Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

GoによるWebアプリ開発のキホン

43 541 vues

Publié le

Golang勉強会 in Kagawa
http://gdgshikoku.connpass.com/event/26262/

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

GoによるWebアプリ開発のキホン

  1. 1. 堀内 晨彦 @hico_horiuchi   による Webアプリ開発のキホン Go
  2. 2. 16/02/27 2 よろしくお願いします まずは自己紹介から
  3. 3. 自己紹介 Akihiko Horiuchi 香川大学 修士2年 bit.ly/hiconyan Emacs / Ruby / Rails / Golang Hubot / Sensu / Ansible 研究室のインフラと掃除担当 github.com/sai-lab/mouryou github.com/sai-lab/mouryou-web 16/02/27 3
  4. 4. こんなことやってます ●  Sensu Deep Talks(東京) ●  Hubot×ChatOps勉強会(大阪、神戸) 16/02/27 4
  5. 5. 16/02/27 5    でWebアプリを 開発するメリットは? Go
  6. 6. GoでWebアプリを開発する メリット ●  インタプリタと比較して 高速・軽量 ○  Railsより50倍の速度と10倍の省メモリという話も[1] ●  並列処理 が簡単 ○  goroutine(スレッド)と channel(メッセージパッシング) ○  go func() のように go を使うだけ ●  シングルバイナリ でデプロイ ○  コンパイルしたバイナリをアップロードするだけ ○  ライブラリのインストールなどが不要 ○  コンテナ や マイクロサービス との親和性が高そう 16/02/27 6 [1] https://plus.google.com/+MattAimonetti/posts/PeZk8FY3PWY
  7. 7. GoでWebアプリを開発する メリット ●  コーディング規約 を統一 ○  gofmt(goimports)で強制的に直される ○  可読性が上がる、チーム開発がスムーズになる ●  標準でテストをサポート ○  関数をテストする関数を *_test.go に書く ○  あとは go test で実行するだけ 16/02/27 7 func TestSum(t *testing.T) { actual := Sum(10, 20) expected := 30 if actual != expected { t.Fatal("want", expected, "got", actual) } }
  8. 8. Goの採用事例 ●  犬猫10秒動画共有アプリ「mofur」 ○  「Sleipnir」のフェンリルが開発 ○  アプリとWebのバックエンドでGoを採用 ●  Webサイト無料製作サービス「Ownd」 ○  「Ameba」のCyberAgentが開発 ○  決め手は 可読性 、フレームワークとして Revel を採用 16/02/27 8
  9. 9. 16/02/27 9 Webアプリの開発で 必要なコト、考えるコト
  10. 10. Goの 動物図鑑 が出ました ○  チャットアプリの作成 ○  WebSocket、OAuth ○  コマンドラインツールの作成 ○  ミドルウェアとの連携 ○  Twitter、Googleとの連携 ○  REST APIの公開 ○  Goの開発環境構築 などなど 基本を押えた内容で これからGoでWebアプリを 開発する人にオススメ 16/02/27 10
  11. 11. 必要な コト 、考える コト ●  Webアプリケーションフレームワーク ○  RubyならRails、PythonならDjango、Goは? ○  デザインパターンは Model・View・Controller ? ●  データベース周りのコト ○  マイグレーションツールは?( rake db:migrate とか) ○  ORマッパーは?(ActiveRecordとか) ●  Viewは? テンプレートエンジンは? ○  標準で "text/template" と "html/template" が付属 ○  でも Slim とか Haml とか使いたい 16/02/27 11
  12. 12. 16/02/27 12 今日は    による 「Webアプリ開発の基礎」 「オススメのパッケージ」 をご紹介します Go
  13. 13. 16/02/27 13 ココカラが本題です
  14. 14. "net/http" のキホン ●  シンプルなWebサーバを作る ○  http.HandleFunc でルーティングを定義 (ただし "/users/:id" のようにパラメタは取れない) ○  http.ListenAndServe でWebサーバを起動 ○  ログ出力は "log" を使って自分で書く 16/02/27 14 func main() { http.HandleFunc("/", func(w http.ResponseWriter, r *http.Request) { fmt.Fprintln(w, "Hello, World!") log.Printf("%+vn", r) } ) http.ListenAndServe(":8080", nil) }
  15. 15. Webアプリフレームワーク ●  GoのWebアプリフレームワークは 戦国時代 ○  まだデファクトスタンダードが決まってない ○  シンプル なモノから フルスタック なモノまで[2] ○  "net/http" をベースに機能を拡張したものが多い 16/02/27 15 シンプル (ルーティングのみ) フルスタック (セッションなど) github.com/zenazn/goji github.com/gin-gonic/gin github.com/gorilla/mux github.com/revel/revel [2] http://qiita.com/najeira/items/bdc988c4e93b3b5ccf2f
  16. 16. Webアプリフレームワーク ●  Goji( github.com/zenazn/goji ) ●  Gorilla( github.com/gorilla/mux ) 16/02/27 16 router := goji.New() router.Get("/:name", handler) func handler(c goji.C, w http.ResponseWriter, r ...) { name := c.URLParams["name"] fmt.Fprintf(w, "Hello, %s!n", name) } router := gorilla.NewRouter() router.HandleFunc("/{name}", handler) func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) { name := gorilla.Vars(r)["name"] fmt.Fprintf(w, "Hello, %s!n", name) }
  17. 17. GoでDBのマイグレーション ●  goose( bitbucket.org/liamstask/goose ) ○  マイグレーション:DBのバージョン管理のこと (テーブルの作成、カラムの追加、ロールバックなど) ○  マイグレーションのスクリプトは SQL かGoで書く ○  create 、up 、down コマンドを使って管理 16/02/27 17 $ goose create create_posts goose: created db/migrations/20160226202023_create_posts.sql $ goose up goose: migrating db environment 'development', ... OK 20160226202023_create_posts.sql $ goose down goose: migrating db environment 'development', ... OK 20160226202023_create_posts.sql
  18. 18. gooseのマイグレーションファイル ●  マイグレーションファイルのサンプル ○  up・down に対応するSQLスクリプトを書く ○  Goで書く場合は sql.Tx.Exec でSQLを実行 ○  IDの AUTO_INCREMENT や PRIMARY KEY の設定を忘れずに 16/02/27 18 -- +goose Up -- SQL in section 'Up' is executed when this migration is ... CREATE TABLE IF NOT EXISTS `posts` ( `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT, `title` VARCHAR(255) NOT NULL, `body` TEXT NOT NULL, PRIMARY KEY (`id`) ); -- +goose Down -- SQL section 'Down' is executed when this migration is ... DROP TABLE `posts`;
  19. 19. DBから構造体にマッピング ●  ORM(Object-Relation Mapping) ○  DBのタプルをGoの 構造体 に変換するもの ○  WAFと同じく シンプル なモノと フルスタック なモノ ○  マイグレーションもできるものが多い 16/02/27 19 type Model struct { ID uint `gorm:"primary_key"` CreatedAt time.Time UpdatedAt time.Time DeletedAt *time.Time } type User struct { gorm.Model Name string }
  20. 20. ORマッパーのサンプル ●  GORM( github.com/jinzhu/gorm ) ○  かなり 高機能 でActiveRecordに近い使用感 ○  First などの便利な関数、クエリの連鎖も可能 ●  genmai( github.com/naoina/genmai ) ○  機能はシンプルでクエリビルダに近い 16/02/27 20 db.CreateTable(&User{}) user := User{Name: "Kagawa"} db.Create(user) db.Where(&User{Name: "Kagawa"}).First(&user) db.CreateTable(&User{}) user := User{Name: "Kagawa"} db.Insert(&user) db.Select(&users, db.Where("name", "=", "Kagawa"))
  21. 21. "html/template" のキホン ●  テンプレートを使うハンドラーを作る ○  構造体 をテンプレートに渡して {{}} で展開 ○  template.ParseFiles でファイル読み込みも可能 type Page struct { Name string } func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) { tmpl, _ := template.New("tmpl").Parse("Hello, {{.Name}}!") tmpl.Execute(w, Page{Name: "Golang"}) } func main() { http.HandleFunc("/", handler) http.ListenAndServe(":8080", nil) } 16/02/27 21
  22. 22. テンプレエンジン Ace を使う ●  Ace( github.com/yosssi/ace ) ○  SlimやJadeにインスパイアされてる ○  ace.Load すると *template.Template が返ってくる ○  部分テンプレートにも対応( render partial 的な) 16/02/27 22 = doctype html html lang=en head title Hello Ace = css .blue { color: blue; } body h1.blue {{.Msg}} p.. Ace is an HTML template engine for Go. = javascript console.log('Welcome to Ace');
  23. 23. Goのパッケージマネージャ ●  Godep( github.com/tools/godep ) ○  Godeps.json に従って Godeps/_workspace に保存 ○  Herokuなどでも採用され、ほぼスタンダード? ●  gom( github.com/mattn/gom ) ○  使い勝手はほぼ Bundler + Gemfile と同じ ○  gom install 、gom exec 、gom build 、など 16/02/27 23 { "Deps": [{ "ImportPath": "code.google.com/p/go-netrc/netrc", "Rev": "28676070ab99" }] }
  24. 24. gom の使い方 ●  Rubyist なのでgom推し ○  Gomfile を書いて gom install するだけ ○  パッケージをtag、branch、commit で指定可能 ○  _vendor ディレクトリにパッケージが保存される 16/02/27 24 gom 'github.com/yosssi/ace' gom 'github.com/zenazn/goji' group :development do gom 'github.com/pilu/fresh' gom 'golang.org/x/tools/cmd/goimports' end $ gom install downloading github.com/google/go-github/github downloading github.com/yosssi/ace ...
  25. 25. ビルドツールで快適に開発 ●  Fresh( github.com/pilu/fresh ) ○  ソースコードの変更を検知してリビルド ○  変更の反映にコンパイルが必要なGoの強い味方 ○  JavaScriptだとGrantとかgulpみたいな感じ? ○  監視する拡張子と間隔を設定できる 16/01/23 25 $ gom exec fresh -c runner.conf Loading settings from runner.conf 22:7:30 runner | InitFolders 22:7:30 runner | mkdir ./tmp 22:7:30 runner | mkdir ./tmp: file exists 22:7:30 watcher | Watching . 22:7:30 watcher | Watching app 22:7:30 watcher | Watching app/controllers 22:7:30 watcher | Watching app/views
  26. 26. 16/02/27 26 デモンストレーション
  27. 27. 今回のポイント・工夫 ●  GojiでMVCデザインのAPIサーバを作成 ○  これまでRails + Grapeで開発していたので ○  Viewはヘッダー・ナビゲーションバー・フッターのみ ●  フロントエンドはMithril.jsで作成 ○  MVCデザインのJavaScriptフレームワーク ○  仮想DOM 採用で、Reactよりも 高速・軽量 ○  モデルはAPIから返ってきたJSONをそのまま使う ○  ソースコードはバイナリ化してGinで配信 バックエンドはGoで最速のフレームワーク フロントエンドもJavaScriptで最軽量のフレームワーク 16/01/23 27
  28. 28. シェルスクリプトマガジン ●  「香川大学SLPからお届け!」シリーズ ○  Vol. 33 Go言語とMithril.jsでWebアプリ開発 バックエンド編 ○  Vol. 34 Go言語とMithril.jsでWebアプリ開発 フロントエンド編 ○  (Amazonで著者セントラル作りたい…) 16/02/27 28
  29. 29. GoでJSONなRESTful API ●  GoでJSONを使うのはカンタン ○  雛形になる 構造体 を定義してエンコード・デコード ○  HTTPハンドラのBodyでJSONを書き込めばOK ○  GojiとGORMを使った場合のイメージ 16/02/27 29 router := goji.New() router.Get("/api/users/:name", handler) func handler(c goji.C, w http.ResponseWriter, r ...) { var user User name := c.URLParams["name"] db.Where(&User{Name: name}).First(&user) bytes, _ := json.Marshal(user) fmt.Println(w, string(bytes)) w.Header.Set("Content-Type", "application/json") }
  30. 30. kakuzuke GitHub current streak runking of your followees http://kakuzuke.hiconyan.com/ https://github.com/hico-horiuchi/kakuzuke 16/01/23 30
  31. 31. yosage Web application of LGTM gif generator http://yosage.hiconyan.com/ https://github.com/hico-horiuchi/yosage 16/01/23 31
  32. 32. 16/02/27 32 まとめ
  33. 33. まとめ ●  GoでWebアプリを開発するメリット ○  高速・軽量、並列処理、デプロイ、規約、テスト ○  バックエンド( API )での採用が多い ●  MVCデザインで考える ○  Model :Goの 構造体 と ORマッパー で定義 ○  View :標準の "html/template" で十分、Aceも ○  Controller:HTTPのハンドラとして実装 ●  完成までに必要なこと ○  認証( OAuth など)、セッション(Cookie) ○  セキュリティ対策(CSRF、SQLインジェクション) 16/02/27 33

×