイスがパケットを送信するときに点滅 3.8 スイッチジャンパー設定 スイッチジャン パー 機能 SW1 ISP ポジション:UART 経由でファームウェアをアップグレード フラッシュポジション:デバイスを構成し実行中の状態を確認しま す。 SW2 5V ポジション:5V I/O と互換性があるように設定します。 3.3v ポジション:3.3v I/O と互換性があるように設定します。 +3.3V:常に ON +5V: 毎回のサンプリング前にのみオープンします。デフォルトでは AT+5VT=0 になっています。 最大開放時間は 5000ms です。
  23. 23. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 23 / 30 4. ケーススタディ RS485-BL のユースケースは、下記 URL をご参照下さい。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=APP_RS485_COMMUNICATE_WITH_SENSORS 5. AT コマンド使用 5.1 AT コマンドアクセス RS485-BL は、AT コマンドセットをサポートしています。ユーザーは、以下のように AT コマンド を使用するために RS485-BL に接続するために TTL アダプタと 3.5mm プログラムケーブルを使 い USB 接続して使用することができます。PC にシリアル通信ソフトを導入して 9600 baud で接 続します。そしてログインパスワードは 123456 です。
  24. 24. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 24 / 30 下記はシリアル通信ツールのスクリーンショット画面です。 AT コマンドのマニュアルは、下記 URL をご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=End_Device_AT_Commands_and_Downlink_Commands
  25. 25. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 25 / 30 5.2 共通 AT コマンドシークエンス 5.2.1 マルチチャンネル ABP モード (SX1301/LG308 使用) デバイスがまだネットワークに参加(ジョイン)していない場合: AT+FDR AT+NJM=0 ATZ デバイスが既にネットワークに参加(ジョイン)した場合: AT+NJM=0 ATZ 5.2.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02 使用) AT+FDR パラメータを工場出荷時のデフォルト値にリセット、キー予約 AT+NJM=0 ABP モード設定 AT+ADR=0 ADR(Adaptive Data Rate)オフ状態 AT+DR=5 データレイト設定 AT+TDC=60000 60 秒に送信間隔設定 AT+CHS=868400000 送信周波数を 868.4Mhz に設定 AT+RX2FQ=868400000 RX2Frequency to 868.4Mhz (サーバからの結果)設定 AT+RX2DR=5 RX2DR をサーバからのダウンリンク DR に合わせる。 AT+DADDR=26 01 1A F1 デバイスアドレスは 26 01 1A F1 に設定されており、この ID は LoRa サーバーポータルで確認。 ATZ MCU をリセット 注記!: 1. IoT サーバーでデバイスが ABP モードに設定されていることを確認してください。 2. LG01/02 ゲートウェイの RX 周波数が AT+CHS 設定と同じであることを確認して下さ い。 3. LG01/LG02 の SF/帯域幅の設定が AT+DR の設定と一致していることを確認してくださ い。. 4. AT+RX2FQ, AT+RX2DR はダウンリンクを動作させるためのコマンドですが、正しいパ ラメータを設定するために、実際に使用するダウンリンクパラメータを確認することが できます。下図のようになります。RX2FQ は 868400000 を使用し、RX2DR は 5 を使用 する必要があることを示しています。
  26. 26. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 26 / 30 6. FAQ 6.1 どのようにファームウェアイメージファイルをアップグレードしますか? RS485-BL LoRaWAN コントローラには 3.5mm のケーブルが同梱されており、ケーブルは RS485-BL にファームウェアイメージファイルをアップグレードする際に使用します。  新規機能のサポート  バグ修正  LoRaWAN 周波数帯域の変更 RS485-BLのファームウェアイメージファイルをアップデートする際に下記のようにUSB TTLアダ プターを使い接続します。 ステップ 1: flash loader.をダウンロードします。 Step2: LT Image files.ファームウェアイメージファイルをダウンロードします。 Step3: フラッシュローダーを開き、更新する正しい COM ポートを選択します。
  27. 27. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 27 / 30 Board detected HOLD PRO then press the RST button, SYS will be ON, then click next
  28. 28. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 28 / 30 6.2 どのように LoRa 周波数帯域/リージョンを変更しますか? ユーザーはファームウェアイメージファイルをアップグレードする方法についての紹介に従うこと ができます。ファームウェアイメージファイルをダウンロードするとき、必要な周波数に合わせて を選択してダウンロードしてください。
  29. 29. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 29 / 30 6.3 RS485-BL は、何台の RS485 装置を接続できますか? RS485-BL は最高 32 の RS485 装置を支えることができます。 RS485-BL の各アップリンク 命令は最高 16 の RS485 命令を支えることができます。 従って RS485-BL はアップリンク のための装置の前プログラム最高 16 の RS485 装置を支えることができます。他の装置のた めに前プログラム、ユーザーは使用できません ダウンリンクメッセージ (タイプコード 0xA8) で相手の情報をポーリングします。 7. トラブルシューティング 7.1 ダウンリンクが動きません!どうやって解決しますか? デバックの際は下記 URL をご覧ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#LoRaWAN_Communication_Debug 7.2 何故 US915 /AU915 バンドで TTN に参加できないですか? チャンネルマッピングが問題です。詳しくは下記 URL をご覧ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=LoRaWAN_Communication_Debug#Notice_of_US915.2FCN470.2FAU91 5_Frequency_band 8. 注文情報 部品番号: RS485-BL-XXX XXX:  EU433: frequency bands EU433  EU868: frequency bands EU868  KR920: frequency bands KR920  CN470: frequency bands CN470  AS923: frequency bands AS923(日本市場向け)  AU915: frequency bands AU915  US915: frequency bands US915  IN865: frequency bands IN865  RU864: frequency bands RU864  KZ865: frequency bands KZ865 9. 梱包情報 梱包内容は下記構成です。
  30. 30. www.dragino.com RS485-BL waterproof, battery power , RS485 LoRaWAN Converter User Manual 30 / 30  RS485-BL x 1 台  スティックアンテナ LoRa 無線用 x 1 個  プログラムケーブす x 1 個 寸法と重量:  デバイスサイズ: 13.5 x 7 x 3 cm  デバイス重量: 105g  パッケージサイズ/ pcs : 14.5 x 8 x 5 cm  パッケージ重量 / pcs : 170g 10. サポート  あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。wiki.  サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾー ンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジ ュールでできるだけ早く回答されます。.  お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明 し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。 support@dragino.com

×