Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Venture-Seminar at Goodfind (YUTAKA ITO, SLOGAN Inc.)

  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

Venture-Seminar at Goodfind (YUTAKA ITO, SLOGAN Inc.)

  1. 1. キャリゕセミナーGoodfind流優良ベンチャーの見つけ方/見分け方経営者/起業家志向のためのフゔーストキャリゕ選択論主催スローガン株式会社
  2. 2. プロフゖール伊藤 豊スローガン株式会社 代表取締役社長1977年11月に栃木県河内郡(現・宇都宮市)に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。その後、文転し、文学部行動文化学科心 理学専修課程を卒業後、 2000年に日本IBMに入社。システムエンジニゕ,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケテゖング部門にてプランニ ングワークに従事する。その後、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケテゖング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。「世界から称賛される日本をつくる」をスローガンに、海外展開を目指す成長企業、国内で新産業・新事業を創造するベンチャー企業に対して、人的資源の面から支援するベンチャーヒューマンキャピタルとして活動。経営者キャリゕの創り方や就職活動、ベンチャー企業論など、セミナー講師実績多数。大学や学生団体向けの講演もおこなう。Blog: http://slogan.livedoor.biz/ E-mail:twitter: http://twitter.com/yutaslogan ito@slogan.jp 1
  3. 3. はじめに・大人もわかっていない人が多い分野。 起業家のキャリゕ研究理論は確立されていない。・数百人の起業家・経営者にヒゕリングした結果と 5年ずつの大企業と創業ベンチャー経験をもとに導出。・答えなんてないし、大企業叩きをしたいわけではない。 ただ、大企業は起業家人材を殺す傾向があり、 それ前提に頑張って工夫されている人たちにも敬意有。・あまりにもベンチャーやスタートゕップ、起業について 誤解が多い。誤解どころか無知である点に問題意識。
  4. 4. agendaベンチャーについての誤解もろもろ起業家・経営者になるキャリゕ良いベンチャー、ダメなベンチャーの見分け方゗ケているベンチャー企業の見つけ方
  5. 5. theme1ベンチャーについての誤解もろもろ
  6. 6. ベンチャーにいく上での不安って何ですか?
  7. 7. なぜベンチャーか?ベンチャーのマ゗ナス点とリスクと思われている点 ・将来性が心配。倒産リスク。倒産しないまでもいまいちリスク。 ・仕事一色になって、ワークラ゗フバランスがとれない? ・転職しにくい。特に大企業に転職できない? ・成果へのプレッシャーが強すぎる? ・収入が不安定。生活に困るリスク? ・リソースがなくてできることが限られる? ・経営者への依存が高すぎて、社員として成長できるか未知数? ・教育制度がととのっておらず心配? ・オーナー/所有権が今後どうなるかわからない? ・親に反対される?周りに馬鹿にされる? ・合コンでモテない?
  8. 8. なぜベンチャーか?ベンチャーの良い点(ベンチャーならではで、大企業にはないもの)・若いうちから裁量のある仕事ができる・昇進が早いため成長スピードが速い・経営者と近くで仕事ができ、経営力が身につく・経営者との゗ンターフェースがもちやすいことが多い・自分の仕事、自分の上司、仲間を選べる・若い組織が多いためフラットで自由なワークスタ゗ルが多い・理念、社会的意義、使命に忠実に仕事ができる仕事・事業化マ゗ンドを持てる。×サラリーマンマ゗ンドにならない・雇用の流動性が高い(厳しいぬるま湯)・企業価値の向上に伴う財産を得るポテンシャルがある
  9. 9. 大企業のリスク・できあがったリソースが前提となる仕事力しかつかない。 (できあがっていない世界で仕事ができなくなる)・裁量のある仕事ができるまでの道のりが長い。・昇進が遅い。マネジメント経験による成長スピード遅い。・営業マ゗ンド/事業マ゗ンドが身につかない・リストラするリスクが高い(大きくなりすぎた組織。縮む市場。効率化される仕事。グローバルソーシング)・雇用の流動性が低い(転職しづらい)・リストラされた際に、次に行き場がない。・自分の仕事、自分の上司、仲間を選べない
  10. 10. 大企業の人たちの意見の大部分は間違っている根拠・大企業にいる人たちの以下のような発言は、信ぴょう性がない。「まずは大企業で学んだ方が良い」「いつでもベンチャーはいける」「大企業出身の方が起業した際に有利」・大企業から起業する人の割合をご存知ですか? 上記のような発言をしている人の99%以上は起業しません。 99%以上の人は、上記のような発言をしつつ、そのまま 長期サラリーマンコースにロック゗ンされます。・IBM同期500人中起業した人(入社10年後まで2名(0.4%)) 三菱商事も起業する人は、10年で3-4人程度(0.4%)
  11. 11. 大企業で経営者や起業家が育ちにくい理由・大企業は事業拡大・組織拡大期を過ぎてしまっている。・今の大企業も昔は成長企業だった。・日本の高度成長期とともに、大企業にも成長機会がたくさんあった。・しかし、その中でも本流花形事業からは経営者は生まれない。(大企業の出世競争→経営者に残るのは傍流出身)・海外子会社や子会社経験がある人が経営者能力を高める。(ヒト・モノ・カネが恵まれない中で事業を創る経験が重要)・将来、良い会社に入って楽をさせるために子供を良い学校に行かせるという、親の価値観は大きな間違いのもと。楽をするということは能力を弱体化させて、変化への適応力を弱めること。
  12. 12. 大企業では経営者的人材が育たない理由大企業のビジネス生態系と、スタートアップのビジネス生態系は全く違う。 お客様がたくさんいて お客様がいない。 パイプもできている 信用もなく、営業しにくい。 組織/チームメンバーも 組織もメンバーもない。 たくさんいて、それなりに優秀 優秀なメンバーが来ない。 支援システムもしっかり 充分なシステムもない。 商品・サービスもしっかりと 商品・サービスもいまいち。 できあがっている 改善の余地がたくさんある。 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  13. 13. 事業創造力とは何なのか? お客様を創る力 組織・体制を創る力 商品・サービスを創る力 ・顧客ニーズを具体的に捉えることができる力 ・現実的なスキーム/手続きを構想し、アクションプランまで落とし込む力 ・当事者として、泥臭く目的遂行する力(営業力・交渉力・現場の知恵) Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  14. 14. theme2起業家・経営者になるキャリゕ
  15. 15. 起業家志望なら知っておきたい事実・大企業出身の起業家が多いように感じる本当の理由 -1998年以前と以降で大きく違う点に注意 - 今の大企業も昔はベンチャーだった会社も多い - 知名度と確証バ゗ゕスの関係・ベンチャーにいる方が起業確率が高い理由 - 起業家・経営者との接点/接触時間が長い。 - 先輩・同僚が起業するケースが多い。 - 会社を辞めることに抵抗が少ない。 - 事業機会へのゕンテナに敏感になり、チャンスに気づきやすい。・VCがおすすめする起業キャリゕ - 学生時代にベンチャーで゗ンターン - 卒業と同時に起業。または新卒入社し、数年内に起業。 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  16. 16. キャリゕに関するよくある誤解・大企業からベンチャーは行けるが逆は無理?・大企業出身者はちやほやされる、信用される?起業する際に大企業出身というブランドが役に立つか?※とあるネ゗テゖブな起業家の衝撃的なひとこと・コンサルテゖング会社出身は市場価値が高い?・経営を学ぶためコンサル会社で学んでから起業?・フゔ゗ナンスの知識が必要だから金融で学んでから起業?・ベンチャーはリスクが高すぎる?・ベンチャーキャピタリストが語る、一番投資したい起業家像・昔ベンチャー今大企業という会社がたくさんあるという事実。・外資系に行くというセンスのなさ。 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  17. 17. 常に人材輩出の「旬」の会社が移り変わる。 輩出ブランドが世の中に広がる頃にはタ゗ムラグがある。 輩出ラグ 坂を登る前~登っているプロセスに飛び込んで、在籍し、 とは? 坂を登る苦労をした人たちが、結果的として活躍しているが、 その人たちが活躍する頃には、出身母体は既に坂を登りきっている。 その他:旬を過ぎた会社の例 アクセンチュア、ソニー、 インテリジェンス、野村證券、 メガ商社、メガバンク リクルート (2000年頃)Corporate 日本IBM 楽天/サイバーエージェント (1993年頃) (2007年頃)Size DeNA (2009年頃) リクルート (1990年頃) 楽天/サイバーエージェント 日本IBM (2000年頃) (1970年頃) DeNA ??? (2002年頃) (現在) Time Line Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  18. 18. 成長格差論 Frontier seeker Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  19. 19. 世の中にはすごい人たちがいる・27歳で50億円の資産を築き、 1年で10億円のキャッシュを生み出す・28歳で資産50億円。上場企業取締役。・30台前半でゴールドマンサックスの役員。・40代で唯一のMUFGグループ取締役 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  20. 20. キャリゕの黄金則若くして成功するための普遍的な条件とは? Promotion 先輩が少ないところ Scalability 大きくなるところ Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  21. 21. Where is the next frontier ?既に有名、ブランド化している組織ではないのは間違いない。じゃあどこか?・10年で10倍になる可能性・50-100人以下・優秀な人間が集まっている Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  22. 22. 理想的スタートゕップのキャリゕパスChris Dixon 将来起業したいなら、 スタートゕップ以外の会社 で働く経験はほとんど無駄 スタートゕップの世界で頑張っている方が、大企業で働く よりも、よっぽど雇用の安定を得られる。創業メンバー、 経営陣、投資家と濃い人脈を得られる。これは大企業では 得るのは無理。 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  23. 23. PayPal マフゖゕをデゖープダ゗ブしてみた 1/2コンサル3名(全員2年未満退職)、上場ベンチャー(ゕップル)1名、スタートゕップ系9名(うち3名が共同創業、5名がPayPal、1名が別のベンチャー)、その他2名(独立コンサル、法律事務所)Reid Hoffmanは初職ゕップルですが、90年前後のゕップルを大企業(ブランド企業)と言って良いのか微妙ではないでしょうか?当時売りに出されるなど業績的にはずっと不振だったはずElon Muskは、ネ゗テゖブな起業家で、もとから初職がスタートゕップで連続して起業を成功Roelof Bothaは、初職は南ゕフリカのMckinsey。2年も経たずにスタンフォードMBA、PayPalDavid Sacksは初職Mckinseyですが、1年も在籍せずに、PayPalの創業に参画しています。Premal Shahは初職がMercerですが、1年半しか在籍せず、その後PayPalです。Chad Hurleyは初職PayPal。Jeremy Stoppelmanは初職がExcite@Homeという当時設立直後のスタートゕップだったはず。6か月だけ働いて、スタートゕップのPayPalにジョ゗ン。Max Levchin(Slide創業)の初職:スタートゕップ(共同創業)Steve Chen(YouTube創業)の初職:スタートゕップ(PayPal)Jawed Karim(YouTube創業)の初職:スタートゕップ(PayPal)Russel Simmons(Yelp創業)の初職:スタートゕップ(PayPal)Daniel Issen(AdBriteのVP)の初職:スタートゕップ(PayPal)Jared Kopf(Adroll他創業)の初職:スタートゕップ(共同創業)Dave McClure(投資家)の初職:独立ITコンサルタントKeith Rabois(数々の企業の経営陣):Law Clerk(法務書記?) Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  24. 24. PayPal マフゖゕをデゖープダ゗ブしてみた 2/2注目すべきは、初職が伝統的な大企業という人が皆無である点コンサルフゔームが良い理由があるとすれば、すぐ辞める点でもやっぱり、スタートゕップや新興企業が良い理由 - 20代後半までに部下を持つ経験、経営陣との距離結論初職が伝統的な大企業では起業や若き経営者を目指すには不利 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  25. 25. 職種に関する考慮点・職種は、営業かエンジニゕからスタートし いち早く、事業リーダー、事業部長を目指すべし・営業なら、営業相手が経営者や経営層である営業 (大企業向けよりもSMBが良い)・エンジニゕなら、絶対ウェブ系自社サービス。 NRIやNTT系の受託・基幹系とかは避けたい。・企画職や管理部門はできるだけ避けたい。 コンサルとか、外資フゔ゗ナンス職もダメ。 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  26. 26. theme3良いベンチャー、ダメなベンチャーの見分け方
  27. 27. ベンチャーは、玉石混淆なのも事実 真のベンチャー企業とは何か? ・社会的意義 ・志 おすすめのベンチャーを決める要素は? ・経営者 ・ステージ ・縁 ・GIVE
  28. 28. 良いベンチャー企業とは?・マーベリックかどうか?・ゕジェンダをしっかり持っているか?・理念がエゴ゗ステゖックではないかどうか?・経営陣が事業を死ぬ気でやっているか?・できあがっていないこと。・人材への期待、若い人への期待が高い。
  29. 29. 成長したい人ほど、成長できないパラドクス これから目指すべきは組織にコミットする貢献型リーダー 自責思考 自己成長 貢献型 エゴイスト ビジネスリーダー成長(Take)志向 貢献(Give)志向 I志向 We志向 主語が“I” 主語が ジョブホッパー 組織依存型 “We” 青い鳥症候群 ぶらさがり人間 他責思考 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  30. 30. theme4゗ケているベンチャー企業の見つけ方
  31. 31. 有望分野コミュニケーション ソーシャル、モバ゗ル、メデゖゕ、ゕドテク、人工知能、認識&検索、 オンラ゗ン2オフラ゗ン、シェゕ、CtoCソーシャルエンタープラ゗ズ 企業内システムのソーシャル化、ウェブ化エンターテ゗メント コンテンツ、ゲームリスクマネジメント セキュリテゖ、各種保険ソーシャルプロブレム 環境(EV)、エネルギー、水・食糧、教育、福祉、医療 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  32. 32. Social Networkingソーシャルネットワーク型サービスの注目すべき企業9社facebook言わずと知れた世界最大のソーシャルネットワーク。 foursquare Linkedin 位置情報連動サービス ビジネスネットワークSNS。 場所にチェックインして、クーポンや リクルーティングのプラットフォーム。 バッジ、メイヤーを獲得するPathリアル&クローズの情報共有 Instagram Ning SNSを簡単に作成できるツール キレイな写真を共有できる 写真共有ネットワークColorその場にいる人たちと勝手に写真を共有できちゃうサービス Pixiv (ピクシ Lang-8 (ラン 日本発イラスト共有SNS。 言語学習用の日記相互添削SNS。 ブ) 世界中からアクセスを集める。 ゲート) 日本発・世界からアクセス集める。
  33. 33. Communicationコミュニケーション・情報共有分野の注目すべき企業7社 Tumblrtwitter 手軽に記事、写真、動画などを アップできるミニブログサービス Posterous言わずと知れたコミュニケーション メールだけで簡単にブログをサービス 更新できるマイクロブログ hunch ユーザの意思決定支援 Groupme プラットフォーム。 Quora グループメッセージング とても質の高いQ&Aサービス。 シリコンバレーの英知が集結。 Beluga グループメッセージング。Facebookに 買収された。
  34. 34. C to C / Sharing EconomyC to C ・シェア型サービスの注目すべき企業8社 Airbnb FlutterScape 部屋の間貸し/間借りサービス Etsy ハンドメイド品の出品/販売 (フラッタースケープ) マーケットプレイス 日本のプロダクトを世界へ販売する。 thredUP 子ども服交換サービス Zopa PROSPER 英国発のP2P融資オークション 個人間でお金の貸し借りができる P2P金融サービス NeighborGoods 近所でモノを交換するサービス AQUSH (アクシュ) 日本発のソーシャルレンディング。 個人間でお金の貸し借りができる。
  35. 35. Marketing Technologyマーケティングテクノロジー分野の注目すべき企業7社 Zoomerang オンライン調査ソフトウェア SurveyMonkey オンラインマーケティング調査ツール BRIGHT EDGE SEOマネジメントツール WILDFIRE ブランド重視のインタラクティブ conductor マーケティングツールを提供 BORDERS ( ボーダーズ) SEO測定と最適化テクノロジー マーケティングインテリジェンス BrainPad ( ブレインパッド) データマイニング&レコメンド
  36. 36. Online to Offlineオンライントゥオフラインの注目すべき企業7社 OpenTable Yelp レストランのオンライン予約 Groupon 地域のレストランなどのクチコミ、 フラッシュマーケティングの 評価を書きこむサイト 世界的リーダー Yipit 地域ごとの割引クーポンまとめサイトZaarly Livlis (リブリス)欲しいものを交換できるサイト ユーザ同士でモノを交換するサービス 元はてな副社長の川崎氏が創業。 JMTY ( ジモティー ) ソーシャルクラシファイド分野の 日本発スタートアップ。IVPが創業。
  37. 37. Cloud Services / Applicationsクラウドサービス・アプリケーションの注目すべき企業8社 Yammer 社内版Twitter。社内SNS代わりにも。 Hubspot インバウンドマーケティング支援ツール Salesforce CRM(顧客管理) サービス。クラウドの 世界的リーダーカンパニー Producteev Jive Software コミュニケーション&コラボレーション タスク管理支援 successfactors ビジネス遂行支援 practice fusion Cybozu(サイボウズ) 電子医療データのクラウド化 グループウェア
  38. 38. コミュニケーションの飽くなき発展
  39. 39. クラウドソーシング・ソーシャルコラボレーションの時代
  40. 40. もう一つのクラウド。ソーシャルエンタープラ゗ズという潮流
  41. 41. 環境・エネルギー分野
  42. 42. theme4゗ケているベンチャー企業の見つけ方国内の注目ベンチャー
  43. 43. 注目の国内スタートゕップ/ベンチャー/上場ベンチャー Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  44. 44. theme4゗ケているベンチャー企業の見つけ方情報収集の勘所
  45. 45. Facebook, Twitter, Linkedinを使っていますか? Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  46. 46. TechCrunchを読んでますか? Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  47. 47. Mashable, The Next Web, ReadWriteWebを読んでますか? Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  48. 48. VCの投資先をチェックしていますか? Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  49. 49. スタートゕップの動向チェック
  50. 50. Ron Conway’s 7 Tech Megatrends Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  51. 51. 本をちゃんと読んでいますか?
  52. 52. 最後に本当に偉大なベンチャー起業家は皆、20代で起業している事実。ブランドや世間体など気にしている暇なく自らに起業家的スキル・資質・姿勢を磨くことが必要。レジュメビルデゖングなんてダサいことしている余裕なんてない。 Copyright©SLOGAN Inc. All Rights Reserved.
  53. 53. STAY HUNGRY,STAY FOOLISH.
  54. 54. DON’T BE LAME.
  55. 55. Contact伊藤 豊 スローガン株式会社 代表取締役社長すべて実名さらしてやってます。 Blog: http://slogan.livedoor.biz/ twitter: @yutaslogan facebook ID : yutaslogan E-mail: ito@slogan.jp

×