Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

2020/5/22 Account Code 3 - 会計システムアーキテクチャの道程

会計システムアーキテクチャの道程~ 中世イタリアからIFRSまで。そしてそれを越えて~

  • Soyez le premier à commenter

2020/5/22 Account Code 3 - 会計システムアーキテクチャの道程

  1. 1. 会計システムアーキテクチャの道程 ~ 中世イタリアからIFRSまで。そしてそれを越えて~ Account Code 3 May.22, 2020 杉本 啓 twitter: @sugimoto_kei https://www.fusions.co.jp #accountcode © 2020 Kei Sugimoto
  2. 2. 自己紹介 • 会計事務所系コンサルティング会社(アクセンチュア/アンダーセン)出身。 • 生産管理/会計系基幹システム構築 (スクラッチ開発, SAP R/3等) ~ 会計・経営管理領域の制度設計・業務改革 ~ パッケージソフト(連結会計)開発など。 • 2003年独立、経営管理基盤ソフトウェア「fusion_place」の開発販売・導入支援。 https://www.fusions.co.jp • 現役 Java プログラマ。OOPラブ × XPラブ × DOAラブ。 • 全然アップデートしていないブログあり。 http://hot-heart-cool-mind.seesaa.net/ © 2020 Kei Sugimoto
  3. 3. 1. 会計の全体像 2. 現代の会計の問題 3. 中世イタリアの会計 4. 会計の新しいアーキテクチャ 5. システム・エンジニアリングとは © 2020 Kei Sugimoto
  4. 4. 会計の全体像 財務会計 (会計業務) 支払・請求・減価償却… (財務決算) 取引記録 財務報告 管理会計 経営報告 • 財務会計が基本。 • 財務決算は、会社法決算/法人税申告がミニマム。上場するとIFRS財務報告も。 • 企業規模が拡大すると、予算管理など管理会計が派生してくる。 ありがちな会計の姿 © 2020 Kei Sugimoto
  5. 5. 現代の会計の問題 顧客が1,000円の商品を購入し、100ポイント(1ポイント=1円)が付与され た。売上高はいくら? 1,000円説 商品の対価として1,000円を確かに受け取ったのだから、売上高は1,000円。 ポイントについては、この顧客がそれを使用したときに、その分、売上を減額する。 900円説 1,000円を受け取るとともに、将来において100円の商品を引き渡す債務を負ったのだか ら、売上高は900円。100円は負債とする。 909円説 ← イマココ(IFRS、日本の新収益認識基準) 商品1,000円とポイント100円で合計1,100円の価値のある財を1,000円で引き渡したのだ から、商品に対する代金はそのうち、909円相当[=1,000円×(1,000円/1,100円)]となる べき。残り91円は負債。※ ※ 正確にはポイント失効率も考慮して計算します。 報告基準(=会計基準)とは何か © 2020 Kei Sugimoto
  6. 6. 現代の会計の問題 経済のグローバル化・金融化 ・資本市場 ⇒ 財務報告基準国際化 ・企業活動 ⇒ グローバル経営 • 複雑な財務報告への対応 • 財務報告に対応できる管理会計 • 各国バラバラな会計システムの統合 • グループマネジメント対応 • 予測志向へのシフト ビジネス環境の変化 会計に対する要請 • 会計業務と財務報告(財務会計)のきしみ • 財務報告と経営報告(管理会計)のきしみ • グループ統一会計とローカル会計のきしみ • 計画・予測情報の受け入れのきしみ 会計システムはきしみ、戸惑っている!(=適応不全の発生) © 2020 Kei Sugimoto
  7. 7. 中世イタリアの会計 なぜ、中世イタリア? • 中世イタリアには、財務報告も法人税申告もなかった。 • でも、会計(複式簿記)は実践されていた。 • しかも、ビジネスパーソンである商人みずからによって。 • 会計には、財務報告以外に本源的な機能があるはず。 • 中世商人は現代の経理担当よりビジネスセンスがある。 私見 © 2020 Kei Sugimoto
  8. 8. © 2020 Kei Sugimoto 中世イタリアの会計 6/1 A氏から胡椒100kgを1,000で掛け買いした。 (借方)胡椒(A氏より) 100kg 1,000 (貸方) A氏 1,000 6/22 上記の胡椒のうち半分を800でB氏に掛け売りした。 (借方)B氏 800 (貸方) 胡椒(A氏より) 50kg 800 7/15 上記の胡椒の残り半分を700でC氏に掛け売りした。 (借方)C氏 700 (貸方) 胡椒(A氏より) 50kg 700 7/31 全部売れたので、胡椒の利益を損益勘定に振り替え。胡椒勘定は締め切る。 (借方)胡椒(A氏より) 500 (貸方) 損益 500 胡椒(A氏より) 借方 貸方 6/1 A氏から仕入 100kg 1,000 7/31 損益勘定へ 500 6/22 B氏に売り渡し 50kg 800 7/15 C氏に売り渡し 50kg 700 100kg 1,500 100kg 1,500 財産の在り高がわかる 取引による儲けがわかる ・取引を素直に記録。 ・複雑な報告基準は不要。 取引の実態がわかる
  9. 9. 中世イタリアの会計 13 世紀 債権・債務記録 < 公正証書の代替物として ・人名勘定 ex.「ドナード・ソランツォ」勘定 利益計算はビランチオ(棚卸表)による(北イタリア) 14 世紀前半 荷口別に全取引を記録して損益計算 (ヴェネツィア) ・口別商品勘定 ex. 「ダマスカスへの旅商」勘) 15~16世紀 期間損益計算の成立 16~17世紀 売残商品・建物の残高評価 19世紀 鉄道会社で減価償却始まる 初めての会計法規(英1844年登記法) 職業会計士の成立(1853年エディンバラ会計士協会) 20世紀 会計士監査の発達と会計基準の整備・高度化 取 引 記 録 に 重 点 財 務 報 告 に 重 点 © 2020 Kei Sugimoto
  10. 10. 会計の新しいアーキテクチャ 財務報告は、後から会計に接ぎ穂された。それは、紙ベースの情報処理システムが 課した制約のせいだったかもしれない。中世の商人たちに現代の情報テクノロジー を与えたら、彼らはどんな会計システムを生み出すのだろうか。 1. 事業報告と会計の分離 (1a. 会計記録を純化する) (1b. ひねりを伴う接続) 2. 事業報告簿の複線化 3. 財産管理と財産評価の切り離し 4. 財務報告に依存しない経営報告 妄 想 会計と事業報告システムのための パタン・ランゲージ © 2020 Kei Sugimoto
  11. 11. 会計の新しいアーキテクチャ 0.初期状態 会 計取引記録 中世イタリア(13-14世紀)ごろのように、未分化なシステム。 財務報告/経営報告の重要性は小さい。勘定管理が主。 (※) 「システム」という言葉は、人間系と機械系の仕事を包含した意味で用いています。 会計帳簿 クリストファー・アレグザンダーという建築理論家が考案した 「パタン・ランゲージ」という手法を用いて、 この単純なシステムを分化させていきます。 © 2020 Kei Sugimoto
  12. 12. 会計の新しいアーキテクチャ 1.事業報告と会計の分離 出資者からの事業報告のニーズに対応。会計から事業報告を分離する。 ・会計(勘定管理) … 勘定残高の確定まで ・事業報告 … 報告用の修正・加工 会計帳簿と事業報告簿を分割。事業報告簿では報告に向いた帳簿構造を採用できる。 ・多次元リアルタイム集計 ・文字列保持 ・複式簿記に拘束されない修正 ・計画・見込みデータの適切な扱い 会 計 取引記録 事業 報告書 事業報告 事業報告簿会計帳簿 計画 © 2020 Kei Sugimoto
  13. 13. 会計の新しいアーキテクチャ 1a. 会計記録を純化する 会計帳簿は事実を記録し、事業報告簿は評価を記録する。 会 計取引記録 事業 報告書事業報告 【借方】 【貸方】 現金 1.000 売上高 909 ポイント債務 91 売上高 100 販売促進費 100 ポイント債務 9 売上高 9 現金 1,000 売上高 1,000 販売促進費 100 ポイント債務 100 報告基準フリーな仕訳 IFRS修正仕訳 《商品販売》 代金 1,000 ポイント 100 IFRSベース仕訳 分解 報告基準フリーな取引記録 (事業部門が責任を負う) 報告基準依存の修正記録 (経理部門が責任を負う) © 2020 Kei Sugimoto
  14. 14. 会計の新しいアーキテクチャ 1b. ひねりを伴う接続 財産管理に望ましい括りから、報告に望ましい括りへと、会計データの粒度を変換 する。 会計/事業報告を疎結合化。それぞれの目的に必要な管理区分を使用。 ・費用の分類 … 会計では、形態別。事業報告では、機能別も。 ・ワン・イヤー・ルール … 会計では、返済期限によらず同一勘定を用いたい。 ・設備の所属替え … 会計では、設備番号を振り直したくない。 ・買掛金と未払金 … 会計では、区別したくない。 等々。 会 計 事業報告 事業報告簿会計帳簿 変換証跡 © 2020 Kei Sugimoto
  15. 15. 会計の新しいアーキテクチャ 2.事業報告簿の複線化 財務報告・経営報告それぞれの高度化に応じて、事業報告簿を分割する。 ・財務報告簿 … 財務会計目的 ・経営報告簿 … 管理会計目的 会 計 取引記録 財務 報告書 事業報告 財務報告簿 会計帳簿 経営報告簿 経営 報告書 さらに分割可能 (ローカル決算/IFRS等) 財務報告基準/経営報告基準に依存する複雑な処理を それぞれの報告簿に、極力留める。 会計帳簿は影響を受けない! © 2020 Kei Sugimoto
  16. 16. 会計の新しいアーキテクチャ 3. 財産管理と財産評価の切り離し 財産の評価処理を財産の物的保全と区別。事業報告共通のサブシステムとする。 報告目的に応じて評価基準を選択(ex.管理会計では、予定単価で在庫評価) ・在庫管理 vs. 在庫評価 ・生産管理 vs. 原価計算 ・設備等管理 vs. 減価償却 ・売掛金管理 vs. 外貨建売掛金の換算替 .. 事業報告 経営報告簿財務報告簿 在庫評価 (経理部門) 会計~周辺業務 在庫管理 (事業部門) 切り離し © 2020 Kei Sugimoto
  17. 17. 会計の新しいアーキテクチャ 4. 財務報告に依存しない経営報告 経営報告(管理会計)にもとづいて、財務報告(財務会計)を実施する。 事業報告 財務報告簿 経営報告簿 事業報告 財務報告簿 経営報告簿 財務調整 ・管理会計が財務会計に引きずられる現状からの脱却。 ・シンプルな管理会計を実現する基盤。複雑なモノがシンプルなものに依存すべき ✖ 複雑な収益認識基準 ✖ 税法に依存した減価償却、ソフトウェア資産計上… ✖ 減損会計 ✖ 金融商品時価評価 費用配賦など
  18. 18. 会計の新しいアーキテクチャ 完成形 「会計の疎結合化」が達成される。 ・会計 ⇔ 事業報告 ・財務報告 ⇔ 経営報告 ・財産保全 ⇔ 財産評価 会 計 取引記録 事業報告 財務報告簿 会計帳簿 経営報告簿 在庫評価等 財務 報告書 経営 報告書 CAUTION! 現代の会計システムは、歴史的経緯により歪んでいる ので、一足飛びにこの形にはなりません。 まずは、会計と事業報告を曲がりなりにも切り分ける ことから出発することをお勧めします。 © 2020 Kei Sugimoto
  19. 19. 会計の新しいアーキテクチャ • 事業部門と経理部門の責任を再配置(会計⇔事業報告) • 財務報告の高度化に対応 • 経営報告の純化(財務報告の拘束から解放、シンプルに) • 標準化の糸口を提供(ex. ローカル決算 vs. IFRS報告) • Planning & Reporting に最適化された帳簿システムの適用 • 財産管理に向いた会計帳簿の再設計(先祖返り+IT) こうした様々な設計努力を支えるための会計のカタチ すなわち、 アーキテクチャ これは何につながるのか?
  20. 20. 会計の新しいアーキテクチャ 会計と事業報告 会計パタン・ランゲージ構想(妄想) 経営報告と計画 財務報告 会計 計画/報告のための 帳簿構造 ← 今日、ご紹介した4+2パタン © 2020 Kei Sugimoto ・シンプルな管理会計とは? … ・ローカル決算とグローバル財務報告の関係は? ・財管一致への対応は? … ・周辺業務と会計の線引きは? ・経理業務の分割と標準化の視点は? ・財産管理に適した帳簿構造は? … ・報告に必要な異種データをどう扱う? ・キャッシュフローのための帳簿構造は? ・計画/見込みデータの 〃 … ・会計の全体構造はどうあるべきか?
  21. 21. システム・エンジニアリングとは • これまでなされてきた業務をITで効率化すること。 素晴らしい。それは大事です。 でも… • 従来にないコミュニケーションのしかた。 • これまで考えてみなかった仕事の枠組み。 そんなものも考えてみませんか? それぞれの分野の情報処理の枠組みを… 個々のプロジェクトを超えて… © 2020 Kei Sugimoto
  22. 22. 終わり

×