Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Basic CSS Introduction

369 vues

Publié le

This is Basic CSS Introduction for Designers, Coders.

Publié dans : Technologie
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici

Basic CSS Introduction

  1. 1. コーディング研修 CSSについて コーディング研修 早川 稔
  2. 2. アジェンダ • CSSとは • CSSの記述方法 • セレクタの指定 • CSSの適用方法 • ボックスモデル • CSS使うことのメリット • CSSでできること • レスポンシブWebデザイン • CSS設計
  3. 3. CSSとは
  4. 4. CSSとは HTMLやXMLで記述された文書の体裁や見栄えを 表現するために用いられるスタイルシート言語 文書構造と体裁を分離させるという理念 を実現するために提唱された仕様
  5. 5. <div> <center> <font size="2">CSS</font> </center> <p> <font color="red">CSS</font>は、HTMLやXMLで記述された 文書の体裁や見栄えを表現するために用いられるスタイルシー ト言語 </p> </div> HTML要素には見栄えを指定するための要素が存在していた CSSの概念
  6. 6. CSSの概念 HTML HTML HTML 閲覧用 印刷用 他のデバイス用 閲覧用、印刷用、他のデバイス向けのデザインに合わせた HTMLをそれぞれ用意しなければならない デザイン部分をHTMLに記述していると..
  7. 7. 以前 HTML 文章構造 デザイン 標準 HTML 文章構造 CSS デザイン+ CSSの概念 「文章構造」と「デザイン」を切り離す考え
  8. 8. CSSの概念 HTML CSS CSS CSS 閲覧用 印刷用 他のデバイス用 デザイン部分をCSSに任せることでメンテナンス性は 大きく向上する ※:スマホ用、タブレット用のそれぞれのHTMLを用意することが良い場合があるため、この概念が適用できない場合もあります。
  9. 9. • CSS level 1(CSS 1.0) 1996年12月 • CSS level 2(CSS 2.0) 1998年5月 • CSS level 2 revision 1 (CSS 2.1) 2011年6月 • CSS level 3 (CSS 3) • 全体がモジュール化されたため、統合された仕様は存在せず • CSS Color Module Level 3 2011年6月 • Selectors Level 3 2011年9月 • Media Queries Level 3 2012年6月 • CSS Level 4 (CSS4) • Selectors Level 4 草案 • Media Queries Level 4 草案 CSSとは CSSのバージョン
  10. 10. CSSの記述方法
  11. 11. CSSの記述方法 p { margin: 0; } セレクタ (selector) プロパティ (property) 値 (value) { }(中括弧)の部分を宣言ブロック、もしくはブロックという
  12. 12. CSSの記述方法 p { margin: 0; padding: 0; color: red; } 複数のスタイル指定 セミコロンで 区切って記述
  13. 13. セレクタの指定
  14. 14. セレクタの指定 セレクタとは スタイルを適用する対象を指定するもの p { ・・・・ } この部分
  15. 15. CSSの記述方法 セレクタの種類 Selectors Level 3 http://standards.mitsue.co.jp/resources/w3c/TR/css3-selectors/
  16. 16. CSSの適用方法
  17. 17. CSSの適用方法 1. style属性を用いて、各要素に直接指定する 2. head要素の範囲内に、style要素によって指定する 3. head要素の範囲内で、link要素によって外部ファイ ルとして読み込む CSSの適用方法
  18. 18. 1. style属性を用いて、各要素に直接指定 CSSの適用方法 <div style="margin: 0;">要素</div> ※:構造と体制が分離されないため推奨されない
  19. 19. 2. head要素の範囲内に、style要素によって指定 CSSの適用方法 ... <head> <style> div { margin: 0; } </style> </head> <body> ... ※:HTML内に書くため、メンテナンスを考慮するとなるべく避けた方がよいが、パフォー マンス(#1)の点で有効な場合もある。 参考(#1):https://developers.google.com/speed/docs/insights/OptimizeCSSDelivery
  20. 20. CSSの適用方法 3. head要素の範囲内で、link要素によって外部 ファイルとして読み込む ■HTMLファイル ... <head> <link rel="stylesheet" href="style.css"> </head> <body> ... ■CSSファイル div { margin: 0; } ※:CSSを外部ファイル化するのが一般的
  21. 21. ボックスモデル
  22. 22. • 内容領域(Content Area ) • マージン領域(Margin Area) • パディング領域(Padding Area) • ボーダー領域(Border Area) ボックスモデルとは ボックスモデルの概念
  23. 23. ボックスモデルの概念 内容領域 (Content Area) パディング領域(Padding Area) ボーダー領域(Border Area) マージン領域(Margin Area) すべての要素は、ボックスと呼ばれる四角形の領域を
 生成します
  24. 24. ボックスモデルの概念 内容領域(Content Area) • テキストや画像などが表示される領域 • 幅はwidthプロパティ、高さはheightプロパティを 指定する事で任意の幅と高さにする事ができる • 背景画像や背景色の指定がある場合、内容領域と
 パディング領域に背景が適用される
  25. 25. パディング領域(Padding Area) • 内容領域とボーダー領域の間にある余白 • パディングの指定は、paddingプロパティで
 サイズ指定する • 背景画像や背景色の指定がある場合、この領域にも 背景が適用される ボックスモデルの概念
  26. 26. ボーダー領域(border Area) • パディング領域の外側にある領域 • 「線」のための領域 • 各borderプロパティによって
 線の種類(border-style)、サイズ(border-width)、 色(border-color)を指定できる ボックスモデルの概念
  27. 27. マージン領域(margin Area) • ボックスの最も外側にある余白部分 • マージンの指定は、marginプロパティで
 サイズ指定を行う • マージン領域には背景が適用されない ボックスモデルの概念
  28. 28. CSSを使うことのメリット
  29. 29. 1.メンテナンスの向上 2.パフォーマンスの向上 3.Retina向けの対応を気にしなくてよい
 (スマートフォンサイトの場合) CSSを使うことのメリット
  30. 30. メンテナンスの向上 パフォーマンスの向上 CSSを使うことのメリット
  31. 31. 角丸 透過 グラデーション ドロップシャドウ CSSを使うことのメリット よく採用されるデザイン要素
  32. 32. IE6が主流の時代 CSSを使うことのメリット
  33. 33. • 角丸 • ドロップシャドウ • グラデーション • 透過 画像を使うしかなかった } CSSを使うことのメリット
  34. 34. • 角丸やドロップシャドウのあるブロックを表現するために画像 パーツが必要 • 修正が入ると、画像修正と画像差し替えのタスクが発生する デザイナー、エンジニアのタスク増 • 画像パーツが増えるとページ容量が増え、
 表示速度に影響がでる HTTPリクエストが増加する • 画像の場合、可変幅に対応することが大変 
 幅がスクリーンサイズによって異なるリキッドレイアウトには
 不向きな場合がある CSSを使うことのメリット
  35. 35. • 通信プロトコルの一つ • インターネット上でWebサーバーとクライアント が、相互に通信するために使用される仕組み HTTPリクエスト CSSを使うことのメリット
  36. 36. HTTPリクエスト数(画像ファイルやCSSファイルな どのリソースの数)が多いとサイト表示に影響がでる CSSを使うことのメリット 39リクエスト 表示に1.15秒 405リクエスト 某サイトA 某サイトB 表示に8.66秒
  37. 37. • CSSスプライト • CSSファイルやJSファイルをまとめる • CSS、JS、画像を圧縮する 余談 HTTPリクエスト数を抑える手法 モバイル時代のWebパフォーマンス http://www.slideshare.net/yoshikawa_t/web-38508917
  38. 38. CSSでできること CSS3の登場
  39. 39. • 角丸 • ドロップシャドウ • グラデーション • 透過 CSSでできること CSSでできるようになった }
  40. 40. • 角丸やドロップシャドウのあるブロックを表現するために画 像パーツが必要 不要 • 修正が入ると、画像修正と画像差し替えのタスクが発生す る デザイナー、エンジニアのタスク増 減 • 画像パーツが増えるとページ容量が増え、表示速度に影響が でる HTTPリクエストが増加する • 画像の場合、可変幅に対応することが難しい 幅がスク リーンサイズによって異なるリキッドレイアウトには不向き CSSを使うことのメリット HTTPリクエストが減り、サイト表示速度が向上する CSSを使ってブラウザで描画できる要素はCSSに任せる CSSのみ修正 減ると 減り 難しくない 対応しやすい でない
  41. 41. CSSでできること
  42. 42. • 文字サイズ、要素サイズ の指定 • 文字色、背景色の指定 • 文字のスタイル(太字、 斜体)の指定 • 罫線、点線の描画と色、 サイズ指定 CSSでできること • 行間、文字間の指定 • フォントの指定 • リストの行頭文字の指定 • 要素の配置 CSS2.1以前から表現できる要素
  43. 43. • 角丸 • ドロップシャドウ • グラデーション • 透過 • 枠線(画像) • マスク CSSでできること • テキストシャドウ • Webフォント • トランスフォーム • アニメーション • 背景画像(複数) • メディアクエリ CSS3の登場によりCSSでできるようになった要素
  44. 44. 角丸 ドロップシャドウ テキストシャドウ グラデーション CSSでできること
  45. 45. • CSS 2.1以前では画像を使うしかありませんでした が、CSS3の登場により画像無しで描画ができるよ うなった • そのため、修正が入ってもその手間は以前ほど大き くない CSSでできること 角丸、ドロップシャドウ、テキストシャドウ、
 グラデーション ※:テキストシャドウについてはCSS2の仕様に盛り込まれていましたが、ブラウザ の実装がバラバラだったため、CSS2.1で削除され、CSS3で再定義されました。
  46. 46. • CSS 2.1以前では、ひとつのセレクタに対して、背 景画像は一つしか指定することができなかった ➡ 重ねて表示するためのHTMLを追加していた • CSS3よりひとつのセレクタに複数の背景画像を指 定することが可能となった ➡ 重ねて表示するためのHTMLを書かなくよくなっ た CSSでできること 背景画像(複数)
  47. 47. ボーダーイメージ CSSでできること
  48. 48. • CSS 2.1以前では直線、破線、二重線などの罫線の 種類、色やサイズの指定のみ • デザイン性の高い罫線を使う場合は、背景画像として指定 • 可変するブロックに対応することが難しい場合がある • CSS3より、背景画像としてではなく、ボーダー領 域のみに画像を指定できるようになった • 可変するブロックにも対応可 ボーダーに画像を使う(ボーダーイメージ) CSSでできること
  49. 49. マスク CSSでできること
  50. 50. CSS Masking http://www.html5rocks.com/en/tutorials/masking/adobe/
  51. 51. アニメーション CSSでできること
  52. 52. • 要素に動きを付けるためには、JavaScriptで実装 するしかなかった • CSS3よりCSSアニメーションがサポートされ、 CSSのみで動きを付けることが可能となった CSSでできること アニメーション
  53. 53. http://daneden.github.io/animate.css/ CSSでできること 様々なアニメーションが確認できます アニメーションの実例 要素に変化を付けれる
  54. 54. トランスフォーム(変形処理) CSSでできること
  55. 55. • 画像やボックスなどの要素に拡大・縮小、移動、
 傾き、回転といった変形処理を指定できる トランスフォーム(変形処理) CSSでできること
  56. 56. トランスフォームの例 http://desandro.github.io/3dtransforms/ 参考 3D CSSアニメーションとともに使うとflipの動きもできる CSSでできること ※:3D Transformsは現時点でAndroid2.3は未対応、IE11でも完全ではありません
  57. 57. メディアごとにスタイルシートを適用 CSSでできること
  58. 58. • CSS2.1以前ではメディアタイプと呼ばれる機能 • PCのスクリーン、印刷、テレビなどの
 メディアごとにスタイルシートを指定する機能 メディアタイプ CSSでできること <!-- スクリーン向けのCSS --> <link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" href="style.css"> <!-- 印刷向けのCSS --> <link rel="stylesheet" type="text/css" media="print" href="print.css"> メディアタイプの例
  59. 59. • CSS3よりメディア依存のサポートが強化され、
 メディアクエリという仕様になった • 画面サイズや解像度などに応じて
 適用するスタイルを切り替える機能 • レスポンシブWebデザインを実現する手法の1つ CSSでできること メディアクエリ
  60. 60. ➡ 現在、Media Queries Level 4で策定中 CSSでできること メディアクエリの将来 Media Queries Level 4の仕様書(英語)
 http://www.w3.org/TR/mediaqueries-4/ 将来的には • JavaScript有効無効環境 • マウスなどのポインターデバイスが有効なデバイス
  61. 61. Webフォント CSSでできること
  62. 62. • CSSでは文字周りは貧弱 • 閲覧環境にインストールされたフォントのみ • デザイン性のあるフォントを使う場合、
 画像化文字を使うしかなかった Webの文字周り CSSでできること
  63. 63. font-family: "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "メイリオ", "Meiryo", "MS Pゴシック", "MS PGothic", sans-serif; これまでのフォントの指定の例 CSSでできること
  64. 64. • フォントファイルさえあれば、好きなフォントで
 テキストデータとして表示が可能 Webフォント CSSでできること
  65. 65. 小田原市
  66. 66. AOI Pro. Inc.
  67. 67. BA(ビジネス・アーキテクツ)
  68. 68. • フォントデーターは著作物なので著作権がある • ライセンス的に問題ないか確認する必要がある • 日本語フォントの容量の多さ • フォントフォーマットの対応度の差異 Webフォントの注意点 CSSでできること
  69. 69. WOFF TrueType OpenType EOT SVG  iOS5∼ ○ ○ ○ ○  Android2.2∼ ○ ○  Android3∼ ○ ○ ○  Chrome ○ ○ ○ ○  Firefox ○ ○ ○  IE9∼ ○ ○ ○ ○  IE8 ○ CSSでできること
  70. 70. これらのWebフォントの手間を軽減する方法 CSSでできること
  71. 71. CSSでできること クラウドフォントサービス
  72. 72. FONT+【フォントプラス】 (フォントワークス/モリサワ/イワタ/モトヤなど)
 http://webfont.fontplus.jp/
  73. 73. TypeSquare【タイプスクウェア】 (モリサワ)
 http://typesquare.com/
  74. 74. Google Web Fonts (欧文フォントのみ)
 http://www.google.com/fonts/ Adobe Edge Web Fonts (欧文フォントのみ)
 http://html.adobe.com/jp/edge/webfonts/
  75. 75. CSSでできること 他のWebフォントの活用事例
  76. 76. CSSでできること Webアイコンフォント
  77. 77. Font Awesome
 http://fortawesome.github.io/Font-Awesome/
  78. 78. IcoMoon
 https://icomoon.io/
  79. 79. まとめ • CSSは「文章構造」と「デザイン」を
 分離させるという理念で誕生した • CSS3の登場でCSSだけで表現できることが増えた • CSSで表現が難しい場合は画像を使うことで
 より表現の幅が広がる • とはいえ画像の多用はサイト表示に影響をすることを
 忘れずに CSSでできないこと
  80. 80. 運用におけるCSS
  81. 81. • CSSは簡単に書ける CSS設計 CSSのメリット CSSのデメリット • コードが肥大化しやすい • メンテナンス性の低下 • 技術取得は容易 • 表示させるだけだと
 なんとかなる • CSSは簡単に書ける
  82. 82. • このファイル何?? • Nobody knows......一番困るのは後任者 • 同じようなスタイルが増えていく • もはや管理不能なレベルに陥る • HTMLの保守にも影響がでる • 他のページでレイアウト崩れが発生 • 修正しても修正しても....... • 修正作業よりも確認作業のほうに時間が取られる CSS設計 メンテナンス性が不足しているCSSの末路
  83. 83. • 設計をしっかりとする • 単にコードを書くだけではなく
 プロジェクトの開始時から
 関与していく • IA、デザイナー、エンジニアの
 相互コミュニケーションは必要不可欠 CSS設計 それを回避するためには.... 要件定義 設計 実装 検証 デザイン ここから関わる
  84. 84. ある程度、コードやファイルが増えていくのは
 仕方ないこと 多少のメンテナンス性が低下するのも起こりうる CSS設計 その度合いを減らように保守していくことが大事 そのためには、プロジェクトに関わる人全員が
 そのサイトに対する共通ルールと共通認識が必要 とはいえ運用フェーズだと....
  85. 85. スタイルガイド
  86. 86. CSS設計 スタイルガイドとは • サイト全体に関する決めごとをまとめたもの • コーディングの仕様 • デザインの決めごと これを無視すると破綻の道を っていく
  87. 87. 詳しくは次回!!

×