Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
de:code 2019 CD09
Blockchain as a Service 最新情報と新サービスに
おけるBlockchain アプリ開発手法
日本マイクロソフト株式会社
インテリジェントクラウド統括本部
Technology Solu...
はじめに
Build 2019でのセッションの一コマ
資料をご覧頂きながらどうぞ!
お席によってはスクリーンが見づらい箇所があります。
是非、資料を参照しながらご聴講ください。
配布資料と共に、過去のブロックチェーン関連セッション資料も配布しております。
https://aka.ms/decode...
愛称「デプロイ王子」 / 元 Microsoft MVP (Azure) でした。
いわゆる何でも屋、インフラもプログラミングも大抵の事はやってきました。
現在は、主にエンタープライズ企業のお客様を中心に、Microsoft Azureに関する...
David Burela
Senior Software Engineer
Blockchain Tech lead for Australia
Likes to drink Umeshu
アジェンダ
Blockchainの基礎とビジネス活用のQuick Catch’up
Azure Blockchain Serviceの構成と構築
実際のコントラクト開発
既存システムのとの連携
電子署名
公開鍵と秘密鍵技術を用いています。
ブロックチェーンはこの技術を使っ
て、データを作成する事で不正を防
止し信頼あるデータを確立します。
データの共有
ブロックチェーンの値は、参加する
組織や企業の間で直接共有すること
ができます。競...
信頼は常にビジネスプロセスの基礎となって
います
Seller’s Agent
Land Registry
Buyer
Lending Bank
資産取引
Property
Inspector
Appraiser
Insurer
Source
...
現在の構築方法は、信頼関係を構築する為に無駄を
発生させています
…Blockchainネットワークはコストを
削減し、時間を節約し、リスクを低
減します。
遅くて、コストがかかる、仲介者から
の手動の検証方法から移行する…
Blockchainは、複数の企業や個人の間で
真正性のある共有場所を設けます
Blockchainは、企業での特定のニーズに対応する時
に役に立ちます
ビジネスプロセスが信
頼できる境界域を越え
る場合
複数の関係者が同一
データを処理する場合
信頼できる1つの情報源
を中継しコントロール
する場合
低価値の手作業のデー...
各業界全体に渡るユースケースとアプリケーション
Loyalty tracking
Product provenance
Logistics management
Digital rewards
P2P selling
Ticket purcha...
アプリケーションは二つのカテゴリに集約されます
ワークフローアプリケーション
複数の関係者間のワークフローのトラン
ザクションを事前に合意したネットワー
クでのルールに照らし合わせ、自動的に
チェックする事によって効率化
交換/取引アプリケーシ...
Starbucks | Bean to Barista
Challenge
スターバックスはコーヒーを取り巻く広大な
サプライチェーンでコーヒー豆の動きの可視
化を向上させる必要がありました
Strategy
スターバックスはBlockchai...
Using blockchain to reinforce trust from farmer to customer
輸送
真正性が検証され、コーヒー豆を
向上に配送される。
顧客
購入した顧客は、農場からカップ
に注がれるまでの、保証やその...
“Delegating to Microsoft allows us to focus on customer challenges and solutions at scale, rather than
expending resources...
Challenge
• マイクロソフトと Xbox ビジネスのゲーム
パブリッシャーには、ロイヤリティシェ
ア支払のリコンサイルと再計算の問題が
ありました。
• 既存のロイヤリティ支払方法は表計算に
依存しており、費用がかかり、プロセス
は通...
• 購入したゲーム
• 発行者ID
• 価格
• 顧客の年齢
• 顧客の性別
• 場所
コントラクトの作成
コントラクトの可視化
• 販売ランキング
• 発行者ロイヤリティ
• 発行者の需要
• 純収益
パートナーとのロイヤリティ情報の共有と管...
Challenge
• 世界中の6人に1名が法的文書なしで生活
し、投票、医療、住宅、銀行、教育など
の重要なサービスへのアクセスをはく奪
されています。
• IDの提示手段がなければ、難民と亡命希
望者は国に到着したときに拘禁されてし
まいま...
IDカードなしで難民のサービス利用が可能になる例
難民Xが生体認証を
実施
国連が難民Xの生態や経歴情報
などを登録し、Xが別名で登録
されていないことを確認し重複
除外を行う
国連はID確認のプロ
セスを行い、Xへの
identityを発行、...
Challenge
• 日々、Webjetから予約されるホテルへの
大量の予約トランザクションの不一致の
経験からこれらを低減する
• 予約エラーは、顧客の体験に悪影響をも
たらし、Webjetとパートナーの間の信頼
を損ない、財務的な損失も考...
ブロックチェーンの実行の仕組み| 複雑な予約の管理
1 台
2 席
予約可能状況: 4 月 28 日
1 部屋
今すぐ予約
スポーツ セダン
フライト 288
クイーン ルーム
5 日間
5 日間
消費者
シームレスな信頼性の高い予約によっ
て...
Challenge
• 3Mは医薬品サプライチェーンを構築し、
偽造薬物の侵入を防ぐ為の解決策として
ブロックチェーンを解決策として活用し
た。偽造薬物は、2000億ドルの犯罪産業
である。
• 偽造品はブランドの評判や収益に影響を
もたらす意...
IoT デバイスによって、移動中のさまざまなポイントで QR コードをスキャンし、ブロックチェーン上で更新された一意のシリ
アル番号を記録しています。
この100個は製品の完全性に違反しています。
このケースでは、配送業者2は、スマートコントラ...
Challenge
• Singapore Airlinesは顧客のマイレージプ
ログラムの向上を考え、よりリワードポ
イントの引き換えを行いやすいように考
えていた
• 拡大するパートナーとのネットワークを
管理する方法を必要としていた
St...
Blockchain in Action | Partner network management
Digital wallet
Reward points are stored
in the customer’s digital
wallet...
Challenge
• Maerskは重複し、非効率であり、透明性
が無く、データに対して不正行為を排除
し、無駄な双方の作業が無く、海上保険
における作業ができる事を望んでいた
• 加えて、保険料率とコストのバランスを
取りつつ、複数の規制当...
SAFE ZONE
Realignment
Ship returns to the
recommended course
DANGER ZONE
Unexpected detour
Ship deviates from predicted pa...
Challenge
• Bank of America Merrill Lynchは
Standby Letter of Credit (SBLC)をマイク
ロソフトに確認し、発行する時間の短縮
を検討していた
• 従来のプロセスは、複数の当事...
Blockchain in Action | Standby letter of credit issuance
Initial agreement
Applicant agrees to
transact with beneficiary
v...
Microsoftは2015年からお客様と共にBlockchainを進めて
きました。
MicrosoftはBlockchain開発をいくつか基本的な過程に
分割しています
Blockchainネットワーク
の展開と管理
スマートコントラクトのモ
デリングと開発
アプリケーションのビル
ドと拡張
手作業による
台帳の展開
ビジネス
ロジックの作成
署名、ハッシュ、
および
ルーティングの
調整
スマート
コントラクトの
参照データの
保管
チェーン外の
DB との
データの同期
メッセージ
およびイベント
の取り込み
Web
クライアン...
Azure Blockchain Service
Azure Blockchainは開発者の各場面でのニーズを支援
します。
Blockchainネット
ワークの構築と管理
Blockchainネット
ワークの構築、デプ
ロイ、管理
スマートコントラク
トのモデリングと開
発
VS Code
...
容易に堅牢なネットワーク基盤の管理と
構築ができます。
柔軟なネットワークの準備
いつでも構成とリソースをフルカスタマイズと、
確認ができるネットワークが数分で構成できます。
ネットワークメンバーの新規追加
新しいメンバーとノードを迅速に準備、...
サービス組み込みのコンソーシアム管理機
能による、ガバナンスとスケーラビリティ
ネットワークガバナンスの確立
ポリシーの作成、プライバシー設定とメン
バーのパーミションの作成、シンプルなイ
ンターフェイスを介した、投票の管理
ネットワークの状態...
オープンで拡張性の高い設計で迷う
事無く開発できます
既存のシステムとの
接続
既に複数企業で共同利用し
ているマルチパーティアプ
リケーションやデータソー
スとの統合
簡単にプロダクショ
ンへ拡張
Workbenchでのプロトタイ
ピングと準...
Demo 環境について
Decode 2019 Demo Environment
Blockchain環境展開、
ネットワークの構成
Demo 1
Azure Blockchain Service / Building Consortium
新規作成
TXノード拡張
Web3/RPCでの接続
例) EPIRUSを使った
RPCでのトランザクション確認
コンソーシアム拡張
# Moduleの読み込み
Install-Module -Name Microsoft.AzureBlockchainService.ConsortiumManagement.PS -Scope CurrentUser
Import-Modu...
コンソーシアムの参加、構成状況
VSCodeでのSolidity開
発
Delivering a world class developer experience
ソースコー
ドの静的解
析
コンパイル
ファイル…
新規プロ
ジェクトの
作成
チェーンの
フォークと
ローカルで
の開発やテ
スト
PowerApp
...
Azure Blockchain Development Kit for
Ethereum VS Code
Demo 2
Azure Blockchain Development Kit for Ethereum
ネットワークとの接続
プロジェクト作成
コントラクトのビルド
デプロイ
Logic Appなどのコントラク
トを実行する支援コードの
自動生成
デバッグ、ステップ実行
スマートコントラクトの開発とモデリング
voting.sol – Visual Studio Code
BUILD
TEST
DEPLOY
INTEGRATE
VS Code
他のAzureサービスと
の連携
スマートコントラクト開発者だけで無く、すべての
開発者やサービスに関わってきます。
App and
Service
Developers
Microserviceの一
部として、スマー
トコントラクト実
行と状態のREST
APIの自動設定
D...
Logic App and Flow Ethereum Connector
Logic App and Microsoft Flow
Templates for
• マイクロサービスのエンドポイント
• クラウドイベント処理やメッセージ
処理
...
Updates Build 2019
Logic App and Microsoft Flow
Connector Updates
• プライベートトランザクション
のサポート
• US Govクラウドを含む、全
リージョン同時提供
Dev K...
Ingest Transform Attest Read & Route
アプリケーションに新しい機能を拡張できます。
Sensors
and IoT
(unstructured
)
Apps
Transaction
Builder
Logs
...
Demo 3
Logic Apps to Blockchain
Logic App側のワークフロー
DBに一行インサート
LogicAppがイベントを受け取り実行
Azure Blockchain WorkbenchのAzure
Blockchain Service対応の開始 Dev Kit
コンソーシアムにおける、
スマートコントラクトのAzure DevOps用のガイダンスの提供
DevOps for Smart Contracts
• 考えておくべき考慮事項
• 実装・実践ガイド
http://aka.ms/bcdevopsp...
The Confidential Consortium Framework (CCF)
Open Source : https://github.com/microsoft/CCF
Available today…
Confidential Consortium
Framework (CCF)
• Released as OSS
• Hosted on GitHub
• Apache 2.0 License
様々なお客様やパートナー様がAzureでブロックチェーン
アプリを開発しています。
PARTNERS CUSTOMERS
Get started now!
まずは、あなたの最
初のネットワークを
構築しましょう Azure
Blockchain Service
ビジネスでどのよう
にブロックチェーン
が活用できるかを学
びましょうleveraging
blockc...
Information
de:code 2019
公式イベントアプリでアンケートにご回答ください。
回答完了画面を受付でご提示いただくと、もれなくオリジナルグッズを
進呈いたします。
※詳細はお手元のカンファレンスガイドをご覧下さい。
de:c...
© 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved.
本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。
© 2019 Microsoft...
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法

731 vues

Publié le

Build 2019 にて、Azure Blockchain ServiceやVSCodeでの開発拡張など、ブロックチェーン関連のサービスとプロダクトが発表されました。
このセッションでは、今までブロックチェーン技術をキャッチアップした事がない人にも、わかりやすくBuild 2019 で発表された新サービスの解説します。
皆さんが手軽にソフトウェアにブロックチェーン技術を取り入れやすくなるように、新サービスのデモンストレーションとブロックチェーンアプリケーションの開発手法やノウハウなど、デモ満載で紹介します。

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

de:code 2019 CD09 【Build 2019 発表】Blockchain as a Service 最新情報と新サービスにおけるブロックチェーン アプリ開発手法

  1. 1. de:code 2019 CD09 Blockchain as a Service 最新情報と新サービスに おけるBlockchain アプリ開発手法 日本マイクロソフト株式会社 インテリジェントクラウド統括本部 Technology Solutions Professional 廣瀬 一海 (デプロイ王子) Microsoft Corporation CSE Senior Software Engineer David Burela
  2. 2. はじめに
  3. 3. Build 2019でのセッションの一コマ
  4. 4. 資料をご覧頂きながらどうぞ! お席によってはスクリーンが見づらい箇所があります。 是非、資料を参照しながらご聴講ください。 配布資料と共に、過去のブロックチェーン関連セッション資料も配布しております。 https://aka.ms/decode2019cd09
  5. 5. 愛称「デプロイ王子」 / 元 Microsoft MVP (Azure) でした。 いわゆる何でも屋、インフラもプログラミングも大抵の事はやってきました。 現在は、主にエンタープライズ企業のお客様を中心に、Microsoft Azureに関する技術支援を行っています。 普段は、お客様とAzureの使い方について設計や検証を一緒に行う活動の傍ら、コミュニティやセミナーの登壇、書籍や Webメディアへの執筆活動なども行っています。 Kazumi Hirose 日本マイクロソフト株式会社 Azure Tech Solutions Professional
  6. 6. David Burela Senior Software Engineer Blockchain Tech lead for Australia Likes to drink Umeshu
  7. 7. アジェンダ Blockchainの基礎とビジネス活用のQuick Catch’up Azure Blockchain Serviceの構成と構築 実際のコントラクト開発 既存システムのとの連携
  8. 8. 電子署名 公開鍵と秘密鍵技術を用いています。 ブロックチェーンはこの技術を使っ て、データを作成する事で不正を防 止し信頼あるデータを確立します。 データの共有 ブロックチェーンの値は、参加する 組織や企業の間で直接共有すること ができます。競合他社の枠も超えて 相互に共有する事で、莫大な価値を 生み出すでしょう。 分散 ブロックチェーンは、データ ベースの複製をネットワークの 他のシステムへ作成し、データ の喪失から保護します。 台帳 ブロックチェーンに書き込まれ たデータはその後に更新、改変 できず読み取りのみができます。 すべてのデータが不変に記録さ れます。 ブロックチェーンとは?
  9. 9. 信頼は常にビジネスプロセスの基礎となって います Seller’s Agent Land Registry Buyer Lending Bank 資産取引 Property Inspector Appraiser Insurer Source materials Freight Manufacture and assembly Quality Inspection Retailer Financing Consumer 各産業のサプライ チェーン Inspection Company Issuing Bank Importer Exporter Adviser Bank Shipping Company トレードファ イナンス
  10. 10. 現在の構築方法は、信頼関係を構築する為に無駄を 発生させています …Blockchainネットワークはコストを 削減し、時間を節約し、リスクを低 減します。 遅くて、コストがかかる、仲介者から の手動の検証方法から移行する…
  11. 11. Blockchainは、複数の企業や個人の間で 真正性のある共有場所を設けます
  12. 12. Blockchainは、企業での特定のニーズに対応する時 に役に立ちます ビジネスプロセスが信 頼できる境界域を越え る場合 複数の関係者が同一 データを処理する場合 信頼できる1つの情報源 を中継しコントロール する場合 低価値の手作業のデー タ検証手順を伴う場合
  13. 13. 各業界全体に渡るユースケースとアプリケーション Loyalty tracking Product provenance Logistics management Digital rewards P2P selling Ticket purchases Asset tracking Real-time auction for supplier contracts Supply chain transparency Dynamic commodities pricing Claims management MBS/Property payments Fraud detection Automated underwriting Risk visualizations Licensing and ID Benefits distribution Aid tracking Military security Copyrights Audit compliance Bond issuance Trade finance Loan syndication Post trade settlement Global payments Derivatives trading KYC/AML Personalized medicine Records sharing Compliance Agricultural authentication Pharmaceutical purity 製造 小売り 保険 政府・行政銀行と資本市場 ヘルスケア Asset Transfer Provenance Cross-Organizational Workflow High Assurance Audit
  14. 14. アプリケーションは二つのカテゴリに集約されます ワークフローアプリケーション 複数の関係者間のワークフローのトラン ザクションを事前に合意したネットワー クでのルールに照らし合わせ、自動的に チェックする事によって効率化 交換/取引アプリケーション 非線形に価格形成を行う資産の所有 と正確な交換を安全に追跡
  15. 15. Starbucks | Bean to Barista Challenge スターバックスはコーヒーを取り巻く広大な サプライチェーンでコーヒー豆の動きの可視 化を向上させる必要がありました Strategy スターバックスはBlockchainとスマートコント ラクトを用いて、各サプライチェーン参加者 の役割と責任を定義し、農場から飲料を注ぐ まで可視化しました Results • 小規模農家の信用力確立向上の支援、より 高い与信によるローン利用を実現、これに よって生産と運用を拡大できます • 豆の流通と在庫のコントロールを向上 • 顧客に対して、各地域の農場より良いコー ヒーを栽培する為の方策の可視化 Over the next two years, we will look to demonstrate how technology and innovative data platforms can give coffee farmers even more financial empowerment” – Kevin Johnson, Starbucks CEO
  16. 16. Using blockchain to reinforce trust from farmer to customer 輸送 真正性が検証され、コーヒー豆を 向上に配送される。 顧客 購入した顧客は、農場からカップ に注がれるまでの、保証やその豆 の原産地、およびその他の品質の 詳細を表示する事ができます。 製造工場 コンテナが確認され、コー ヒーの処理と袋詰めを行わ れます。 小規模農家 オーガニックでフェアトレード認証を取得する ために、特定の条件の下でコーヒー豆を生産し ます。 彼らは翌年の収穫に必要なローンを得るために、 スターバックスが発行する「最終購入の証明 書」を受け取ります。 販売店 コーヒーの袋は、今までの過程を記録された状 態で販売店に届きます。 Farmer ✓ Plot #839049 ✓ 25 tons of cocoa beans ✓ Certifications Carrier ✓ Shipped 2/5/2018 ✓ Organic ✓ Fair Trade Manufacturer ✓ Delivered 2/12/2018 ✓ Organic ✓ Fair Trade Distributor ✓ Delivered 2/19/2018 ✓ Organic ✓ Fair Trade Retailer ✓ Delivered 2/26/2018 ✓ Organic ✓ Fair Trade Customer ✓ Guaranteed fresh ✓ Certified organic ✓ Certified Fair Trade これらの過程の記録は、様々な時点でIoTデバイスによる製品スキャンによる状態参照、Blockchain上で状態更新記録が行われます。 品質認証購入証明 消費者からの可視化 流通と配送 コーヒーは高い品質保証ルールの下、 配送ネットワークを通じて配送されま す。
  17. 17. “Delegating to Microsoft allows us to focus on customer challenges and solutions at scale, rather than expending resources on building components that fall outside our core business.” – Tom Fay, Senior Vice President of Enterprise Architecture Nasdaq empowers financial blockchain on Azure Challenge Nasdaqは、顧客との相互運用性を改善する為 のコアインフラ及びミドルウェアエコシステ ムを改善したいと考えています Strategy Nasdaqは、Azure Blockchainによって、各々企 業が持つ異なる元帳を使ったシステムを元帳 に影響せず、データを統合する為のネット ワークを構築しています Results • 単一のプラットフォームで顧客がテクノロジ ソリューションを全て確保 • 開発時間の短縮と顧客アプリケーションの維 持コストの削減 • 自身のインフラストラクチャを再構築する必 要が無く、コストと複雑さを伴わない修正を 顧客に提供
  18. 18. Challenge • マイクロソフトと Xbox ビジネスのゲーム パブリッシャーには、ロイヤリティシェ ア支払のリコンサイルと再計算の問題が ありました。 • 既存のロイヤリティ支払方法は表計算に 依存しており、費用がかかり、プロセス は通常45日かかりました。 Strategy • マイクロソフトと EY は、 大幅な労力削減により、 XBOX ゲームパブリッ シャーにロイヤリティス テートメントを迅速に提供 するためのブロックチェー ンソリューションを共同開 発しました。 • 紙の契約をスマートコント ラクトにトランザクション を置き換えました。 • Results • 計算プロセスはより透過的で、監査にかかる 時間を無駄にすることなく、高度なセキュリ ティで検査および検証できる原資データを公 開します。 • パブリッシャーは、ゲームの販売実績をその まま分析できます。経理チームは、見越計上 を毎日自動化できます。財務はタイムリーな データを使用して予測を改善できます。コン トロールテストは、母集団全体に対して実行 できます。 XBOX | Faster royalty settlements “We are developing an ecosystem within the gaming industry that connects developers and publishers to game performance. Providing near real-time access to data greatly improves the process’ effectiveness and insights that lead to a more enriching experience for the partners.” — Tim Stuart, Chief Financial Officer of Xbox
  19. 19. • 購入したゲーム • 発行者ID • 価格 • 顧客の年齢 • 顧客の性別 • 場所 コントラクトの作成 コントラクトの可視化 • 販売ランキング • 発行者ロイヤリティ • 発行者の需要 • 純収益 パートナーとのロイヤリティ情報の共有と管理 XBOX Platform SHARED LEDGER DATA 各コンテンツ発行者の可視化 • Customer ID • Content Dev ID • Licensing ID • Marketing ID • Distributor ID • Content Provider ID Publisher C • Customer ID • Content Dev ID • Licensing ID • Marketing ID • Distributor ID • Content Provider ID Publisher B • Customer ID • Content Dev ID • Licensing ID • Marketing ID • Distributor ID • Content Provider ID Publisher A コンテンツ発行者 売上データとロイヤリ ティの収益を可視化し、 ほぼリアルタイムの意思 決定を実現します。 $ $ $ $ $ ライセンス マーケティング 配布・配信 コンテンツ提供者 コンテンツ開発者 $12.99 $59.99 $3.99 Media Purchase 映画 ビデオゲーム 音楽 Quantity Quantity XBOX Platform 消費者は、XBOX プラットフォー ムを通じてデジタルコンテンツを 購入します。その後、データは共 有元帳に書き込まれます。これに より、ロイヤリティデータが XBOX パブリッシャーに自動的に 表示されます。 XBOXのロ イヤリティ 支払い Media Sale: July 13th
  20. 20. Challenge • 世界中の6人に1名が法的文書なしで生活 し、投票、医療、住宅、銀行、教育など の重要なサービスへのアクセスをはく奪 されています。 • IDの提示手段がなければ、難民と亡命希 望者は国に到着したときに拘禁されてし まいます Strategy • マイクロソフトはアクセン チュアと提携し、ブロック チェーンベースのデジタル ID システムを開発、バイオ メトリクスと組み合わせて 政府機関を支援 • デジタル ID を確立し、分散 型台帳に安全に登録 Results • ブロックチェーンソリューションは、 UNHCR(国連難民高等弁務官事務局)によって、 29カ国に130万以上の難民が登録されています。 • 機関は、IDを検証し、システム間で相互運用 してサービスを提供できます。 • 身元を確認することで、難民はより早く社会 復帰ができます • United Nations | Providing digital identity “Everyone shall have the right to recognition everywhere as a person before the law.” — Article 6 of the Universal Declaration of Human Rights
  21. 21. IDカードなしで難民のサービス利用が可能になる例 難民Xが生体認証を 実施 国連が難民Xの生態や経歴情報 などを登録し、Xが別名で登録 されていないことを確認し重複 除外を行う 国連はID確認のプロ セスを行い、Xへの identityを発行、ブ ロックチェーン上の 追加 国連はXのアイデ ンティ情報をス マートフォンなど に登録 Xは病院にいき、病院 側はIDおよびヘルスケ アサービスへのアクセ スを確認する 病院が国連のブ ロックチェ―ン 上をIDを確認 XがB国に入り、デジ タルアイデンティ ティへのアクセスを 提供する B国が国連の ブロック チェーンを読 み込む B国が難民Xの生体および経歴 情報を登録し、Xが別名で登録 されていないことを確認し重 複除外を行う B国が国連に対して、 生体情報をリクエス トし、マッチングを する B国はコンソーシアム ブロックチェーンと彼 らのブロックチェーン 上にIDを証明するため のイベントを追加する Xが銀行口座を開くた め、デジタルアイデ ンティティを提供す る 銀行側は国連のブ ロックチェーンを読 み込み、B国とUNの ID証明から身元を確 認する 国連のコン ソーシアム ブロック チェーン 難民XがIDなしでA国に入る
  22. 22. Challenge • 日々、Webjetから予約されるホテルへの 大量の予約トランザクションの不一致の 経験からこれらを低減する • 予約エラーは、顧客の体験に悪影響をも たらし、Webjetとパートナーの間の信頼 を損ない、財務的な損失も考えうる為、 これを改善したかった Strategy • Webjetはすべての当事者が 確認する事ができる、 予約 と支払いのプロセスをス マートコントラクトとして 開発し合理化する事で予約 エラーやトラブルを低減 Results • Webjetとパートナー間のアカウンタビリティ 向上 • Webjetの競争力向上と新しい業界標準の策定 • Webjetによる旅行業界全体の取引の促進、旅 行予約ソリューションそのものの再販を実現 Webjet | 予約エラーやトラブルの低減 “Microsoft’s ongoing investments in building the industry’s most trusted cloud platform around the principles of security, privacy and control, compliance and transparency, along with its deep heritage in guiding businesses, including Webjet, through periods of significant IT transformation made the decision to go on this journey with Microsoft a no-brainer” — John Guscic, Managing Director, Webjet
  23. 23. ブロックチェーンの実行の仕組み| 複雑な予約の管理 1 台 2 席 予約可能状況: 4 月 28 日 1 部屋 今すぐ予約 スポーツ セダン フライト 288 クイーン ルーム 5 日間 5 日間 消費者 シームレスな信頼性の高い予約によっ て顧客の満足度とロイヤルティが向上 ホテル リアルタイムの可視性 予約可能な クイーン ルーム 5 予約済みの 部屋 20 レンタカー代理店 リアルタイムの可視性 予約可能な スポーツ セダン 2 予約済みの 車両 28 航空会社 リアルタイムの可視性 予約可能な 座席 9 予約済みの 座席 171 航空会社 フライト フライト 288 フライト 262 フライト 873 フライト 971 レンタカー代理店 車両 ミニバン 軽トラック スポーツ セダン 高級 SUV ホテル 部屋 ダブル クイーン キング スイート 共有台帳 予約可能 9 67 104 34 予約可能 7 3 2 11 予約可能 4 5 6 0 予約済み 171 105 22 204 予約済み 3 18 28 29 予約済み 10 20 15 20
  24. 24. Challenge • 3Mは医薬品サプライチェーンを構築し、 偽造薬物の侵入を防ぐ為の解決策として ブロックチェーンを解決策として活用し た。偽造薬物は、2000億ドルの犯罪産業 である。 • 偽造品はブランドの評判や収益に影響を もたらす意外に気がつけていない患者や 顧客に被害をもたらす。 Strategy • 3Mはブロックチェーンを用 いたサプライチェーン向け ラベルとそれを追跡する サービスを構築 • マルチレイヤQRコードのラ ベルにより改竄を検知し容 易なトラッキングを実現 Results • ブロックチェーンテクノロジにより、配送時 の製品真正性を堅牢に確認する事ができるよ うになった • リアルタイムに製品の登録と検証、保有者が 確認でき、偽造されていないかの確認、及び 偽造品では無いかの証明が可能となった 3M | 医薬品の真正性証明 “We combined 3M DoubleTrust tamper-evident labels with Azure Blockchain to create a label-as-a-service supply chain solution that can help identify counterfeits, protect business performance, and save lives.” — Oscar Naim, PhD, Lead Software Architecture Specialist, 3M
  25. 25. IoT デバイスによって、移動中のさまざまなポイントで QR コードをスキャンし、ブロックチェーン上で更新された一意のシリ アル番号を記録しています。 この100個は製品の完全性に違反しています。 このケースでは、配送業者2は、スマートコントラクトによってト ラッキングされ、小売店到着時にすり替えられた配送された不正な 100個の医薬品のペナルティに対して責任を負います。 SHARED LEDGER 医薬品処方プロセス 適切な処方量に従い、密封された薬物を3M Double Trust(マルチレイヤQRコードラベルで 封入) 配送業者1 製品はQRコードを確認しなが ら輸送、出荷されます。 配送業者2 配送業者2はQRコードが検証さ れた1000個の真正性の確かな医 薬品ボトルを受け取ります。 倉庫 製品は再び確認され、適切な管理と安全 な環境に保管される 医薬品販売店 100個のボトルは、QRコードが不適切な 為、棚に陳列されず販売しません。 製造元 医薬品は製薬メーカに よって生産される 医薬品の真正性確認 スマートコントラクトの作成 医薬品1000の記録 配送業者1 1000個の医薬 品 配送業者2 1000個の医薬品 医薬品販売店 900個の医薬品 倉庫 1000個の医薬品 コントラクト作 成 コントラクト追 記 コントラクト追 記 コントラクト追記無 し?!
  26. 26. Challenge • Singapore Airlinesは顧客のマイレージプ ログラムの向上を考え、よりリワードポ イントの引き換えを行いやすいように考 えていた • 拡大するパートナーとのネットワークを 管理する方法を必要としていた Strategy • Singapore Airlines は ブ ロックチェーンを用いて、 クリスフライヤーのマイル を格納するデジタルウォ レットを顧客に提供、リ ワードを受けやすくした Results • 顧客は小売業のパートナーネットワークを通 じて、クリスフライヤーのマイルを用いて購 入する事が可能となった • マイレージプログラムの向上及び、Singapore Airlines のブランド力への評価向上 Singapore Airlines | 顧客ロイヤリティの拡大 “This groundbreaking development in which we will be using blockchain technology to ‘digitalise’ KrisFlyer miles is a demonstration of the investment we are making to significantly enhance the digital side of our business for the benefit of our customers” — Goh Choon Phong, Chief Executive Officer of Singapore Airlines
  27. 27. Blockchain in Action | Partner network management Digital wallet Reward points are stored in the customer’s digital wallet Partner retail location Customers are able to redeem loyalty points for goods and services from any retail location in the partner network SHARED LEDGER Update: SFO → HKG: 7,000 miles • Dec 2016 LAX → ICN: 6,000 miles • Jan 2015 IAH → DME: 5,000 miles • Jun 2015 JFK → FRA: 4,000 miles • 7,000 miles = 700 points • 6,000 miles = 600 points • 5,000 miles = 500 points • 4,000 miles = 400 • 2,200 points redeemed for: o Free stay at hotel A o Admittance to airport lounge B o Spa treatment at resort C Contract updated Contract updated Mobile app Customers purchase their ticket on their mobile device Contract created Awarded miles Each flight is worth miles that are converted to rewards points Contract updated
  28. 28. Challenge • Maerskは重複し、非効率であり、透明性 が無く、データに対して不正行為を排除 し、無駄な双方の作業が無く、海上保険 における作業ができる事を望んでいた • 加えて、保険料率とコストのバランスを 取りつつ、複数の規制当局とそれらの管 轄におけるコンプライアンス実現に悩ん でいた Strategy • Maerskは海上保険をリアル タイムに対応できるプラッ トフォームを開発 • このソリューションは、申 請と決済のプロセスを合理 化し、エラーやトラブルを 低減した Results • 世界中を移動する高値な資産の位置状態を把 握し、その安全性をリアルタイムに可視化 • 可視化により正確であり、動的に公正な保険 引き受けと価格設定を可能とした • 規制当局に対する報告とコンプライアンス達 成の合理化 • すべての関係者の間で、監査証跡などのデー タを共有し、透明性を向上した • クレジットリスクに対しての対応策の向上 Maersk | セキュアな海運保険 / トレーサビリティ “It is a priority for us to leverage technology to streamline and automate our interaction with the insurance market. Insurance transactions are currently far too tedious and frictional. The distance between risk and capital is simply too far” — Lars Henneberg, VP, Head of Risk and Insurance of A.P. Moller-Maersk
  29. 29. SAFE ZONE Realignment Ship returns to the recommended course DANGER ZONE Unexpected detour Ship deviates from predicted path into contested waters. GPS sensors send location data to insurance company SHARED LEDGER Contract created • Path: A → B • Risk: Low • Insurance premium: $$$ Contract updated • Path A → C → B • Risk: High • Insurance premium: $$$ Contract updated • Path: A → B • Risk: Low • Insurance premium: $$$ Blockchain in Action | Real-time maritime risk assessment HIGHWAY HIGHWAY HIGHWAY Ideal path Ship would remain in the safe zone throughout the predicted voyage path
  30. 30. Challenge • Bank of America Merrill Lynchは Standby Letter of Credit (SBLC)をマイク ロソフトに確認し、発行する時間の短縮 を検討していた • 従来のプロセスは、複数の当事者を含む コストや時間のかかるマニュアル工程を 必要としており、3週間から5週間程度掛 かっていた Strategy • Bank of America Merrill Lynchは大手企業のファイ ナンス部門と金融機関の間 にトランザクションを構成 するブロックチェーンネッ トワークを構築した Results • SBLCの発行時間が3日に短縮 • パートナーの信用や財務詳細と認証が自動化 され、リスク軽減を実現 • このソリューションによって、規制当局はア ンチマネーローンダリングの確認を行うため のドキュメントをリアルタイムに常時確認す る事が可能となった Bank of America Merrill Lynch | トレードファイナンスの簡素化 “By working with Bank of America Merrill Lynch on cloud-based blockchain technology, we aim to increase efficiency and reduce risk in our own treasury operations” — Amy Hood, Chief Financial Officer at Microsoft
  31. 31. Blockchain in Action | Standby letter of credit issuance Initial agreement Applicant agrees to transact with beneficiary via SBLC Contract created Applicant Applicant submits SBLC request to ledger Contract updated Bank The applicant’s bank issues a SBLC Contract updated Advisor The beneficiary’s bank reviews and advises the SBLC Contract updated Beneficiary The SBLC is activated and the transaction is completed Contract updated The shared ledger is updated remotely which cuts issuance time from weeks to days and increases transparency and confidence across all parties SHARED LEDGER • Requested limit: $20 million • Projected income: $25 million • Credit limit: $20 million • Credit limit: $20 million • Advisor approval note • Partner ID: #93042 • Unit quantity: 100,000 • Unit price: $200 each • Units delivered: 100,000 • Unit price: $200 each • Price paid: $20 million
  32. 32. Microsoftは2015年からお客様と共にBlockchainを進めて きました。
  33. 33. MicrosoftはBlockchain開発をいくつか基本的な過程に 分割しています Blockchainネットワーク の展開と管理 スマートコントラクトのモ デリングと開発 アプリケーションのビル ドと拡張
  34. 34. 手作業による 台帳の展開 ビジネス ロジックの作成 署名、ハッシュ、 および ルーティングの 調整 スマート コントラクトの 参照データの 保管 チェーン外の DB との データの同期 メッセージ およびイベント の取り込み Web クライアントの 構築 API の 管理 キーの管理 統合の カスタマイズ 機能の 拡張 既存のビジネス アプリとの統合 コンソーシアム ネットワークの 構成 フェデレーショ ン システムへの ID の関連付け
  35. 35. Azure Blockchain Service
  36. 36. Azure Blockchainは開発者の各場面でのニーズを支援 します。 Blockchainネット ワークの構築と管理 Blockchainネット ワークの構築、デプ ロイ、管理 スマートコントラク トのモデリングと開 発 VS Code スマートコント ラクトの作成と テスト Azure Blockchain アプリケーションの 開発と既存アプリ ケーションの拡張 Dev Kit アプリ拡張と運用 環境への移行 Workbench アプリのプロトタ イピング
  37. 37. 容易に堅牢なネットワーク基盤の管理と 構築ができます。 柔軟なネットワークの準備 いつでも構成とリソースをフルカスタマイズと、 確認ができるネットワークが数分で構成できます。 ネットワークメンバーの新規追加 新しいメンバーとノードを迅速に準備、いつでも 権限と役割を修正 ネットワークのオフローディングや連携 健全性の監視とパフォーマンスモニタリング、 ノードのマネジメントにより、コントラクトの DevOpsに集中できます。他のPaaSとも連携でき ます。 Azure Blockchain
  38. 38. サービス組み込みのコンソーシアム管理機 能による、ガバナンスとスケーラビリティ ネットワークガバナンスの確立 ポリシーの作成、プライバシー設定とメン バーのパーミションの作成、シンプルなイ ンターフェイスを介した、投票の管理 ネットワークの状態と正常性の管理 ネットワークが拡大するにつれてネット ワークポリシーを調整し、再デプロイする 必要がなく、ノードが構成どおりに参加す るようにする事が可能 堅牢なネットワーク構築 元帳ソフトウェアの自動アップデート、 99.9%のSLA、ネットワークノードリカバ リ、組み込み型台帳バックアップによって 稼働時間を最大化 Azure Blockchain
  39. 39. オープンで拡張性の高い設計で迷う 事無く開発できます 既存のシステムとの 接続 既に複数企業で共同利用し ているマルチパーティアプ リケーションやデータソー スとの統合 簡単にプロダクショ ンへ拡張 Workbenchでのプロトタイ ピングと準備ができ次第プ ロダクションへ移行できる スケーラビリティ OSSツールと共に構 築できます Truffle/Solidity/MetaMask などのOSSツールからの接続 をサポート、迷う事なく開 発できます。更にAzureの ツールも使用できます。 Azure Blockchain
  40. 40. Demo 環境について Decode 2019 Demo Environment
  41. 41. Blockchain環境展開、 ネットワークの構成
  42. 42. Demo 1 Azure Blockchain Service / Building Consortium
  43. 43. 新規作成
  44. 44. TXノード拡張
  45. 45. Web3/RPCでの接続
  46. 46. 例) EPIRUSを使った RPCでのトランザクション確認
  47. 47. コンソーシアム拡張
  48. 48. # Moduleの読み込み Install-Module -Name Microsoft.AzureBlockchainService.ConsortiumManagement.PS -Scope CurrentUser Import-Module Microsoft.AzureBlockchainService.ConsortiumManagement.PS #パラメーター $Connection = New-Web3Connection -RemoteRPCEndpoint ‘https://user01.blockchain.azure.com:3200/アクセスキー' $MemberAccount = Import-Web3Account -ManagedAccountAddress ‘エンドポイントの管理者ユーザアドレス’ -ManagedAccountPassword ‘パ スワード’ $ContractConnection = Import-ConsortiumManagementContracts -RootContractAddress ‘ルートコントラクトアドレス' -Web3Client $Connection # 現在のコンソーシアムメンバの確認 $ContractConnection | Get-BlockchainMember -Name 'user01' # Send Invitation 二つの企業のサブスクリプションにそれぞれ違うロールでインバイト # 招待後はmそのサブスクリプションでAzure Blockchain Serviceを新規作成する際に、参加コンソーシアムの名称が選択可能 $ContractConnection | New-BlockchainMemberInvitation -SubscriptionId ‘招待するAzureサブスクリプションID' -Role ADMIN -Web3Account $MemberAccount $ContractConnection | New-BlockchainMemberInvitation -SubscriptionId '招待するAzureサブスクリプションID ' -Role USER -Web3Account $MemberAccount # コンソーシアム招待状況の確認 $ContractConnection | Get-BlockchainMemberInvitation -SubscriptionId ‘招待したAzureサブスクリプションID ' コンソーシアム拡張サンプル (Power Shell)
  49. 49. コンソーシアムの参加、構成状況
  50. 50. VSCodeでのSolidity開 発
  51. 51. Delivering a world class developer experience ソースコー ドの静的解 析 コンパイル ファイル… 新規プロ ジェクトの 作成 チェーンの フォークと ローカルで の開発やテ スト PowerApp sとの連携 言語のシン タックス チェック コンソーシ アム、パブ リックへの Blockchain の展開 Azure Blockchain Serviceと の統合 スマートコ ントラクト のテストと 実行 Azure DevOps と の統合 Logic App との統合 Flowとの 統合 Microservi ceとの連携 DB統合 と の連携 Power BI との連携 Event Grid との連携 Service Busとの連 携
  52. 52. Azure Blockchain Development Kit for Ethereum VS Code
  53. 53. Demo 2 Azure Blockchain Development Kit for Ethereum
  54. 54. ネットワークとの接続 プロジェクト作成
  55. 55. コントラクトのビルド デプロイ
  56. 56. Logic Appなどのコントラク トを実行する支援コードの 自動生成
  57. 57. デバッグ、ステップ実行
  58. 58. スマートコントラクトの開発とモデリング voting.sol – Visual Studio Code BUILD TEST DEPLOY INTEGRATE VS Code
  59. 59. 他のAzureサービスと の連携
  60. 60. スマートコントラクト開発者だけで無く、すべての 開発者やサービスに関わってきます。 App and Service Developers Microserviceの一 部として、スマー トコントラクト実 行と状態のREST APIの自動設定 Data Developers スマートコントラ クトのイベントを SQL Databaseに 発行、テーブル作 成のSQLを生成 Report Developers スマートコントラ クトのイベントを Power BIに発行 、 Power BI のData Setへアクセスする 為のコードを生成 Integration Developers スマートコントラ クトのイベントを Event Gridや Service busへ発行 Test Engineers スマートコントラ クトのテスト生成
  61. 61. Logic App and Flow Ethereum Connector Logic App and Microsoft Flow Templates for • マイクロサービスのエンドポイント • クラウドイベント処理やメッセージ 処理 • データベースとの統合、連携 • Power BIなどのレポート作成 Dev Kit
  62. 62. Updates Build 2019 Logic App and Microsoft Flow Connector Updates • プライベートトランザクション のサポート • US Govクラウドを含む、全 リージョン同時提供 Dev Kit
  63. 63. Ingest Transform Attest Read & Route アプリケーションに新しい機能を拡張できます。 Sensors and IoT (unstructured ) Apps Transaction Builder Logs (unstructured) Service Bus Azure Blockchain Service Media (unstructured) Files (unstructured) Business/ custom apps (structured) Power BI Azure IoT Hub Application InsightsAzure Key Vault Virtual NetworkingAzure AD DLT Watcher Power Apps Event Grid Flow Cloud Database Off-chain storage Off-chain database Dev Kit
  64. 64. Demo 3 Logic Apps to Blockchain
  65. 65. Logic App側のワークフロー
  66. 66. DBに一行インサート
  67. 67. LogicAppがイベントを受け取り実行
  68. 68. Azure Blockchain WorkbenchのAzure Blockchain Service対応の開始 Dev Kit
  69. 69. コンソーシアムにおける、 スマートコントラクトのAzure DevOps用のガイダンスの提供 DevOps for Smart Contracts • 考えておくべき考慮事項 • 実装・実践ガイド http://aka.ms/bcdevopspaper https://devblogs.microsoft.com/devops/devops-for-blockchain-apps/
  70. 70. The Confidential Consortium Framework (CCF) Open Source : https://github.com/microsoft/CCF
  71. 71. Available today… Confidential Consortium Framework (CCF) • Released as OSS • Hosted on GitHub • Apache 2.0 License
  72. 72. 様々なお客様やパートナー様がAzureでブロックチェーン アプリを開発しています。 PARTNERS CUSTOMERS
  73. 73. Get started now! まずは、あなたの最 初のネットワークを 構築しましょう Azure Blockchain Service ビジネスでどのよう にブロックチェーン が活用できるかを学 びましょうleveraging blockchain Azure Blockchain Blog でより最新の情報を 得ましょう
  74. 74. Information de:code 2019 公式イベントアプリでアンケートにご回答ください。 回答完了画面を受付でご提示いただくと、もれなくオリジナルグッズを 進呈いたします。 ※詳細はお手元のカンファレンスガイドをご覧下さい。 de:code 2019 アンケートにご協力ください。
  75. 75. © 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 © 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、de:code 2019 開催日 (2019年5月29~30日) 時点のものであり、予告なく変更される場合 があります。 本コンテンツの著作権、および本コンテンツ中に出てくる商標権、団体名、ロゴ、製品、サービスなどはそれぞれ、各権利保有者に帰属しま す。

×