Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
RancherによるDevOpsの実際
株式会社スタイルズ
矢野 哲朗
2017年9月13日
自己紹介
経歴 : システム運用 10年・ネットワーク 6年・SI 8年
近頃はownCloud 営業、翻訳を担当
Rancherの好きな機能 :
その他 : 全く上達しないRubyist
一番最初のPCは、OKI if-800 でした…...
Rancher との関わり最初
2
この投稿が、Rancher JP での活動する発端になった
最初のアクションでした。
Rancher JPでの活動(昨年から今年)
3
#1
2016/10/7
#1
2016/10/21
Tokyo Meetup
Tokyo もくもく勉強会
#2
2016/12/8
#3
2017/1/11
#4
2017/2/15
#2
2...
いろいろお聞きしますと
4
こんな話をよく聞きまし
た
こんな話をよく聞きました(1)
5
『開発メンバーがもう、
Docker でしか開発し
たくないっていうんで
すよ。
でも、何をすればいい
かわからなくて。』
こんな話をよく聞きました(2)
6
『Docker で開発したん
ですが、そのまま運用
には、渡すことができ
なくて。』
この皆さんの悩みって
7
それって、
DevとOpsの話なのでは...
実際にアンケートも取りました
結果
8
Rancherの概要に
ついての疑問
Rancherの詳細に
ついての疑問
素晴らしく
真っ二つに
質問内容が
分かれました
アンケート答え
9
Devの人たち
・Dockerでデプロイしたいよぉ
・素のDockerじゃ管理できないぉ
・インフラが分からないよぉ
アンケート答え
10
Opsの人たち
・どうやって管理するのよ
・どうやって監視するのよ
・どうやって運用するのよ
・Git??
そこにあるのは...
11
Devの悩み
Opsの悩み
皆さんご存知のいい本があります
12
DevOps導入指南
Infrastructure as Codeでチーム開発・サービ
ス運用を効率化する
河村聖悟 著
北野太郎 著
中山貴尋 著
日下部貴章 著
株式会社リクルートテクノロジーズ 著
発...
でも、これだけ読めばいいわけではありません
13
どうも、いくつか壁があるようです
DevOps1つ目の壁(思想の壁)
14
考
え
方
の
壁
DevOps2つ目の壁(システムの壁)
15
仕
組
み
の
壁
DevOps3つ目の壁(アーキテクチャの壁)
16
設
計
の
壁
DevOpsを阻む3つ目の壁
17
考
え
方
の
壁
仕
組
み
の
壁
設
計
の
壁
DevOps
この壁を乗り越えなければ。。
18
考
え
方
の
壁
仕
組
み
の
壁
設
計
の
壁
Devの人
Opsの人
でも、何から始めれば、...。
19
Git Dockerfile
Docker操作
Docker イメージレポジトリ
バックアップ
オーバーレイネットワーク
監視
デプロイ
compose.yaml
スケールアウト
ルーティング
モノリス分解...
20
壁がありすぎる。。。
21
まず、Git に慣れましょう
その為に必要なのは
最初にやらなければならないことは
GitLabがオススメ
22
23
GitLabがない場合
別々に利用する必要がある
24
Rancher とGitLab を組み合わせると
Registry
1つで対応可能
25
GitLab Container
Registry
Rancherから GitLab ContainerRegistry を使う
http://qiita.com/ynott/items/823d9b3c7275dbd49ae7
GitL...
26
GitLab
これらを乗り越えていくしかありません
Merge Docker Build
Rancherインフラ環境 プロダクション環境
GitLab デプロイGitLab CI Runner
開発
27
Rancher と GitLabによる『型』を提供
スモールスタートできるようにDevOpsに必要な
「型」を提供いたします。
28
また、それですぐに全員使えるようになる
わけじゃない
その為に必要なのは、
でも、仕組み(型)があれば解決なの?
仕組み(型)を整えても設計については助けに
なりません
Rancher Partner Network による各種サポート
29
弊社スタイルズが提供するサービス
30
・DevOps最初の一歩サポート
『形』の提供
・DevOpsコンサルティング
・レガシーシステムをDocker/Rancher
に移行、新規構築する「モダナイゼーシ
ョンサービス」の提供と導入支援
Javaの開発
運用保守
をやってきた会社
弊社がやっている事業
31
AWSでサーバーレス開発
32
・サーバーレスで、チャットボットを開発
FAQ
AWS ElasticsearchService
AWSMachine
Learning
AWSLambda
Administrator
AWSLambda AWS...
AWSでIoTのサーバーレス開発
33
・サーバーレスな開発!
・サーバーレスでIoT用プラットフォームを開発
Trackrr.io| IoT/GPSトラッキングプラットフォーム https://trackrr.io/
・言語/ステートフルの問題でFaaSにできないものがある
・できないところは、Docker+SpringBootで構築
・ソースコードがあちこちに存在し、Build&Deploy&Opsに苦労し
た
特にOps
・永続データの設計
・マイクロサ...
Rancher を使ったコーポレートサイトの構築
コーポレートサイトサイト 検証、及び開発用VPC
Route 53
コーポレートサイト本番用VPC
ELB
本番サーバ
(EC2 サーバ)
Apache
Application
本番キャッシュサ...
Infrataster
管理者
① マスターブランチへ
更新データをpush
【コンテンツ】
・テーマ
・画像
・DBデータ
・Dockerfile
・テストコード
③ DBセットアップ
- git上のダンプデータを
インポート
⑤ テスト1
...
DevOpsでお困りの会社様や、Rancher導入で
お困りの会社様向けに
「開発会社だからこそできるコンサルティン
グ」
を提供します
弊社が提供する Rancher のサポート
コンサルティング提供内容:
1.マイクロサービスアーキテクチャ...
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

rancherによるdev opsの実際_スタイルズ

310 vues

Publié le

rancherによるdev opsの実際_スタイルズ

Publié dans : Logiciels
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

rancherによるdev opsの実際_スタイルズ

  1. 1. RancherによるDevOpsの実際 株式会社スタイルズ 矢野 哲朗 2017年9月13日
  2. 2. 自己紹介 経歴 : システム運用 10年・ネットワーク 6年・SI 8年 近頃はownCloud 営業、翻訳を担当 Rancherの好きな機能 : その他 : 全く上達しないRubyist 一番最初のPCは、OKI if-800 でした…。 矢野 哲朗 tetsurow.yano 株式会社スタイルズ 1
  3. 3. Rancher との関わり最初 2 この投稿が、Rancher JP での活動する発端になった 最初のアクションでした。
  4. 4. Rancher JPでの活動(昨年から今年) 3 #1 2016/10/7 #1 2016/10/21 Tokyo Meetup Tokyo もくもく勉強会 #2 2016/12/8 #3 2017/1/11 #4 2017/2/15 #2 2017/1/31 #3 2017/2/28 #5 2017/3/15 #4 2017/3/28 #6 2017/5/17 #7 2017/6/15 #8 2017/7/13 #9 2017/9/13 #5 2017/6/5 それぞれの懇親会に 参加してきました
  5. 5. いろいろお聞きしますと 4 こんな話をよく聞きまし た
  6. 6. こんな話をよく聞きました(1) 5 『開発メンバーがもう、 Docker でしか開発し たくないっていうんで すよ。 でも、何をすればいい かわからなくて。』
  7. 7. こんな話をよく聞きました(2) 6 『Docker で開発したん ですが、そのまま運用 には、渡すことができ なくて。』
  8. 8. この皆さんの悩みって 7 それって、 DevとOpsの話なのでは... 実際にアンケートも取りました
  9. 9. 結果 8 Rancherの概要に ついての疑問 Rancherの詳細に ついての疑問 素晴らしく 真っ二つに 質問内容が 分かれました
  10. 10. アンケート答え 9 Devの人たち ・Dockerでデプロイしたいよぉ ・素のDockerじゃ管理できないぉ ・インフラが分からないよぉ
  11. 11. アンケート答え 10 Opsの人たち ・どうやって管理するのよ ・どうやって監視するのよ ・どうやって運用するのよ ・Git??
  12. 12. そこにあるのは... 11 Devの悩み Opsの悩み
  13. 13. 皆さんご存知のいい本があります 12 DevOps導入指南 Infrastructure as Codeでチーム開発・サービ ス運用を効率化する 河村聖悟 著 北野太郎 著 中山貴尋 著 日下部貴章 著 株式会社リクルートテクノロジーズ 著 発売日:2016年10月13日 ISBN:9784798147604 価格:本体3,000円+税 仕様:A5・368ページ
  14. 14. でも、これだけ読めばいいわけではありません 13 どうも、いくつか壁があるようです
  15. 15. DevOps1つ目の壁(思想の壁) 14 考 え 方 の 壁
  16. 16. DevOps2つ目の壁(システムの壁) 15 仕 組 み の 壁
  17. 17. DevOps3つ目の壁(アーキテクチャの壁) 16 設 計 の 壁
  18. 18. DevOpsを阻む3つ目の壁 17 考 え 方 の 壁 仕 組 み の 壁 設 計 の 壁
  19. 19. DevOps この壁を乗り越えなければ。。 18 考 え 方 の 壁 仕 組 み の 壁 設 計 の 壁 Devの人 Opsの人
  20. 20. でも、何から始めれば、...。 19 Git Dockerfile Docker操作 Docker イメージレポジトリ バックアップ オーバーレイネットワーク 監視 デプロイ compose.yaml スケールアウト ルーティング モノリス分解 テスト API接続 クラスタリング 分散レプリケーション セキュリティ 認証 LAN/WAN イメージ管理 データ永続 rancher-compose.yaml
  21. 21. 20 壁がありすぎる。。。
  22. 22. 21 まず、Git に慣れましょう その為に必要なのは 最初にやらなければならないことは
  23. 23. GitLabがオススメ 22
  24. 24. 23 GitLabがない場合 別々に利用する必要がある
  25. 25. 24 Rancher とGitLab を組み合わせると Registry 1つで対応可能
  26. 26. 25 GitLab Container Registry Rancherから GitLab ContainerRegistry を使う http://qiita.com/ynott/items/823d9b3c7275dbd49ae7 GitLab Container Registry と GitLab CI Runner GitLab CI Runner GitLab CIでテスト・ビルド・デプロイを自動化する http://qiita.com/toe/items/f47f383b9931a840a25c
  27. 27. 26 GitLab これらを乗り越えていくしかありません Merge Docker Build Rancherインフラ環境 プロダクション環境 GitLab デプロイGitLab CI Runner 開発
  28. 28. 27 Rancher と GitLabによる『型』を提供 スモールスタートできるようにDevOpsに必要な 「型」を提供いたします。
  29. 29. 28 また、それですぐに全員使えるようになる わけじゃない その為に必要なのは、 でも、仕組み(型)があれば解決なの? 仕組み(型)を整えても設計については助けに なりません
  30. 30. Rancher Partner Network による各種サポート 29
  31. 31. 弊社スタイルズが提供するサービス 30 ・DevOps最初の一歩サポート 『形』の提供 ・DevOpsコンサルティング ・レガシーシステムをDocker/Rancher に移行、新規構築する「モダナイゼーシ ョンサービス」の提供と導入支援
  32. 32. Javaの開発 運用保守 をやってきた会社 弊社がやっている事業 31
  33. 33. AWSでサーバーレス開発 32 ・サーバーレスで、チャットボットを開発 FAQ AWS ElasticsearchService AWSMachine Learning AWSLambda Administrator AWSLambda AWS S3 AWS CloudTrail AWS S3 AWS API Gateway
  34. 34. AWSでIoTのサーバーレス開発 33 ・サーバーレスな開発! ・サーバーレスでIoT用プラットフォームを開発 Trackrr.io| IoT/GPSトラッキングプラットフォーム https://trackrr.io/
  35. 35. ・言語/ステートフルの問題でFaaSにできないものがある ・できないところは、Docker+SpringBootで構築 ・ソースコードがあちこちに存在し、Build&Deploy&Opsに苦労し た 特にOps ・永続データの設計 ・マイクロサービス設計 34 サーバーレス開発で得られた気づき サーバーレスの 制約ポイント コンテナに乗れず 溺れる担当者そんなに簡単に乗せて やらね。
  36. 36. Rancher を使ったコーポレートサイトの構築 コーポレートサイトサイト 検証、及び開発用VPC Route 53 コーポレートサイト本番用VPC ELB 本番サーバ (EC2 サーバ) Apache Application 本番キャッシュサーバ (EC2 サーバ) nginx(php-fpm) Rancher Agent Rancher Agent Docker(コンテナ) Docker(コンテナ) RDS:Aurora (EC2 サーバ) Apache Application nginx Application 検証キャッシュサーバ (EC2 サーバ) nginx(php-fpm) 検証サーバ 開発サーバ Rancher Agent Rancher Agent Docker(コンテナ) Docker(コンテナ) 検証キャッシュサーバ (ECS) Rancher Manager RDS:AuroraRDS:Aurora RDS ビルドサーバ Apache Application Rancher Agent Docker(コンテナ) nginx(php-fpm) registry イメージ バージョン管理 S3 ログ保管 管理者 ユーザー 35
  37. 37. Infrataster 管理者 ① マスターブランチへ 更新データをpush 【コンテンツ】 ・テーマ ・画像 ・DBデータ ・Dockerfile ・テストコード ③ DBセットアップ - git上のダンプデータを インポート ⑤ テスト1 - 設定等の内部情報の確認 ⑥ テスト2 - 外部からの確認 ⑦ コンテナイメージを レジストリへ登録 ・circle.yml 本番用RDS(Green) ② マスターブランチ用動作実行 ④ ビルド - Registryから元イメージ取得 - テーマとDockerfileを 取得しビルド実行 テストOK ⑧ 本番用コンテナ作成 ⑪ 接続確認 本番用RDS (Blue) 本番用コンテナ (Blue) 本番用コンテナ (Green) Route 53 ⑩ DNS変更 ELB (Blue) ELB (Green) Rancherを使ったビルド・デプロイ(プロダクト環境) Registry 36
  38. 38. DevOpsでお困りの会社様や、Rancher導入で お困りの会社様向けに 「開発会社だからこそできるコンサルティン グ」 を提供します 弊社が提供する Rancher のサポート コンサルティング提供内容: 1.マイクロサービスアーキテクチャでの開発 2.モノリシックからマイクロサービスへの移行コンサルティング 3.スピーディーなビジネスの変化に対応可能なDevOps環境構築 37

×