Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

ギリギリUXD

2 499 vues

Publié le

終電もふつうになっちゃってるデベロッパーのUXD。
少ない時間でも繰り返せばできることもあるかもでしょ。

Publié dans : Business
  • Login to see the comments

ギリギリUXD

  1. 1. 2015/09/08 UX JAM #02 ギリギリUXD 時間もないし、金もないし、気力もないし、理解者もいないし、 仲間もいないし、経験もないし、指示された仕事だけはあるし そんなギリギリの中でできることって、、、、?
  2. 2. 2015/09/08 UX JAM #02 上野 裕樹 産業技術大学院大学 人間中心デザイン2012年度卒業生 大規模サイトの設計・運用マネジメント マークアップ・フロントエンドの設計・実装 中小企業のコンサルタントや、チームマネジメントなど 株式会社大塚ビジネスサービス Web制作チーム所属 インフォメーションアーキテクト / フロントエンドアーキテクト
  3. 3. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD 2.UXDの価値を考える 3.やること 4.結果 5.気を付けてること
  4. 4. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD よくきく手法 ・インタビュー ・ジャーニーマップ ・KJ法 ・KA法 ・構造化シナリオ ・カードソーティング ・アクティングアウト ・ペルソナシナリオ法 たしかに、やり切ったら、高い価値を実感できる。 ・・・などなど
  5. 5. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD だけど、現実はそんなに甘くない。 終電 定時 月 火 水 木 金 普段の業務 追加っすか?
  6. 6. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD しかも・・・・ 「それは、お前の意見だろ?」 「で、いくら儲かるんだ?」 「責任とれんのか?」 「結局主観だろ?」 「いいから言われた通り作れよ」
  7. 7. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD
  8. 8. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD とはいえ、私たちは、デザイナー。 社会にとってよくないものを排出するのは、良心が痛む。 時間がなくても、予算がなくても、 できることはないだろうか?
  9. 9. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD 2.UXDの価値を考える 3.やること 4.結果 5.気を付けてること
  10. 10. 2015/09/08 UX JAM #02 2.UXDの価値を考える 「UXDやる!」 でもいいんですが、取り組む価値を実感してないと、 やっぱり行動できないことが多い。
  11. 11. 2015/09/08 UX JAM #02 2.UXDの価値を考える バリューチェーンを超えて、 みんなでサービスを考えるための合意形成 ・・・せめて制作側だけだとしても。 エンジニ ア 営業 デザイ ナー マーケ ター マネー ジャー 例えば・・・
  12. 12. 2015/09/08 UX JAM #02 2.UXDの価値を考える 巻き戻り、ちゃぶ台返しが起こりにくくするため 「言った!」「いや、言ってない!」 設計 グラフィック 実装 例えば・・・
  13. 13. 2015/09/08 UX JAM #02 2.UXDの価値を考える 少しでも、 人工物の社会適合性、継続性が あがればいいな。。。という希望 始めの 一歩 次の 歯車 次の次 の歯車 例えば・・・
  14. 14. 2015/09/08 UX JAM #02 2.UXDの価値を考える 結局、自分なりに、腑に落ちて、 価値を見出していればいいと思います。
  15. 15. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD 2.UXDの価値を考える 3.やること 4.結果 5.気を付けてること
  16. 16. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 時間も、予算もない。 気力もなくなりそうだ・・・・ でもデザイナーとしては、少しでもなんとかしたい・・・。
  17. 17. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 1.『ユーザー』って誰?を理解する。 30 min 直接的なユーザー ユーザーは多様であることを知る 間接的なユーザー システムとのインタラクションは行わないが、 その結果を受ける人。 システムとのインタラクションを能動的に行う人 システムをサポートする人 システムとのインタラクションを受動的に行う人 (Webサイト周辺での一例) Webサイトで情報を集める人 Webサイトを使ってお問い合わせをした人の 内容を受ける人 Webサイトを運用メンテナンスをする人 Webサイトで情報を集めた結果、 判断などを行う人
  18. 18. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 使う人だけじゃない、関わる人全員を知る・・・。 といっても、会ったことも見たこともないユーザーを知ることは困難。 →まずは、自分の取り巻く人の関係性を把握する。
  19. 19. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 過去 現在 ちょい未来 未来 関係するヒト 起こったコト 周辺のモノ ③ここを提示してあげる。 ②あるべき姿を描いて・・・ 頭の中を整理するマトリクス例 ①過去と現在を把握し、
  20. 20. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 2.バリューチェーン外のユーザー志向をインストール ユーザーの景色を知る。 例) ・googleのサジェスト、一覧画面 ・閲覧するサイトの中の情報、見た目。 ・他の人との関わりあいはどうだったか。 ・場所は?会社?家?移動中?スマホ?PC? ・口コミは?何歳くらい?性別は? 30 min ≒ 事実
  21. 21. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること どうありたかったか、書き出す。 ・本当は、人に相談したかったんだけどな、、、 ・めんどくさい操作は嫌いなのに、いつも入力項目が多い。 ・手にとってみないとわからない。実物を触りたいのになぁ。 ・Web完結でも、信用できるかわからないから、やっぱり電話したい。
  22. 22. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 3.バリューチェーンの中と外を突きあわせる • リソース • 工期 • ステークホルダー とか。 30 min 現実 理想 • ユーザー、生活者 • 社会 • 関係者の幸せ とか ここを探す
  23. 23. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること ここまでかかった時間 30 min 30 min 30 min 『ユーザー』って誰?を理解する。(自分に近い関係性をまとめる) バリューチェーン外のユーザー志向をインストール バリューチェーンの中と外を突きあわせる 90 min + + = 現実と理想との違いの中で、 デザイン可能な範囲を知ることができるまでの時間。
  24. 24. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること もちろん、完璧じゃないし、粗く穴もいっぱいある。 でも、工期もリソースもなかったとしても、 理解しようとすれば、できることもある。 もっともデザイナーとしてよくないのは、反証をしないこと。
  25. 25. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 最後に、近いメンバーと話しをする ・「本当はこうじゃない?」を共有・議論してみる。 ※”打ち合わせ” はしない。 委員会ではなくコミュニティを。 price less
  26. 26. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 他にも、ギリギリできることはやってみる ペーパープロトとか、印刷して人呼んでやる時間もつらい・・・ →フォトショッププロトタイピング! 自分の意見だけだと、バイアスかかりすぎてる・・・ →隣の意見は神の声! ユーザーが”わかる”のかわからない・・・ →必殺おかんテスティング!
  27. 27. 2015/09/08 UX JAM #02 3.やること 他にも、ギリギリできることはやってみる もうやってられるか! 酒でも飲もう・・・ →泥酔ユーザーテスト! 朝まで仕事してるんですが・・・・ →睡眠不足 de 認知不足! もう間に合わない・・・だめだ・・・ →遠い目で数メートル先からチェック! などなど
  28. 28. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD 2.UXDの価値を考える 3.やること 4.結果 5.気を付けてること
  29. 29. 2015/09/08 UX JAM #02 4.結果 ということを、日頃から繰り返していると・・・ • 先回りして把握できるので、手戻りが少なくなる。 • 結果が出て、発言権が少しづつ増えてくるので、いろいろやりやすい。 • なにより、周りが興味を出し始め、 勝手にUTとかプロトとか、ユーザーの話をしてくれる。
  30. 30. 2015/09/08 UX JAM #02 4.結果 しっかり考えてから行動するので、 おのずと、良い結果になっていくんだね! 大事なことは、相手の立場に立つことだね!
  31. 31. 2015/09/08 UX JAM #02 1.よくいうUXD 2.UXDの価値を考える 3.やること 4.結果 5.気を付けてること
  32. 32. 2015/09/08 UX JAM #02 5.気を付けていること • 自分がどんなバイアスをもってるか、知っておく。 • 理想論ばかりいっても仕方ない。作れなきゃ意味がない。 • 自分が”サイロ”にならないために、他領域を勉強する。
  33. 33. 2015/09/08 UX JAM #02 5.気を付けていること まとめ 1.[30min] 2.[30min] 3.[30min] 4.[priceless] 5.1~4を、粘り強く繰り返す 身の回りの関係者の歴史と意見をまとめる ユーザー行動をトレースしてみる 落としどころを見つける 把握できたプロセスや発見を共有する
  34. 34. 2015/09/08 UX JAM #02 何かのご参考になれば。
  35. 35. 2015/09/08 UX JAM #02 参考図書 人間中心設計の基礎 インターフェースデザインの心理学 認知心理学 人間工学 Web情報アーキテクチャ 誰のためのデザイン? 情報デザインの教室 などなど・・・ ユーザビリティエンジニアリング
  36. 36. 2015/09/08 UX JAM #02 ありがとうございました。

×