Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

イノベーション創発塾(石井担当回)

イノベーション特論「ベンチャー企業とキャリアパス」
身の立て方のアイデアを発想しよう

イノベーション創発塾(石井担当回)

  1. 1. イノベーション特論 「ベンチャー起業とキャリアパス」 2015年12⽉8⽇ 9:00〜12:00 東北⼤学 @⻘葉記念会館4階401 ⽯井⼒重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 早稲⽥⼤学 ⾮常勤講師 rikie.ishii@gmail.com 1
  2. 2. 講演(ナラティブに。エッセンスを。そして、問いかけ) ディスカッション(少しだけアイデア発想技法も使って) 発表 進行 2
  3. 3. ”博⼠号というのは、⾜の裏についた⽶粒である。” という話は博⼠課程にいたころに、⽿にして、 うまいことを⾔うもんだ、と思いました。 3
  4. 4. ”博⼠号というのは、⾜の裏についた⽶粒である。” という話は博⼠課程にいたころに、⽿にして、 うまいことを⾔うもんだ、と思いました。 ”とっても⾷えぬが、とらぬと気持ち悪い。” 4
  5. 5. 笑い話としては、⾯⽩いので良い。 しかし、 世に伝わる⾯⽩話が全て真実だ、なんて思っちゃだめです。 ⼈間という媒質の海を遠くまで伝搬するのは、 割と煽情的なものだったり、⼈情話⾵に仕⽴てられた⾔葉ですから。 5
  6. 6. “ 木登りで、魚の能力が判断されるとしたら・・・ ” Albert Einstein 1章 6
  7. 7. 博⼠号を取った⼈、というのは、 専⾨プログラムを幾度も⾛らせて練り上げてきたものがはいっている “スパコン”みたいなものであると僕は思います。 7
  8. 8. 〔博⼠号を取った⼈〕というのは、 専⾨プログラムを幾度も⾛らせて練り上げてきたものがはいっている 【スパコン】みたいなものである。 そのアナロジーでいうと 〔学⼠新卒〕というのは、 【今シーズン発売のノートPC】 8
  9. 9. ノートPCの市場で、 スパコンを売りに出したら「どう動かすの??」となります。 しかし、 「そのスパコンでなければ叶えられない濃いニーズのある市場」であれば、 そのスパコンはとても欲しがられます。 しかし、難しいのは、 その【濃いニーズの市場】は、⼩さく、不定期にしか現れないという点。 なので、やむなく、 スパコンの性能を活かさずに「ノートPCの性能」として売りに出して みることもありますよね。 そうなると つまらない。 スパコンは安売りされていたとしても、 画⾯のきれいさとか、省電⼒とか、 そういう点で⽐較され、買いたたかれてしまう。 9
  10. 10. F1カーのアナロジーでも。 10
  11. 11. インプレッサを欲しいお客さんに 「“F1カー“も2〜300万円です」と売り込んでみて、 「アイサイト(軽い⾃動運転機能)ついてないの? ナビもない? えっ? スーツケースも載せられないの??」 と⾔われているようなもの。 11
  12. 12. 博⼠号を取った⼈材は、 スパコンであり、 F1カーであり。 「とりあえず、普通に就活してみるか、、、」と、動いてみると 「とほほ・・・」に終わる。 これは、 ⾃分の能⼒が⽣み出す経済的価値を知らないからなんです。 ハイスペック・マシーン、たたき売らないでください。 12
  13. 13. 「生き抜く力」をつける教育(起業教育) 2章 13
  14. 14. 博⼠⼈材には 「博⼠の知的能⼒+⽣き抜く⼒」の教育をするべきだ、 と、 社会⼈学⽣として、博⼠後期課程を⼆つ(⼯、経)⾏ったときに、 ストレートの博⼠学⽣さんたちを⾒て思いました。 (補⾜:私は、⼯と経、どちらも単位は⼗分とって転籍、退学しています。 なので、博⼠号無し なので、取りきった⼈の視界というのは、 わかっていない可能性もあります。) 14
  15. 15. ということで、今⽇は、⾃分の価値の⽴て⽅のアイデアのお話し。 15
  16. 16. 博⼠出て、社⻑をしている⼈って、 そこそこ、います。 16
  17. 17. 博⼠出て、社⻑をしている⼈って、 そこそこ、います。 少なくとも、博⼠に来るぐらいの思考⼒があれば、 ⾃分ひとり⾷わす分の稼ぎなら、 頭フル回転させると、思いつく。 やりきる能⼒がある。 17
  18. 18. 博⼠出て、社⻑をしている⼈って、 そこそこ、います。 少なくとも、博⼠に来るぐらいの思考⼒があれば、 ⾃分ひとり⾷わす分の稼ぎなら、 頭フル回転させると、思いつく。 やりきる能⼒がある。 え?それ以上を狙いたい⼈、います? 18
  19. 19. 博⼠出て、社⻑をしている⼈って、 そこそこ、います。 少なくとも、博⼠に来るぐらいの思考⼒があれば、 ⾃分ひとり⾷わす分の稼ぎなら、 頭フル回転させると、思いつく。 やりきる能⼒がある。 え?それ以上を狙いたい⼈、います? 欲張りですね。。。(笑) でも、それ以上どこまでいくかは、その⼈によります、というのが正直なところ。 19
  20. 20. 少なくとも、 “F1カーを、市販⾞ディーラーで売りに出す”よりも、 “F1カーを⽤いたサービス事業を展開する”ほうが、 ⼈⽣楽しそうじゃない? 20
  21. 21. ・・・なんて、 未来に明るい可能性を、どんなときにも紡ぎだせる。 いまよりもっともっと選択肢を作りだせる。 それが、⽣き抜く⼒(の本質)。 少なくとも、 “F1カーを、市販⾞ディーラーで売りに出す”よりも、 “F1カーを⽤いたサービス事業を展開する”ほうが、 ⼈⽣楽しそうじゃない? 21
  22. 22. 僕は、新卒で博⼠号を取る⼈たちとは、 経緯も到達地点も違いますが、 ⾃分の積んだ専⾨性で飯を⾷っています。 ⼀⽇で、かなりの量の働きをしていますが、 それは好きで得意だから、苦じゃないし、 社会にも喜ばれる(=⾼い対価をもらえる)。 22
  23. 23. 僕は、新卒で博⼠号を取る⼈たちとは、 経緯も到達地点も違いますが、 ⾃分の積んだ専⾨性で飯を⾷っています。 ⼀⽇で、かなりの量の働きをしていますが、 それは好きで得意だから、苦じゃないし、 社会にも喜ばれる(=⾼い対価をもらえる)。 好きなことして、人がよろこんでくれる。それが仕事になる。 博⼠まで来た⼈の創造的知性と知的作業体⼒があれば、 きっと、その⼈にしかできない【エリア】が存在します。 最初は⼩さい(年収100万~300万)かもしれないけれど。 でも、つづけていくと、徐々にその【エリア】が広がります。 23
  24. 24. ”それって、自分の場合はなんなのか“ ちょっとアイデアを出し合ってみましょう 1)⼀⼈で書き出す。(好きな事、得意なこと) 2)ワークシートの⾏頭・列頭に記⼊し かけ合わせると有望そうなものを選び出す (四⾓マスに思い付きを軽くメモしておく) 3)そして、三⼈でそれを⾒せ合って、 活かした事業アイデアを 伸ばしてみましょう。 Discussion Time 10分交代・3⼈組 ⼀⼈Thinking Time 10分間 途中で、 発想ツールを やる前に、ちょっと サンプルワークを 前で実演します。 24
  25. 25. 好きな事 得 意 な 事 25
  26. 26. 思い付かない時に 26
  27. 27. ⼈間が、発想する時の観点を、 (⼤量の発想トリガーセットから抜きだし) 6つ程度に⼤分類した「観点リスト」があります。 これを使うと、発想の観点全⽅向を 短い時間で、くるくるっと、 回してみて、発想することができます。 27
  28. 28. 6観点リスト ━━━━━━ 人 モノ プロセス ・関係性 環境 意味 ・価値 五感 ワークシート<6観点リスト> ① お題を六⾓マスに記⼊ ② 観点毎に考え 思い付くことを枠に書く 28
  29. 29. 補⾜ 29
  30. 30. 6観点リスト 30
  31. 31. 主体、客体、単数、複数、 ⽴場、能⼒、市場、仕⼊先 人 31
  32. 32. 製品、素材、 ⼈以外の⽣き物 モノ 32
  33. 33. ⼈とモノの動き、 役割、相互作⽤ プロセス ・関係性 (⽮印で表される物事) 33
  34. 34. 取り巻く環境、状況、⾵⼟、時間 ⼈間よりずっと⼤きいもの、構造 環境 34
  35. 35. 意味、価値、お⾦、⼿にとれないもの、 感情、強み、機会、情報、ビジョン、ゴール 意味 ・価値 35
  36. 36. ⾊・形、⾳、におい、味、 質感、触感、⾷感 五感 36
  37. 37. (90分経ったので、休憩) 37
  38. 38. 実際の事例 3章 これは残り時間と 皆さんの興味次第 38
  39. 39. 起業事例 IDEAPLANTの場合 39
  40. 40. でも・・・ ⾏くほどに道半ば ホワイトボード にて (ここの話は 内密に) (⼀応)成功要因 戦術の話し “50個” (を⼀瞬) 戦略の話し “1個” h88_製品開発 50カード CS vs Profit じゃない。 ⻑期的収益を最⼤化するもの 40
  41. 41. 基本的なハウツー 4章 これは残り時間と 皆さんの興味次第 41
  42. 42. アイデアの⾒つけ⽅、伸ばし⽅ 42
  43. 43. A やりたい F やりやすい 「+、+」 ゾーン さっき⾒つけたもの。 (これからも 定期的に ⾒つけ直して。) 43
  44. 44. そのさきも、⼤事な段階があります。 (「+、+」ゾーンのアイデアだからって、それでオールOK︕ってわけじゃない) 44
  45. 45. 回せない⇒回せる 儲からない⇒儲かる 強みに依拠していない⇒依拠している Happy 事業アイデアの発展段階 45
  46. 46. メッセージ 5章 46
  47. 47. 博⼠課程を出た後、⾳信不通。 そんな⼈が⼤量にいたのですが、損失ですよ。当⼈も社会も。 47
  48. 48. いまよりもっともっと、明るい未来の可能性を紡ぎだせる。 それが、⽣き抜く⼒。 専⾨の刃を磨くと同時に、 「いつでも飯ぐらい⾷うたるわい!」という 気概とアイデアも醸成しておいてください。 名⼑を研ぎ澄ますこととは別のことがしたくなった時、 たくさんの選択肢を作り出すことができる⼈は、 未来像がつねに明るい。 ⼑を持たない競争相⼿にくらべたら、 エクスカリバー(博⼠という刃)をもって冒険の旅に出る(ビジネスをする)ことって、 実は、かなりおもしろいですよ。 48
  49. 49. もう⼀つ 49
  50. 50. とある本によれば、 幸せには、 • 愛される • 褒められる • 人の役に立つ • 人から必要とされる ことが必要らしいです。 年収と幸福が正⽐例するのは、 数100万〜1000万円あたりまで。 それより先は、 年収じゃないなにかが、幸せを増やす。 お⾦は必要⼗分条件ではなく、必要条件。 少しは無いときついけれど、 それだけを猛進してたどり着く場所は、歪な世界。 ⽇々を豊かに⽣きる、 というのは、 遊んで暮らせる資産があること とはちょっと違うみたいです。 がむしゃら、の雲の先に たどりついたら、 ふと思いだしてみてください。 50
  51. 51. 石井力重 2015年12⽉8⽇、東北⼤学にて 51

×