Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

なぜ今、ハードテックスタートアップなのか

8 240 vues

Publié le

Y Combinator が唱える「ハードテックスタートアップ (Hard Tech Startup)」が注目される背景として、カルロス・ペレスによる技術発展の考え方の一部を紹介します(過去のスライドから抜き出した部分が多めです)

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

なぜ今、ハードテックスタートアップなのか

  1. 1. なぜ今 “ハードテック” スタートアップなのか Takaaki Umada / https://medium.com/@tumada/ February 22th, 2017 1
  2. 2. https://www.youtube.com/watch?v=r7HyWFJMAxg https://blog.ycombinator.com/hard-tech-startups/ https://www.facebook.com/events/1030239360371449/ 2 ハードテックスタートアップ (Hard Tech Startup) とは、 通常アトムとビットの両⽅を含み、 達成困難な技術的ブレイクスルーを必要とする スタートアップのこと Sam Altman (President, Y Combinator)
  3. 3. ハードテックスタートアップが増えつつあり、さらに Y Combinator をはじめとした投資 家が徐々に注⽬するようになってきています。 3 ハードテックスタートアップが増加しつつある
  4. 4. http://jp.techcrunch.com/2015/08/24/20150818hardware-demo-day/ 4 たとえば Y Combinator の投資するハードテック Cruise Automation 既存の⾞を半⾃動運転にする画 像解析技術とハードウェア。 2013 年創業。2016 年に GM に約 10 億ドルで買収。 Gecko Robotics 発電所の検査を代⾏するロボッ ト。⼈間の危険をなくし、発電 所を⽌める期間も 7 ⽇から 1 ⽇に削減できる。なお設備の点 検には年間 150 億ドルのコス トがかかっている。 Transcriptic バイオテクノロジのラボの AWS。様々なバイオの実験が API 経由で可能。ロボットアー ムなどを活⽤して作業を⾃動化 している。
  5. 5. 5 ハードテックスタートアップに 注⽬が集まる背景を理解する上で参考になる 技術の発展に関するカルロタ・ペレスの理論
  6. 6. http://reactionwheel.net/2015/10/the-deployment-age.html 6 著名 VC の Fred Wilson が推薦する 技術発展の理論に関する本 「技術⾰新と⾦融資本: バブルと⻩⾦期のダイナミクス」 by Carlota Perez
  7. 7. 7 Perez によれば、 今は情報技術の Deployment Period (展開期)
  8. 8. 過去 240 年間には「産業⾰命」「蒸気機関と鉄道」「鉄と重⼯業」「⽯油と⾃動⾞と⼤ 量⽣産」「情報⾰命」の 5 つの技術⾰命が約 50 年周期であったとされています。 http://reactionwheel.net/2015/10/the-deployment-age.html 8 5 つの技術⾰命 1. 産業⾰命 2. 蒸気機関と 鉄道の時代 3. 鉄と重⼯業の 時代 4. ⽯油と⾃動⾞と ⼤量⽣産の時代 5. 情報⾰命 1771 1829 1875 1908 1971 ? 1829 1873 1918 1974
  9. 9. それぞれの技術⾰命には導⼊期があり、投機が過熱してバブルが起こりますが、そのおか げで⼀気に技術のインフラが整います。 9 技術⾰命には導⼊期があり、導⼊期にインフラが整う 1771 1829 1875 1908 1971 運河狂時代 (UK での猛烈な運河の建設) 鉄道狂時代 (UK での猛烈な鉄道の建設) ロンドンのグローバルマーケットの インフラの建設 狂騒の⼆⼗年代 ドットコムと インターネット狂時代 ? 1829 1873 1918 1974 導⼊期 (+バブル) 1. 産業⾰命 2. 蒸気機関と 鉄道の時代 3. 鉄と重⼯業の 時代 4. ⽯油と⾃動⾞と ⼤量⽣産の時代 5. 情報⾰命
  10. 10. ただし投機バブルの影響で景気後退が起こり、失望が広がると⾔われています。 10 導⼊期の投機過熱のバブルによって景気後退が起こる 1771 1829 1875 1908 1971 運河狂時代 (UK での猛烈な運河の建設) 鉄道狂時代 (UK での猛烈な鉄道の建設) ロンドンのグローバルマーケットの インフラの建設 狂騒の⼆⼗年代 ドットコムと インターネット狂時代 1793 -97 1848 -50 1890 -95 1929 -43 2000 & 2007-8 景気後退 ? 1829 1873 1918 1974 1. 産業⾰命 2. 蒸気機関と 鉄道の時代 3. 鉄と重⼯業の 時代 4. ⽯油と⾃動⾞と ⼤量⽣産の時代 5. 情報⾰命
  11. 11. その後、揃った技術のインフラを使って、その技術の応⽤が広がって技術の⻩⾦期に⼊り、 その技術から富が⽣まれます。 11 展開期はその技術のゴールデンエイジで多くの富を⽣む 1. 産業⾰命 2. 蒸気機関と 鉄道の時代 3. 鉄と重⼯業の 時代 4. ⽯油と⾃動⾞と ⼤量⽣産の時代 5. 情報⾰命 1771 1829 1875 1908 1971 運河狂時代 (UK での猛烈な運河の建設) 鉄道狂時代 (UK での猛烈な鉄道の建設) ロンドンのグローバルマーケットの インフラの建設 狂騒の⼆⼗年代 ドットコムと インターネット狂時代 イギリスの躍進 ビクトリア朝のブーム ベル・エポック(ヨーロッパ) 進歩主義時代(US) 戦後の⻩⾦期 ? 1829 1873 1918 1974 1793 -97 1848 -50 1890 -95 1929 -43 2000 & 2007-8 景気後退 展開期(⻩⾦期)
  12. 12. そして今、情報技術は富を⽣むゴールデンエイジを迎えているのではと⾔われています。 12 情報技術は展開期へ: 情報技術から富が⽣まれる時代に? 1771 1829 1875 1908 1971 運河狂時代 (UK での猛烈な運河の建設) 鉄道狂時代 (UK での猛烈な鉄道の建設) ロンドンのグローバルマーケットの インフラの建設 狂騒の⼆⼗年代 ドットコムと インターネット狂時代 1793 -97 1848 -50 1890 -95 1929 -43 2000 & 2007-8 景気後退 イギリスの躍進 ビクトリア朝のブーム ベル・エポック(ヨーロッパ) 進歩主義時代(US) 戦後の⻩⾦期 今はここ? 1829 1873 1918 1974 1. 産業⾰命 2. 蒸気機関と 鉄道の時代 3. 鉄と重⼯業の 時代 4. ⽯油と⾃動⾞と ⼤量⽣産の時代 5. 情報⾰命
  13. 13. つまり以下のような流れで技術は普及していくということになります。 1. 最初、その技術の重要なファクターが突然安くなり始める 2. そして新しいインフラが作られる 3. バブルの痛みを伴いつつも、イノベーションの⾃由奔放な時代が訪れる 4. バブルが崩壊し景気後退が起こる 5. 技術の再評価が⾏われる 6. 新しい技術を使って⽣産性が向上し、統合と展開が進む http://reactionwheel.net/2015/10/the-deployment-age.html 13 技術⾰命の発展と普及の流れ
  14. 14. 導⼊期と展開期では、それぞれ技術の⽤いられ⽅が異なると⾔われています。 http://reactionwheel.net/2015/10/the-deployment-age.html 14 導⼊期と展開期の違い 導⼊期 展開期 創造的な破壊 創造的な構築 新しいマーケットの探索 マーケットの統合と拡⼤ 古いパラダイムとの戦い 新しいパラダイムの広域での受容と 応⽤ サプライ側からの “プッシュ” デマンド側からの “プル” ⾦融資本 ⽣産資本 経済の限られた少ない領域での成⻑ 社会の広い範囲での成⻑
  15. 15. http://reactionwheel.net/2015/10/the-deployment-age.html 15 情報技術は今 シナジーのフェーズ?
  16. 16. 16 こうした情報技術の発展が 新たな流通や⽣産、そして新たな発想を⽀えて 次々とハードテックスタートアップを産んでいる
  17. 17. 17 たとえば
  18. 18. 18 SpaceX ロケット⽤バルブを 3D プリンタで開発する などして、時間と費⽤を⼤幅に削減
  19. 19. 多くのハードテックスタートアップが情報技術の発展を活⽤しています。 19 多くのハードテックスタートアップも情報技術を活⽤
  20. 20. Photo by Joi https://www.flickr.com/photos/joi/2757536235/sizes/o/in/photostream/ 20 Software is Eating the World. ソフトウェアが世界を⾷い尽くす - Marc Andreessen
  21. 21. 21 さらに情報技術以外の技術もコストが下がり サイクルタイムも早まりつつある
  22. 22. 22 ゲノム解析のコストは 15 年で 1/100,000 に (ここ 10 年はムーアの法則よりも速くコスト低下)
  23. 23. 23 ソーラーパネルのワット数あたりの値段は下がり ソーラーパネルの導⼊は指数関数的に向上
  24. 24. 24 「IT × 新しい技術」の ハードテックスタートアップが 伸び始める環境が徐々に揃いつつある
  25. 25. 25 ※急激な変化は最初はゆっくりのように⾒える
  26. 26. http://cdixon.org/2015/05/12/exponential-curves-feel-gradual-and-then-sudden/ 26 指数関数的に急激な成⻑は 最初はゆっくりと、その後突然伸びるように感じる
  27. 27. 27http://petapixel.com/2015/04/09/this-is-what-the-history-of-camera-sales-looks-like-with-smartphones-included/ たとえば 1933 年 – 2014 年のカメラの台数が急成⻑
  28. 28. http://petapixel.com/2015/04/09/this-is-what-the-history-of-camera-sales-looks-like-with-smartphones-included/ 28 どれぐらい急成⻑かというと 省略しなければこう: ここ数年で⼀気に変化
  29. 29. http://www.kpcb.com/blog/2014-internet-trends 29 写真がシェアされる数も 「徐々に→急に」
  30. 30. 30 かつての PC のコストも指数関数的に低下
  31. 31. 31 ソフトウェアのコストも指数関数的に低下
  32. 32. 32 そして計算能⼒の向上により アプリケーションの性能も指数関数的に向上
  33. 33. https://www.blackrockblog.com/2015/12/11/economic-trends-in-charts/ 33 近年、テクノロジの普及スピードが上がり、 急激な変化が短期間に起こっている
  34. 34. 34 技術の急激な変化や普及は徐々に始まり いつの間にかスタートアップの新たな機会に
  35. 35. 別の⾔い⽅をするなら、賃⾦中央値の 伸びの停滞と雇⽤の⼆極化は、創造性ゆ たかな起業家にとって⼤きなチャンスで ある。⼀⽅には中間的スキルを持った膨 ⼤な数の労働者、もう⼀⽅にはどんどん コスト安になるテクノロジー。この⼆つ をうまく組み合わせた新しいビジネスモ デルを開発できるなら、価値を⽣み出す ことができるだろう。機械と競争するに はいまが最悪の時期だとすれば、 才能ある起業家に とって、いまは最⾼ のタイミングなので ある。(機械との競争 p. 112) 35

×